ワーキングマザーによるワーキングマザーのための育児・仕事・ショッピング・出張・リラックス・転職などの総合情報サイト

ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]

2014年10月30日

【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲

Posted by 湯河原こむぎ    
2011年の映画「まほろ駅前多田便利軒」2013年の深夜枠ドラマ「まほろ駅前番外地」に引き続き「まほろ駅前狂想曲」が制作されました。

原作は私の大好きな「風が強く吹いている」を書いている三浦しをんさん。

ここには一作目の「まほろ駅前多田便利軒」のレビューを書いていなかったのでリンクしておきます


>>続きを読む "【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲"

blank_space
2014年10月26日

ダイソンの加湿器は、除菌された水分を部屋に振りまく

Posted by 村山らむね    

子供が生まれると空気清浄機や加湿器にはかなり神経質になるものです。特にうちの子は小さいころ喘息持ちでもあったもので、加湿器はほとんど毎年買ってました。なぜなら、前のシーズンで使ったものを箱から取り出すと、むむむ、なんかカビてるとか、白い石灰分がついてしまったり。スポンジや洗いきれないところになんとなくやばいものを見つけて、「これ使ったほうが部屋にとっていいのか、使わないほうがいいのか?」と自問して、結局新しいものに買い換えることに。1万円とか2万円とかのものを買うことになるんだけど、シーズン中だってきっとカビとかあったんだろうなぁと、思う気持ちはなんとなくごまかして1シーズンそのまま使い続ける。

そんな加湿器への感情を、解決してくれるのがこのダイソンの加湿器。
補充した水に ライトを当てて、除菌する。除菌された水分が部屋にひろがる。



この1番のところがウルトラバイオレットクレンズテクノロジーというもので、99.9%のバクテリアが除菌されるそうです。

非常にデザイン性の高い加湿器。常温のミストなので、お子さんにも安心です。

加湿器は必要。でも、従来までの加湿器はバクテリアなどの細菌やカビを広げる作用をしていたかもしれない。そこで、このダイソンは、加湿はもちろん、その湿気は安全な水なので、今までの漠然とした「もしかして、この加湿、健康に悪いのでは?」という疑問を解決してくれるのだ。

この形、見覚えがあると思いますが、そう、ダイソンの扇風機です。夏は扇風機として使えますからしまう場所に困ることもありません。部屋に出しっぱなしでオールシーズン使えます。

ダイソン 超音波式ハイジェニックミスト加湿器(8畳) シルバー AM10-WS
“"
店頭参考価格は63504円(税込み)。
アマゾンでも買えます。

高い!でも、ダイソンの扇風機が44000円から
で、プラス2万円と考えるとそれほど高くない(かなあ)。それと、この加湿器なら何年も使えると思うと、それほど高くはない(かなぁ)。でも、結構な加湿器ですよね。

ただね、ほんと、子供がぜいぜいやりだすと1週間もの。万全を期すリスクヘッジとして、ボーナスで買うことを考えられてもいいと思います。

我が家も、うーん、ちょっと考えます。

ところで、ダイソンさん矢継ぎ早でいろいろ開発なさってますね。次は、絶対、空気清浄機!ロボット型掃除機に、空気清浄機能と、加湿機能をつけた、部屋全部きれいロボット。
5万円前後でお願いします。無理か。


>>続きを読む "ダイソンの加湿器は、除菌された水分を部屋に振りまく"

blank_space
2014年10月19日

ワーキングマザースタイル10周年パーティー「自分をほめよう!」

Posted by 村山らむね    

昨日、10月18日はワーキングマザースタイルの10周年を記念してのパーティーを開催しました。

今回のコンセプトは「自分をほめよう!」仕事と育児の両立。今、女性が輝く社会ともてはやされていますが、そうは言っても、もっとも輝くべき、労働力と未来育成という2つの重要なミッションを引き受けている私たちが、実際は、子供に、夫に、同僚に、ママ友に、後ろめたさを感じながら、必死に生きています。

もっと褒められていいんじゃないか?その前に、自分自身をもっとほめよう。ステキな自分を、説明しよう!ということで、29人全員に自己紹介とからめて「仕事」「夫婦」「お金」「子供の受験・就活」「介護」「趣味」と6テーマを設けて、ご自分を褒めていただきました。3時間たっぷり時間をとりましたが、それぞれの自己アピール、そしてご歓談と、最後の方はみんなノリノリで、声が枯れるほど。

新宿グリル&スイーツカフェ スコールにて、スタッフ11人、ゲスト18人、計29人にてささやかながらパーティーをいたしました。お子さんを抱えている人ばかりなのに、当日キャンセルが1人もいないというのが、まず驚きでした(5周年の時もいなかったことを思い出します)。それだけでもどのような人たちの集まりかよくわかると思いませんか?

