ワーキングマザーによるワーキングマザーのための育児・仕事・ショッピング・出張・リラックス・転職などの総合情報サイト

ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]

2014年09月06日

イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップに参加しました

Posted by 湯河原こむぎ    

イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップに参加して来ました。

このイベントが催されると知った時、うちの娘のような内向的でプレゼン下手な学生にぴったりだと思いました。本人に「こういうのがあるよ」と話した時に嫌がるかと思ったのですが、自分でも自覚があるようで「行く」と即答していました。


>>続きを読む "イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップに参加しました"

blank_space
2014年09月05日

高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ開催レポート

Posted by 村山らむね    

立教大学の高橋先生に登壇いただいた、高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ先月大盛況のうちに開催されました。

高校生、大学生が10名、保護者が8名、サポーターの大学生が3名。

そして何より驚いたのがちょっとわかりにくいところで開催したのですが5分前には全員集まっていました。非常にどんよくな方達に恵まれたわけです。

今回のワークショップでは、インパクト体験(=自分を作ってきた体験)から自分を知る、ということを行ないました。このため、事前課題としてインパクト体験の棚卸し(=リストアップ)をしてきていただきました。以降課題提出のための先生のお言葉です。インパクト体験というものを理解していただくために長いですが引用します。
==
★1.インパクト体験から自分を知るーどうやって?

今の自分を作った体験から、「想い」と「資産」(強み)を引き出します。
今の自分を作った体験とは、例えば次のようなものです。

・6才〜11才の頃、ぜんそく、アトピーなど健康でない自分に劣等感。中学になる頃から体が強くなって徐々に解消した。
・12才〜15才の頃、押しつけられた学級委員や合唱コンクールのリーダー体験が、その後のリーダーシップへの種まきとなった。最初は嫌だったけど,自分たちで作り上げた充実感・誇りは大きかった。

★2.インパクト体験とキャリアビジョンはどう関係ある?

そもそも、インパクト体験とキャリアビジョンはどう関係あるのでしょう?
それを理解するために、まずはキャリアで自分を活かせている状態というのを考えてみましょう。大きく分けて次の三つの状態が考えられます。

 1.強みを活かせている(稼げている、評価されている)
 2.「やりたい」ことをやれている
 3.応援したい人の役に立てている

まず重要なのは、多くの人がこれら三つの全てがそろうほど充実感が高まる、ということです。

やりたいことを仕事としてやっていても強みを活かせていない(=稼げていない、評価されていない)と、なかなかしんどいものです。一方、強みを活かせていても、やりたいことではなかったり、応援したい人の役に立てている実感がないと、時折、満たされていないと感じるようになります。

このうち1を分析する手法は社会にわりとあるものの、2の「やりたいこと」と3の「誰の役に立ちたいのか」を見極める方法はあまりありません。また「やりたいこと」については「特にない」「漠然としている」「大変でもやり続けるほどやりたいのではなく、あこがれているだけ」という人が大半です。

世の中や仕事についてもっと知れば分かるのではないかと本や新聞、ネット情報などを見てもそれで見つけることが出来る人は少数派です。
「実際に体験してみれば分かるかも知れない」と試してみるのは一理ありますが、それにしても出来ればある程度あたりをつけておきたいところです。

そこで「自分の過去を振り返ることで、やりたいこと(仕事を通じて社会を持って行きたい方向)や、応援したい人を見つけ出そう」というのが、この「インパクト棚卸し」という方法です。言ってみれば「未来の根は過去にある」というわけです。

==


>>続きを読む "高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ開催レポート"

blank_space
2014年08月24日

美味しいNY

Posted by 桜本梨恵子    

『40の手習い』とでも言いましょうか?
昨年から通い始めていた、クッキングスクールを無事に卒業し、
この夏、NYのレストランでインターン(修行)をし、
晴れて 『シェフ』 のディプロマを頂きました〜。

FND.jpg

    


>>続きを読む "美味しいNY"

blank_space
2014年08月21日

かき氷器は電動に限る

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF1505.jpg
毎日暑くてうんざり。もともと夏が嫌いでしたが、年を重ねるごとにどんどん大嫌いになります。最近では毎年「今年こそ死んでしまうかもしれない・・・」と思うくらい暑さが体にこたえます・・・よぼよぼ

八月ももう終わりに近いと言うのに今日もほんとに暑かった。かき氷をバケツ一杯食べたいくらいでした。

今年ねこれを買ったんです。かんたん電動氷かき器

今までは手動のを使っていたんです。それでも充分だったんですが、かき氷作るのって結局おかあさんがやるじゃないですか。三人分手動で作るのってめっちゃめんどくさいんですよね。


