ワーキングマザースタイル私はフランフランの手帳




2005年11月26日

私はフランフランの手帳

Posted by 唐土かほる

diary01.jpg
唐土です!

「今年の10大ニュース」とか「今年のヒット商品ランキング」なーんて特集が、メディアのあちこちで見られるようになってきて、「あー、どんどん年末に向かっていってるのねぇ」と落ち着かない毎日を過ごしておりますが、来年の手帳だけは早々にゲットしました。

今年もフランフランで購入。

A5版サイズの手帳で、毎年、デザインが変わります。・・・というか、デザイナーが変わるようです。今年はフランスのデザイナーものだったようで「Agenda2005」と表紙に書かれています。来年はスペイン(?)のデザイナーBRUNO MUNARI氏のデザインで「DIARIO2006」と書かれています。

この手帳シリーズ、今回で3冊目。以前は皮製のシステム手帳を使っていたんですよ。ミニ6穴サイズから始まって、バイブルサイズにある年買い換えて、何年か使っていたのですが、皮製のカバーが汚れてきたのと、リフィルを買い換えるのが面倒になってきたのと、なんか人と違った手帳が欲しくなったのと・・・で、一昨年の秋からあちこちのお店をのぞいては探していたのです。

私はメモ魔ではないのですが、ビジネスの場で手帳が手元にないととっても不安になるタイプ。そんな私の手帳の必要要件は次のとおりでした。

・1時間刻みでスケジュールを書き込める

・見開き1ページで1週間のスケジュールを書き込める
(以前は1日見開き1ページのリフィルを使用していたのですが、ちょっともてあまし気味になったのと、リフィルをしょっちゅう買い換えないといけないのが面倒になってました)

・見開き1ページのカレンダー形式の月間スケジュール表がある

・白紙ページも欲しい

・できれば鉄道路線マップも欲しい

・毎日持ち歩くので重くないもの、かさばらないもの

・見た目がおしゃれなもの

システム手帳だといろいろあるのですが、なんとなく飽きちゃったんですよね。でも、それ以外の手帳だとなかなかイメージ通りのものがなくて・・・。

やっとイメージ通りのものにめぐりあえたのが、会社の近くの『フランフラン』のお店。

厚さは1cm足らずで、表紙にはビニールカバー付き。このカバーの裏側に名刺をはさんだり、メモをはさんだりできるので、結構便利です。お値段は確か1500円ぐらいだったと思います。

見開き1ページに3年分のカレンダーがまずあり、その次に「年間スケジュール」が一目でわかる見開き1ページ1年分、1月から12月まで12列のカレンダーがあります。私はここに家族や友人のバースデーを書き入れています。

diary2.jpg
そして、見開き1ページの1ヶ月カレンダーページが10月から翌々年の1月まで16か月分。ここには主にオフの予定(来客、訪問、子供のおけいこごと、幼稚園の行事)や飲み会などをざっと書きとめています。

続いてメインのページが始まります。見開き1ページで1週間分のスケジュールページ。月曜日から始まり日曜日まで全部で7列のスケジュールを書き込める欄があります。それぞれ朝8時から夜22時まで1時間単位で書き込めるようになっています。毎ページ、左端に当月と翌月のミニカレンダーがついているので、いちいちカレンダーページをめくる必要がありません。「Notes」と題された「ToDo」項目を書き込めるスペースもあるので、「今週こなさないといけない仕事」をダーっと書いておけます。あと、下の方にもメモれるスペースあり。ちょっとしたメモならこのスペースで十分。

この週間スケジュールページは10月から翌年12月まで15か月分用意されていますので、早めに新しいスケジュール帳に切り替えるもよし、新年から新しいスケジュール帳をおろすのもよし。

後ろの方には罫線だけのメモページが10ページ、方眼紙タイプのメモページが13ページついています。そして、簡単な6カ国語の辞書(?)も!日本語・英語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語で数字(Number)や飲食関係(Dining)、生活全般、簡単な会話(挨拶、いくらですか?、今何時ですか?・・・)などが表記されています。私自身はほとんど使う機会がないけど、人と場合によっては便利かも。

私が切望していた鉄道・地下鉄路線マップもちゃーんと付いてました。東京・大阪・名古屋・京都・神戸・札幌・横浜・福岡バージョンです。そしてニューヨーク・パリ・ロンドン・ミラノ・香港・台北・ソウルの路線マップもあり。私には必要ありませんが、これまた必要な方もいらっしゃるかも。

