ワーキングマザースタイル何歳まで生きたいですか?




2006年04月07日

何歳まで生きたいですか?

Posted by fellow

「日本長寿世界一」のニュース、もう毎年恒例になった感じがありますね。今年は、日本人の女性平均は86歳だとか。上位10カ国(同列一位と四位ですが)の平均寿命は80代。日本以外でも、高齢化が進んでいることを実感します。といっても、最下位のジンバブエでは平均寿命は36歳、「人生50年」に満たない国も27(アフガニスタン以外は、すべてアフリカだそう)もあると、リポートされています。

毎年、この「長寿世界一」のニュースを目にする度、「何歳まで生きたいかなあ」と自分自身のことを考えます。

80代でも元気なお年寄りは、実際、知人にも少なくないのですが、なんとなく自分の80代って、想像つかないものです。70代ぐらいまでは、それなりのイメージがつかめるのですが・・・。でも、そう若くして出産したわけではないので、「孫の顔は見られないかも」などと、ちらっと思ったり。たとえ見られたとしても、孫の面倒を見ることは、体力的に難しいだろうなあ。

フリーで働く私の仕事は定年がないとはいえ、これも、体力面を考えると、せいぜい70代かなあという気もします。70代となると、あと30年。うーん、どれだけ、やりたいテーマを形にできるだろうか・・・と、これまた考えます。死ぬ間際まで原稿を書いている、というのが理想だけど、それには、やっぱり元気でいなくては!

元気でいるためには、もちろんトレーニングということもあるけれど、案外、日常の細々としたことを毎日やるのが、老化防止に役立つのかなあという気がしています。だって、毎日三食、料理をするのって、すごくいい知的トレーニングだし、細々した手仕事だって、無意識のリハビリみたいなものですよね。死ぬ間際まで仕事、というのも理想なのですが、死ぬ間際まで、自分で自分の食事を作り、後かたづけをし、掃除、洗濯などをしたい、というのもまた、私の理想だったりします。

そもそも、「何歳まで生きる」なんて自分で決めることではないし、それを前提に人生設計をするつもりもありませんが、たまには、こうしたニュースをきっかけに、自分の老後を考えてみると、命って限りがあるんだなあ、ということが実感でき、なんとなく、人生の優先順位(というと大げさですが)が見えてくるような気もします。

皆さんは、何歳ぐらいまで生きてみたいですか?






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

具体的な年齢は考えたことないです・・
ただ、娘(小2)と二人暮らしの身としては、子どもが成長して、社会人になって独立するまでは・・という漠然とした思いはあります。
すごく難しい問いでした。

Posted by: 雨花火 at 2006年04月08日 11:54

時々考えますねー。
何歳と決めているわけではないんですが、これからはいつばったり逝ってしまうかわからないような年齢ゾーンに突入すると思っています。私は若く産んでいるのでたぶん孫の顔は見られるでしょう。娘があと4年すると私が娘を産んだ年になるなんてねー。まだやりたいことをやいきれていないのでやっぱりあと35年くらい現役でいたいですね。そうすると幾つだ!

Posted by: リオ at 2006年04月09日 00:30

わたしはあまり長生きはしたくないですね。

Posted by: つる at 2006年04月13日 03:17

皆様、コメントありがとうございます!

つるさん、私も前は、50代ぐらいで、などと思っていましたが、50代だと、今やろうと思っている仕事が終わらないので、70代が目標です。もちろん、元気でいなくてはいけませんが!

でも、ぱったり逝ってしまったら、それはその時!と思えるように、日々を過ごしていけたら良いなとも思っています。

Posted by: カトウ at 2006年04月14日 23:48

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
ワーキングマザースタイル、9周年です!!
【取材対象者募集】マタハラって知っていますか?
震災から1年、みなさんは何が変化しましたか?
スタッフに聞きました「産後うつ、どうでしたか?」
待機児童問題解決のためのシンポジウム開催
山崎直子さんの宇宙飛行を心からお祝いします
【投票付き】子ども手当どう思う?
「にっぽん子育て応援団」が子育て支援策に関する政党アンケートの結果を発表
夏休み子ども模擬裁判ツアーの本当の狙いは
20代女性に強まる“専業主婦願望”と、未婚男性の“結婚するなら働く女性” 、どう読み解く?
vol.113:トラックバックテーマは「あなたの新型インフルエンザ対策」
新型インフルエンザ速報第二弾 パニックをあおらないで
明日、虹をかけてみませんか?
ユニセフ・マンスリー・サポート

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2015

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space