ワーキングマザースタイルハーフの子供たち 2つの母国語




2006年06月27日

ハーフの子供たち 2つの母国語

Posted by fellow

ドイツ在住で国際結婚しているゲッベルみどりです。私の夫はドイツ人なので、娘はハーフです。ハーフの子供を育てていく過程で気がついたことや悩み等、いろんなことを語っていきたいと思っています。同じように、国際結婚されている方、または、これから国際結婚しようと思っている方、コメントお待ちしていま~す。

今回のテーマは「母国語」です。一般的にハーフの子供たちは、ハーフに生まれているので、自動的にバイリンガルになると思われていますが、そうではありません(実は、私も娘を産むまではそう思っていました、、、)。

努力しなければ、バイリンガルになれないのです。

例えば、日本に生まれたハーフの子供は、日本語の方が上手になっていくのはあたりまえで、親と子供自身の努力により、もう一つの母国語も上手になっていくのです。親の努力とは、いつも自分の母国語で子供に話しかけることと、子供に最高の教育の場を与えることです。子供の努力とは、両方の言葉の勉強でしょうか。

娘が生まれたとき、私は、同じく国際結婚している会社の社長に言われました。

「母親は自分の母国語で、子供と接すること。決して、ドイツ語で話しかけないこと。子供が混乱して、言葉のマスターができなくなるから」

私はその助言を実践しました。しかし、国際結婚仲間の中には、子供に1歳までドイツ語で話しかけてたという日本人女性もいます。そのことが、あとで子供にどんな影響を与えるのでしょうか。興味深々です。

最高の教育とは、日本語の文化や言葉を学べる環境を整えてあげることです。ミュンヘンには、日本人国際学校、日本語補修授業校、ジャパニーズ・キンダー・スクールと「う風に、日本語を学べる学校があります。お金はかかりますが、子供に与えられる最高の教育の場だといえます。

しかし、国際結婚仲間の中には、学校に入れる余裕がないので、年に一回、子供を連れて里帰りしたときに、日本の学校で短期間学ぶ環境を与えている日本人女性もいます。日本にいる間、子供の日本語能力がぐんと上がるそうですが、ドイツに戻ってくると、また元の低いレベルに下がるそうな、、、。

私の娘の場合、今のところは、ドイツ語も日本語も上手ですが、そのうち、ドイツ語の方がどんどん上手になっていくと思います。

ハーフの子供たちの中には、母親が話す日本語は理解できるけど、ドイツ語で返事してしまうという場合もあります。それは、ドイツ語で話す方が楽だからでしょう。

母国語が2つある場合、第一母国語、第二母国語という風にランクづけされるような気がします。どっちも同じくらい完璧に話せるというのは、親の期待しすぎだと思いますが、みなさんはどう思いますか?

雨にぬれたチューリップ





●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

日本に住んでいて、国際結婚されている、ワーキングマザーがいるのかどうかを知りたくて、この記事を書いたのですが、あまり反応がありませんね、、、。

これからは、国際結婚していない方でも、楽しめたり、考えたりできるような、話題にしたいと思います。

Posted by: みどり at 2006年06月28日 05:05

みどりさん、そんなこと無いと思いますよ(上のコメントのこと)!
私の友達も国際結婚(日本人とアメリカ人の結婚)をしていて2つの母国語を取得させようとうと大変そうです。子供が幼児期の2年間、日本に滞在したのですが、見る見るうちに日本語をマスターしていき、日本語が得意でないパパはストレスを感じていたほど(愛い時期の子供の言葉が理解しにくいなんて・・・確かにストレスなになるかも)。
そうなると、ママは心配になってしまう様で(子供が小学生の時期にアメリカに帰る予定なため、学校についていけるか・・・。)
基本的にアメリカの在住を考えているため「日本ではアメリカの教育を与え、アメリカでは日本の教育をサブで与えていく」と言っていました。日本語が話せない孫はヤダ!と実親に言われたそうで「プレッシャーがかかる。お金もかかる。」と言ってたっけ。この話を聞くまでは「自然に2つも話せるようになっていいなぁ~」と思っていた考えを変えました。「大変だぁ!!」

