ワーキングマザースタイルvol.81:トラックバックテーマは「保育園に望むこと・学校に望むこと」




2006年06月20日

vol.81:トラックバックテーマは「保育園に望むこと・学校に望むこと」

Posted by 村山らむね

先週までのテーマの、「ボーナスで買いたい家電・買ってよかった家電」からは、さすがみなさんのこだわりの家電選びのツボの数々。たいへん勉強になりました。なんと本日、我が家の冷蔵庫がちょっと故障しました。ぜひみなさんの意見なども参考にして、購入したいと思います。

さて、今回のトラックバックテーマは  【子供時間モード】

「保育園に望むこと・学校に望むこと」です。

保育園や学校など、日ごろお世話になっているワーキングマザーの私たち。もう子供を預かってくださっているだけで、足を向けては寝られない存在とは思いますが、でも、注文もきっとあるはず。

●ブログを持っている方は、これについての記事を書いたら、ぜひトラックバックしてください。今まで書いた記事で、関連する記事のトラックバックも大歓迎です。

http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2216

を、【トラックバック先のURL】に入れれば完了です!

●ブログを持っていない方は、コメント欄にぜひコメントしてください。
匿名希望の場合は、名前の欄に、「匿名」と入れてください。
メールアドレスは、入れないと投稿ができませんが、非表示ですので、ご安心ください。

※保育園や学校が特定されるような、具体的な人名などを上げての誹謗中傷はおやめくださいね。

我が家の場合

●保育園に対して

すでにもう卒園してしまいましたが、最近出てきた幼保一体型の施設のような、文化度の高い時間も過ごさせてやりたかったなと思いますね。

あと、本当に申し訳なかったとは思いますが、時間に1分くらい遅れたときに携帯に電話をされるのは、ちょっと怖かったです。(もう随分前のことでしたが)

●学校に対して

あんまり注文はないのですが、学校というよりは、文科省かな?やっぱり土曜日は学校があるべきでは?授業時間の削減は、結局、教育弱者を作ってしまうと思います。

元投稿としてはあまり実のない意見ですが、意見や注文など、特に建設的なご意見をお待ちしております。夢物語的なものもこの際、大歓迎です!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

現在上の子が4歳児クラスで、小学校入学までに
はまだ少しあるのですが、学童が午後6時まででお迎え間に合わなくなる可能性があって不安です。
今は下の子が1歳半で3歳まで短時間勤務しているのですが、ちょうど上の子が入学するときにはきれてしまうのです。

・学童保育が午後6時より延長されないか。
・短時間勤務制度が就学前まで義務化にならないか。

前者は今学童にいっているお子さんをもつ近所の方と対策を検討中。
後者は職場に要請中。

きっとこれまでもワーキングマザーのみなさんはいろいろ手をつくして乗り越えられてきたことでしょう。
上記の両者ともかなわない場合にそなえて、私も対策をいろいろ考えているところです。

Posted by: ちゃっぷ at 2006年06月20日 10:45

現在小学校2年生の長女と3歳半の息子がいます。保育園はさほど問題はありませんが、学校は
ちゃっぷさんがおっしゃるとおり、学童保育の時間が短すぎるのが私も同感です。

また台風などの警報発令や、朝の段階での学級閉鎖など、突発的なことがあった場合こその学童だと思っていたのですが、結局預かれないとのことで、学校の先生から突然集団下校5分前に
携帯への電話が・・!
通勤に2時間かかる我が家の場合、もちろんすぐに帰れる状況では全くなく、別の学童のお父さんにお願いして、娘も一緒に連れて帰って、夕方まで預かってもらいました。

やっぱり小学校は、働く家庭はほとんど眼中にないのが現状のようで、保育園の時のほうが働くお母さんには助かった気がします。
あと2年で二人とも小学校かと思うと・・・
少し気が重いです。

Posted by: ゆりかず at 2006年06月20日 16:39

中学に通う子ども二人は、毎日楽しそうに登校しています。不良もいないし、運動会も立派でした。

でも、二人が通う中学は、不登校の子が学年に10人近くいるのです。今の中学では、不登校の子を励まして、先生ががんばるという姿勢がまったく感じられません。くさいものに蓋なんでしょうか?

