ワーキングマザースタイルCAPって知っていますか?




2004年11月18日

CAPって知っていますか?

Posted by 湯河原こむぎ

CAPって知っていますか?私は3月まで知りませんでした。今年度、PTA役員を引き受けました。一年に一度「PTA事業」として何かやらないといけないのですが、前年度の会長から「これやりたかったんだけど、私たちの時には実施できなかったから、よかったら参考にしてみて」とCAPの資料をいただきました。

資料には「CAPとはChild Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の頭文字をとったもので、子どもたちが自分自身の権利について理解し、その権利を奪おうとする虐待やいじめなどあらゆる暴力に対し、心とからだと知恵をもって自分を守るためのプログラムです。」と書かれていました。「児童虐待」のニュースが新聞やテレビに出て来ない日はないほどの毎日なので、このプログラムを実施するのは非常にいいのではないかと思いました。

学校側との話し合い、PTA運営委員会での話し合い等、いろいろな紆余曲折がありましたが、まずは、初めてなので、今年度は6年生だけという事で、実施するところまでこぎつけました。

当日は、1クラスにつき3名ずつのスタッフの方を学校にお迎えし、こどもワークショップが開催されました。子どもが大人の目を気にすることなく発言できるように、見学は1クラスにつき「大人3名まで」と決まっており、親は見学できません。なので、私たちも中には入れませんでした。

今回、私たちは入れませんでしたが、事前に受けた、「おとなワークショップ」での内容は・・・子どもが自分の権利「安心」「自信」「自由」を守るために「親戚のお兄さんにキスしようって言われたら?」「おかあさんが、さっき交通事故に会って、おじさんは○○ちゃんを病院まで連れて行くために来たんだよ。・・・などと知らない人に声をかけられたら?」と具体的なシチュエーションに沿って寸劇をしながら、わかりやすく説明してくれるものでした。危険な事にあった時、周りの人に危険を知らせるための「特別な叫び声」の練習、後ろから口をふさがれた時の対処法などあり「これを自分の娘にもぜひ聞かせたい」と思いました。(娘は3年生なので、今回は対象外でした)

私たちPTA役員は「ちゃんと聞いてくれるかなー」「最後に相談タイムがあるけど、相談したいと思ってくれる子が1人もいなかったらどうしよう」と心配はつきませんでした。

ところが、プログラムを終了して戻って来たスタッフの方々は、「非常に活発に意見も出て、まとめきれないくらいだった!」と明るい表情で語ってくださいました。6年生くらいになると、最初からハスに構えて、意見も出ないし、反応も少ない・・・という事も多いそうですが、「いい意味で、昨日実施してきた他校の3年生の反応のように、みんな素直で活発だった。」との事でした。見学に入っていた先生も「子どもたちがみんな生き生きと乗り出すようにして参加していたよ。これをやってすごくよかったね。」と言っていました。

終了後に6年生にアンケートをしてもらったのですが、全員「よかった、ためになった」に○がつけてあり、ほんとに全員が自分の言葉でコメントを書いてくれていました。

「これから大人になって行く上でとても役に立ちました。」「こういうときは、こういう事をすればいいんだなど、よくわかりました。」「恐い時の声の出し方、相談する方法、逃げ方などわかった。」「これからどんなことが起こるかわからないので、この事をふだんの生活で生かして行きたいと思います。」等・・・。

文章から「すごくためになったし楽しかった。」という様子がビリビリ伝わって来るようでした。見学してくださった、ある先生は「次の日、子どもたちの顔つきがまるっきり違ったわよ。」と言ってらっしゃいました。このワークシヨップを受けた事により、自分の「権利」を守る事はもちろん、他の子の「権利」も侵害してはいけないのだ、と言う事をみんなが理解してくれたのを確信しました。



「CAPセンターホームページ」
今回私たちがお世話になったのは
「エンパワメントかながわ」の方々






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

こんにちは。
CAP知っています。
長女が小学校に入学した年に、PTA主催で大人のためのワークショップがありました。
その時、子供たちのためのワークショップもあると聞いて、これは国が音頭をとって授業にも取り入れて欲しいと思いました。

今日は奈良県で恐ろしい出来事がありました。
いつ誰に起こってもおかしくない、すごくおかしな世の中です。
このような取り組みは是非とも必要だと思います。

Posted by: ちゅうりっぷ at 2004年11月18日 19:29

ちゅうりっぷさん、ありがとうございます。
奈良県の事件、ほんと痛ましいですよね。今日テレビで「この事件は、車に乗ってしまった時点でもう終わってしまった。親が『知らない人の車に乗ってはダメ』といくら教えていても、一年生くらいだと、いい人のふりして声かけたりすると、やはり信じてしまう」というような事を言っていました。小さいうちからCAPで学ぶような事をみんなが知っていてほしいと思いました。犯人が早く逮捕される事を願います。

娘の学校では、今回、CAPを、6年生に実施して、とてもよかったので、年度中に3年生も行うことになりました。ぜひ、全学年でやりたいし、全国的にも、実施されるようになると、このような事件が減るのでは?と思いました。

Posted by: こむぎ at 2004年11月19日 16:43

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第77回 「恋妻家宮本」 
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/394

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 子供をどうすれば守れるのか?
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2004.11.20
内容: 言葉を失います。事件の残虐さ。最新の携帯を持たせて、まめに連絡をとり、大切に育て...
タイトル: デートレイプ…CAPワークショップ体験記
ブログ名: mujinamo's
日付: 2006.03.26
内容: CAPによる暴力の定義とは「人の心と体を傷つけること」。私ならCAPのように暴力を定義するのならもうひとつ追加して、暴力とは、人・または自分の心と体を傷つ...
タイトル: 知らない人にはついていかない
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2006.04.09
内容: 我が家の子供たちが通う小学校も、ようやく新学期が始まりホッと一息。うちは学童に行っていないので、春休み中はずっ~と子供が家にいました。 「ママは仕事で忙...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space