ワーキングマザースタイル年末年始の帰省問題




2004年12月04日

年末年始の帰省問題

Posted by 竹之内ふうこ

毎年、12月にはいると、不思議なもので仕事がギュウギュウと詰まってくる。やはり今年も同じ。仕事が入るのはとってもありがたいのだけど、溜息つきながらカレンダーを睨み、段取りを考える私。
そう、私、毎年、年末年始は、短くても10日はお休みをいただかなくてはいけないのです。帰省です、帰省!

長~~い帰省があるので、クリスマス以降に私の作業がこないように、トラブルが起きる可能性があるものは年明けにもっていくように、結構強引にスケジューリングします。年末ってそれでなくてもいろいろと雑事が多いけど、まずは仕事を終わらせることが最優先。そして、大丈夫かな?予定通りにいくかな?と心配しながら12月を過ごすのです。
「年内の仕事は12/25で終了です。それ以降はメールチェックのみ可能です」なんてお客様に言うのは、ほんっとに度胸がいります。
「だから主婦は・・」とか「だからSOHOは・・」とだけは思われたくない。そんなこともイジイジと心配し続ける私の12月。

SOHOとはいえ、仕事には必ず相手があるし、共同作業する相手だっています。お客様によっては、ガンガン電話してくる方もいるし、緊急の対応だってしなきゃいけないことだってある。いくら年末年始とはいえ、10日以上も休みをもらうのははっきり言って大変です。夫の実家にはPCを持って行きますが、まず仕事はできません。1日1度のメールチェックがいいところ。うーん、仕事と嫁業の両立も楽じゃありません。

夫の実家は自営業で、12月中頃から元旦にかけては超繁忙期、殺気立ちます。年末大掃除とか紅白歌合戦とかおせち料理とか、そんなものとは無縁の年末。当然、嫁である私は、結婚してからというもの、クリスマスもそこそこに夫より先に帰省し、夫の実家で主に台所仕事を一手に引き受けます。夫の実家とはいえ、自分の実家よりもくつろげるくらいなので、役にたつのなら喜んで帰るし、行ってしまえば仕事のことは忘れて楽しんでるし、それはそれで問題ないのですけどね。
そうはいいつつ、年々積もるこの思い・・「私にだって仕事があるのにーーーっ!」

実家がご近所の方には、「帰省するところがあるってうらやましい」なんて言われますが、毎年毎年、お盆とお正月、欠かさず長期帰省しなければならない身としては、それもどうなの?という感じです。

お正月の過ごし方って、家庭の数だけあるんだろうな。興味津津。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子供の教育 in 上海(2)〜インター校編〜
40代後半の趣味は、ゴルフと中国茶。
朝ごはんダイエット、我が家でも実践中♪
オンライン英会話レッスン、続いてます♪
オンライン英会話レッスン、始めました。
子供の教育 in 上海(1)〜日本人学校編〜
「転勤」は、忘れた頃にやってくる!(2)
「転勤」は、忘れた頃にやってくる!(1)
日本橋だし場(DASHI BAR)訪問記♪
さつまいものおやつ♪
塾との新しい関係
6月病??新中学一年生のお世話。
母の日ギフトにアイスコーヒー♪
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第17回 中学受験終了!
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第16回 本番直前

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/488

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: お正月、どこで過ごすか問題
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2004.12.05
内容: ふうこさんの「年末年始の帰省問題」、とってもタイムリーな話題です。私も今日、手帳...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space