ワーキングマザースタイル仕事を一度辞めて復帰する、ということ




2006年03月14日

仕事を一度辞めて復帰する、ということ

Posted by 田村小梅

先日、ある財団が主宰の「育児などで退職してもう一度働きたい人のための再就職セミナー」というものに参加してきました。現在正社員で勤務中の私には全く関係の無いセミナーなのですが、この先また出産したり子供が大きくなってきた時、いつまでも今の働き方を続けているとは限りません。実は現在妊娠5ヶ月。今後の働き方も模索中の私は色々な選択肢を持つためにも様々な情報を知っておきたい、と思ったことが一つ。

そしてもう一つは、

昨年の夏から家で定期的に専業主婦の方を対象にしたイベント(ヨガやお花などをベビーシッター付で)を開催しているのですが、今までは「専業主婦」とひとくくりに見ていた方々の中に、少なからず「また働きたい」と思っている人がいる事を知ったから。実際に色々相談に乗ったりしていて再就職した方もいたりして。今にそんな「また働きたいママ」を応援する様な事をしたい、そのためにも実際のところブランク後の再就職ってどうなのか知っておきたい、と思ったんです。

会は2部構成で、午前は大企業で管理職として働く方の「自分のワーク&ライフバランス」。そして午後私が参加したセッションは、「再就職した人たちの経験談」でした。

不思議なもので、「働きたい専業主婦の方々」の中に入って一緒に講演を聞いていると、私の気持ちもその方々と同化する、というか、ビシッとしたスーツ姿で家事や育児の分担、こなし術をテキパキと話される姿は、本当に神々しいものに見えました。「全部揃ってから走ろうと思ったら、一生無理。ワーキングマザーはみんな、見切り発車で走りながら模索しています」という言葉に、まさに見切り発車だらけですでに実践している私まで「そっか、見切りで良いのね!」と勇気付けられたり。

そして、午後は4人の再就職経験者がお話を。皆さんけっこうブランクがあり、多い方では十数年だったので、社会復帰するにはもう本当に強い意志と相当の努力が必要、という事がひしひしと伝わってきて、その頑張る姿勢に感動した私はなぜか。(そんな人、他にはいません)あらためて、「自分の時間とお金を持つ、って素晴らしい事だな」と思いました。

帰りがけに財団の方(その方もワーキングマザー)とお話をした際、「今は正社員だけど、将来の働き方を考えていて受講した」と伝えたところ、「今働いているなら、何があっても辞めちゃダメ!!ブランクを持った人が社会に出るのはどれほど厳しいか。退職前の自分の年収においつける人はほとんどいないし、パートから始めて能力を認められるのは100人に1人の割合。努力してやっと仕事を手に入れても月収が2桁いかないのが現実」と・・・。

それは想像していたより、ずっと厳しい現実でした。
もちろん、「フルで仕事をしない」という事は、お金や仕事では得られない多くのものを得るチャンスがある訳なので、どちらが良い悪い、では無いですが。

「子供が小さいうちはペースダウンor家にいて、手が離れたらまた仕事に復帰してやりがいを求める」は、多分多くの人の理想ですが、今の日本においての現実は、決してそれは容易には実現しないという事。「ペースダウン」だって、「子供が小さいうちは週3日」という事ではなく、「当然フル勤務で残業の無い(やりがいより時間を優先した)仕事をこなす」という方が大半で、平日子供と過ごす時間が無い事は変わりません。

最近2歳半の息子がものすごく色々な事を吸収しているのを見て、「歌を習いたいな」とか「水泳に行きたいな」とか色々一緒にやりたいことがあるのですが、会社員では人の手を借りるか週末にびっちり予定を組まない限り難しい話。仕事も子育ても思いっきり満喫する、というのはやはり両立し得ないのでしょうか。
そして子どもが2人以上いて企業に勤めている先輩をほとんど知らない私は、ますます出産後の働き方のイメージがつきません。子ども2人が別々の預け先になる事も確定しているし。

働き続けていくにはいくつもの壁があると思いますが、今回の壁はむしろ転機と捉えて新しい働き方も含め、色々模索したいと思っています。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

小梅さん、おめでとうございます!!(でいいんですよね??)
カベではなく、転機と捉えるのはさすが小梅さん。
小梅さんの持ち前の明るさとパワーでなら、自分にぴったりの道がおのずと開けてくるはず!と思いますよ。

