ワーキングマザースタイル悩みを語る相手は自分自身




2005年09月28日

悩みを語る相手は自分自身

Posted by 武田りこ

悩み事の相談、私の場合はたわいのないこと、ただ愚痴れば気の済むようなことは、義母に話します。
何か解決法を模索していたり、もう少し深刻な場合はですね。
夫とは一緒に考える、という形の相談事が多いように思います。

でも、本当に悩んでいること、何か解決策があるわけでもないようなこと、自分の根幹に関わるようなことに関しては、私の相談相手は、私自身です。

どうするかというと

私の場合Yahooノートパッドに、書きます。
怒っていること、悲しんでいること、悩んでいること、つまずいていること、自分自身に問い掛けていること、思いついたときに、思いついたまま、思いついた言葉で、とにかく書きます
書くことそれだけで、心が軽くなることもよくあります。
書いて自分ですぐに読み返すと、問題点が見えてくることもあります。

あとで解決の糸口を思いついたら、またそれも、新しいノートパッドに書きます。
とにかくどんどん、新しいノートパッドに書いていって、過去のものはそのまま置いておきます。
それぞれカテゴリーに分けておいて、しばらくたってから、違った心持で読み返すと、自然と方向が見えてくることもあります。
何より書いているのも読んでいるのも自分なので、面倒な説明や、伝わらないもまどろっこしさもありません。

自動的に日付が入っているので、あの頃の自分はこんなことで悩んでいたんだ、とか、またおんなじ事で悩んでいるんだ、とか、発見も多くあります。

アメリカなどではカウンセリングが浸透しいて、一度プロのカウンセリングも受けてみたい、と思います。
でも日本で手軽に受けることがまだまだ難しい現状では、身近な人には心配を掛けたくなかったり、かえって言いにくいようなことは、自分に問い掛ける、のが、私のやり方です。(りこさんて、根暗なのね、っておもわれてしまったかしら.......)

試される方、くれぐれもパスワードの管理と、ログアウトお忘れなく!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

私もよく自分で色々書き出します。

ただそこら辺に書きなぐっていましたが、時系列で残るというのも良いですね。同じ様な悩みにぶつかった時の参考になるかもしれないし、新しい悩みが小さく思えるかもしれないし。

カウンセリングも「クライアントは自分の中に答を持っている」というのが今の主流ですものね。
私も何らかの形で残せる様にしてみようっと。

Posted by: 小梅 at 2005年09月29日 11:57

小梅さん、私の言いたいこといってくれてありがとうございます。
答えは自分の中にある、こういうこと多いですよね。
あちこち書きなぐっていると、誰かの目に触れたら大変かも!

Posted by: りこ at 2005年09月30日 09:28

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ホームベーカリーデビューしました。
大相撲観戦
茶道を再開しました
安心で便利オルビス化粧品
神戸プロポーズの日
神戸っ子が観た『阪急電車』
娘に婦人体温計を買いました
震災の記憶
「時短メイクbeauty」の出版記念セミナーに行ってきました
ワーキングマザー1年生のドラマ”女検察官アナベス チェイス”
家で缶ビールを生ビールみたいに
母の日にデジタルフォトフレーム
子宮頸がんの予防ワクチンを娘と受けてきました。
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.2
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.1

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/1458

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space