息子が小学校の時仲良くしていた子が不登校としり、心が痛みます。勉強もスポーツもできる子なのに。

保育園のときは、心から安心して預けることができました。娘が通っていた幼稚園もそうです。でも、小学校・中学校に通うようになってから、本当に目が離せません。学童も、すさんだ子が多く、預けると逆に心配という現状で、かなり苦戦した思い出があります。

子ども達が赤ちゃんだったとき、子育ての先輩に「だんだん手が離れるよ」と励まされた記憶がありますが、手が離れても目はますます離せない。学校に行ってるからと安心できない。でも教育費は膨れ上がるので仕事は手を抜けない。

安心して子育てできる社会って、案外、昔の日本のほうがそうだったのかもしれない、と思います。手がたくさんありましたからね。

海外に行くと、社会で子育てしているというのを間近に感じられて、うやらましくなります...。

Posted by: 京太 at 2006年06月21日 02:51

今年、小学校のPTAの役員をやっていますが、会議や行事のお手伝いは、必ず平日の日中。仕事で出席できないことも多々あり、肩身が狭く申し訳ない思いで一杯です。でも、クラスの他の方は、すでに役員をやっていたり、中学校の役員と重なっているなどの理由で辞退されて、私以外に引き受けてがおらず役員を受けざるを得ない状況でした。せめて、保育園の役員会のように土曜日の日中や夜などに開催していただければ出席できるし、仮に私が用があっても、父母のどちらかが出席できるのにと思います。みなさん、どうされてますか?

Posted by: 茜あおい at 2006年06月21日 06:52

保育園年少と小学校1年の子どもがいます。

○保育園・・・公立で夕方6時になると、門で時計がなります。7時まで預けられるんですが、延長料金(1回250円、5回を超えると翌月は5000円)になり、なんだかお役所らしい切り方で、いやですね。
先生や施設、カリキュラムは子どものことを一番に考えてくれていて、満足しています。

○学童・・・公設民営なので、親の仕事が多いです。その分、意見が反映されるし、子どもも協力的で、保育園が受身なのに対して、主体的なところが気に入っています。時間も保育園と同じくらいですが、万が一の場合にはもう少し柔軟な対応ができます。

○学校・・・公立です。まだ1年生なので、親子とも真面目だし、とにかく書類を翌日提出(笑)がモットー。新興住宅地で教育熱心な地区なので、親がボランティアで参加することが多く、近所の方が学校での子どもの様子を聞かせていただけるのに、感謝してます。
保育園時代に平日の習い事を「小学校になったらね」と我慢させていたので、教育費は去年の保育料(市の上限)以上にかかっています。

子どもは家と学童と学校で、それぞれ違う顔があるようで、保育園のときよりいろんな大人と接しますね。自分でできることが増えてありがたいのですが、これからも目が離せない・・・のですね。

Posted by: ろびん at 2006年06月21日 08:57

京太さん、近所の中学校でも、クラスに2人くらいは不登校の子がいるそうです。私、それを聞いた時、「そんなにいるの!」とびっくりしたのだけど、それが普通みたいです。

今の先生って、私たちが子供の頃の先生に比べて、あっさりしているというか、淡々としているというか、情熱を持って指導してくれる先生が少ないと感じます。

学校に要望はそれほどないのですが、「先生の質の向上」、これは家庭ではどうしようもできないことなので、お願いしたいです。

Posted by: ふうこ at 2006年06月21日 13:08

中学校に勤務しているので、なんとも耳の痛いコメントが多くて、姿勢を正して読ませていただいてます。
来年、長男が入学するにあたって、やはり教員の質、学童保育者の質は、同業者ながら気になります(^^;)。同じ教員から見てても「まじかよ?」って人が時々いますから・・・・・・。ホント、みなさんすみません。