いろいろ書きましたが、日本人の私でも「言葉」とかとっても知りたいです!あと、ドイツの家庭料理とかも知りたい(ピクルスって、家庭料理なの?)。活躍期待しています!。

Posted by: ひろみ at 2006年06月28日 06:31

 日本の育児雑誌でも最近「国際結婚カップル・ファミリー」の特集などよく見ますし、私が自分のブログを通じておともだちになった方でも国際結婚の方が2人いらっしゃいましたし(どちらもワーキングマザー)、私としては「国際結婚も当たり前になったんだな」という印象を持っています。そういえば、「ダーリンは外国人」という漫画のシリーズも日本では人気なんですよ。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4840106835/503-6891845-1683941?v=glance&n=465392

 私は翻訳という仕事をしているせいか、こういう「ことばの習得について」という話題にはとても興味があります。みどりさんのお子さんのことばがどのように変遷していくか、これからも教えていただけたらなあと思います。

Posted by: おはら at 2006年06月28日 11:17

駆け出し技術翻訳者のマコトです。私もみどりさんの今回の話題を興味深く拝読しました。ハーフの方々や帰国子女の方々は言語の狭間で大変な苦労をされているそうですね。みどりさんのお子さんが両国の言葉や文化を楽しんで成長できるといいですね。

Posted by: マコト at 2006年06月28日 11:46

ひろみさん、おはらさん、マコトさん、コメントありがとうございます。とっても、感激しています。
wmsでは、国際結婚のテーマが初のようだったので、記事を書くとき、反応があるのかどうか、いささか不安だったのです。でも、みなさんからのコメントを拝見して、「大丈夫、国際結婚のテーマで書き綴っていってもよい」ということが、よくわかりました。これからも、がんばります。

ひろみさん -> 国際結婚されているお友達の方、子供の言葉の習得で苦労されていると思います。お友達が悩んでいたら、どうか励ましてあげてくださいね。ハーフの子供の育児は、「言葉の習得」という意味で、本当に大変なんです。
ドイツの家庭料理のリクエストありがとうございました。

おはらさん -> 「ダーリンは外国人」の情報をありがとうございます。おもしろそうな漫画ですね!ミュンヘンもだんだんドイツ人と日本人の国際結婚カップルが増えてきているので、国際結婚が不思議でない世間になってきているのかもしれません。

マコトさん -> 帰国子女の方も、言葉の問題で大変だと思いますが、日本人の両親を持つ日本人の方も、ドイツに長く住んでいると、まるでハーフのように日本語が危うくなっている状態です。ハーフだけの問題ではないのかもしれません。

Posted by: みどり at 2006年06月28日 13:24

こんにちは初めてお邪魔いたします。私は生後5ヶ月になる息子がいまして主人はイギリス人です。イギリスに住んでいましてモチロン私は日本語で主人は英語で話しかけています。ここでは私しか日本語で話しかける人はいないので日本から子供向けのDVDやら本やらを送ってもらってそれを見せたりしています。里帰りといってもしょっちゅう帰れるわけではないのでこのまま行くとほんとに日本語話せたり出来るようになるのかチョット不安に思えてきました。この場をお借りして何かアドバイスがありましたら教えていただきたく思います。よろしくお願いいたします。

Posted by: 華 at 2006年07月07日 19:29

華さん、イギリスから、コメントありがとうございます。ネットを通じると、世界が身近に感じますね。

ご心配なお気持ち、とてもよくわかります。私も娘がちゃんとバイリンガルに育つのかどうか、いつも心配しているからです。

私の場合、娘には1歳になるくらいから、「しまじろう」の教育ビデオをたくさん見せました。娘は、歌を歌いながら、歯磨きや、かわりばんこに遊ぶことや、トイレトレーニング等、たくさんのことを、このビデオから学びました。日本語のしつけに関するビデオを見せるのはとても良いことだと思います。でも、見せっぱなしではなくて、子供に話しかけながら、一緒にビデオを見ましょう。

