ワーキングマザースタイル「スーパーウーマン」をめざしちゃダメ。




2004年12月26日

「スーパーウーマン」をめざしちゃダメ。

Posted by fellow

家庭内のあれこれを自分の手ですべて切り盛りできれば、それに越したことはないでしょう。

でも、背負い込んでスーパーウーマン症候群に陥ってしまうのは、マズイですよね。
 

ここには手をかけるけど、ここは手を抜く、などとメリハリをつけて、人や家電のサポートに頼るのがお勧めです。

私の場合、料理以外の家事はほぼすべて苦手。そこで、こんなサポートに頼っています。

【人的サポート】

シルバー人材センターの仲介で、同じ区内のMさんに週2回、主に掃除を手伝っていただいています。

Mさんは、私が家を出る頃に来てくれることが多いのですが「子どもが最近こんなことを言ってて、心配なんです・・・」といったプチ悩みに乗ってくれたり、子どもの誕生日にベランダの鉢に花を生けてくれたり(写真)、と精神的にもサポートしてくれる人生の大先輩。本当にありがたい存在です。

hana.JPG

【家電などのサポート】

●帰りが夜9時を過ぎる日もありますが、それからお風呂の準備をすると子どもが寝るのが遅くなるので「ふろ予約」という機能で、すぐに入れるようにしておくこともあります。新しい物件は、こういう設備が備わっていることが多い点で、お勧めです。最近は、携帯電話やパソコンからお風呂のスイッチをONできる遠隔操作サービスもあるようです。


●子どもがなかなか寝付こうとしないので、10分後や30分後に自動的に電気が消えるタイマーつきの照明器具を使い「電気が消えたら観念する」というルールにしました。


●今さらですが、食器洗い機は、ワーキングマザーにとっては、ぜいたく品ではなく必需品だと思います。ウチは、構造上、上置きでなくビルトインにしかできないらしくしぶしぶビルトインにしましたが、すっきりと片付くので、よかったかも。

shokusenki.JPG

今年も、人や家電に支えてもらって(職場の協力も大きく、感謝してます)、なんとか無事に年を越せそうです・・・。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

お久しぶりです!ダンサーとして社会復帰(??)をしたkotaです。今は短いダンス時間からスタートしているのですが、その短い時間でも予定が入ると、今までのリズムではうまく回らなくなる!と分かり、「人の力を借りる両立」について本気で考えないと・・・と痛感しています。

実は今まで、「スーパーウーマン」になれる社会復帰方法を見つけようとしていました。でも、無理してがんばっていると、家族に迷惑がかかるんですよね。
子供のリズムは狂うし、私がストレスで機嫌が悪いと家庭の雰囲気も悪くしてしまうし、主人も機嫌が悪くなる。

「スーパーウーマンにならないスーパーウーマン」になれるようにがんばろうっ!と。

Posted by: kota at 2004年12月27日 02:06

「燃え尽き症候群」ってのは聞いたことありましたが、これは初めて聞きました!
一般的に「仕事と育児の両立って超大変そう!!」っていうイメージは、スーパーウーマン的働きを想像するからなんでしょうね。私だって最初は一応、目指していたもの。

私も掃除は大の苦手で、あまりの汚さに見かねて月に2回お掃除を頼んだら、「掃除の人が来る時にあまりに汚いと恥ずかしい」と、前よりずっとキレイにしたりしと想像もしてなかった意外な効果が。
ちょっと後ろめたさもあったけど、しかも「ペギーさんは週2回」を聞いて、ちょっと楽になりました。

うまく「help!」ができる事って、仕事はもちろん家事や子育てでも大事ですよね。

Posted by: 小梅 at 2004年12月27日 14:23

kotaさん、社会復帰されたとのこと、おめでとうございます!

独身の頃のようなペースで進められないのは最初は大変ですが、きっと徐々に慣れてきて、そこで養われた忍耐力が、意外なところで知らず知らず役に立つ・・・ような気がします。

自分ひとりで無理を続けて、キーッといら立ってしまうよりは「なんでもひとりでするのは無理ですから。残念っ!」と開き直っておくほうが、結果的にはいいんじゃないのかなと思ってます(家族がどう思っているかは知りませんが)。

>一般的に「仕事と育児の両立って超大変そう!!」っていうイメージは、スーパーウーマン的働きを想像するからなんでしょうね。私だって最初は一応、目指していたもの。

小梅さん、私も「そうあるべき」と思っていて、ずーっと「結婚」とか「子供を持つこと」に腰が引けていました。そんな、なんでもこなすキャパシティ、自分にはないよ・・・って。

今でもキャパはなく、いっぱいいっぱいではありますが、何が大事なのかを考えて、「自分がやってもやらなくても大して違いがないこと」「自分がやることに意義があること」などの線引きを一応しています。

自分ひとりが地球を救わなくていいんですから。

Posted by: 葉山 at 2005年01月01日 07:44

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
生活防水つきのApple Watchは家事をしながら電話できるワーママの味方
ダイソンのコードレス掃除機DC74は、ヨルカジもギリギリOK!?
ダイソンの加湿器は、除菌された水分を部屋に振りまく
子供が生まれて一番気になる家電は、掃除機
紙の山、なくすぞ作戦!
ホームベーカリーデビューしました。
お弁当〜わたしのゆるルール〜
中学生に「お弁当自作」を促す作戦、教えます
子ども達が靴下を自分で洗ってくれる幸せ。フロッシュのミニ洗濯板
洗濯機と乾燥機
ルンバのサブ掃除機としてベストなのはマキタ4070
主婦のための手帳術
9月開講!共働きの子育て講座がおすすめです
子どもに食べさせたい野菜宅配

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/592

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space