>>続きを読む "かき氷器は電動に限る"

blank_space
2014年08月20日

実践!リモートワーク!Google Apps™ならいつでもどこでも、そこがオフィス

Posted by 常山あかね    

アベノミクスの重要課題である「男女がともに仕事と家庭が両立できる柔軟で多様な働き方」。
もちろん保育所の整備も重要な施策の一つですが、やはり女性が無理なく働ける環境作りも重要!ということで、今日は、8月27日六本木ヒルズGoogle社で開催の「実践!リモートワーク!Google Apps™ならいつでもどこでも、そこがオフィス」という、無料セミナーのご案内をさせていただきます。

私は、育児のため会社を退職後、1999年から、子育てをしながら在宅で、ライティング等のコンテンツ制作の個人事業をはじめました。小さかった3人の子どもたちも、すっかり成長し、上の子はもう大学生です。自分のように子育てと仕事を無理なく両立できる働き方を、少しでも多くの人に実践してもらいたいという思いから、2006年には、「仕事も子供もあきらめない女性が生き生きと輝く日本を目指すソーシャルベンチャー」を合言葉に、在宅で子育て中の女性が働ける株式会社壱頁という会社を起業しました。まだまだそんなにたくさんの女性を幸せにできているわけではありませんが、私は、自分自身のこれまでの働き方に、とても満足しています。(*^_^*)

今回のセミナーは、在宅ワークを実践したい女性起業家の方はもちろん、女性の人材活用・在宅勤務の助成金の活用を念頭に、リモートワークや在宅勤務の導入を検討している企業の経営者様におすすめの内容です。

働き甲斐のある会社に選ばれたGoogle、
創業以来少数精鋭で女性が活躍できる働き方を実践する壱頁、
企業の成長を支援する上田公認会計士事務所の3社がタッグを組んでリモートワークのノウハウをギュッと詰め込んでお届けします。

御興味のある方は、ぜひ、下記フォームよりお申込みください!

Google Apps for Business™セミナー「これから事業拡大を目指す企業経営者様のための『実践!リモートワーク!Google Apps™ならいつでもどこでも、そこがオフィス』」
http://www.page1.ne.jp/information/report/20140827.html



blank_space
2014年08月04日

プログラミング習い始めました

Posted by 和田理恵    

子どもに身につけたい力とされてきた「読み、書き、そろばん」。それにこれからはプログラミングが加わるという説を聞いたことがあります。英語よりプログラミングを習わせたいという意見を小耳にはさんだことも。

しかし、プログラミングって、コンピューター関係の専門家があやつっている難しいものなのではないのでしょうか?! そんなプロの知識を誰もが必要とする時代がくるのだろうか、、、と頭の中が?でいっぱいになっていた私。ある日、TEDという世界的に有名なプレゼンテーションの場で、「子どもにプログラミングを教えよう」という講演をしているのをNHK「スーパープレゼンテーション」という番組で見ました。


>>続きを読む "プログラミング習い始めました"

blank_space
2014年08月03日

東日本大震災の寄付

Posted by 和田理恵    

東日本大震災の後、少しでも役にたつのなら、と寄付を考えたり、実際に寄付した方は読者の方にも多かったのではないかと思います。
私もその一人。
3年と少したった今、寄付や義援金はどのようになっているのか少し振り返ってみたいと思います。


>>続きを読む "東日本大震災の寄付"

blank_space
2014年07月31日

【こどもとニッポン体験!】いわさきちひろにひたれる美術館

Posted by 和田理恵    

IMG_1088_2.jpg

いわさきちひろさんの描く絵が好きです。
特にこどもの絵!
「育児の百科」(松田道雄 著)の挿絵もいわさきちひろさんのもので、心がふっとなごんだことも数えきれず。

というわけで、ちひろさんの絵がじっくりと楽しめる「ちひろ美術館・東京」に末っ子と行ってきました。


>>続きを読む "【こどもとニッポン体験!】いわさきちひろにひたれる美術館"

blank_space
2014年07月23日

家事ってやつは

Posted by 和田理恵    

突然ですが、私、仕事の方が家事より得意だと思います。
仕事では時折感謝されますが、家事はそこまで感謝される機会が多くありません。

というのも、私の家事レベルはかなり低め。
なんでもかんでもやけに時間もかかります。
今でも強烈に覚えているのは、結婚後しばらくして会社をやめ、家にいたある日の夕方のこと。Yシャツのアイロンにとりかかり、6枚こなして顔をあげたら外が真っ暗になってました。
かけ始めたのが4時で、ふと気づいたのが6時。Yシャツ1枚に20分もかかるとは!
だれもみていなかったので「遅すぎ」と言われたわけではありませんが、私はアイロンかけから遠ざかり、以後、Yシャツはほぼすべてクリーニングに出すことにしました。