PTAも・・・・回ってきたら「やってもいいけど会合は夜にして」くらい言っちゃうかもしれません。

余談ですが、みなさんご懸念の不登校については、手を尽くして誘って登校するタイプ、休んだほうがいいタイプ、また逆効果なタイプもあったりします。その見極めがポイントで・・・。でも不登校になる前に、家族や学校で気づいてあげられれば一番なんですよね。(うちの職場では、家と小学校でゆるゆる暮らしてやりたい放題やってきた子が、中学で面倒になって休むパターンが多いです^^;)A。

Posted by: まりえ at 2006年06月22日 00:25

我が子は今5歳で、幼稚園(私立)の年中さん。なので、「幼稚園への要望」を。

それはずばり、「夏休み、預かって欲しい!」です。夏だけでなく、冬も春も。

延長保育のある幼稚園が選択条件に入っていたので、通常は満足なのですが。
同じ地区に長期休みも預かってくれる幼稚園があり(別料金)、どうしてもそこと比べてしまいます・・・(その幼稚園は競争率が高く外れてしまった!)。他には、夏は幼稚園のプール開放日があり、先生が見てくれたり(だから子供だけで参加OK)。

でも、今の幼稚園も親子共々大好きなので「当り」です。

Posted by: ひろみ at 2006年06月22日 22:48

現在、来年からの幼稚園or保育園選びにかなり振り回されていますが、複数の幼稚園に見学に行く事で今まで知らなかった世界を、垣間見ています。

私の住む地域は、大体どの幼稚園もお勉強の時間が多い上、放課後に複数の習い事が出来たり授業に漢字・英語などが組み込まれています。(特別な幼稚園ではなく普通に、です)保育園はそういった事が無いので、実際は関係無いのでしょうが「小学校に行ったら差がつくのでは?」と思ってしまいます。

なので、「省庁の管轄が違う」などありますが、「みんなで本を読む」「字を練習する」などの時間が、保育園にもあると良いなぁと思います。

Posted by: 小梅 at 2006年06月23日 17:54

>会議や行事のお手伝いは、必ず平日の日中。

これは困りますねぇ・・・。土曜や夜だと、先生が時間外勤務になってしまうから?

保育園に預けて驚いたことの一つは、早く迎えに行くと「ママが早く来てくれたよ、よかったねぇ」と毎回、言われること。ここは悪の巣窟なのか? 子供に「早くお迎えに来るほうが勝ち」みたいな刷り込みを与えるのでは(うちは大抵遅いので、そういう雰囲気が定着すると、かわいそう)と気になりました(昔通っていた公立の園です)

あと、いま、義母に「いまいろいろ事件も多いから、小学校に入学したら、毎日送り迎えをしなさい!」といわれて頭を抱えているのですが、そのあたりのサポートも、学校主導で地域に働きかけてもらえると、ありがたいです。

Posted by: R子 at 2006年06月24日 03:15

我が家は本当に幸運なことに、1歳児から公立保育園に4月から入園することができました。
それから丸5年。今娘は年長さんです。
みなさんのコメントを見ていて、保育園に関して大きな不満もなく過ごすことが出来ているのは本当にラッキーだったなぁと思いました。
あえて、書くとしたら父母会行事がたくさんあったことかなぁ。
一応毎年父母会のイベント担当をしていて、今年は父母会の役員も引き受けました。
行事や打ち合わせも多いけれど、普段お話できない父母の方と話せてそれはそれでいい経験だと思っています。

公立保育園は建物が古いケースが多くて、アスベスト問題の時は、かなりもめましたね。 保育園の先生というより、区の対応が悪かった!!
目黒区も民間委託がテスト導入されようとしていますが、これについては、卒園後のことだけど、ものすごく関心があります。
民間委託でレベルが下がることも、サービスが良くなることもあるわけで、善しも悪くも何かが起こるわけです。
公から民間へ。一体どうなるのか。
民間委託されている公立保育園の様子ご存知の方おられますか?