それ以外には、ハーフも含む日本人の子供たちとお母さんが集まるプレイグループにも参加してました。日本語の手遊び歌やお遊戯が学べて、家でも活用できたので、とってもよかったです。
日本語の幼児向けのCDも買って、一緒に歌いながら踊るのも楽しいですよ。

あとはなんといっても、絵本の読み聞かせでしょう。私のオススメは、講談社の年齢で選ぶ知育絵本シリーズです。たとえば、「1歳のうたとおはなし」や、「1歳のえほん百科」です。

こんなアドバイスでよろしかったでしょうか?
また何かありましたら、お問い合わせください。

Posted by: みどり at 2006年07月08日 06:04

アドバイスありがとうございました。そうですねいつも日本のDVDを見せている時は結構見せっぱなしにしていることが多かったのでこれからは語りかけながら一緒に見ることにします。どうしてもおとなしく見ていることが多いのでついついそのままほおっておくことが多かったです(反省・・・)やっぱり親も努力しないと・・・ですね。結構子供と接するのが苦手というか難しいと最近思うようになりました。案外自分では得意だと、友達の子や兄弟の子をあやしたりするのが好きなのでそう思っていたのですが自分の子が出来てやってみると案外難しいと思いました。私もしまじろう日本から送ってもらおうかと思います。どんなものなのかまだ知らないけれど何だか楽しめそうです。早速母に電話してみます。これからもチョクチョクメールしていろんな事お聞きしたいと思います。そしてここはチョットイギリスでも都会ではないので日本人の集まりなんてなさそうなんですが1ヶ月に1度でもロンドンなどに出向いてそういうのに参加するのも意味ありますよね?!早速探してみたいと思います。

Posted by: 華 at 2006年07月10日 17:03

華さん、またまたコメントありがとうございます。

はい、もちろんです。またコメントをお待ちしています。

それから、日本人のコミュニティに参加するのは意義のあることだと思います。

とにかく、子供と一緒に遊んで、子供の成長を見守ってあげてください。いろんな発見があっておもしろいですよ。がんばってくださいね。

Posted by: みどり at 2006年07月11日 05:45

みどり様
はじめまして!私は主人がフランス人で2人の娘がおります。
日本に住んでいます。
上の子は3歳で、保育園に通っているので、日本語はペーラペラです。。それもほとんど私からでなく、保育園で覚えてます。。
私と主人は英語で会話することが多いので、フランス語と英語と日本語の3ヶ国語で育てて行きたいな。。。とは思うのですが、実際難しいですよね(^0^;)
主人のママが日本に来るときは1ヶ月ほどオンリーフランス語になるのですが、やはり覚えはあまり良くないです。
私も働いていて、お昼一緒にいてあげれないので、家にいるときは、フランス語や英語で話しますが、娘が『?』な顔をすることもあるので、悩むところです(><)
ひとつのことを言うときでも、『ケスクチュフェ!why you do this!?ダメっていってるでしょーよ!!』など、日本語と英語とフランス語がごちゃまぜになってます。
しまいにはパパの変な日本語の話し方がうつってしまい、可笑しなことになってます(><;)
アニメなどは音声は英語でみせています。意味は分かっているようです。
同じ悩みを分かち合える方がいると嬉しいですね♪

Posted by: NATS at 2006年07月23日 00:54

NATSさん、コメントありがとうございます。

家庭内で3ヶ国語ですか?大変ですね。私の日本人の友人の一人も、家庭内は3ヶ国語になっています。日本語がわかるオーストラリア人のだんなさんと、ドイツに住んでいますので、夫婦の会話は、ドイツ語または日本語、パパと娘の会話は英語、ママと娘の会話は日本語です。

