ワーキングマザースタイル公文に行っています。




2005年02月24日

公文に行っています。

Posted by 湯河原こむぎ

我が家の娘(小3)の習い事は公文(算数)だけです。

フルタイムで働いていた時は、日中のすべての事を、義父母におまかせしていたので、その上、通常の幼稚園・小学校以外の、塾やおけいこの送り迎えを頼むわけには行かず(二人とも免許を持っていないし)ずっと何も習っていませんでした。

娘が2年生の夏に仕事を辞め、勉強を見てあげる時間がとれるようになりました。すると、すっごく算数が出来ないことがわかったのです。2年生なのに、まだ指を使って数えたりすることもあったのです。もちろん、自分で教えましたが、叱ってしまったりしてなかなかうまく教えられないのです。・・・どうしたらいいんだろう?と悩み、ちょうど新聞の折り込み広告に入って来た公文に行かせることにしました。

公文は、現在何年生であるかにかかわらず、最初にテストをして、その子に合った問題からスタートします。我が家は、まだ指を使ったりしていたので、二年生でしたが、一年生の足し算からスタートしました。3+5、8+6など、二年生なのに、ずーっとずーっとそんな問題ばかりやっていました。やったプリントの枚数は数え切れないほどです。時々、そのプリントの山を見せ「今まで、こんなにやったんだよー。えらいねー。頑張ったね~。」とほめてあげるとうれしそうにしています。私が考える公文の最大の特徴は、A5の小さなプリントと繰り返し学習です。小さなプリントなので、わりとすぐに出来(我が家はのろまなので、スイスイとはできないのですが)、「10枚も出来た!」というのが自信につながるのでは?と思います。うちの、のろまな娘も、たまーに「今日ね、公文のプリントすいすい出来ちゃって、すごく楽しかった!」と言うことがあります。そういう小さな自信の積み重ねが大切だと思うんですよ。

この間、公文の宿題をしている時に「むずかしい~」と悩んでいるので「学校でやった時の事を思い出してやってみなさい。」と言ったら「まだ、学校ではこれ習ってないもん。」と言うのです。ずーっとずーっと、実際やっているところよりも以前の問題をやっていた娘が、授業よりも先にすすんだのだーと思い、ひととき感無量でした・・。←おおげさ。

娘は、公文をはじめたからと言って、算数の成績が目だって上がってはいません(∨∨)でも、下がってはいないので、私はそれでいいと思っています。何回も何回も繰り返し、1+8や9+7をやり続けて来たからこそ、今の授業にもついて行けているのだと思っています。(程度の低い我が家で申しわけありません)

ママ友達の話を聞くと、学校の近くにもう一箇所、公文の教室があり、そこの先生は、30代で若く(我が家が通わせているところは50代後半のおばさん)、けっこう厳しく熱心に教えてくださり、宿題の枚数も多いのですが、丁寧に、メールで「今日、○○ちゃんはとても頑張りましたが、あまりのある割り算が苦手なようです。」と個別に連絡もしてくださるそうです。「こむぎちゃんもこっちの公文に変えなよー。学校帰りにみんなで行けるよー。」と誘われます。
公文に通わせてらっしゃるご家庭、多いと思うんですが、みなさまのところの先生ってどんな感じでしょうか?

私も「熱心な先生」にひかれて、「教室変えようかな?」と、夫に相談してみたのですが「今のままでいいよ。」と言うので、現在も、おばさん先生のところに通わせています。夫が昨年4月に、公文の教室が入ってるビルの中の部署に異動になったので、送るのは私、帰りは夫と一緒・・・で、場所はとっても都合がいいのですが。

また、娘が公文に行く火・金の夕方1~2時間は、自分の時間が持てるのでちょっぴりうれしい時間でもあります(*^-^*)

