ワーキングマザースタイル社内産休・育休取得1号でした(1)~産休まで~




2005年04月13日

社内産休・育休取得1号でした(1)~産休まで~

Posted by 有栖川ゆうこ

周回遅れなのですが(^_^;)
先週のテーマは、「育児休暇後の職場復帰の雰囲気、どうだった?」
ということで、第1子を出産した当時の会社員時代を思い出してみよう。


ちょうど、5年前の4月、私はまさに産休取得直前でした。

私は長女を妊娠していた1999年、IT系のベンチャー企業に勤務していて社内産休・育休取得第一号という立場になりました。
なにせ、小さな会社です。当時社員数が30名ぐらいかな。

今も小さなIT系の会社は同じような感じだと思うのですが、「独身の方が多い、平均年齢が25歳とか26歳ぐらい(平均年齢を上げていた30代社員が、2~3名いたぐらいで、後は20代ばかり、……って、今自分が30代なんですけど…)だったし。

そうそう。そういえば、社内結婚も私たちが初めてだったような気がします。
1999年の秋、朝の定例ミーティングで『実は私たちつきあってまして、近日入籍するのですが、来年子どもも産まれます』と、3段活用(?)で告知した際は、みんな『はぁ?いつの間に??』と、びっくりしてたの、思い出しますね~~(笑)。

何せ、仕事大好きだし彼氏もしばらくいない状態だったし「私は仕事に生きるのさ!」状態からの、急展開。

オットと出会って、望んだらなんともあっさりかなったはじめての妊娠だったので、わかった時は2人で「うわ~。すごーい!!」と喜んだのはいいけど、自分がこんなに早く妊娠するとは思ってなかったので、当然周囲に対して何も準備はできてなかったわけで(^_^;)

そうなんです。
私とオット、なんとつきあいはじめてから11ヶ月後には第一子が誕生したという、ちょースピード婚だったのです。
(ここらへんの事は、今週のお題「少子化対策」で、また別エントリで!)

そんなこんなで、当然のごとく社内産休・育休取得第一号という、名誉ある(?)立場になった私。

とにかく、増え続ける仕事にあわせて人をいれて、オフィスも拡張するような状態なので、社員規則なんかも今思うとかなりいい加減。
さらに、総務専任の担当社員が入ったのが私が妊婦になった半年ぐらい前、というような状態だったので、担当者も「一緒に調べましょう!」状態(^_^;)

すでに母になっていた姉から『はじめての妊娠』のような本をゆずってもらったり、『たまごくらぶ』や『バルーン(今はなき)』なんかの妊婦向け雑誌を購入しました。そのときに役立ったのが、『妊婦になったらもらえるお金』みたいな特集の別冊付録。

産休を取得できる条件であるとか、産休に入るまでにしておくべき手続き、等がわかりやすく網羅されていて、私はそれをそのまま総務担当者に資料として手渡し、必要な書類を用意してもらいました。

わからない事は、ムギ畑の会議室で聞いてみたり。


今にして思えば、創業に近い頃からがんばっていたおかげか、みんなに発表するまえに、まず相談した社長からも「やめないで、お休みしたら復帰してね」と、すぐ言ってもらえまして、誰もやめろとか、それに近い事は言わなかったし、皆さんのエントリーを読んでいると、恵まれているほうだったのだなぁ、と、しみじみと思います。
今までがんばっててよかったな、とも思いました。

前例がなかったから、自分でいろいろと調べなくてはいけなかったけど、前例がないからこそ「自分が主張することでこそ、得るものがある」状況。立場的なもの(一番の古参社員でしたからね~)も大きかったのでしょうけど。

ただし、古参社員だから特別扱いというのもできないし、とは社長からは重々言われていたので、早めにサポート部門などに異動して、引き継ぎの準備も早めに開始する、などそういった事から少しづつ手をつけていきました。

やはりポイントは「自分が休んでいる間に、会社や同僚に迷惑がかからない。ちゃんと今まで通り仕事が回る」事ですもんね。

幸い、つわりはほとんどなかったので、元気な妊婦生活でしたが、それも限度もあり。8ヶ月目でお腹が張る事が頻繁にあり、早めに在宅勤務に切り替えてもらう事態にも。
やはり、体調第一なので、まわりに迷惑をかけないためにも、妊婦なりの体調管理も必要ですよね。

でも、今にして思えば、仕事をしていたからつわりも軽かったのかもしれませんねー。
妊婦って、ただでさえ何でも不安になったりしますもん。
あの頃、結局23時まで会社に居たりしましたが(なんつー妊婦…)、無事生まれてきた娘1号に感謝です。

さて、産休前の話題であまりにも長くなったので、肝心の復帰後の雰囲気は、後半に続く!です。ちょっとお待ちくださいませ。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

有栖川さんの結婚までのエピソードのほうをもっと知りたくなりました。どちらかというと、ワイドショー的感覚で。(笑)

後半の復帰後のお話も楽しみにしてますね。

Posted by: 柚子 at 2005年04月20日 02:31

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
NYで流行りのPOP UP DINNER
Any.doで忘れもの知らず
実践!リモートワーク!Google Apps™ならいつでもどこでも、そこがオフィス
働くママ歴ちょうど10年で転機となった2013年。
8年ぶりにプリンターを買いました
やることリストどうしてますか?
今日から復帰するお母さんたちへ
女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座
新・小一の母が、今やっておくべき5つのこと
手帳は陰山手帳の4月始まり
手帳がめっちゃ大好きなんです
手帳は10月始まり
9月開講!共働きの子育て講座がおすすめです
LIFEBOOKがリビングにやってきた その3 Windowsのタブレットは超できる子
「もっと上をめざす士業・コンサルタントのための『新・3種の神器』とは?」セミナーのご案内

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/923

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space