会社員、経営者、編集長、ウェブアナリスト、パート、フリーライター、研究者、本当にざまざまなワークと育児の両立者たちの、ユーモアあふれる挨拶に、感動の拍手が沸くことしきり。趣味や関心、年齢層も様々でしたが、それぞれの違いを面白いと尊重できる、そんなステキな人達のエネルギーでいっぱいの3時間でした。


>>続きを読む "ワーキングマザースタイル10周年パーティー「自分をほめよう!」"

blank_space
2014年09月06日

イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップに参加しました

Posted by 湯河原こむぎ    

イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップに参加して来ました。

このイベントが催されると知った時、うちの娘のような内向的でプレゼン下手な学生にぴったりだと思いました。本人に「こういうのがあるよ」と話した時に嫌がるかと思ったのですが、自分でも自覚があるようで「行く」と即答していました。


>>続きを読む "イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップに参加しました"

blank_space
2014年09月05日

高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ開催レポート

Posted by 村山らむね    

立教大学の高橋先生に登壇いただいた、高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ先月大盛況のうちに開催されました。

高校生、大学生が10名、保護者が8名、サポーターの大学生が3名。

そして何より驚いたのがちょっとわかりにくいところで開催したのですが5分前には全員集まっていました。非常にどんよくな方達に恵まれたわけです。

今回のワークショップでは、インパクト体験(=自分を作ってきた体験)から自分を知る、ということを行ないました。このため、事前課題としてインパクト体験の棚卸し(=リストアップ)をしてきていただきました。以降課題提出のための先生のお言葉です。インパクト体験というものを理解していただくために長いですが引用します。
==
★1.インパクト体験から自分を知るーどうやって?

今の自分を作った体験から、「想い」と「資産」(強み)を引き出します。
今の自分を作った体験とは、例えば次のようなものです。

・6才〜11才の頃、ぜんそく、アトピーなど健康でない自分に劣等感。中学になる頃から体が強くなって徐々に解消した。
・12才〜15才の頃、押しつけられた学級委員や合唱コンクールのリーダー体験が、その後のリーダーシップへの種まきとなった。最初は嫌だったけど,自分たちで作り上げた充実感・誇りは大きかった。

★2.インパクト体験とキャリアビジョンはどう関係ある?

そもそも、インパクト体験とキャリアビジョンはどう関係あるのでしょう?
それを理解するために、まずはキャリアで自分を活かせている状態というのを考えてみましょう。大きく分けて次の三つの状態が考えられます。

 1.強みを活かせている(稼げている、評価されている)
 2.「やりたい」ことをやれている
 3.応援したい人の役に立てている

まず重要なのは、多くの人がこれら三つの全てがそろうほど充実感が高まる、ということです。

やりたいことを仕事としてやっていても強みを活かせていない(=稼げていない、評価されていない)と、なかなかしんどいものです。一方、強みを活かせていても、やりたいことではなかったり、応援したい人の役に立てている実感がないと、時折、満たされていないと感じるようになります。

このうち1を分析する手法は社会にわりとあるものの、2の「やりたいこと」と3の「誰の役に立ちたいのか」を見極める方法はあまりありません。また「やりたいこと」については「特にない」「漠然としている」「大変でもやり続けるほどやりたいのではなく、あこがれているだけ」という人が大半です。

世の中や仕事についてもっと知れば分かるのではないかと本や新聞、ネット情報などを見てもそれで見つけることが出来る人は少数派です。
「実際に体験してみれば分かるかも知れない」と試してみるのは一理ありますが、それにしても出来ればある程度あたりをつけておきたいところです。

そこで「自分の過去を振り返ることで、やりたいこと(仕事を通じて社会を持って行きたい方向)や、応援したい人を見つけ出そう」というのが、この「インパクト棚卸し」という方法です。言ってみれば「未来の根は過去にある」というわけです。

==


>>続きを読む "高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ開催レポート"

blank_space
2014年08月24日

美味しいNY

Posted by 桜本梨恵子    

『40の手習い』とでも言いましょうか?
昨年から通い始めていた、クッキングスクールを無事に卒業し、
この夏、NYのレストランでインターン(修行)をし、
晴れて 『シェフ』 のディプロマを頂きました〜。