アドレス帳は別冊でついています。「アドレスや電話番号は全てケータイに入力」という方ははずしてしまってもいいかもです。

かくして、今のところ私は自分の手帳に大満足していますが、手帳の使い方・選び方って人それぞれですよね。その人のビジネススタイルやライフスタイルやマメ度・ドタバタ度・性格などにも大きく左右されるようです。自分にとってどんなスタイルが一番落ち着くか、模索してみてくださいね。

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法

一時期はやった「手帳術」関係の本、あまり読み漁ったわけではありませんが、佐々木かをりさんの「ミリオネーゼの手帳術」は面白い一冊でした。

中でも最も印象的だったのは「仕事もプライベートも全部私の時間、だからスケジュールは同じ手帳に書く」という点でした。

それまで私の手帳はビジネスオンリーで使用していました。休日の予定は主にキッチンに貼っているカレンダーに書き込んでいたんですよね。来客の予定とか、双子のおけいこごとの予定とか・・・。

で、2度ほど大失敗したことがあったんですよねー。

ビジネスの場では、ダブルブッキングとか、待ち合わせ時間を忘れたりしない私なんですが、オフの予定は油断しがちなのか、予定日時をうろ覚えで帰宅し、カレンダーに記入するのも忘れたりして、双子のピアノのレッスン時間を一度間違え、マンションの理事会に完全遅刻したことがあるんです。どっひゃー!

ピアノのレッスンは先生から電話をいただき、大慌て!その週はあえなくキャンセル。

理事会は我が家が理事長であったにも関わらず、出席していなかったので、管理会社の担当者から電話があり・・・その時点で、私も双子もまだパジャマだったんですぅ。(日曜日の朝のことでした)しかも、運悪く夫はバンドの仕事に出かけていて・・・もう大焦りでした。

社会人として、オフの予定管理も大切ですよね。以来、オフの際も手帳を持ち歩くようにしている私です。

P.S.ちなみにオフィスではグループウェアを用いて、チーム内でスケジュールを共有できるようにしているのですが、やっぱり手帳にも記入して持ち歩かないと不安なタイプ






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

私も以前は仕事とプライベートと手帳を分けてましたが、やっぱり何度か失敗して今はひとつにしました。
子どもがいると、意外に落とせない予定がけっこうありますよね~。

Posted by: みほっち at 2005年11月27日 04:15

そうそう、そうなんですよねー。
私の場合は平日に子供の用事・・・ってほぼないのですが(ダンナに預けているので)、休日の用事だけでも、いろいろ入るようになりました。仕事とプライベートの顔を使い分けようとするあまり、手帳も分けてしまうと失敗するのかも。「ぜーんぶ私の人生」というのに共感です。

Posted by: かほる at 2005年11月27日 06:51

かほるさん
私も今年、この手帳を使っていました。左側のやつね。WEBのスクールとPTAの仕事があった時は、時間軸のページがすごく便利だったんです。でも、6月から「月12日の仕事」を始めたら一日の時間軸のページが必要なくなって来たんです。だから、来年のは、この手帳じゃなくて、時間軸のない薄いものを探しました。ライフスタイルによって手帳も変わってくるのね~と実感しました。

Posted by: こむぎ at 2005年11月27日 12:18

こむぎさんと私って共通点多すぎ!ビックリです。ライフスタイルやビジネススタイルで手帳の使い方・選び方って違ってきますよね。自分にピッタリの手帳に出会えて、今は幸せ♪

Posted by: かほる at 2005年11月27日 22:52

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
NYで流行りのPOP UP DINNER
Any.doで忘れもの知らず
実践!リモートワーク!Google Apps™ならいつでもどこでも、そこがオフィス
働くママ歴ちょうど10年で転機となった2013年。
8年ぶりにプリンターを買いました
やることリストどうしてますか?
今日から復帰するお母さんたちへ
女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座
新・小一の母が、今やっておくべき5つのこと
手帳は陰山手帳の4月始まり
手帳がめっちゃ大好きなんです
手帳は10月始まり
9月開講!共働きの子育て講座がおすすめです
LIFEBOOKがリビングにやってきた その3 Windowsのタブレットは超できる子
「もっと上をめざす士業・コンサルタントのための『新・3種の神器』とは?」セミナーのご案内

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/1649

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: stationery/来年の手帳
ブログ名: Photo@alliance-PhotoBlog
日付: 2005.11.27
内容: [My home,Tokyo/東京都 自室 27-NOV-2005] Vodafone 602SH SHARP 男っちゅーのは、なんでこうも文房具とか筆記具...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space