ワーキングマザースタイル【新スタッフ】ゲッベルみどり プロフィール




2006年06月03日

【新スタッフ】ゲッベルみどり プロフィール

Posted by fellow

ドイツミュンヘンから、新スタッフゲッベルみどりさんがワーキングマザースタイルのスタッフとして加入なさいました!よろしくお願いいたします。

ゲッベルみどり

ゲッベル みどり
1968年生まれ さる年のO型 (怒るとこわ~いさそり座の女)
ドイツのミュンヘン市在住

●仕事
足掛け17年仕事を続ける。転職暦4回。証券レディ(二年半)→外資系船会社営業アシスタント(一年半)→結婚のため渡独→日本政府機関で雑務一般(五年半)→ドイツのソフト開発会社で営業アシスタント(l年)→ドイツの携帯電話ゲーム開発会社でマネージメントアシスタント(二年)→同社で品質管理責任者(現在にいたる)

実家の母のように子だくさんの専業主婦になるつもりが、気がつけば中間管理職としてドイツで働くワーキングマザー。人生とは摩訶不思議。

●家族
24歳のときにドイツ人の夫と結婚。出会いは文通。外国で暮らすことなど夢にも思っていなかったのに、気がつけばドイツ在住。33歳で長女出産。美空ひばりの唄ではないが、私の人生は「川の流れに身をまかせ」。

●趣味
サッカー観戦。映画鑑賞。音楽を聴くこと。文章を書くこと。

●挑戦していること
コラムニストになるべく現在修行中。いつか、本を出版したい。

●好きな言葉
「一日一生」

●ひとこと
料理好きで家事をよく手伝ってくれる夫と、仕事を始めるとノンストップで数時間、飲まず食わずシャワーも浴びずで働いてしまう私は、まチたく正反対な性格の持ち主。
でも、以心伝心できるほど信頼しあっています。

ハーフな娘は、大阪弁とドイツ語を上手に使いこなせるバイリンガルで、みんなの人気者です。

豊かな自然に恵まれ、親切な人たちに囲まれ、ドイツで幸せに暮らしています。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

国際結婚にしても海外で暮らすにしても、いろいろすごく大変でハードルが高いことも多いかと思いますが、それでもずっと仕事を続けてらっしゃるなんてすごいですね!
大阪弁とドイツ語を上手に使いこなせるバイリンガルでハーフな娘さん、ぜひ会ってみたい!

Posted by: みほっち at 2006年06月04日 10:05

海外で仕事を続けるのはきっと日本のそれとは違う難しさや、逆にやりやすさなどがあるのでしょうね。
ドイツのことや、お嬢さんの成長、お仕事のことなど、楽しい記事楽しみにしています。

Posted by: りこ at 2006年06月04日 14:26

ドイツって、意外と情報が周りに少ない国ですよね。私は、鉄道でヨーロッパを旅した時、ベルリンの駅で途中下車して、壊れた後のベルリンの壁を見たぐらいなので、いつか、ちゃんと旅行したいなーと思っています。海外で働くということも含めて、みどりさんの記事、とっても楽しみです! 

Posted by: カトウ at 2006年06月04日 20:27

みほっちさん、コメントありがとうございます。私は、外国で暮らす現実を受けとめるのに何年もかかかってしまいました。「聞くと見るとは大違い」っていう感じです。でも、涙した分、今の幸せがあるんだと思っています。

りこさん、コメントありがとうございます。おっしゃるとおりで、外国でシゴトをする難しさとやりやすさがあると思います。ホットな情報をお伝えできるようにがんばります。

カトウさん、コメントありがとうございます。現在、中間管理職で働く醍醐味を味わっています。みなさんに勇気と感動が与えられるような記事を書いていきたいって思っています。応援よろしくお願いします。

Posted by: みどり at 2006年06月05日 00:56

ミュンヘンは大学時代に旅行に行ったきりです。変わっているのかなぁ。ドイツでの生活、お仕事、いろいろな情報を楽しみにしています。

Posted by: ゆめ at 2006年06月05日 17:25

ゆめさん、コメントありがとうございます。ドイツは都市によって、様々な顔を持っています。私はミュンヘンしか知りませんが、ミュンヘンに住むドイツ人は大阪人のように陽気で親切なので、本当に住みやすいところです。いろんな楽しい情報が発信できるようがんばります。

Posted by: みどり at 2006年06月05日 19:37

みどりさん!
ドイツのミュンヘンは本当に素敵なところですよね。私は、セラピーをするときも、ドイツの精油は大好きですし、以前ヨーロッパ旅行へ行った際も、どこが1番好きかといえば、ほんとミュンヘンでした。クリスマスマーケットの、アメ細工のフルーツの味が今でも忘れられません。ドイツ便り、とっても楽しみにしています。これからも、よろしくお願い致します。

Posted by: 薫子 at 2006年06月05日 22:52

薫子さん、コメントありがとうございます。ミュンヘンのクリスマス市、人気がありますね。グリューワイン(赤ワインにオレンジやレモンの皮、シナモンなどの香辛料や砂糖などを加えた暖かい飲み物)が有名で、クリスマス市には欠かせません。寒い雪の日に飲むと体がぽっかぽっかしてきて、ほろ酔い加減になって、いい気分にさせてくれます。今度はぜひお試しくださいね。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

Posted by: みどり at 2006年06月06日 01:20

ミュンヘンのノイエ・ピナコテークに、私が一番好きな絵があります(クノップフというベルギー象徴派画家のものです)。これを見たさに学生時代にミュンヘンに行きましたが、なんとノイエ・ピナコテークが工事中・・・社会人になってから、一人旅でリベンジし、見ることができて感動しました。

ということで、ミュンヘンは個人的にとても思い入れの強い街で、今は子どもが小さいので夢のまた夢ですが、何度でも行きたい(住みたいと真剣に考えたことあります、笑)と思っている街です。

なので、ミュンヘン・レポートとても楽しみです。街のお写真なんかも、見せていただけるとうれしいです!

Posted by: おはら at 2006年06月06日 10:27

おはらさん、コメントありがとうございます。ミュンヘンにはたくさん美術館があるのですが、ノイエ・ピナコテークと、アルテ・ピナコテークは、特に人気があります。旅行に出かけて、美術館が工事中で見れないって、ショックですよね!でも、リベンジすることができてよかったですね(笑。

はい。街の写真も、時々お伝えしたいと思います。応援、よろしくお願いします。

Posted by: みどり at 2006年06月06日 14:46

みどりさん、WMSデビューおめでとうございます。

みどりさんの記事でWMSもどんどん国際化していけそう。スタッフの私も楽しみです。

ドイツの子育て事情、ワーキングマザー事情など、いろいろ教えてくださいね。

Posted by: かほる at 2006年06月06日 16:01

かほるさん、コメントありがとうございます。ドイツの子育て事情、ワーキングマザー事情等、がんばってお伝えしていきたいと思います。よろしくお願いします。

Posted by: みどり at 2006年06月07日 00:08

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ドイツの少子化の行方
ドイツのお菓子事情 - いろんな色や形の砂糖菓子
みどり流 外国企業でマネジャーになるための法則
本当の自分 - 母語とはなんぞや
ドイツの数独ブーム
女は欲張りな方がいい
上司に初めて嘘をつく
ドイツの生活はダンケから始まる
イザールの川くだり
しがみつかない生き方をしよう
部下の言葉 - 上司というよりは同僚という感じ
仕事第一の女
「できる子」の親がしている70の習慣
休暇の意義 - 自分のライフスタイルを見直す時間
食べることは生きること

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2147

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space