それから、アドバイスと思って聞いて頂きたいのですが、母親は自分の母語オンリーで子供たちに話しかけないと、子供は混乱することになります。

NATSさんの場合は、日本語で子供とコミュニケーションを取られる方が良いと思います。なぜなら、英語やフランス語が堪能であっても、母語ではないからです。

1つの言葉だけで子供とコミュニケーションを取ることにより、ママにはこの言葉を話すと理解してもらえるという安心感が育ちます。子供にとって、自分が言っていることを100%理解してもらえるという安心感が絶対に必要だからです。

夫婦の会話は英語でも大丈夫です。英語のアニメを見せることも問題ないと思います。しかし、ママは日本語だけ、パパはフランス語だけで、子供に話しかけてくださいね。応援しています。

Posted by: みどり at 2006年07月23日 13:57

お久しぶりです。最近何となくですがチョットした単語でも少しずつ理解してくれているように思います。昼間は私と2人だけの時間が多いせいでしょうね。お茶飲む~??とかオムツかえようか~?とか朝起きたら必ずおはよう~!!!とか大きな声ではっきりと話しかけていることで少しずつ反応してくれているように思えてうれしいです。しかも偶然にもダンナの同僚が日本人と結婚して近くに住んでくれたので最近はその彼女もちょくちょく遊びに来てくれたりするので息子とってとても日本語に慣れてくれるいいチャンスが出来たと。離乳食も最近始めて今はおかゆと格闘中です。飲み物も麦茶やほうじ茶オンリーでいきたいと思ってます。こっちでは赤ちゃんの時から結構皆さん甘いもの与えたりして、ひえ~って思ったりもしますが。日本の薄味で攻めていこうと思ってます。

Posted by: 華 at 2006年08月04日 17:32

華さん、コメントありがとうございます。8月25日まで里帰りしていましたので、お返事が遅れてしまいました。すいません。

単語を少しずつ話してくれるようになると、すっごく嬉しいですよね。これからもどんどん日本語での話しかけを実践してくださいね。

日本人の知人ができたそうで、よかったですね。子供にとっても日本語の環境は大切ですが、ママにとっても日本語での会話は重要です。

今、日本では「食育」が見直されているとのこと。私も娘が好き嫌いがあるので、食育に注目しています。お互いにがんばりましょうね。

Posted by: みどり at 2006年08月28日 11:01

みどり様

はじめまして!上海で8ヶ月の女の子の子育てをしているくらりーたです。うちの言語環境はとても複雑です。南米出身の夫はスペイン語、母の私は日本語、夫婦の会話は英語、さらに中国人のナニーが中国語を話すので、赤ちゃんは4ヶ国語を聞いて育っています。1人1言語、母国語を話すことはできるだけ徹底しているのですが、どうしても4ヶ国語になってしまいます。将来子供の言語発達に無理をきたすでしょうか? 私がスペイン語を覚えて英語を排除し、3ヶ国語に集約したほうがいいのでしょうか。また、バイリンガル系の本を読むと、「4~5歳までは母国語の強化が重要」とよく書いてありますよね?今のところ私は働いていないので、赤ちゃんに一番接する時間が長い私の母国語である日本語を母国語にするのが自然かと思い、上海の日本人幼稚園に入園させようと思うのですが、何しろ中国に住んでいるので日本語環境にも限りがあります。ああ、悩みは尽きないのです・・・。どなたか周囲にこういう状況の方、いらっしゃらないでしょうか。

