ワーキングマザーによるワーキングマザーのための育児・仕事・ショッピング・出張・リラックス・転職などの総合情報サイト

ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]

2016年06月26日

振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF8240.JPG
先日友達から「聞いて〜(泣)」と電話がかかって来ました。なんと詐欺にあったそう!

昔は「オレオレ詐欺」、少し前は「振込め詐欺」と呼ばれ、最近はいろいろな新パターンが出て来てるので「特殊詐欺」と呼ばれているみたいですね。


>>続きを読む "振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉"

blank_space
2016年05月29日

残された老夫婦の今後

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF8029.JPG
ご無沙汰しております。こむぎです。今年娘が成人式を迎えました。女の子のお母さん向けの振袖のエントリーも書きたいなと思っております。「子育て」はほぼ終わり、あとは学費を三回払う(三年の後期と四年の分)のみとなりました(笑)。娘はバイトや課題、友達と出かける事が多く、休日は夫と二人で過ごす事が多くなりました。そんな自分たちの事を面白半分に「残された老夫婦」と呼んでいます。

先日小学校の同窓会がありました。


>>続きを読む "残された老夫婦の今後"

blank_space
2016年05月10日

子育ての方針

Posted by 津田実穂    

中国の故事に、「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」というものがあります。
子どもには、魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えたい、と思っていました。
息子は、釣りの楽しさに目覚め、自分で創意工夫をしながらあっという間に上手になり大物を釣るようになりました。
娘は、魚の釣り方を教えようと思っても、めんどくさがって覚えようとせずいつまでたっても魚をクレクレと言い続ける、、、、
同じように育てたつもりでも、全く違う反応が返ってくるから、子育ては難しい。

IMG_0559.jpg


>>続きを読む "子育ての方針"

blank_space
2016年02月28日

NYで流行りのPOP UP DINNER

Posted by 桜本梨恵子    

POP UP DINNERって聞いたことありますか?

pop%20up%20dinner.jpg

今、NY(NYだけじゃなく、都市部)で流行っている
期間限定のレストランです。


そう言うと、ちょっと語弊がありますが、
空き店舗や、イベントスペースを利用して、
シェフや 料理研究家が、好きな時にお料理を提供する

にわかレストランです。

今、これ、NYやアメリカの都市部ではやっているんですよ。


>>続きを読む "NYで流行りのPOP UP DINNER"

blank_space
2016年01月08日

パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」

Posted by 津田実穂    

 2016年、あけましておめでとうございます!
 昨年のパリは、テロに始まり(1月のシャルリーエブド事件)テロに終わった(11月の同時多発テロ)感もあります。それでも日々の生活を止めるわけにはいかないのでテロに屈せず暮らしています。
 11月13日の事件の後、エッフェル塔がトリコロールに染まりました。こういう時に美的感覚をもって対応するのはさすがフランスだと感心します。
 そのエッフェル塔のライトアップに、文字が書かれているのに気がつきました。

IMG_2804.jpg


>>続きを読む "パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」"

blank_space
2016年01月07日

ダイソンのお掃除ロボット体験しました

Posted by 村山らむね    

あけましておめでとうございますm(_ _)m。今年もゆるゆるとよろしくお願いいたします。

ダイソンのお掃除ロボットをモニターさせていただきました。以前、ルンバを使っていたけれど結局使わなくなってしまった私。ダイソンのロボットも何度か使ってみて、明らかにルンバよりも性能は良くなってて驚き!ちょっとお掃除というものについて根底から考えてみたのです。


●そもそもワーキングマザーにとってお掃除とは何か?
もちろん部屋を綺麗にすることです。ただ、綺麗になったという事実がほしいのか、綺麗にしたという充足感がほしいのか。正直、お掃除ロボットだけでは、どちらも十分満足まではいかないと思います。

お掃除ロボットに溜まったゴミをみると、思った以上に溜まっており、綺麗になったという事実が明白です。ただ、「えっ?これは?」というゴミが取れていなくて、やっぱりロボットだけでは、綺麗になったという充足感に欠けるのです。


部屋のあちこちに1から5まで書いた紙切れを置いたら、2枚吸ってくれました。1と4と5は、すってくれませんでした。

なので、まだお掃除ロボットとお気に入り掃除機の、共同作業は必要なのかなと。ルンバを奥に押しやった私として、どちらが現在のパートナーとして相応しいか評価してみました。

●ダイソンくんとルンバくん
ロボットにはついつい名前をつけてしまいがち。今回は、ダイソンのロボットを、ダイソンくん。ルンバをルンバくんと呼ばせていただきます。

■ダイソンくんのほうがいい点
1,明らかに1回あたりのゴミがたくさんとれている。何回かに1回しかゴミを捨てる必要がなかったルンバくん。あれは、仕事量が少なかったからだということが、明白に。
2,お掃除を放棄しない。ルンバは我が家の玄関でいつもつっかかって、救出してあげていた。ダイソンくんはそこが賢い。落ちそうになるけど、回避する。これは劇的にすばらしい。
3,小さいので小回りがきいている。家具の下でもわりとスイスイいきます。

