ワーキングマザースタイル一度だけのバレンタインデー




2005年02月03日

一度だけのバレンタインデー

Posted by 田村小梅

もうすぐ結婚して7年目を迎える我が夫婦。でも「バレンタインにチョコ」なんて可愛い事は一度もした事が無いと思う。それは結婚前に付き合っていた人々に対しても一緒。自分でチョコを作るほどのパワーも無いし、そういうイベントはあまり好きでは無いのだ。でもそんなズボラな私にも、たった一度だけの甘いバレンタインの思い出がある。

それは17歳、高校2年生のバレンタイン。(「17歳」って響き、もうそれだけで青春!!)当時私は、一つ年上の『K先輩』という、学校中のアイドルだった先輩に恋してました。秋から3年生は自由登校になり全くと言って良いほど姿は見れない。それがたまに「K先輩が校庭でサッカーしてる!!」と誰かが叫べば、みんなで教室を飛び出して黄色い声援を送りに行き、「教室にいるって!!」と噂が入れば、また大挙して押しかける。そんな日々でした。もちろん、一度も話した事も無いK先輩にチョコをあげようなど大それた事を、なぜ思いついたか全く思い出せない。しかも、本当に恋焦がれていた訳じゃなく、ただみんなでミーハーにキャーキャー言うのが楽しかっただけなのに。
とにかく私はバレンタイン前日、今では二児の母である友人の家に行き、生まれて初めて「トリュフ」なるものを作った。そしてハンズで買った可愛いボックスに入れ、もちろん、「先輩が食べてくれる事」を夢見て、ちょっと(いや、ベロッと?)なめたりした。(だから、手作りの物なんて絶対食うもんじゃない!)

そして問題はそれから。午前中、学校で先輩がサッカーをしているのを確認した私は、昼過ぎから先輩の家の近くのちょっと木陰みたいになっている橋の横で、ずーーーーーーーーーっと待っていたのだ!!もちろん2月14日。身も凍る様な寒さの中。先輩がいつも夕方には帰るという情報をキャッチしていたので、多少の前後も計算に入れて、とにかくずっとずっとただ立って待っていた。でも、夕方になっても現れず、7時になっても8時になってもやって来ない。あまりの寒さの中、生理現象に耐え切れず、17歳の女子高生が木陰に隠れて用を足したかもしれない。(犯罪!?)それでもじっと待っていたら8時間以上経過したところで、先輩がやってきた!!!何時間もの間、自分の自己紹介を交えたセリフを練習してたのに、(もちろんしゃべった事など一度も無いから「覚えてもらわなくっちゃ!」と)結局、緊張し過ぎて自分の名前を名乗る事も出来なかった。ただ、「卒業式に、ボタンもらえますか?」と、やっとの思いで言っただけ。

そして卒業式当日。鈴なりになっている女どもの山を掻き分けて先輩のところへたどり着くと、制服のボタン(袖についていた小さなボタン8個まで!)はもちろん、ワイシャツのボタンも全てなくなっていた。(お前ら、追いはぎか!!)が、先輩は私を見つけると、「はい、約束のボタン」と、学生服のちゃんとした大きなボタンをポケットから出してくれたのだ!!(きゃー、ドラマじゃんっ!)その時の、1~3年生の数十人にも及ぶ女どもの視線といったら!人生最高の快感だったと思う☆それからしばらく私は、そのボタンをネックレスにしてわざと人目に触れる様にし、戦利品のように自慢しまくって学校へ通っていた。
・・・と、「バレンタインの思い出」はここまで。

余談だが、その後ストレートで国立大学へ進学してしまった先輩が、私の家から徒歩数分の塾でバイトを始めたため、その後何度か会って話す様になった。それから、全く違うところで知り合った高校の先輩が選挙に出る事になりその手伝いをしていたら、偶然先輩も来ていて再会し、先輩が大手生保に入社し、佐世保支店に転勤になった時には友人と泊まりに行った事もあった。
でもそれも、もう10年も前。懐かしいなぁ。そういえば、先輩が塾の講師をしていた時、私はその塾の裏庭に忍び込んで、窓の下にしゃがんで先輩が授業しているのを録音した事も。(もちろん翌日、学校でみんなに自慢)今考えれば立派な犯罪・・・。
私はばぁさんになっても、バレンタインというとK先輩を思い出すんだろうな。
※それにしても私の場合、こんなに甘い思い出でもどうしても細部が【ものすごく】汚い。。

どうしてるんだろうか、k先輩。佐世保勤務が終わった時に、わざわざ葉書を頂いたっけ。でも、禿げてたり太ってたりしたら困るから、素敵な思いでだけ残しておいて私の前に姿は現さないで下さいね☆






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

きゃ~、小梅さん、面白すぎる~。でも、その永遠の王子様のK先輩には会わない方がいいかもね。
私も、花の女子大生(死語)の頃、夏休みに地元に戻った時に、女子だけで飲んでもつまらないからと、友達が、中学時代、みんなが王子と憧れていたすごいイケメンの男子を誘ってくれたんです。(まぶしすぎて私はチョコどころか口を聞いたことさえありませんでした)そしたら、ごく普通のサラリーマンになってて、「えっ?俺が王子ってか?なんで、その時に言ってくれなかったのよ~。だったらタイツでも入ってくりゃよかったな~」なんて様子で、王子のイメージがガラガラと崩れ去っていきました・・・。それ以来、私の人生観も変わったように思います。(^^;

Posted by: 茜 at 2005年02月04日 15:55

小梅さん!笑わせていただきました!でも、本当に好きだったんだねー。8時間待つ?窓から録音!すっごいよー!これぞ「青春の思い出」だあー。
かっこよかった人が、普通のおじさんになってしまう・・・これ、よくある話。でも、めだたなかった男の子が、けっこうかっこよくなってるって事もアリですよ~。

Posted by: こむぎ at 2005年02月04日 21:09

私も遠い目をしながらよませていただきました!若い頃のパワーってすごいねー!!。
さて、私も高校時代にサッカー部のヒーロー君がいましたが、大学4年の時、高校時代の友達とカラオケ(懐かしアイテムだわ)に行ったらばったり再会。タレントのコロッケさんのようになっていました(コロッケさんすいません…)。友人達も「エッ○○くん…」状態でした。女性はアイドルちゃんは年とってもアイドルなんだけど、男性は変わりますね。。。

Posted by: あきこ at 2005年02月05日 16:54

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
働くママ歴ちょうど10年で転機となった2013年。
保育園、ならぬ学童デビュー
40カウントダウンの今、必死に時短美容!
秋仕様ネイル
春休み、子連れパリ旅行!
似顔絵
青春回帰?な2012年!
漢方の力
子供の習いごと
もうすぐ夏休み!!
パンダ@上野動物園
働くママたち、頑張りましょう!!
理想の働き方を求めて 
理想の働き方をもとめて
理想の働き方を求めて

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/768

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 教えて!『バレンタイン、何送る?』 私はチョコです。
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2007.02.04
内容: 2月。バレンタインですね。私が初めて本命チョコをあげたのは小学校4年生の時。とっても人気のある同じクラスの男の子で、運動ができて、かっこよかったっ。今でも...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space