>>続きを読む "家事ってやつは"

blank_space
2014年07月17日

イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ

Posted by 村山らむね    

今まで2回開催して大好評で、「娘の進路が確立した」「プレゼンテーションをする子供の姿に驚いた」との声が続出した「お仕事塾」。今回は、論理思考が専門の高橋先生をお迎えして、パワーアップしてのワークショップを特別に開催いたします。8月25日月曜日、13時半から新宿にて大学生・高校生向けのプログラムです。

就活やAO入試などで、人前で自分を表現する機会が非常に多くなり、その成否が人生を大きく左右することに直面するのが高校生・大学生です。そのときになって慌てることなく、自分を見つめ表現する練習!と思って、気軽に参加していただければ幸いです。


どうしたら、自分のことを深く理解できるだろう?
どうしたら、自分にあった進路を見つけられるだろう?
どうしたら、自分の思いを自信を持って相手に伝えることができるのだろう?

そんな不安、ありませんか?

大丈夫!数多くの学生や社会人に自信を与え、「変わる」瞬間を見届けてきた盒興喃契萓犬、みなさんに自分の本当の興味を未来につなげるためのヒントを教えてくれます。

このワークショップでは、これまでの人生を総さらいして、自分の根っこを見つけます(未来の地図は過去にある!)。
自分にとっての「インパクト体験」を良かったことも悪かったことも振り返って、そこから自分が得た「武器」や、未来を考える上で大事な「想い」を見つけて行きます。その時はつらかったことですら、自分ならではの強さにつながっていることがよくあるとか。

きっと気づかなかった「自分」、あなたならではの強さに出会えますよ。
進学や就職での進路選択、就職活動やAO入試などの面接での自己アピールが自信を持ったものに変わってくることでしょう。

ワーキングマザースタイルならではの試みとして、親もワークショップに参加し、自分自身のキャリアや社会のつながりについて考えを深めることができます。

子供のみの参加、親子参加、どちらも大歓迎です。

<対象>高校生、大学生、計10名。その親 

<参加費> 学生 5000円 同伴する親  1000円 
     (親のみの参加はお断りいたします)

<申込方法> Peatixにて先着順で受け付けます。
       Facebookで参加ボタンを押し、Peatixにて決済をお願いします。
       Facebookの参加ボタンだけでは確定になりませんのでご注意下さい。

申込ページ

http://peatix.com/event/44335

<講師紹介>
盒供―喃掘\萓
立教大学経営学部 特任准教授、「SCHOOL OF 未来図」代表。

情報機器系ベンチャー企業を経て株式会社グロービスに加わり、執行役員、グロービス・マネジメント・スクール(GMS)統括責任者等を務める。
その後、SCHOOL OF 未来図を立ち上げ、個人・法人を対象に、論理思考の教育を行うとともに、立教大学経営学部にて360人以上が12クラスに分かれて履修する「論理思考とリーダーシップ」のコースリーダー等を務めている。
一橋大学法学部卒、ミシガン大学経営大学院修士課程(MBA)修了。
著書に「やりたいことを実現する 実践論理思考」「ビジネス・リーダーへのキャリアを考える技術・つくる技術」などがある他、下記サイトにて連載執筆中。

Web連載「日経Bizアカデミー」
【Web講座】ロジカルシンキングの達人になるhttp://bizacademy.nikkei.co.jp/business_skill/logical_thinking1/

10502473_795569050483252_7037572765161341896_n.jpg

<注意事項>

・持ちものなど詳細については、後日参加者にご連絡いたします。

・当日は、グループの中でご自身のことをお話ししていただくようになります(みなさんに、その場の話はその場にとどめる約束をしていただいた上で実施します)。お話ししたい範囲で構いませんが、自分にとって大きかった体験について話せるほど内容が深まります。

・親子で参加の場合、子どもは子ども、親は親でグループワークをします。話した内容を親子で共有するかどうかはご本人たちにお任せします。
(ワークショップ内では、目指すキャリアに限定して共有します)

・会場費等運営に関わる実費のみ参加費にてご負担いただいております。
 キャンセルによる返金は原則受け付けておりません。予めご了承下さい。


<問合せ先>ワーキングマザースタイル事務局 info@wmstyle.jp

PDFファイルをダウンロード


blank_space
当サイトに掲載されている情報は、原則としてスタッフ個々の私的な見解です。ご紹介している商品やサービスのご購入にあたっては、皆さま自身のご判断でお願いいたします。
カテゴリー別インデックス
blank_space
カレンダー
2014年09月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
blank_space
月別インデックス
blank_space