■ルンバくんのほうがいい点
1,音が小さい。ダイソンくんはかなりうるさい。発売が延びたのは、モーター音を少しでも小さくするための努力だったそうです。でも、まだうるさい。家にいるときにダイソンくんを走らせていると、テレビは全然見られません。ルンバくんのほうが軽い音だった。
2,10cm以下と薄いので、ソファの下とかも掃除できた。ダイソンくんは、構造上、これ以上薄くできないそうです。といっても12cmなのでそれほど変わらないんですね。ソファの下が微妙な高さなのね。

■結果
正直、今、15万円以上するダイソンくんを自腹で購入するのはちょっと憚られます。ルンバも4万円前後で購入したので、ダイソンも自腹で買うなら5万円以内にならないと難しいかなとは思いますが、性能的には本当にびっくりするほどゴミが取れるので、その感動はなんともいえません。

ちなみに、ロボット掃除機を導入する一番のメリットは、ロボット掃除機が掃除できるように部屋を片付けること!

これ、アメトークの家電芸人で土田氏が言っていたと思いますが、まじめに納得。うちも、かなり本の山が家中に散乱していて、まずはダイソンくんが通れるように片付ける必要がありましたっす。ごめんなさい、お母さん。私はダメな子です。

 


blank_space
2015年12月22日

撮りためた写真をフォトブックにしよう

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF6217-1.jpg
私は写真を撮るのが大好き。デジカメがない頃から日常のいろんな物を撮るのが好きでした。

今はケータイで写真が撮れるので、世の中の人全員がカメラマン時代。皆さんもたくさんの想い出がケータイの中に保存されていると思います。写真をプリントアウトする事ってあまりなくなって来ましたけど、最近の私、せっせとフォトブックを作ってるんです。


>>続きを読む "撮りためた写真をフォトブックにしよう"

blank_space
2015年09月30日

「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る

Posted by 湯河原こむぎ    
HS1.jpg
長野県下伊那郡の阿智村は環境省から「日本一暗い場所」と認定されてから多くの人が押し寄せる場所になったとテレビ番組で見ました。この村は環境省が行っている「星空継続観察」で平成18年に「星が最も輝いて見える場所」第1位になった場所です。

「星を見る時、どんなに山奥に行っても自動販売機が1台あるだけで見える星の数がぐっと減る」という話を聞いた事があります。ぜひ日本一暗いこの場所で満天の星空を見たいと思いました。


>>続きを読む "「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る"

blank_space
2015年07月27日

ヨーグルトも味噌も簡単手作り

Posted by 湯河原こむぎ    
y1.jpg
去年買ったTANICAのヨーグルティアは、ここ最近買ったものの中で我が家の一番の大ヒット商品。これを買ったのは「市販のヨーグルトのコピーが家で作れる」というお得感から。最近流行りの「LG21」とか「R-1」とか「ダノンビオ」をひとつ買って牛乳を1リットル入れ、40℃で7時間。明日の朝にはたっぷりのヨーグルトが出来あがっています。
>>続きを読む "ヨーグルトも味噌も簡単手作り"

blank_space
2015年06月27日

【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 

Posted by 湯河原こむぎ    
an.jpg
「風に立つライオン」を観に行った時にやっていた予告編。「駆込み女と駆出し男」「あん」「海街diary」の三つ全部に樹木希林さんが出ていました。片目を失明したとか全身がんだとかご自身の身には大変な事がおこっているだろうに次々と映画に出演されています。

上記の映画三つとも観ました。全部とてもよかったですが、特に「あん」が素晴らしい映画で、ぜひぜひ多くの人にごらんいただきたいと思いました。他の二作に比べると地味なだし、上映館も少ないのであまり「観に行こう」と思っている人が少ないのではないかな〜と思いレビューを書くことにしました。

私は一年に映画館で30〜40本の映画を観ます。【シネマ・こむぎスタイル】も76回になりましたがその4倍くらいは観ていると思います。この「あん」という映画は、私がここ10年間で観た映画の中で間違いなく自分の中のベスト10に入る映画だと思いました。


>>続きを読む "【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 "

blank_space
当サイトに掲載されている情報は、原則としてスタッフ個々の私的な見解です。ご紹介している商品やサービスのご購入にあたっては、皆さま自身のご判断でお願いいたします。
カテゴリー別インデックス
blank_space
カレンダー
2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
blank_space
月別インデックス
blank_space