ワーキングマザーによるワーキングマザーのための育児・仕事・ショッピング・出張・リラックス・転職などの総合情報サイト

ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]

2014年07月23日

家事ってやつは

Posted by 和田理恵    

突然ですが、私、仕事の方が家事より得意だと思います。
仕事では時折感謝されますが、家事はそこまで感謝される機会が多くありません。

というのも、私の家事レベルはかなり低め。
なんでもかんでもやけに時間もかかります。
今でも強烈に覚えているのは、結婚後しばらくして会社をやめ、家にいたある日の夕方のこと。Yシャツのアイロンにとりかかり、6枚こなして顔をあげたら外が真っ暗になってました。
かけ始めたのが4時で、ふと気づいたのが6時。Yシャツ1枚に20分もかかるとは!
だれもみていなかったので「遅すぎ」と言われたわけではありませんが、私はアイロンかけから遠ざかり、以後、Yシャツはほぼすべてクリーニングに出すことにしました。


>>続きを読む "家事ってやつは"

blank_space
2014年07月17日

イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ

Posted by 村山らむね    

今まで2回開催して大好評で、「娘の進路が確立した」「プレゼンテーションをする子供の姿に驚いた」との声が続出した「お仕事塾」。今回は、論理思考が専門の高橋先生をお迎えして、パワーアップしてのワークショップを特別に開催いたします。8月25日月曜日、13時半から新宿にて大学生・高校生向けのプログラムです。

就活やAO入試などで、人前で自分を表現する機会が非常に多くなり、その成否が人生を大きく左右することに直面するのが高校生・大学生です。そのときになって慌てることなく、自分を見つめ表現する練習!と思って、気軽に参加していただければ幸いです。


どうしたら、自分のことを深く理解できるだろう?
どうしたら、自分にあった進路を見つけられるだろう?
どうしたら、自分の思いを自信を持って相手に伝えることができるのだろう?

そんな不安、ありませんか?

大丈夫!数多くの学生や社会人に自信を与え、「変わる」瞬間を見届けてきた盒興喃契萓犬、みなさんに自分の本当の興味を未来につなげるためのヒントを教えてくれます。

このワークショップでは、これまでの人生を総さらいして、自分の根っこを見つけます(未来の地図は過去にある!)。
自分にとっての「インパクト体験」を良かったことも悪かったことも振り返って、そこから自分が得た「武器」や、未来を考える上で大事な「想い」を見つけて行きます。その時はつらかったことですら、自分ならではの強さにつながっていることがよくあるとか。

きっと気づかなかった「自分」、あなたならではの強さに出会えますよ。
進学や就職での進路選択、就職活動やAO入試などの面接での自己アピールが自信を持ったものに変わってくることでしょう。

ワーキングマザースタイルならではの試みとして、親もワークショップに参加し、自分自身のキャリアや社会のつながりについて考えを深めることができます。

子供のみの参加、親子参加、どちらも大歓迎です。

<対象>高校生、大学生、計10名。その親 

<参加費> 学生 5000円 同伴する親  1000円 
     (親のみの参加はお断りいたします)

<申込方法> Peatixにて先着順で受け付けます。
       Facebookで参加ボタンを押し、Peatixにて決済をお願いします。
       Facebookの参加ボタンだけでは確定になりませんのでご注意下さい。

申込ページ

http://peatix.com/event/44335

<講師紹介>
盒供―喃掘\萓
立教大学経営学部 特任准教授、「SCHOOL OF 未来図」代表。

情報機器系ベンチャー企業を経て株式会社グロービスに加わり、執行役員、グロービス・マネジメント・スクール(GMS)統括責任者等を務める。
その後、SCHOOL OF 未来図を立ち上げ、個人・法人を対象に、論理思考の教育を行うとともに、立教大学経営学部にて360人以上が12クラスに分かれて履修する「論理思考とリーダーシップ」のコースリーダー等を務めている。
一橋大学法学部卒、ミシガン大学経営大学院修士課程(MBA)修了。
著書に「やりたいことを実現する 実践論理思考」「ビジネス・リーダーへのキャリアを考える技術・つくる技術」などがある他、下記サイトにて連載執筆中。

Web連載「日経Bizアカデミー」
【Web講座】ロジカルシンキングの達人になるhttp://bizacademy.nikkei.co.jp/business_skill/logical_thinking1/

10502473_795569050483252_7037572765161341896_n.jpg

<注意事項>

・持ちものなど詳細については、後日参加者にご連絡いたします。

・当日は、グループの中でご自身のことをお話ししていただくようになります(みなさんに、その場の話はその場にとどめる約束をしていただいた上で実施します)。お話ししたい範囲で構いませんが、自分にとって大きかった体験について話せるほど内容が深まります。

・親子で参加の場合、子どもは子ども、親は親でグループワークをします。話した内容を親子で共有するかどうかはご本人たちにお任せします。
(ワークショップ内では、目指すキャリアに限定して共有します)

・会場費等運営に関わる実費のみ参加費にてご負担いただいております。
 キャンセルによる返金は原則受け付けておりません。予めご了承下さい。


<問合せ先>ワーキングマザースタイル事務局 info@wmstyle.jp

PDFファイルをダウンロード


blank_space
2014年07月16日

12000円の日傘を買っちゃいました!!