公文のホームページ






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

うちの子も最近算数に通い出しました。簡単なプリントを毎日10枚淡々とやっています。上の子は、ベネッセの小学講座(チャレンジ)をとってあげただけで塾は行かせなかったのですが、とても成績がよかったので、安心していました。ところが、下の子は、チャレンジは提出しない、学校の宿題も出さない、で、ほっておいたらランドセルをほっぽり出して遊んでばかりです。そこで、勉強する習慣を少しでも身につけてもらおうと、近所の公文に申し込みました。実をいうと、私も小学生の頃公文式算数をやっていて、因数分解など学年以上の難しい問題ばかりやった結果、中学の時は、すっかり学校の授業をバカにしてしまい、授業中寝てばかりいたのです。結果、高校では数学が大の苦手になってしまいました。(計算だけは速かったですが条件反射のようなものです)そこで、自分の子供だけは絶対公文に行かせないぞ!と思っていたのですが、あまりのなまけぶりに、
結局行かせてしまいました。でも、勉強の習慣が身に付いたら、適当なタイミングで辞めるつもりです・・・。
その子供の性格にもよると思いますが、自分と同じ過ちを繰り返してほしくないからです。


Posted by: 茜 at 2005年02月24日 13:32

突然子持ちになりましたっ!
先日初めてらむねさんとこのサイトをしったばかりの50歳です。

2004年4月突然小1、12人の子持ちになりました。もちろん産んではおりません。
天からのご縁あって、
夫室長私事務長で、学童保育のような教室を初めてしまったのです。
少し減り、現在7名4月からは新1年生3名を迎えます。

子育ての苦労と楽しみを一気に味わった1年でした。

ワーキングマザー応援隊として日々ガンバです。

まだブログを書くひまと時間がないので、書き込みしました。

Posted by: 中原ハナ at 2005年02月26日 05:03

茜さん、すごい!私、因数分解だいっキライでしたよー。小さい頃から公文やってたら、得意になれてたかも~。そうですね、宿題が出るから「勉強する習慣」はつきますね!

中原さん
コメントありがとうございます。すごい!個人で始められたって事ですよね!そういう場所ってほんっとワーキングマザーの頼みの綱になりますね。いろいろな経験談などお聞かせくださいね!

Posted by: こむぎ at 2005年02月26日 23:53

初めまして。東京都内在住、小学2年生の息子の母です。東京都内で公文教室を探しているのですが、お勧めの教室ありませんか?近所にもあるのですが、そこには行かせたくありません。先生との相性もあるとは思いますが、レベルの高い教室が希望なのですが・・・どなたか情報をください。

Posted by: はるかっち at 2006年05月06日 20:51

はるかっちさん、こんにちわ!
「レベルが高い教室」は私にはわからないのですが、上の記事の一番下にリンクしてある「くもんのホームページ」から、お住まいの地域を検索してみると、いくつかの教室が出て来ると思います。私の地域ですと11の教室が表示されました。歩いて行ける教室が二つ、あとは車で送り迎えが必要な場所でした。

まず、検索してみて、通えそうな教室を確認し、教室の雰囲気は、実際行っている子、または、親から聴取したらいかがでしょうか?あまり参考にならなくてすみません_(_^_)_

上の記事のように、娘が行っているところの先生はおばあちゃん先生でおっとり型ですが、のんびり屋の娘には、ちょうど合っているようです。もう一箇所の方は、若くてバリバリの先生で宿題もたっぷり出るようです。たぶん、うちの娘は、そっちに行ったら、やめたくなっちゃうと思うので、今のままでいいかなあ・・・と。

お子さんに合う教室が見つかるといいですね!

そうそう!新聞の折込広告に、よく「体験入学募集」みたいなのが入って来ますよ!裏側に、その地区にある公文の教室が地図入りで載ってた(・・・ような気がします)と思います。

Posted by: こむぎ at 2006年05月07日 15:10

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第77回 「恋妻家宮本」 
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/821

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: お子さんからの質問・・・あなたなら
ブログ名: 【平成経済に挑む!】平成の淀屋長兵衛 経済学教室
日付: 2005.03.09
内容: ●お子様のこと全般について、御相談に応じます。  教科書/試験問題/進学/塾/学...
タイトル: もっと早く、くもんに行かせればよかった
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2006.04.14
内容: 娘はこの春から3年生。早生まれということもあり、あまり成績がよくないことに目をつぶってきたが、もう我慢できない。先日、くもんに入会しました。 簡単なテスト...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space