ワーキングマザースタイル妊娠で迎える転機




2006年05月19日

妊娠で迎える転機

Posted by 田村小梅

今週のテーマ、「上司に妊娠しました、と言ったとき」です。

長男を妊娠したのは今から3年半前の冬。
それまで勤めていたITベンチャーを「やっぱりwebだけじゃなく紙もやりたい!」という気持ちで辞め、両方出来る小さな広告代理店に意気揚々と転職した直後でした。11月1日に転職し、妊娠に気づいたのが年明け早々。しかも妊娠なんて考えてもなかったので、生理が遅れても「妊娠」なんて頭をかすめもせず、気づいた時はすでにほぼ安定期。

会社の仕事も順調に引き継いで大手クライアントを任され、まさにこれから!というところで、の妊娠発覚だったためショックは相当なものでした。

私自身が妊娠を受け入れられなかったため、動揺しすぎて「どう伝えたら良いか」なんて考える余裕も無く、ただただ上司と社長に頭を下げていました。社長には「人材紹介会社にいくら払ったと思ってるんだ!!」と罵倒され、以後、一切の仕事が与えられず、産休までの数ヶ月は「出勤するも仕事は無し」。本当に辛く何度も辞めようと思いましたが、あちこちの掲示板で「今辞めるのは損だ!耐えろ!!」と励まされてただただ時間が過ぎるののを待つばかり。

そして案の定、慣らし保育も始まった産休明け直前にメールでクビ通告
「産休中のクビは違法」と知っていたらしく、ご丁寧に「あなたは妊娠を隠して入社した契約違反で、本来はそれが判明した時点で契約解除にしても良かったが、こちらの厚意で産休まで取得させてあげた事をありがたく思え」と、「非は100%そちらにある」という事を振りかざした内容でした。

ま、クビは想定の範囲内(死語?)だったので驚きもせず、元々の産休明けと同じ時期に「週4日&かなり高給」という好条件で再就職をしたので結果的に良かったのですが。

そして、問題は今回の妊娠・・。(現在7ヶ月)

「週4日」の大手メーカーのコピーライターも子供の度重なる発熱ですぐにクビになり、現在の会社に入社したのが2年少し前ですが、今回の妊娠が分かったのは昨年末。今回は「超計画妊娠」だったので5週位で判明したものの、妊娠4ヶ月になるのを待って直属の上司に報告を。今のwebの仕事は私以外に出来る人がいないので様々な私の担当の仕事を「こういう形で○○さんに引き継ぐ」「この部分は、産休中でも出来る範囲でやる」など、その後の仕事に極力影響が出ない旨を中心に伝えたつもりです。

その時期ちょうど、どっさりと他の仕事も来てただでさえパンク状態だったところに妊娠による極度の貧血で、朝の電車ではもう倒れる寸前、病院からも「時間短縮勤務」の診断書が出たため、上司が早急に人を増やす手はずを整えてくれたのは本当にありがたかったです。

ただ一番のショックは・・・4月に入って「産休に入ったらもう更新は無理」と判断され、入社以来ずっと頑張ってきたサイトの閉鎖が決まってしまった事。会社の業績とも関係があるので、私の妊娠だけが理由ではありませんが、産休にさえならなければ、いくらでも手は打てたはず。「今までこんなに頑張ってきて、今月はアクセス数も最高になったのに」「じゃあ、産休明けは一体何するの!?」としばらくはショックで呆然とする日々でした。

が!
挫折だらけの私の人生。こんな事でへこたれる訳にいきません。これは私にとってまた、大きな転機の可能性大。前回も産休中にクビになった事で、結果的には、今の「裁量労働で自宅勤務も可。子供の病気で年間10日は休める」という最高に働きやすい環境をゲットしたのだから。

前回に引き続き今回の妊娠&産休も、今後の働き方を模索するためにさらに色々動く事になりそうです。ただ前回と違うのは、今は以前の焦りは全く無いという事。以前はすぐにも二人目が欲しく、そのためにも「絶対正社員で!」と思っていましたが、今は「子供二人でサラリーマンって可能なの?」という気持ちもけっこう大きい。サイト閉鎖は本当にショックでしたが、人生を再度見直す、良い機会だったかもしれません。

正社員で復帰するも良し、独立するも良し。独立するなら色々準備も必要です。今回はしっかりと一年の産休を取って、今後の働き方(=生き方)を考えたいと思っています。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

以前小梅さんご自身のサイトでコメントさせて頂いた「はん」です。

子供二人抱えてのWMはホント大変ですよね。私は仕事柄、正社員という選択肢が大変狭く、出産前から一貫して派遣社員&在宅です。
正社員で環境が整っていれば安定するのになーと二人目を産んでから何度も思いました。
でも、今は在宅で楽しくやっています。とはいえ、安定しない収入でやっていけるのも夫が稼いできてくれるお陰ですよね。自分でも甘いなーと思います。

小梅さんにも産休明けに、新しい道が開けることをお祈りしています。私も転機の度に何かしら前進することがあります。古い表現ですが3歩進んで2歩下がる(時には10歩ぐらい下がるけど)と思って頑張ってください。

好きな仕事を思いっきり出来ないのは私も辛いけど、亀の歩みでも自己満足して進んでいきます。子育て中は大きくジャンプする前の準備段階だと思います。そこで蓄えた「力」は絶対無駄にはなりません。というか、無駄になんかさせないわ!

Posted by: はん at 2006年05月19日 14:13

はんさんへ!

いつもコメントありがとうございます♪以前「子供が2人になると喜びは倍ではなくて100倍」と書いてくださったのが、大きな支えになっています。ついつい「また乳飲み子なんて、大変だろうなぁ」というところにばかり目が行きますが、「喜び100倍」って、本当に素敵ですよね☆

「3歩進んで2歩下がる」まさに、そうですね!ワンツーマーチ(笑)。これを短期間でなく、何年もかけて歩いていけば良いんですよね。でも、「絶対に『無駄になんてさせないわ!』」という強い信念を抱きながら。

私も実は、今の状況を楽しんでいたりします。正社員でいた2年間は本当にゆったりのんびり過ごしてきたので、久しぶりに闘争心が沸いてきたと言うか、自分の可能性をもう一度探せるチャンスだな、と。

楽しみながら試行錯誤したいと思っています。

Posted by: 小梅 at 2006年05月20日 07:00

私も、同様に2人目の育児休暇中です。今まで、会社に戻れるのか不安でしたが、小梅さんの記事で勇気付けられました。TBもしておきます。

Posted by: ちゃい at 2006年05月24日 11:52

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
女子と就活 20代からの「就・妊・婚」講座
IUDを入れて3年経ちました。
自宅でのよもぎ蒸しで子宮から温める
CREA(クレア)11月号 「30代で母になる!」
ワーキングマザー、今が「仕込み」どき!!
(締め切りました!)テルモ 女性体温計 WOMAN℃(ウーマンドシー)をプレゼント
★スピード帝王切開★ 出産 in USA
二人目の壁、を越えてみた
 ★明朝 6時!★ 出産 in USA
超!安産。産院が違うとお産はどう変わる?
WM的マタニティスタイル
未妊 「産む」と決められない
妊娠で迎える転機
ベリーベルトはワーキング妊婦の味方!
出産費用を給付金が戻った後に支払う方法

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2103

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space