Posted by: くらりーた at 2006年08月29日 14:10

くらりーたさん、コメントありがとうごエいます。

わー、複雑な言語環境ですね。でも、お父さんはスペイン語、お母さんは日本語に徹して、子供に話かけていただきたいと思います。

上海に住んでいるのであれば、中国語がわかる方が良いので、ナニーが中国語を話されるのはお子様にとって良いのではないでしょうか。

一番大切なのは、子供が話す言葉を両親が理解できることだと、私は考えています。

例えば、子供がつたない日本語でお母さんに話しかけたとき、お母さんが一生懸命理解しようと努力してわかってあげることです。

私の体験談ですが、娘が2歳くらいのとき、何を話しているのかわからないときが数回ありました。そのとき、何を言っているのかわからないって投げ出さず、可能な限り思いつく言葉を言って、聞き出したのです。十回以上問いかけて、言いたいことがわかったとき、私も娘も満面の笑顔でいっぱいでした。

子供は自分が言いたいことが、大好きなお母さんに伝わったことにより安心感を持つことができます。そして、信頼関係が生まれるのです。

「4~5際までは母国語の強化が必要」というのは、以心伝心できる言葉の確立という意味だと、私は認識します。

どの言葉を一番上手になってもらいたいのかの位置づけは大変難しいですが、一つの言語でお互いに理解しあえるという安心感をぜひ子供に与えてくださいね。

がんばってください。応援しています。

Posted by: みどり at 2006年08月29日 20:21

みどり様
はじめまして。私はオーストラリア人の夫と日本で暮らしています。何年も欲しかった子供をつい最近授かりました。そこでふとこのお腹の中の子供の将来を色々考えみどりさんのページに辿り着きました。
子供が小学校に上がる前にはオーストラリアに移住する予定でいますので、やはり英語も日本語も話せるようになってほしいと思っています。みどりさんや他の方々のコメントも大変参考になります。
ありがとうございます。
また時々寄らせて頂きますね。

Posted by: yuki at 2006年09月01日 12:51

yukiさん、コメントありがとうございます。待望の赤ちゃんを授かって、本当によかったですね。おめでとうございます。

私も結婚9年目で子供を授かりました。待望の赤ちゃんでした。今も愛しく思いながら、子育てすることができています。

みなさんからのコメントを拝見して、母語の重要性を本当に感じます。

また、何かありましたら、お立ち寄りください。

Posted by: みどり at 2006年09月02日 10:26

みどり様
はじめまして。私は現在イタリア人の夫と日本で暮らしています。最近子供が産まれたのですが、
妊娠期間中からお互いの国の育児の違いについて話し合ってきました。そして今後の問題としてやはり言語のことがあります。私たちは最初フランス語で会話していたのですが、日本に住むことになってから彼が日本語を勉強して今は日本語で会話しています。今は私もイタリア語を勉強しているのですが、彼が日本語で話しかけても、私がイタリア語で話しかけても、フランス語にしても、やはり発音の問題もありますし、私の文法もまったくよくないレベルなので、どうしようかと思っていました。子供には彼の両親や友達とたくさん話してほしいので、イタリア語を覚えてほしいと思っています。でもどうはじめていいのかわからず、困っていたのですが、ここでいろんな意見を聞くことが出来てよかったです。これからは日本語で一生懸命話かけて主人にはイタリア語で話しかけてもらおうと思います。そして成長とともに考えていきたいと思います。こちらでのコメント、とても参考になりました。また寄らせていただきます。

Posted by: 秋 at 2006年11月02日 11:21

秋さま、コメントありがとうございます。

母語で話すことの重要性をご理解頂けたようでとても嬉しいです。

でも、母親と父親の両方の言葉を完璧に話せる子供は少ないと思います。現に、私の娘はドイツ語の方が強くなってきました。私との会話でも最近はドイツ語が混じってきます。だからと言って、「日本語で話さないとだめ!」って強要はできないし、難しいところですよね。

私の今の目標は、6対4です。ドイツ語が「6」で、日本語が「4」です。秋さんも子供にどのくらいの割合で日本語とイタリア語を理解してもらいたいのか、子供の成長に合わせて基準を設けられた方が良いかもしれませんね。