Posted by: 桜乃ゆめ at 2006年06月24日 22:03

中学生と小学生の子どもがいます。

小学生は特に担任の先生によって、授業も学校生活も大きく左右されるように思います。子どもへの影響も大きいですね。

以前、担任だった先生は、目上の人を敬うように生徒を指導していました。例えば、給食の時に“ソース”を使う時は、まずは先生に「使いますか?」とお伺いを立てなければなりません。
目上の人を敬うことは大切なことだと思うのですが、その先生は目下の子を可愛がることは教えませんでした。
結果、息子は家庭で妹や弟に対して、ものすご~くいばるようになってしまいました。これって、アンバランスのような気がしてなりません。

また、授業については、もっとしっかりと勉強できる時間数を確保してほしいですね。
中学校の英語の授業は、1週間に3時間です。これでは、塾などで学習することが必須になってしまうような気がします。

育児ってお金がかかるのも当然のような・・・
「公立学校に通っていればお金はかからない」と聞いたことがありますが、そんなことないです。
教育費を含めて、出費がどんどん増えていくと痛感している今日この頃です。

Posted by: しゅうこ at 2006年06月25日 03:17

息子は日本の幼稚園に通いはじめて半年ですが、とても放任なのに驚きました。もう少し個人と接する機会や時間があってもいいのでは、と思います。一日のうちに挨拶以外の何も言葉を交わさなかった日があってもおかしくなさそうな、雰囲気というのでしょうか。

Posted by: 柚子 at 2006年06月26日 22:26

いまの70歳ぐらいの昔の教育を受けた先生は教育に対する姿勢がとても気合がありますけど今は私立、公立も先生がやる気がないし学校で出来ないことは塾でが当たり前になつています。公立の高校での授業まともに受けてたらセンター試験はとても無理だし日本の教育に期待するのは無駄だとおもいます。勉強しようと思えばいろいろな塾があるし学校で足りない分は他でと考えたほうが良いし私の叔父は80年前独学で英語を勉強して通訳をやつていました。80年前でもいまでも本人のやる気は必要だしいまはいろいろな情報が簡単にてにいるし現代のほうが勉強できる機会はあるかもしれません

Posted by: はな at 2006年07月02日 11:53

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ベビーシッターの事件に思うこと。スタッフそれぞれの考え方
いじめについて、今のうちに考えておくこと
主婦のための手帳術
もう手放せないiPod Touch+おすすめアプリ
GREEにはまる理由
vol.118:トラックバックテーマは「お気に入りのアプリや携帯コンテンツ」
vol.117:トラックバックテーマは「公立へのこだわり、国立・私立へのこだわり」
vol.116:トラックバックテーマは「子どもに携帯電話、どうしてる?」
vol.114:トラックバックテーマは「夏のお出かけ、どこ行った?」
アロマで新型インフルエンザ予防策(手洗い石鹸編)
vol.113:トラックバックテーマは「あなたの新型インフルエンザ対策」
新型インフルエンザ in USA
vol.112:トラックバックテーマは「新保育園生活、新入学などに役に立ったもの」
vol.111:トラックバックテーマは「この不況、どう乗り切る?」
vol.110:トラックバックテーマは「X'masプレゼント、子供には何あげる?自分は何欲しい?」