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF1138.JPG
金額をでかでかと書くのはいやらしいお話ですが、12000円もする日傘を買っちゃいました!! 「貧乏スパイラルにはまった、ものすごく暗くて貧しい映画」を観た後、気持ちが落ち込んで立ち直れずにふらふら歩いて新宿タカシマヤにたどり着きました。映画の中では貧困に翻弄される人々がうごめいていたのに、ここにはキラキラするブランド物を手に取り、買って行くセレブな人々がたくさん。・・・あ゛あ゛世の中はなんて無情〜・・・などとよろめきそうな私。

そんな中・・・おっ!!私好みの水色と白のストライプの素敵な傘があるぞ!!(もう、その時点で「貧乏スパイラルな映画」の事はすっかり忘却の彼方へ〜)・・・と手に取って見ていると売り場の方が声をかけて来た。

「これは晴雨兼用なんです。今までにもそういう商品はたくさんありましたが、これは雨用としても優秀なんです。よく行きはカンカン照りで、帰りはゲリラ豪雨の日ってありますよね。それに対応出来るしっかりした作りです。」←私、このセールストークにやられました。おねえさん素晴らしいよ。買います買います買いますとも!!この傘を買える私でよかった(←ちょっと映画の事を思い出したらしい)。

その傘が本当に優れものなので詳しく紹介させてください。


>>続きを読む "12000円の日傘を買っちゃいました!!"

blank_space

夏休みにオススメの映画!『世界の果ての通学路』

Posted by 津田実穂    

poster2.jpg
この映画を初めて見たのは、息子の校外学習に付き添いのボランティアをした時でした。

ユネスコが協力して作られた、世界でも困難な通学をしている子ども達のドキュメンタリー映画です。
フランスではなんとディズニーが配給し、動員120万人を超える大ヒットを記録しました。
第39回セザール賞2014にて最優秀ドキュメンタリー賞も受賞しました。

過酷な環境の中、大自然の中、笑顔で通学する子ども達。
登場する子どものうち半分というか二組は、親の世代までは学校に通う事ができませんでした。自分達が、初めて学校に通える。

学校に通う。
私達、自分の子ども達にとって当たり前の事が、広い世界の中では当たり前ではない。


>>続きを読む "夏休みにオススメの映画!『世界の果ての通学路』"

blank_space
2014年07月15日

夏休みのこどもの居場所

Posted by 和田理恵    

もうすぐ夏休み!
楽しみな長い休み。でも普段子供にとって一日の中で大きなウエイトを占めている学校がない生活なのでどう過させるかいろいろ考えを巡らせなくてはいけない時期でもあります。

主に子供が学校に行っている時間に仕事をしている私は、夏休みは在宅でできるよう仕事内容を調整しているのですが、それでも打合せ等々どうしても外に出なくてはいけない場合もあります。
そんな時、小1、2の間は未就学時代にお世話になっていた民間保育施設にお願いすることが多かったのですが、小学校中学年となり、小学生を対象とした民間学童の利用も考え始めました。

まず、いいな!と思ったのは、キッズベースキャンプ
上の子達も小学生時代にお世話になったことがあり、過している時間の楽しさは折り紙つき。
キッズコーチと呼ばれるスタッフはノリがよいお兄さん、お姉さんで子供達がすぐ大好きになりました。目配りもしっかりしていて、どんな風に過していたか教えてくれるので親としても安心できます。
英語やクッキング、昔遊びなどイベントが充実しているのも魅力のひとつです。
東急グループの運営ですので、東急線沿線を中心に店舗があります。
店舗によって夏休みパックという料金設定もあるようですし、会員登録の空き状況も違うようなので、利用したい店舗に詳しくは問い合わせてみて下さい。


>>続きを読む "夏休みのこどもの居場所"

blank_space
2014年05月31日

「ザ!鉄腕!DASH!!」と「TOKIO系男子」

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF0999.jpg
ネットにこんなニュースが流れました。

「作れないものはない!?女子に絶対オススメな「TOKIO系男子」とは」

箇条書きで四つのポイントが書かれています。
1.DIY(=自分で作ること)が得意
2.どんなことにもストイックな「愛すべきチャレンジャー」
3.「礼儀正しさ」と「朗らかさ」がある
4.隠れた趣味、意外性がある