FND.jpg

    


>>続きを読む "美味しいNY"

blank_space
2014年08月21日

かき氷器は電動に限る

Posted by 湯河原こむぎ    
DSCF1505.jpg
毎日暑くてうんざり。もともと夏が嫌いでしたが、年を重ねるごとにどんどん大嫌いになります。最近では毎年「今年こそ死んでしまうかもしれない・・・」と思うくらい暑さが体にこたえます・・・よぼよぼ

八月ももう終わりに近いと言うのに今日もほんとに暑かった。かき氷をバケツ一杯食べたいくらいでした。

今年ねこれを買ったんです。かんたん電動氷かき器

今までは手動のを使っていたんです。それでも充分だったんですが、かき氷作るのって結局おかあさんがやるじゃないですか。三人分手動で作るのってめっちゃめんどくさいんですよね。


>>続きを読む "かき氷器は電動に限る"

blank_space
2014年08月20日

実践!リモートワーク!Google Apps™ならいつでもどこでも、そこがオフィス

Posted by 常山あかね    

アベノミクスの重要課題である「男女がともに仕事と家庭が両立できる柔軟で多様な働き方」。
もちろん保育所の整備も重要な施策の一つですが、やはり女性が無理なく働ける環境作りも重要!ということで、今日は、8月27日六本木ヒルズGoogle社で開催の「実践!リモートワーク!Google Apps™ならいつでもどこでも、そこがオフィス」という、無料セミナーのご案内をさせていただきます。

私は、育児のため会社を退職後、1999年から、子育てをしながら在宅で、ライティング等のコンテンツ制作の個人事業をはじめました。小さかった3人の子どもたちも、すっかり成長し、上の子はもう大学生です。自分のように子育てと仕事を無理なく両立できる働き方を、少しでも多くの人に実践してもらいたいという思いから、2006年には、「仕事も子供もあきらめない女性が生き生きと輝く日本を目指すソーシャルベンチャー」を合言葉に、在宅で子育て中の女性が働ける株式会社壱頁という会社を起業しました。まだまだそんなにたくさんの女性を幸せにできているわけではありませんが、私は、自分自身のこれまでの働き方に、とても満足しています。(*^_^*)

今回のセミナーは、在宅ワークを実践したい女性起業家の方はもちろん、女性の人材活用・在宅勤務の助成金の活用を念頭に、リモートワークや在宅勤務の導入を検討している企業の経営者様におすすめの内容です。

働き甲斐のある会社に選ばれたGoogle、
創業以来少数精鋭で女性が活躍できる働き方を実践する壱頁、
企業の成長を支援する上田公認会計士事務所の3社がタッグを組んでリモートワークのノウハウをギュッと詰め込んでお届けします。

御興味のある方は、ぜひ、下記フォームよりお申込みください!

Google Apps for Business™セミナー「これから事業拡大を目指す企業経営者様のための『実践!リモートワーク!Google Apps™ならいつでもどこでも、そこがオフィス』」
http://www.page1.ne.jp/information/report/20140827.html



blank_space
2014年08月04日

プログラミング習い始めました

Posted by 和田理恵    

子どもに身につけたい力とされてきた「読み、書き、そろばん」。それにこれからはプログラミングが加わるという説を聞いたことがあります。英語よりプログラミングを習わせたいという意見を小耳にはさんだことも。

しかし、プログラミングって、コンピューター関係の専門家があやつっている難しいものなのではないのでしょうか?! そんなプロの知識を誰もが必要とする時代がくるのだろうか、、、と頭の中が?でいっぱいになっていた私。ある日、TEDという世界的に有名なプレゼンテーションの場で、「子どもにプログラミングを教えよう」という講演をしているのをNHK「スーパープレゼンテーション」という番組で見ました。


>>続きを読む "プログラミング習い始めました"

blank_space
2014年08月03日

東日本大震災の寄付

Posted by 和田理恵    

東日本大震災の後、少しでも役にたつのなら、と寄付を考えたり、実際に寄付した方は読者の方にも多かったのではないかと思います。
私もその一人。
3年と少したった今、寄付や義援金はどのようになっているのか少し振り返ってみたいと思います。


>>続きを読む "東日本大震災の寄付"

blank_space
当サイトに掲載されている情報は、原則としてスタッフ個々の私的な見解です。ご紹介している商品やサービスのご購入にあたっては、皆さま自身のご判断でお願いいたします。
カテゴリー別インデックス
blank_space
カレンダー
2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
blank_space
月別インデックス
blank_space