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2216

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2006.06.20
内容: ベタを通り越してベタベタなポリシーかもしれませんが、初めてのおなかの赤ちゃんが男の子だとわかった頃からの、我が家の子どもに対する思いです。 わんぱくでもい...
タイトル: 疲れを癒す~
ブログ名: キッズ・ベビー服 安カワ術
日付: 2006.06.22
内容: キヨです。 いよいよ職場復帰が迫ってきました~怖い[:泣き顔:] シイシはようやく保育園に慣れてきたようで、ホッとしてます。[:ラッキー:] ...
タイトル: 昼間の子供たち
ブログ名: ワーキングマザーのオンとオフ
日付: 2006.06.22
内容: 本日はオンです。 子供の昼間の生活は全体で見ると楽しいと言いますが親から見る目は 少し違います。 保育園   地域性もありますが旦那が送って...
タイトル: 幼稚園での男女平等?
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2006.06.24
内容: トラックバック・テーマ、「保育園や学校に望むこと」ですが、我が家の息子は幼稚園児なので、ちょっと話がずれるかもしれません。でも、ちょっと気になったことがあ...
タイトル: 幼稚園は女性社会・・・なのに
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2006.06.25
内容: こんにちは、唐土かほるです! 今週のトラックバック・テーマは「保育園や学校に望むこと」・・・ということで、私は双子が通う幼稚園について考えていたのですが、...
タイトル: 小学校に望むこと
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2006.06.28
内容: この春、上娘が小学生になり、小学校カルチャーに諸々ショックを受けております。 これまで、「保護者が働いている子どもは保育園」「保護者が家庭で保育する子ども...
タイトル: 幼稚園は2歳から?
ブログ名: せ・し・ぼん*さちぼん
日付: 2006.06.28
内容: ヤフーで見つけたこんなニュース。 2歳から入れます「幼稚園特区」来年度から全国展開へ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a...
タイトル: 幼稚園特区 2歳 全国展開
ブログ名: 気になる言葉ブログ
日付: 2006.06.28
内容: 構造改革特区推進本部の評価委員会は、 2歳児から幼稚園への入園を認める「幼稚園特...
タイトル: 保育所民営化を経験して
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2006.07.02
内容:  息子を保育所に入れて今年で3年目です。入所した年に保育所民営化が決まり、昨年は1年間かけて移行期間。そして今年の4月からは完全に民営化されました。  民...
タイトル: もう7月?!早い(汗)
ブログ名: ワーキングマザーのオンとオフ
日付: 2006.07.04
内容: [:わーい:]本日はオンです あっという間に「夏休み」小学生は長期休みになりますが保育園児は 親と同じ普段と変わりなしです。お盆の時期にお休みする...
タイトル: 子供の衣服に月10万円?ほかに使いみちがあるような…
ブログ名: 子育てを考えるブログ
日付: 2007.03.13
内容: 先日、テレビで、子供服に月10万以上もかける親を取り上げる番組をやっていました。その番組の中では、親は子供に最新の流行の服をとっかえひっかえ着せてたり、家...
タイトル: にしてつキッズワールド大橋にロボリア設置
ブログ名: 福岡シティ情報バンク
日付: 2007.06.01
内容: 西日本鉄道は、6月1日から、自社が運営する託児施設で、保護者が携帯電話を使い、離れた場所から子どもの様子を見守ることができるシステムを導入するそうです。サ...
タイトル: インターエデュの中学受験
ブログ名: インターエデュ@受験情報のことならインターエデュ
日付: 2007.06.01
内容: インターエデュの掲示板の中には、中学合格体験談という小カテゴリーがあります。 ここを除いてみると、「合格する為の勉強法」「家庭教師の探し方・選び方を...
タイトル: 幼稚園VS保育所
ブログ名: ライバルVSライバル
日付: 2007.07.08
内容: 「幼稚園」と「保育所」の違いはズバリ何? 就学前の幼い我子の育て方は、各家庭の事情によって違ってくる。小学校に上がるための準備期間と考えて幼児教育を受け...
タイトル: 不登校問題-夏休み明けに不登校生徒になるケース
ブログ名: 不登校生徒の不登校問題に取り組む
日付: 2007.09.14
内容: 不登校生徒にるケースの一つとして夏休み過ぎに不登校になる生徒がいます。夏休み明けに不登校生徒になる場合としての原因はいくつか考えられます。一つは夏休みにゲ...
タイトル: インターエデュで筑波大学付属小学校は早生まれがオトク?
ブログ名: インターエデュ受験・入試
日付: 2008.03.23
内容: インターエデュの掲示板には学校別のスレッドがありますが、スレッドの全く無い学校もあれば、千件以上の書き込みのある人気のスレッドもあります。筑波大学付属小学...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space