気長に子供の成長を見守っていきたいですね。

Posted by: みどり at 2006年11月03日 01:54

こんにちわ。主人がアメリカ人で、ワーキングマザーのさくらです。娘は三歳になります。今は日本の保育園に行っていますが、家では英語で話しているので、英語は理解していますが、答えは日本語のほうが多いです。今、悩んでいることは小学校をどうするかです。私自身、日本人ですが、日本の学校に行っていないので、日本の学校のシステムがわからない不安、いじめの不安、バイリンガルになって欲しいことからインターナショナルスクールに入れるべきか、それても日本でくらしていくいじょう、日本語をマスターさせるべきか。トピックからずれてしまい、申し訳ございませんが、皆様は将来の教育について、どう考えていらっしゃいますか?よろしくお願いします。

Posted by: さくら at 2006年11月26日 16:29

さくらさま、こんにちは。コメントありがとうございます。

私の個人的な意見ですが、日本語と英語のどちらに重きを置くかで変わってくると思います。例えば、日本に長く住むつもりなので、日本語の方が上手になって欲しいと願っているのであれば、日本の学校への入学をオススメします。

日本にはそれほど長く住むつもりではない場合、インターナショナルスクールに通わせて、英語に力を入れた方が良いかもしれませんね。

日本でドイツ語を習ったときの先生が、ドイツ人と日本人のハーフの方だったのですが、彼は日本的な顔立ちをしているにも関わらず、日本語がそれほどだったため、いじめのようなものを受けたと言ってました。

日本の学校は、いじめの巣窟のような気配ですよね。日本の学校に通わせるのをためらっているお気持ちよくわかります。

日本語と英語のバイリンガルを望まれているのであれば、インターナショナルスクールに通わせて、日本語の補習をどこかで受けさせるというのも一つの方法かと思います。

ただ、バイリンガルとは言っても、フィフティ・フィフティにいくわけではなくて、どうしてもどちらかに偏ってしまう傾向にあることを念頭に置かれた方がよろしいかと思います。

私の4歳の娘の場合、平日はドイツの幼稚園に行って、土曜日の午前中だけ日本のプリ幼稚園に通わせています。今のところ、60%ドイツ語、40%日本語のバイリンガルに育っています。

Posted by: みどり at 2006年11月27日 16:15

今の中高生くらいだと、バイリンガルなクラスメイトは少ないと思うけれど、現在保育園児くらいの歳だと、クラスに4,5人はバイリンガルな子供がまぎれてるという感じですよ(都内)。

なので小さなお子さんなら、そんなにいじめられることを心配しなくてもいいのではないかなぁ。仲良く遊びながら、英語教わったり、自然に関っています。

インターナショナルスクールは費用も大変だし、閉鎖的で地域交流しづらいという難点も....。

決める前に、現地へ出向いて雰囲気をお子さんと確かめるのもいいかもしれないですよ。

Posted by: 京太 at 2006年11月28日 00:08

我が家も父の母国語が英語です。日本に住んでますので、日本語学校。
子供が4人なのでインターまでは行かせる余裕はなく、私立なのですが、この先心配です。
父は日本語ができないので子供には英語のみ、私は日本語で。子供も使いわけをわかってますが、やはり学校の影響もあり、日本語が強いです。
このままだと・・・父と話せなくなる、という心配があります・・・50・50にはなりませんよね。。。