Posted by: みほっち at 2006年03月14日 09:04

正社員で3姉妹の母をしています。

過去に、何度も何度も壁にぶち当たって、退職しようかと思いながらも、WMになってから7年。
長女も、4月には2年生になります。

一応、総合職なので、自分のプライドが邪魔して、残業なしですっとんで帰ることに、最初は本当に後ろめたい気持ちでいっぱいでしたし、有休がまったく足りなくて、土日に出勤することもしばしば。
周りは、実家、義実家に頼っている人がほとんどで、うちはそれもできないし、夫も休日が合わない。
なんで今までやってこられたか、自分でもよく分からないんですよ。
今では、すっかりやめ時を失っています(苦笑)。

長女の復帰後は無理しっぱなしで、ほとんど毎日延長保育。
次女の復帰後くらいからかな。ちょっと吹っ切れたのは。
二人となると、無理も利かないんですよね。
三人だともっとです。

今は一時的なものだと割り切って、長時間ダラダラではなく、短時間できちっと質の高い仕事を!
そして、納期は守り、仕事が出来るときは精一杯する姿をアピールしつつ、子供のことを出来るだけ考えながら働いているうちに、今日まで来ていました。

なかなかうまく行かないときもありますけど、自分に合う仕事の仕方が見つかるといいですね。

Posted by: まるちゃんママ at 2006年03月14日 11:09

小梅さん、おめでとうございます。
働く妊婦さん、そして子供を二人以上抱えながら仕事をする大変さと工夫をリアタイムで実況中継できたら素晴らしいですね。きっと多くの人の勇気に繋がると思います。身体を大事にしながらファイト!ですね。

Posted by: ゆり at 2006年03月14日 15:50

私からも、「小梅さん、おめでとうございます!」

現実の厳しさは確かにあるでしょう。でも、厳しさに尻込みせず、小梅さんのように「転機」と考えて、前向きにいきたいですよね。「甘い」「青い」と言われても、今の厳しい現実が、将来は違うものになるよう、皆で変えていかなければと思います。

Posted by: カトウ at 2006年03月15日 04:55

そんなセミナーがあるのですね!
現在6ヶ月の息子を抱え、来年春には絶対再就職を・・・と計画している私にとって、とても魅力的です。

その財団はどちらなのでしょうか?私もぜひ参加したいです!

Posted by: よねすけ at 2006年03月15日 09:25

私は現在妊娠8ヶ月(第二子)です。第二子の妊娠ということで、中小企業に勤める私は、育児休暇をもらうのを条件に、3月いっぱいで事実上解雇されることになりました。(厳密にいえば、違法ですよね・・・。)子持ち、しかも夫婦とも実家は遠方、私も体が強いほうではなく、在宅勤務ができた今の労働条件よりも好条件な仕事がみつかるか・・・。というわけで、この先専業主婦になるか、仕事を探すか迷っていましたが、いろいろ考えて、辞めるのはいつでもできるのだから、できる限り走ってみようと、つい決断したところでした。そして今このブログを読み、ますます勇気づけられたところです。今の日本でワーキングマザーは辛い立場ですが、現状に文句を言うだけでなく、とりあえず前向きに頑張りたいと思いました。
ちなみにこれって、21世紀財団でしょうか?

Posted by: のえる at 2006年03月15日 10:24

おめでとう!!!>ご懐妊

ブランク後の再就職については、福沢恵子さんによる『目指せ!プラス思考再就職』が、参考になると思います。※非売品で、21世紀職業財団の講座でサブテキストとして使用されています。

>「全部揃ってから走ろうと思ったら、一生無理。

私も、違う講座ですが、ワーキングマザーの対談形式の講演で「家庭と仕事の両立のコツ」を聞かれた人たちが「両立できていると思ってはいない。なんとかするしかないから、いろいろ工夫して、綱渡り状態だけど、気づけばなんとかなってきた」と異口同音におっしゃるのを聞いて、ちょっと気がラクに(同じだ~。。。と)

働き盛りの時期と、出産のタイムリミット&育児期が重なるのは、女性ならではの問題ですよね。
この年で、こんな仕事してていいのか!? 今までやってきたことが水の泡・・・という焦りとか、過去のキャリアと今やってることが見合わなくなるのはマズい、という自分の中のプライドともひそかに戦わないといけなかったり。

私の場合、ペースダウンしたくないし、業界の中でもメインストリームで仕事をしていたい、と思っていたんだけど、実践してみると、心身ともに、持たないと身をもって知ったのでした・・・。

体をこわして私が仕事を休んだら、子供のピアノが急激に上達したり、いろいろ、楽しいことが増えたのは事実。今までこれを犠牲にしてきたのか~と気づいて、心豊かに暮らすためには、いったいどうするのがいちばんいいんだろう、といろいろ考えさせられました。

>「今働いているなら、何があっても辞めちゃダメ!!

