ワーキングマザースタイル自分の名前の存在




2006年04月14日

自分の名前の存在

Posted by 桜乃ゆめ

子供ができて、すごく違和感を感じていることが一つあります。

それは、自分の名前が呼ばれなくなること。
特に子供を通じて知り合ったママ友だちや保育園の先生、習い事の先生には。

「●●ちゃんのママ」「おかあさま」なんて呼ばれませんか?

それは間違いではないのですが、自分にも名前があるのに、私のことは「子供のママ」という名前で覚えられる。
子供を通じて知り合っているのだから、子供中心になるのは当たり前なのですが。。

何か違和感があるのです。

別に嫌という訳ではないのですが、子供のママという別の自分がそこにいて、別の自分を知っている人が出来るということがとても不思議な感じなのです。

ワーキングマザーだと、「桜乃ゆめ」という個人としての名前でお仕事をしていたり、自分のことを見ている人もいるわけで、いくつもの仮面を持っているような妙な感じがいたします。

先日知り合いになったママ友だちから、連絡先を書いた紙をいただきました。 私も連絡先を書いて渡したのですが、なんと手渡された紙には、「●●まりこ (めぐみ)」(仮称)と書いてあったのです。
まりこちゃんは子供の名前。めぐみさんはママのお名前です。 で、私の渡した紙には 「桜乃ゆめ (子:●●)」と書きました。

この違いわかります?みなさん。

「あ、私って、やっぱり自分の存在を書いてしまうのね」とハッといたしました。

会社にいると、自分が「桜乃ゆめ」としてみてもらっていて、「●●ちゃんのママ」という目では見てもらっていないわけですよね。なので、ワーキングマザーではない普通のママにとっては自分の存在は、「●●のママ」という意識が自然とあるわけなんですね。

「私、●●のママなのよね。桜乃ゆめでもあるんだけど。。。でも、それってどうなのだろう? なんで違和感あるんだろう。
どうして私は●●のママですって書けなかったんだろう。。」
と考えてしまいました。

ママ友だちの中でも私は意識してその方のお名前を呼ぶようにしているのですが、それもなかなか難しいですね。
いつのまにか、「●●くんのママ」「●●ちゃんのママ」って呼んでいるときもあって。

「●●ちゃんのママ」と呼ばれるのは好きです。嫌ではないです。
でも、私の「桜乃ゆめ」という名前はどこにいくのだろう。。って思ってしまいました。

子供を通じて関わる世界では、もちろんそんなこと当たり前なんですが、改めて「自分の名前の存在」ってこれからどうなっていくんだろうって、、、ふと、考えた、ささいな出来事でありました。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

私は自分の名前(苗字)がとても好きなので、ずっと旧姓を使い続けてます。なので、保育園を含むママ友達にも必ず「山田(××の母)(仮)」と自分の名前、しかも旧姓を書いています。

特に保育園は、あちこちに子供たちの名前が大きく貼ってあるので「××君とママが苗字が違うって・・?」と、何か色々な解釈が生まれているかも、と今思いました。
でも「○○君のママ」って呼び方、気持ち悪くて私はイヤなので、必ず相手も苗字で呼んでいます。(ゆめさん同様、私自身が「××君のママ」と呼ばれるのは全然良いのですが)

保育園関係で知り合った方はけっこう旧姓の方も多く、そんな時はなんだかすごく嬉しくなってしまいます。

Posted by: 小梅 at 2006年04月15日 23:47

そういえば、20歳代の初々しいママ時代は、真くんのママと呼ばれるのがいやだったなぁと、ふと思い出しました。離婚して旧姓に戻ってからはまったく気にならなくなりましたけど(笑)

今は、真くんのママとか、香ちゃんのママとか、仁くんのママと呼ばれないと、どの子の友達のママなのかわからなくて、混乱しちゃうので、このほうが便利だったりします。でも相手がどう思うかを配慮して、気をつけないといけないですね(^^;反省。