>>続きを読む "「ザ!鉄腕!DASH!!」と「TOKIO系男子」"

blank_space

【こどもとニッポン体験・番外編】映画、見るもの、つくるもの

Posted by 和田理恵    

10419474_306558402833420_3208121855719043430_n_2.jpg

最近、小3の末っ子とはまっているのが、、、映画。
ご多分にもれず「Let it go」を熱唱したりもしているわけなのですが、映画をつくる楽しみにも親子でめざめてしまいました!
映画をつくる?! なんだか夢のようで現実感がないのですが、春に「こども映画教室」というワークショップで、初めて体験しました。


>>続きを読む "【こどもとニッポン体験・番外編】映画、見るもの、つくるもの"

blank_space
2014年05月25日

【こどもとニッポン体験!】お茶を体感する休日♪

Posted by 和田理恵    

IMG_0700_2.jpg

五月、、爽やかな新緑が目にやさしく映る季節ですね。大好きな新茶の季節でもあります。
写真は摘みたてのお茶の葉っぱです。やわらかく瑞々しいのがおわかりいただけるでしょうか。

今回は末っ子(小3)と一緒にお茶作りを体験しました。
「手もみ茶」という言葉を聞いたことがあるかと思います。お茶の葉をわずかな時間蒸し、手で茶葉を揉み乾燥させて煎茶に仕上げていったものです。

私たちも手もみに挑戦してみました。
「けっこう強めに水分をとるようなイメージでもんで下さい」という説明があり、電子レンジで数分チンしてあたたかくなった茶葉を手にとりスタート!

IMG_0701_2.jpg


>>続きを読む "【こどもとニッポン体験!】お茶を体感する休日♪"

blank_space
2014年05月13日

朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムで考えたこれから必要な素養

Posted by 村山らむね    

朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムに行ってきました。本当に衝撃的な時間でした。「これから子供に何を身につけさせるべきか」ということに深く考えさせられる時間でした。

このシンポジウムは去年に続き、2回め。「メディアが未来を変えるには 〜伝える技術、伝わる力〜」というテーマ。
朝日新聞は、MITメディアラボとの提携して、未来メディア、つまり未来の新聞、そしてメディアのあり方を、様々な方向から模索するという取り組みをしています。その一環で、シンポジウムが開かれました。今年はなんと応募が3倍も来たそうで、当たった私は超ラッキーだったようです。

まず、朝日新聞社の社長のあいさつ。木村伊量氏のあいさつがかっこよすぎてビビりました。完全なジョブス形式のプレゼンテーション。去年も相当なインパクトがあったようで、私は初見だったので、「ぎゃー、朝日新聞、かっけー!じぇじぇじぇ」と、季節外れの驚き方をしてしまいました。

MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏が、全体をコーディネートしており、まず伊藤さんのプレゼン。そして、NYTのグラフィックエディターのアマンダ・コックス氏、ハフィントン・ポストのニコ・ピットニー氏。



>>続きを読む "朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムで考えたこれから必要な素養"

blank_space
2014年05月11日

子供が生まれて一番気になる家電は、掃除機

Posted by 村山らむね    

うちの娘は、小さいころ季節性喘息で春と秋は必ず病院通い。吸入してもらっていました。携帯吸入器を持つほどではありませんでしたが、でも、春と秋になると「そろそろ来る〜」と、構えたものです。中学生になってからはすっかり出なくなりましたが。

アレルゲンを調べてもらったこともありますが、ハウスダストにひっかかりました。卵白と猫の毛も、低レベルでしたが出ましたっけ。ハウスダストは、お子さんが喘息やアレルギーの症状を持っていなくても、気になるもの。掃除をきちんとしていても、使っている掃除機ではアレルゲンを取りきれないと知ったら、ぞっとします。

ダイソンさんからモニターとして2品供与いただいて、寝具(DC61:ハンディークリーナー)や部屋の床(DC63:コードタイプのクリーナー)にどれだけほこりがあるかという実験を行いました。

今回の調査のとりまとめをする、エフシージー総合研究所 川上裕司氏のプレゼンテーション。

部屋のどのあたりにアレルゲンがひそむかということを懇切丁寧にご紹介いただきました。

■我が家の寝具にいるのは、何だったのか?

90×180の範囲の寝具(我家の場合、娘のベッド)を往復10秒間、ずらしながら掃除機をかけたものをジップロックに入れて研究所に送りました。これが、DC61の初がけなので、他のホコリはほとんどない状態で、いただいた刷毛で丁寧にいれました。

その、どっきどきの結果が送られてまいりました。


>>続きを読む "子供が生まれて一番気になる家電は、掃除機"

blank_space
当サイトに掲載されている情報は、原則としてスタッフ個々の私的な見解です。ご紹介している商品やサービスのご購入にあたっては、皆さま自身のご判断でお願いいたします。
カテゴリー別インデックス
blank_space
カレンダー
2014年07月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
blank_space
月別インデックス
blank_space