ワーキングマザースタイル中学受験に思うこと




2005年03月05日

中学受験に思うこと

Posted by 田村小梅

現在31歳の私は、横浜の奥地で生まれ育ちました。(変な自己紹介をごめんなさい!)
小学校5年生の冬、母の急な思いつきで私立の中学を受験すべく塾通いを始めましたが当時ですら遅く、あえなく玉砕。そして、その失敗を踏まえて、下に続く妹・従姉妹二人はもっとずっと早くに塾通いを始めて私立の中学に進学いたしました。
その数年後、私は高校進学の際に初めて「本当に行きたい学校」を発見!その公立高校は当時通っていた中学の隣にあって、「制服・校則・宿題一切無し」のとても自由な学校。校則にがんじがらめになっている中学生の私には、隣の校舎に自転車で爽やかに入っていく「パーマをかけたりピアスをしたり、思い思いの自由を楽しんでいるお姉さん方」は、本当にマドンナの様に見えたのです。

そして猛勉強を開始し、(一応、神奈川県一古く、地元では名門とされている高校だったのです)担任からの再三の「志望校下げろ」要請にも負けずに、間違いなく最下位で合格。そして、入学式当日。胸躍らせて向かったのですが、新入生のみならず親もいる前で校長先生が言った最初の挨拶は・・・

「皆さん、入学おめでとうございます。一応中学では成績上位でしたでしょうから、皆さん自分の学力に自信があると思います。でも、本当に優秀な人は、中学受験に成功してすでに抜けていますから。つまり、いくら中学の時クラスで一番二番だったと言ってもあなた方は『上ばみは取られた中での競争に』勝ったに過ぎません。残念!!」というものでした。

へ、へーー!!あたしたち、厳しい受験戦争を終えてやっと入学したばかりなのに、いきなりそんな事言われるのー。入学式のはずむ気持ちも一瞬でしぼんでしまった、強烈な一言でした。そして、中学受験落伍者の私は深く納得もしたのです。

その高校は、学生運動が盛んな時に高校ながらに派手な学生運動を行い、一切の規則・宿題・テストが廃止になったと言う高校。私が入学するほんの数年前まで中間テストは無かったそう。「○○高校は4年制」と言われていたし(つまりみんな浪人)、同級生にはお兄さん二人もこの高校出身者で、「子供の頃は神童と言われてた兄達が、あの高校に進学したばかりに大変なバカになったので、頼むからランクを下げてでもあそこには行かないでくれ」と両親に土下座されたという人もいました。

私達は、3年間一度も宿題をする事も無く、「6月の文化祭」「学期毎の球技大会」「8月の水泳大会」「12月の合唱祭」のためだけに毎日を過ごし、私も高校3年生の時には合唱祭の伴奏を自らかって出たため、夏休みも夏期講習など一日も行かず、毎日学校でピアノを弾いていました。(他のクラスメイトは一週間交代で塾に通っていたものの、伴奏・指揮者は替えが無いため全日程、つまり40日全部の練習出席となっていた)※私は音大志望ではありません。念のため。

そして大学受験の結果は、と言うと、男は9割以上浪人・女ですら半分以上浪人という例年通りの結果に。入学式の校長先生のお声は全く活かされなかったという事です。そして浪人が明けてみると、本当に見事に二分されていました。中学時代の栄光を見事取り戻した人、浪人中も3年間の遊び癖が抜けずに悲惨な結果に終わった人(親に土下座された友人もそこに入った)。そして、ごく少数がとっても中途半端な感じの人。(私はここに入る)。

まぁ、私の母校は公立高校の中でも特に「普通ではない」学校でしたが、15年以上前の「上ばみ取られた後」という認識は、今はもっとずっと強いでしょうね。特に東京周辺では。誰でもそうですが、自分の行った学校の事しか事実としては知らない訳で、本当の比較って難しい。私の高校は「大学受験」という視点から見れば、確かに友人が親に土下座までされた様に価値は低いでしょう。でも、30歳を過ぎた私には今男女を問わず多くの友人がいますが、その中でも高校の友人達の「精神的な強さ」「奇抜さ」はやはり際立っている。海外に住んでいたり資格を取った人も多く、思春期にあんな過ごし方したら「枠に入る事が良し」とも素直に思えないし、一方で「自分のやりたいこと」「自分の人生」をつかみ取る異常な握力も自然と身につくよなぁと思う。

家庭環境から何から何まで「ごっちゃ」の公立は、個性は育つ。でも、この学歴社会日本で重要視される学力は?と言われるとかなりリスクは高い。私は自分が私立受験に失敗した事を、負け惜しみではなく神様に感謝しているけど、「では自分の子供は??」と言われると、正直公立を選ぶかどうかは分かりません。今従姉妹が、都内の中学・小学校の臨時職員として通っていますが、「座っていられない生徒」が本当に多くて荒れているそうです。というか、そんな生徒が多すぎて、彼女の様な「何か問題のある生徒を担当するためだけのスタッフ」というのが生まれたのだとか。

「自分の人格は全てあの高校で育まれた」と思っている私は、公立大好きなんです。妹がつい最近の合コンでも「全員私立出身だったから、オシャレで雰囲気も話も合った」と公立排除意見なんて言うと(もちろんそんな気は無いだろうけど)、本当に「悪かったね、ダサくて」と勝手に擁護したくなる。それに思春期6年間も男女別、なんて私だったら絶対イヤだし。とは言え・・・。本当に悩むところです。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子育ての方針
朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムで考えたこれから必要な素養
大学の入学式に着る服
来し方行く末
子供の教育 in 上海(2)〜インター校編〜
地方ならではの「選べない」をどう克服?―隣の青い芝生が眩しい―
宿題狂想曲 Part2
楽しく準備♪小学校受験「小学校受験する?しない?」
いじめについて、今のうちに考えておくこと
こどもと一緒に字を習う
子どもと大統領選挙
宿題狂想曲
すばらしい! 日本の教育
まだ間に合う?自由研究におすすめ「赤穂の塩づくり体験」
子供の教育 in 上海(1)〜日本人学校編〜

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/843

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 個人面談(親vs塾の担任)
ブログ名: 受験.inと中学受験
日付: 2006.05.26
内容: 進学塾での初めての個人面談。学校の個人面談とは違うのでしょうか。
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space