ワーキングマザースタイル公立に行かせる理由




2005年03月07日

公立に行かせる理由

Posted by 武田りこ

奇麗事かもしれませんが、日本の公立システムってすばらしいと思うんです。
例えばアメリカ、受験戦争がないのは素晴らしいですが、結局いい学校に行くには莫大なお金が必要。つまり大富豪の御子息は大してお勉強もせずに、超有名大学にいって、また富を築く。貧しい層の人たちにはなかなかチャンスすら与えられない。(奨学金制度がだから発達しているのだけど、要は教育はお金の問題である部分が大きい。)

日本の公立システム、国立大学制度は、能力があれば特別裕福なおうちでなくても公平に機会が与えられます。
せっかくのこのシステムを自分たちの手で葬り去ろうとしている、今の風潮に私は危惧すら抱いています。

我が子の行くであろう中学が荒れているらしい、というのは中学受験を決意するひとつの大きな理由なのはよくわかります。
でも荒れているといってもその状況は様々、社会にでたっていろんなことがあるのだから、子供のうちにいろいろな状況、いろいろな人の中で学ぶ事も大切だとも思うのです。
みんなが、荒れているから、という風評で私立に行けばますます公立が廃れていきます。
(そんな悠長なことは言ってられない、というくらい荒れている場合もあるでしょうけど。)

せっかく公平なシステムがあるのに、もっと活用しなければもったいない、と思うのです。

私の行っていた国立大学にも、様々な人たちがきていました。
とっても苦学してきて、漫画に出てくるようなぼろぼろの下宿にすんでいる人などもいました。
みんなとっても個性的で魅力的な人たちでした。

長い人生、様々な状況に順応し、いろいろな人たちとかかわって生きていかなくてはいけない以上、しなやかさたくましさを公立で学んで欲しい、私はそう思って子どもたちを公立に行かせています。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

私も高校までは公立(大学は国立に振られたので私立)だったので、りこさんのおっしゃることはよく理解できるつもりです。
お子さまが行かれる予定の中学の情報を集めることを是非お勧めします。
授業の様子や部活はどんなものが盛んか(東京都の場合、顧問の先生が他校へ移動になるとクラブは廃止になりますのでお子さんが入学される時にそのクラブがあるかは保証されませんが)、公立中学から県立・都立高校を受験する子たちがどんな勉強の仕方をしているか、などなど。
週5日制の教科カリキュラムも見てみる必要があります。私は学区中学のカリキュラムを見て、中1の英語が週3時間しか無いのを知り愕然としました。
今や、公立中学へ入学予定のお子さんは小6から塾に通うことが珍しくない時代なのです。公立高校の受験には内申が付き物ですから、入学前から塾に行かせることで、内申を確保しようと必死にならざるを得ないのです。

荒れ方についてもおっしゃるとおり学校によって程度が違いますし、同じ学校でも学年によって違うようです。たまたま「活発な(?)」お子さんが多い、とか熱心な先生が担任だった、というだけで雰囲気が変わってしまいます。学級崩壊にしても、一人一人はいい子たちなのに、何かちょっとしたことがきっかけで坂道を転げ落ちるようにクラスが荒れてしまい、そうなると修復には時間がかかります。その間、きちんとした授業も受けられず、喧噪の中我慢しながら時間が過ぎるのを待たなくてはならないのです。(息子のクラスが去年こういう状態でした。)
私たちが過ごした公立学校とあまりにも変わってしまった現実を見て、我が家は私立中学受験という選択をしました。
親としてどういう環境で子どもに勉強して欲しいかを、きちんと考える必要がある時代なのでしょう。
りこさんの選択に、私は拍手を送りたいと思います。

Posted by: ガルーラ at 2005年03月08日 15:55

ガルーラさんコメントありがとうございます。
子供の教育のこと、考えれば考えるほど難しいですよね。
きっと私の住んでいる地区は、まだ公立がしっかりしているほうなんだとは思います。
10年程前はかなり大変だったとも聞いていますが、だからこそ先生方も危機感をもって一生懸命がんばっておられるように思います。
知り合いの方にお子様4人全員このあたりでは超お坊ちゃま学校で有名な学校に(女の子はそこの女子校)に小学校から行かせた方がいました。
二人はとっても合っていたらしく、いい学生生活を送ったのですが、あとの二人はいじめにあったり、いろいろ大変でひとりは途中でやめたそうです。
公立、私立というだけでなく、そのこに合った学校を見つけるのは難しいことなんだな、とその話を聞いて思いました。

Posted by: りこ at 2005年03月10日 09:03

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ホームベーカリーデビューしました。
大相撲観戦
茶道を再開しました
安心で便利オルビス化粧品
神戸プロポーズの日
神戸っ子が観た『阪急電車』
娘に婦人体温計を買いました
震災の記憶
「時短メイクbeauty」の出版記念セミナーに行ってきました
ワーキングマザー1年生のドラマ”女検察官アナベス チェイス”
家で缶ビールを生ビールみたいに
母の日にデジタルフォトフレーム
子宮頸がんの予防ワクチンを娘と受けてきました。
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.2
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.1

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/848

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 公立に行かせる理由・・・私も公立出身
ブログ名: Days as a WM, BM, MM and a WoMan
日付: 2005.03.08
内容: 私も公立中学、公立高校出身です。(大学は公立は学力が無くていけず・・・) 私が中学入学の年は「金八先生」で校内暴力が取り上げられた年でした。そして、私の行く予定...
タイトル: 公立に行かせる理由・・・私も公立出身
ブログ名: Days as a WM, BM, MM and a WoMan
日付: 2005.03.08
内容: 私も公立中学、公立高校出身です。(大学は公立は学力が無くていけず・・・) 私が中学入学の年は「金八先生」で校内暴力が取り上げられた年でした。そして、私の行く...
タイトル: お子さんからの質問・・・あなたなら
ブログ名: 【平成経済に挑む!】平成の淀屋長兵衛 経済学教室
日付: 2005.03.08
内容: ●お子様のこと全般について、御相談に応じます。  教科書/試験問題/進学/塾/学...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space