ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】第2回 ダンサーの純情




2006年05月25日

【シネマ・こむぎスタイル】第2回 ダンサーの純情

Posted by 湯河原こむぎ

ダンサーの純情 特別版

「韓国版・シャル・ウィ・ダンス」とも言うべき、この映画。あるテレビ番組で、おすぎさんが「この映画のダンステクニックは、Shall we Dance?以上!」と大絶賛していました。この映画に出ているムン・グニョンちゃんは、韓国では「国民の妹」と呼ばれる超アイドルです。

「ダンサーの純情」、とーってもいい映画でした。映画館を出る時に、なんとも言えない幸せな気持ちになり、胸の辺りがあったかくなるような。

ストーリーは・・・
中国から韓国へ、19歳の女の子、チェリン(ムン・グニョン)がフェリーで向かっている。将来有望であったが、現在は失意のどん底にいる若きダンサー、ヨンセ(パク・コニョン)を再起させるために、彼の先生が、新しいパートナーとして彼女を呼び寄せたのだ。
しかし、実は、呼び寄せられたのは、彼女の姉。姉は、ダンスチャンピォンであった。しかし、姉には婚約者がいたため、妹であるチェリンが韓国へ向かった。そして、チェリンとヨンセは偽装結婚し、ダンスの大会を目指す事となる・・・。

韓国と中国の実情について、よく知らない私は、「偽装結婚」って、ストーリーのためとは言え、なんとも強引な設定!と思いました。でも、パンフを読んでみたら、実際に、韓国ではよくある話のようです。

以下、パンフより引用。
1992年の中韓国交回復以降、韓国政府は朝鮮族の韓国入国を厳格化、特別な公的手続きを踏んだ者以外は入国を制限されるようになった。しかし、公認された制度を利用して入国したあと、指定の職場を離脱して実入りの良い労働現場に移る人々が急増する。女性の場合は、韓国男性との婚姻(中国では「渉外婚姻」と呼ばれる)で入国するものが増えており、その中には偽装結婚のケースさえあると言われる。


監督インタビューでも、「出入国管理事務所によれば、「10件中6件は偽装結婚」と、やはり多いようです。」・・・と書かれています。

映画の話に戻りましょう。
この二人は、偽装ではあれ、結婚しているので、彼の部屋で暮らす事になります。入国管理事務所には、偽装結婚を暴くための捜査官がおり、実際に面接や家庭訪問などが行われているそうです(パンフより)。映画にも、この二人の結婚が偽装ではないか・・・と、調べている男女二人の捜査官が出て来ます。この二人が、すごくいい味出してます!ユーモラスな二人にも大注目。

チェリンは19歳。垢抜けなくて田舎くさいけど、真っ白な心を持った少女。彼女は彼の事を「おじさん」と呼びます。韓国語で「おじさん」は、普通は「アジュシー」。韓国ドラマを見ていると、よく聞く言葉です。でも、この役の彼女は、中国の延辺訛りがあるという設定なので「アズバーイ」と言うの。なんともほんわか・のんびりした「アズバーイ」っていう呼び方が、ものすごくいい感じ。最初は「なんだ、この田舎臭い子どもは」って思ってた彼も、たぶん、あの「アズバーイ」にはやられたと思う!
それから、彼は、ずぶの素人のグニョンちゃんにダンスを教え、大会を目指します。初めてダンスのレッスンを受ける時の格好が、中学の時のジャージみたいなの!しかも緑色。もう、このグニョンちゃんがとってもかわいい♪

ダンスを教えるヨンセの役はパク・コニョン。身長183cm、鍛えられたボディは素晴らしい!ダンスを教えるときのTシャツ姿にくらくら来ます。体の動きがとてもきれいでしなやか。でも、この人、イケてる時とイケてない時の顔の差が激しい!ものすごーくかっこよく見える時と、だっさー(@_@)って感じの時がある(誰かに賛成してほしい・・)。私は、この人、椎名桔平さんに似ていると思う。

そして、すごく書きたいけど、ネタバレになってしまうので書けないのですが、後半に彼女がする「選択」に、私はすごく感動しました。平たく言えば「1.断る 2.やる」の二つの選択なんですが、小娘だったら、「イヤ!」って泣いて断ると思うんですよ。私はおばさんだけど、断りたい!でも、彼女は「やる」方を選んだ。素晴らしい。ぜひ、皆様も自分の目で彼女の選択を見てください。

ダンスのシーンは素晴らしかったです。ただ大会のダンスのクライマックスシーンが、細切れの編集だったので、長回しで観たかったなあ~と思い、少し残念でした。長回しでも充分イケると思うんだけどな。最近、ダンス、流行ってますよね~!素晴らしいダンスシーンに、「私もダンス、習いたいな~」なんて思いました。スタッフの本田さんに教えてもらおうかしら!?