Posted by: たらりん at 2009年11月07日 14:22

ハーフの子どもの言語習得について検索をしていたら、こちらのブログがヒットし、コメントさせていただいております。我が家は、アメリカ人の主人と日本人の私、3歳2ヶ月の長男にもうすぐ1歳になる双子の次男三男の5人家族で日本在住です。ちょっとうかがいたいのは、長男のことです。もともと言葉が遅かったのですが、それは、家庭内でバイリンガル(主人はできるだけ英語、私は日本語で話しかけるようにしています)に育てているせいだと思って気にしてはいなかったのです。3歳前あたりから、だんだん言葉数も多くなってきて(英語も日本語も)、勿論、同年齢の子よりは少ないとは思うのですが、ちょっと安心し始めたところだったのです。が、先日、来春から通い始める幼稚園の面接や説明会にいった折、先生から、息子が「コミュニケーションがとれない」ので、これから入園迄何回か親子で幼稚園にきてほしいと言われてしまいました。わざわざ個別に呼んでのことだったので、もしかしたら、息子は、家庭環境で言葉が遅く、コミュニケーションもとりにくいのではなく、発達障害なのではと急に心配になってきました。念のため、現在週2日通わせている幼児教室に息子の様子をたずねたら、確かに、同じおもちゃを取り合いになったとき、言葉で「かして」や「いれて」が言えず、喧嘩になったり、ただ「いや」「だめ」の連呼しかしなかったりで、友達とのコミュニケーションがとりにくそうではあると言われました。とりあえず、来週に市の保健士さんに長男の様子を見に来ていただくことになっています。そこで、ハーフの子をお持ちの方にお子さんのコミュニケーションや言語習得の状態はどうだったのかうかがいたいのです。よろしくお願いいたします。

Posted by: ミカエラグッティ at 2009年11月27日 23:00

私は9歳の子を持つ母です。うちは、旦那さんがイタリア系ドイツ人で私が日系ブラジル人の国際カップルです。うちの子供は4カ国語を堪能に話します。私達は5歳になる迄は日本に住んでいました。3歳迄はママの母国語が2カ国語あったので、ポルトガル語と日本語で子供に接しました。必ず、同じことをいうのに2カ国語を使いますが、日本語を言った後は少し間を開けて次にポルトガル語をと言う様に順番は変えずに面倒臭かったけど、本当にそこは根気良く努力しました。パパは英語だけで接していました。夫婦間は英語のみです。その頃すでに、我が子はちゃんと人を観て上手に3カ国語を使い分けると言う技を自然に身につけて居ました。彼にとってはそれはゲーム感覚で、ビンゴすると、とても嬉しそうでした。周囲の人から『ワ~凄い‼』と歓声が上がり褒めて貰えるから多国籍の国際カップル同志が集まるパーティーに行くのが大好きでした。3歳からは、横浜にあるドイツ学園の保育園に入れました。それからは、3年間ママは今までと同じで、パパはドイツ語のみで接しました。夫婦間は英語のみです。小学校に入る時、ドイツに引っ越しましたので、ママも頑張ってドイツ語の学校に通って勉強を始めました。そして1年間は家の中も外でもドイツ語だけとなりました。その後は、ドイツの普通の学校が終わると、日本語補修クラスに通わせています。家庭内でも、なるべく4カ国語を使う努力をしていますが、学校でも英語の授業が入ってきたので3カ国語は完璧になってきたのですが、どうしても一番使う必要が遠いポルトガル語が薄くなりがちです。でも、私の両親とのコミュニケーションの為にポルトガル語も続けたいので、もっと私が努力しなくてはならないのかと思っています。でも今は良い時代で、無料で何時間でもスカイプを使えば会話ができるので、ポルトガルの両親や日本の祖父母の家に繋いで、勉強を兼ねて話させています。そうやって必要性を実感させています。子供の脳は凄いです。たまにスカイプで他国語を話す時、最初は『あれ?』忘れたかなと思っても、少し使い始めると、どんどん取り戻してゆき、スカイプ開始から2時間後には、ちゃんとそっちの人になって居ます。言葉を変えるって私にとってはとっても脳が疲れる事ですが、子供は頭の切り替えが早い。でも、小さい時は混乱させて少し言語に遅れが生じて、正直とても不安でしたし、5歳位の人見知りする時期には本人もイライラして引っ込み思案になった時もあって、大変で可哀想かなと思ったけど、今では本当に4カ国語を努力させて良かったと思っています。今はボランティアで他国から来てまま成らぬ言葉で困っている人達が駆け込む生活保護センターで4カ国語を活かして通訳で人の役に立っています。そのボランティアを始めてから更に自分でも自ら4カ国語の強化に努力し始めました。今では自信に満ち溢れた凛々しい顔立ちに変わってきました。母としては、人の何倍も努力して本当に頑張ってついて来てくれた我が子を誇りに思います。

