ワーキングマザースタイル六つの瞳の光の中で




2005年10月13日

六つの瞳の光の中で

Posted by 湯河原こむぎ
 


六つの瞳の光の中で―私を選んで生まれてきてくれた三人の子どもたちへ
先週、仕事から帰ってテレビをつけると、ニュース番組の中で、とってもきれいなおかあさんが三つ子の子育てをしている・・・という特集をしていた。最初は見逃したのですが、入学式にピンク色のシャネルスーツを着て、エルメスのバッグを持って、子どもをだっこしてた。「きゃー、シャネルのスーツが汚れちゃう~っっっ!なんてこと!」なんて思いながら見ていました。

三つ子ちゃんのうち、二人のお子さんが障害を持っていて、女の子は足が不自由で、両足に装具をつけていました。男の子は、車椅子でした。私は、ひとり育てるだけであっぷあっぷしている。職場のお友達は双子で、すごく大変だった!と言ってた。なのに、三つ子、しかも二人が障害を持っているとなると、その大変さは、想像しただけで、くらくらしそうだ。でも、そのお母さんは、毎日とてもおしゃれにキメていて、とても明るい。それもそのはず「VERY」のモデルをしているとの事だった。

この春、3人揃って小学校に入学。毎日、ベンツで送り迎え。その帰りの車の中で、女の子が「ゆうか、歩いて帰りたい~」と泣いていた。「こんなにとおいやん~(確か、芦屋の方でした。)むりや~。」(関西弁の使い方間違ってたらごめんなさい。)と、明るく言い聞かせる。そうだよね。仲よしのお友達が出来たら一緒に帰りたいよね。これからきっと何度もそういう事にぶつかるね。でも、彼女はあくまでも明るかった。オレンジの服を着ていたせいか、おひさまのようだった。

このパワーはいったい・・・?本屋さんに行った時に「VERY」を立ち読みしてみたら、彼女が載っていました。1ページ、毎月彼女のページがあるようです。そのページに、彼女の著書「六つの瞳の光の中で―私を選んで生まれてきてくれた三人の子どもたちへ」の事が出ていました。ぜひ、読んでみたいと思い、その本屋さんで探しましたが発見できず、帰って来てからAmazonにて購入。一気に読みました。

ニュースでは、最初見逃したので、よくわからなかったのですが、三つ子ちゃんは、600~800グラムの超未熟児で生まれ、1歳過ぎた頃に、2人が脳性麻痺と診断されたという事でした。もちろん彼女は泣きますが「治療すれば治る!リハビリすれば治る!今よりも少しでもいい状態にしてあげたい。」と一生懸命頑張ります。ほんと、その前向きなパワーはすごい!大泣きして落ち込むことはありますが「いつまでもこうしてはいられない」と立ち上がり、どんどん前に進みます。

私はいったいどうなの?たった一人の子ども。そして五体満足なのに「どうして言う事聞かないの?」「なんで、漢字テストこんなにできないの~?」「ほら、ちゃんとしなさい。」「はやく起きなさい」「まだそんなことしてる~」「まったくもう~っっ!」と、文句ばかり。反省・・・。一人で学校に行って、帰って来れることだって、本当は神様に感謝しないといけない事なのに。すっかりそんな事忘れている。もう一度「子育て」について、よく考えてごらん。自分にそう言いたい気分になりました。「親」というもののあり方を彼女に教えられた気になりました。いや~、ほんと、すごいパワーの人です。感動したっ!




●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

このお母さん知っている。「VERY」たまたま立ち読みしたときにこの手の雑誌には出てこない障害があるお子さんとお母さん。それから記事だけは毎回立ち読みしています。彼女のパワーはすごいと
思います。お金があるから子供に最善のことを
してあげられるのかもしれませんが考え方
気持ちの持ち方の違いなのかなー。今後が
楽しみなお母さんですね。

Posted by: ピーピー at 2005年10月14日 09:48

私も、VERYで彼女の記事を読み、図書館で著書「六つの瞳の光の中で―私を選んで生まれてきてくれた三人の子どもたちへ」をリクエストして借り、一気に読みました!
ニュースで取り上げられているのも知っていましたが、用事があり見られなかったので、実家の母にビデオ録画を頼みました。(自宅のビデオは子どもが他の番組を録画予約していたので)

彼女のパワーには刺激を受けました。
私ももっと頑張らないと・・
なまけものの私は、定期的にこうした刺激をうけないとダメ人間になってしまうのです。

Posted by: cyamunao at 2005年10月14日 10:19

ウチにも下に三つ子の娘がいます。未熟児で生まれた為、一人はやはり障害をもっています。まだ5ヶ月と小さく…リハビリと言うにはほど遠いけど、少しでも良くなればと週一回療育センターに通ってます。このサイトを読むまでモデルのお母さんの事は知りませんでした。同じ境遇の方が前向きに頑張っておられるというだけですごいエネルギーを貰いました!私も頑張りますo(^-^)o

Posted by: 4児の母 at 2005年11月10日 16:31

みなさま、コメントありがとうございました。彼女は「できるだけのことをしてあげて、子どもが今よりも少しでもいい状態になれるように!」と日々頑張っているようです。このエントリーを書く時に、いろいろと検索をして調べたら、彼女の事をあまりよく書いていない記事も目にしました。でも、障害を持つお子さんのお母さんが「彼女の事を悪く言う人も中にはいるけど、同じ子を持つ親として、彼女の元気はすごいと思う」という内容の事を書いてらっしゃいました。そのひと言がすべてだと思いました。

4児の母さん、三つ子ちゃんの子育て、目が回るほどですよね。無理しすぎず、手を抜けるところは抜いて(私はいつも抜きっぱなし~)楽しくやりましょう(*^_^*)また遊びに来てくださいね!

Posted by: こむぎ at 2005年11月10日 16:45

こむぎさんコメントありがとうございました! 時間に追われ…病院以外はなかなか外出できず…人と話す機会があまり無いので、エール嬉しかったですp(^-^)q 育児の合間、ブログやサイトで先輩ママたちの奮闘を見るたび『みんな頑張ってるんだ!』と疲れた体に気合い入れてます。 仕事されてるママさんのパワーはやっぱすごいと思います☆ 子育てに一段落なんてないだろうけど、少し落ち着いたら私も何か始めてみたい衝動にかられます。 自分の生き方に自信が持てるよう…子供達が笑顔で暮らせるよう…私も前向きに頑張ります♪

Posted by: 4児の母 at 2005年11月11日 15:58

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
12000円の日傘を買っちゃいました!!
「ザ!鉄腕!DASH!!」と「TOKIO系男子」
【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王
大学の入学式に着る服
大人も雪遊び
来し方行く末
かっこうの親 もずの子ども
体重をスマホで管理
【シネマ・こむぎスタイル】第69回 陽だまりの彼女
【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム
8年ぶりにプリンターを買いました
【シネマ・こむぎスタイル】第67回 アンコール!!
【シネマ・こむぎスタイル】第66回 きっと、うまくいく
お仕事&プレゼン塾Vol.2 …AO入試を考えている我が家の場合
【シネマ・こむぎスタイル】第65回 舟を編む

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/1510

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 温泉の一夜
ブログ名: 儂蜘蛛日記 つるにはまるまるむし
日付: 2005.10.22
内容: 社員旅行で温泉へ。 宴会が余り盛り上がらず、早々に部屋に戻り、ぼーっとテレビに目を向けていた。 ある人の特集だった。 某関西高級住宅地に住むAさん...
blank_space






amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space