“雇われる働き方”で“収入を少しでも多く”が前提なら、そうすべきでしょうね・・・。
本当は、人それぞれいろんな事情や優先事項があるわけだし、柔軟性をもって働き方、生き方を選べる社会であるべきだと思います。

再就職したい人がスムーズに、今のような大きなハンデを背負わずに、仕事に就ける社会づくりを支援したい、と私も思います。
そうならないと、国も衰退していくと思うし。

Posted by: 瑠奈 at 2006年03月15日 11:47

>のえるさん
情報ありがとうございます!
21世紀財団に電話して確認したら、このような内容のセミナーを行っているということで、早速登録してみました。
再就職に向けてがんばりまーす!

Posted by: よねすけ at 2006年03月16日 10:00

皆様
多くのコメント、本当にありがとうございます☆


●みほっちさん
下の子も年が近いですね♪
良い転機になるようがんばります。

●まるちゃんママ様
3姉妹のお母様ですか!!仕事もずっと続けていらっしゃるなんてすごい!私は産休中とその後の再就職もすぐにクビ、で、職種は変えないまま業界を変えたため、仕事に求めるものは子どもが生まれる前とは全然違うものになりました。最初はつい、昔の様に頑張りたくなってしまったのですが。
今は細く長くでも続けていくのが大事、と思っています。そして私も子ども3人を目指しています。まるちゃんママさんを目指して頑張ります♪

●ゆりさん
そうですね、頑張って実況中継します!その生の声も誰かのお役に立てるかもしれませんね!

●カトウさん
まさに、「甘い」「青い」そして、「無計画」な私です。それが30代で許されるかは『?』ですが、心地良い働き方を目指して頑張ります!

●よねすけさん
お返事遅くなってごめんなさい。私が受講したのも21世紀職業財団です。他にも色々素敵な講座がありました!そこに行くだけでも大きな一歩ですよね。頑張ってくださいね!応援しています。

●のえるさん
私も第一子の時、産休中にクビになりました・・・。産休明け直前で、保育園まで決まってから、です。法律違反この上無いですが、そんな事まかり通らない企業が山ほどあるんですよね。でも辞めるのは本当にいつでも出来ます!私も常に片手に「専業主婦」の切符を持っているから頑張れます。一緒に頑張りましょうね!ちなみに21世紀職業財団です。

●瑠奈さん
いつも色々ありがとうございます。
読みました、福沢さんの本!!女性が女性のためにこんなに力強くエールを送ってくれるんだ!私も今にそんな事したい!と、違うところに感動を。
本当に、色々なものを天秤にかけたりプライドと闘ったり、虚勢張ったり落ち込んでみたり、生きてるだけですごく忙しいですが、子どもを生んでみて初めて分かったのは「子どもは可愛い」という事。あまりにシンプルな話ですが。
色々模索していきましょうね!

Posted by: 小梅 at 2006年03月16日 15:29

小梅さん初めまして。
もうすぐ2歳になる娘を持つ、ワーキングママです。
某メーカーの商品開発職として、1年の育児休暇を経て昨年4月に復帰いたしました。
今自分の周りで、せっかく育児休暇を取得して復職できる環境にあるのに、復帰を目前にしてとりあえず仕事をやめてこどもが3歳くらいになったらまた仕事を始めようかなという相談をよく受けるようになり、どうアドバイスしたらよいものかと悩んでいたところこちらの記事にたどり着きました。現実の厳しさが端的に伝わる文章で、ぜひ私のブログ内でこちらを紹介させていただきたくトラックバックしてみたのですが、いまいち上手くできなくて、文章内で引用させていただきました。
問題があるようでしたが削除いたします。
よろしくお願いいたします。

Posted by: Ronママ at 2006年03月25日 03:40

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
ワーキングマザースタイル、9周年です!!
やることリストどうしてますか?
選挙に行こう!絶対に絶対に、選挙に行こう!!!
無差別殺人から子どもを守る
二人育児の大変さは1.1倍(自分比)!
原発国民投票のための署名をしてきました。
2012年 志を持って
被災地の子どもを支援するための寄付
キャリアというのは仕事だけではない
子どもに興味がない親が増えてる?
スイスのボーディングスクール
子宮頸がんの予防ワクチンを娘と受けてきました。
東京都 チャレンジ支援特別貸付
遊びに勝るものはなし

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/1902

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: はたらくママさんへ。(長文)
ブログ名: Ron&Co.
日付: 2006.03.25
内容: 先日、これからお仕事に復帰されるワーキングママ仲間さんより、4月から復帰&おこさまの保育園入園にあたっての心配事をちょっとだけご相談に乗らせていただいて、...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space