以前、私は「ほたるを見たことありますか?」というエントリーを書いた事があります。その中で「ほたるが出て来る韓国映画・ドラマ」を二つ上げました。この「ダンサーの純情」にもほたるが出て来ましたよ。重要な役割で。韓国って今でもほたるがたくさんいるんでしょうか?はかない光が、恋のはかなさを思わせますね。

「ダンサーの純情」公式ページ


ムン・グニョンの他の作品

秋の童話 ~オータム・イン・マイ・ハート~ DVD-BOX
韓国ドラマの入門編とも言うべき、この「秋の童話」 。このドラマのヒロイン、ウンソの少女時代を演じたのがムン・グニョン。この子の演技に何度号泣させられた事か・・・。彼女を語る上で、この作品は絶対にはずせません。
マイ・リトル・ブライド
私の大好きなキム・レウォン君とムン・グニョンちゃん出演。韓国版「奥様は18歳」!二人の魅力が炸裂しています。あ゛~!私もそのくらいの年に戻りたい~と切に思います。この映画は、まさに、「ハートフル・ラブコメディ」!



見比べてみよう!

Shall We ダンス? (初回限定版)
こちらが元祖・日本版「Shall We ダンス? 」
この映画を観た時、心から楽しくて、いっぱい笑って、そして感動しました。素晴らしい映画です。

Shall we Dance ?
Shall we Dance ?(初回限定版)

そしてこちらは、ハリウッド版・「Shall we Dance ?」
日本版「Shall We ダンス? 」を本当に大好きで、リスペクトして作ってくれた!っていうのが伝わって来るハリウッド版です。それにしてもリチャード・ギア、オーラ出過ぎ!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

TBありがとうございました。
わたしも、パク・コニョンは椎名桔平に似ていると思います!椎名さんもけっこう好きなのですが、それ以上に素敵でした♪無条件に見とれていたので、顔の差が激しいかどうかは意識していなかったです・・・。
ほんと、自分もダンスしたくなるような気分です。(自分もあんなに踊れるんじゃないかという錯覚すら・・・。)今でもダンスシーンの音楽が頭から離れません。

Posted by: sabu at 2006年05月26日 01:54

え!ダンス、やりたい?習いたい?!やりましょぉ~!!(笑)
私はまだ、見ていないのですが、ダンス界でも、ダンス雑誌などに取り上げられていて話題になっている作品です。こむぎさんのコメントを見てますます見たくなってきました。競技がシーズンオフになったら見てみよう。
ところでこむぎさん、ダンスやろぉ~よぉ~!(←しつこい?)

Posted by: ひろみ at 2006年05月29日 05:19

sabuさん
自分もああいう風に踊りたい!わかります、わかります!「二人が一つになる瞬間」・・・よかったですよねえ。

ひろみさん
ああいう風に毎日、踊ってるんですよね~!ほんっとうらやましい!

>ダンス界でも、ダンス雑誌などに取り上げられていて話題になっている作品です。

でしょうねえ。ものすごい特訓をしたそうです。短期間であれだけできるのは、さすがだと思いました。ひろみさんもぜひぜひ観てくださいね!そして「ダンスのプロ」の立場から、感想を聞かせてほしいです♪

Posted by: こむぎ at 2006年06月05日 14:07

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2093

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 【劇場鑑賞44】ダンサーの純情
ブログ名: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
日付: 2006.05.29
内容: 嘘でもいい。 踊っている間は俺を愛してくれ・・・
タイトル: 「ダンサーの純情」韓流シネフェス2006で公開
ブログ名: soramove
日付: 2006.07.22
内容: 昨年5月7日にソウルで鑑賞したときに ソウルのネットカフェから書いたものを再掲載。 まだ日本ではいまひとつ知名度の低いムン・グニョンだが、 韓国では...
タイトル: ダンサーの純情
ブログ名: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
日付: 2006.10.12
内容: 評価:★7点(満点10点) 2005年 111min   監督:パク・ヨンフン 主演:ムン・グニョン パク・コニョン コン・チャン ...
タイトル: ダンスシーンの素敵な映画
ブログ名: ダンス・ダンス
日付: 2008.01.07
内容:
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space