Posted by: 京太 at 2006年04月16日 12:21

私の場合は晩婚で、しかも養子にきてもらったので結婚後も名前が変わらず、自分の人生の中で実名時代が長く、子供が幼稚園に入って初めて「さーちゃんとまーちゃんのママ」と呼ばれるようになったのが、くすぐったくて嬉しかったことを思い出しました。幼稚園の行事に顔を出す機会も私の場合は滅多にないので、年に何度かだけ「さーちゃんとまーちゃんのママ」と言われるのは至福の時。
でも、「○○ちゃんのママ」としか呼ばれなくなると、自分のアイデンティティについて考え込んでしまうかも知れませんね。相手の気持ちを考えないといけないな、と私も反省しました。

Posted by: かほる at 2006年04月16日 22:04

まだ子どもが小さい頃、私も悩んだことがあります。書類を書く時はいつも世帯主の主人の名前。私の名前って忘れられちゃうかも…なんて思ってしまいました。
幼稚園に入園後、ママ同士が名前で呼び合うようになって、なんだか若い頃に戻ったみたいで嬉しかったですね。「しゅうこちゃん」なんて、子どもの友達も呼んでくれたりして…(^^ゞ

Posted by: しゅうこ at 2006年04月17日 01:33

こんにちは!
過去に似たようなエントリーを書いたことがあったので、
TBさせていただきました。
私も「**ちゃんのママ」と呼ばれることに、
違和感を感じる人です。
子どもを通して知り合いになると、どうしても
「**ちゃんのママ」が多くなりますが、
親しくなったらやっぱり、名字か名前で呼んでほしいなぁと思ってしまいます。

Posted by: umisora_earth at 2006年04月17日 12:08

わたしはなかなか子供ができなかったせいもあって、「●●ちゃんのママ」とよばれると、ふにぃ~とすっごくうれしくなってしまいます。

あと、ものすごく人の名前をおぼえるのが苦手なので、苗字までおぼえていられないので、
・子供の名前をおぼえる
・子供とママをつなげる

というところまでしかいかず、
・ママの苗字を覚える
までいきません;;

小学校になると、子供同士、苗字で呼び合ったりするようになって、ようやく、「ああ、●●ちゃんって、高橋なんだ」と覚えるようになりました。でも、やっぱり、「どなたでしたっけ?????」ということが多いなぁ。

Posted by: らむね at 2006年04月17日 18:50

はーい、習い事の先生です(笑)
生徒さんの親御さんご本人には「田中さん」とか「小林さん」というように苗字で呼びますよ。
というのも、今の生徒さんの中には、親御さんも私の生徒さんというケースもあるし、社会人の生徒さんも多いので・・・。

長女ことっぴのお友達関係のお母さんも、最近は「おそなえ(苗字)さん」と呼ぶことが多いですね。幼稚園あたりとは違うみたいです。
ところで、お父さんはどうなんでしょうね?
うちの夫は「ことっぴちゃんパパ」と呼ばれてましたが・・・

Posted by: おそなえ餅1号 at 2006年04月20日 11:17

私も何年か前、
「○○ちゃんのママ」「○○さんの奥さん」と呼ばれることにかなり抵抗がありました。でも最近は何と呼ばれようと私は私なのであまり気にならなくなりました。相手の呼びたいように呼んでもらえれば、と思っています。
相手を呼ぶときは、気にする人が多いのもわかるので、苗字にさん付けで呼ぶようにしています。

ただ、より親しくなったママ友とはみんな名前(first name の方)にさん付けで呼び合っています。自然にそうなったのですが、みんな「苗字」や「○○ママ」への、意識はしてないにしても、暗黙の抵抗があったのかもしれないですね。

Posted by: neige at 2006年04月22日 10:09

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
サンタクロースの演出
乾燥オフィスにスチームクリーム♪
手帳は10月始まり
スポーツ選手として思うこと
英語のお稽古の曲がり角
がんばれ、受験生
働き方見直しプロジェクト
GREEにはまる理由
楽しく勉強するために
お誕生日会
バカラ直営のバー
恩師との再会
ヨン様、空を飛ぶ
新入社員教育と子育ての共通点
「触れる地球」展

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2025

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: **ちゃんのママ、という呼び名
ブログ名: MAMA @ WORK
日付: 2006.04.16
内容: 子どもを産んでから、「**ちゃんのママ」「**くんのママ」と 呼ばれることが増えました。 それが、とーっても気になるのは私だけ? 確かに私は...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space