ワーキングマザースタイル遠視とメガネ




2004年10月10日

遠視とメガネ

Posted by 樋賀集子

中学1年と小学2年の息子たちは、二人ともメガネをかけています。遠視と乱視を矯正するためのメガネです。

「子どもにも遠視ってあるの?」と驚く人もいますが、子どもの遠視はピンボケで視力が十分に出ていない状態です。遠視の度が強いと「弱視」になる危険性もあるんです。目の筋肉がやわらかい幼いうちにメガネをかけて矯正していくことが最良の治療方法。
成長過程にある目は、メガネをかけることによって「見る」こと=ピントを合わせることができるようになり、視力が出てくるのです。(弱視とは単に視力が悪い目ではなくメガネをかけても見えない目を言います)

長男は1歳頃から斜視(瞳が目の中心でなく外側か内側どちらかに寄っている状態)が目立つようになり、検査をしました。その結果、遠視+乱視、そして内側に寄ってしまう「内視性斜視」という診断結果をいただいたのです。

診断結果を聞いた時は愕然としました。

まだ小さくて検査もできない。何度も病院に通い、やっと検査ができたのが3歳になる少し前。メガネをかけて矯正をすることになったのです。

「小さいのにメガネなんてかわいそうね」心ない言葉に何度傷ついたことか・・・。
でも、「メガネかっこいいよ~」と仲良しのママ達に励まされ、息子はメガネを嫌がることなくかけるようになりました。たぶん、メガネをかけることによって、世界がハッキリ見えるようになったからだと思います。今までは、きっと、ピンボケの世界だったから。

次男は斜視がなかった分、親も油断してしまい発見も遅くなりましたが、同じく遠視+乱視で矯正のメガネをかけています。
次男の場合、乱視が強いことと、年令が高くなってからの治療ということで、左目の視力がなかなか出てきません。そこでメガネにプラスしてアイパッチをして視力を引き出す訓練をしています。
アイパッチとは、両目の視力が違っている場合に、悪い目を使わせるために良い目を隠すために使う目に貼るシールです。シールが肌色のため、ちょっと見ると目がないように見えるんですよ。
でもね、今、頑張らないと…。励まして努力中です。現在0.5の視力だけど、ハッキリ見えるようになるように頑張っていきます!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子どもの成長で感じる想い
駅で出会った『パパの子育て』
東京都 チャレンジ支援特別貸付
子連れのお出かけに!『首都圏子連れ日帰りおでかけガイド 』
我が家の節約術!【お風呂の入り方】
「ひとりでお出かけの仕度」のお助けグッズ
七夕の夜  CO2削減のためのライトダウン
子育ての体験談を元にしたケータイ小説『マザハラ』
気になる足のむくみ対策は…? 『足うら思い』
バレンタイン☆トースターでクッキーづくり
プチ自立 ~親ばなれ・子ばなれ~
高校受験で考えた少子化対策
災害用に 非常食+アウトドアセット
鉄分補給が元気の素
布団の丸洗いでふわふわ☆ふっくら

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/181

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 近視・遠視・乱視が、2週間できっちり改善する方法とは!!
ブログ名: 乱視
日付: 2007.10.19
内容: この度、「視力回復」に関するサイトを作りましたので、 トラックバックさせて頂きました。 あなたは、近視・遠視・乱視で悩んでいませんか? でも、大丈夫...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space