Posted by: ケ・セラ・セラ at 2012年12月04日 22:48

私は9歳の子を持つ母です。うちは、旦那さんがイタリア系ドイツ人で私が日系ブラジル人の国際カップルです。うちの子供は4カ国語を堪能に話します。私達は5歳になる迄は日本に住んでいました。3歳迄はママの母国語が2カ国語あったので、ポルトガル語と日本語で子供に接しました。必ず、同じことをいうのに2カ国語を使いますが、日本語を言った後は少し間を開けて次にポルトガル語をと言う様に順番は変えずに面倒臭かったけど、本当にそこは根気良く努力しました。パパは英語だけで接していました。夫婦間は英語のみです。その頃すでに、我が子はちゃんと人を観て上手に3カ国語を使い分けると言う技を自然に身につけて居ました。彼にとってはそれはゲーム感覚で、ビンゴすると、とても嬉しそうでした。周囲の人から『ワ~凄い‼』と歓声が上がり褒めて貰えるから多国籍の国際カップル同志が集まるパーティーに行くのが大好きでした。3歳からは、横浜にあるドイツ学園の保育園に入れました。それからは、3年間ママは今までと同じで、パパはドイツ語のみで接しました。夫婦間は英語のみです。小学校に入る時、ドイツに引っ越しましたので、ママも頑張ってドイツ語の学校に通って勉強を始めました。そして1年間は家の中も外でもドイツ語だけとなりました。その後は、ドイツの普通の学校が終わると、日本語補修クラスに通わせています。家庭内でも、なるべく4カ国語を使う努力をしていますが、学校でも英語の授業が入ってきたので3カ国語は完璧になってきたのですが、どうしても一番使う必要が遠いポルトガル語が薄くなりがちです。でも、私の両親とのコミュニケーションの為にポルトガル語も続けたいので、もっと私が努力しなくてはならないのかと思っています。でも今は良い時代で、無料で何時間でもスカイプを使えば会話ができるので、ポルトガルの両親や日本の祖父母の家に繋いで、勉強を兼ねて話させています。そうやって必要性を実感させています。子供の脳は凄いです。たまにスカイプで他国語を話す時、最初は『あれ?』忘れたかなと思っても、少し使い始めると、どんどん取り戻してゆき、スカイプ開始から2時間後には、ちゃんとそっちの人になって居ます。言葉を変えるって私にとってはとっても脳が疲れる事ですが、子供は頭の切り替えが早い。でも、小さい時は混乱させて少し言語に遅れが生じて、正直とても不安でしたし、5歳位の人見知りする時期には本人もイライラして引っ込み思案になった時もあって、大変で可哀想かなと思ったけど、今では本当に4カ国語を努力させて良かったと思っています。今はボランティアで他国から来てまま成らぬ言葉で困っている人達が駆け込む生活保護センターで4カ国語を活かして通訳で人の役に立っています。そのボランティアを始めてから更に自分でも自ら4カ国語の強化に努力し始めました。今では自信に満ち溢れた凛々しい顔立ちに変わってきました。母としては、人の何倍も努力して本当に頑張ってついて来てくれた我が子を誇りに思います。

Posted by: ケ・セラ・セラ at 2012年12月04日 22:57

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ドイツの少子化の行方
ドイツのお菓子事情 - いろんな色や形の砂糖菓子
みどり流 外国企業でマネジャーになるための法則
本当の自分 - 母語とはなんぞや
ドイツの数独ブーム
女は欲張りな方がいい
上司に初めて嘘をつく
ドイツの生活はダンケから始まる
イザールの川くだり
しがみつかない生き方をしよう
部下の言葉 - 上司というよりは同僚という感じ
仕事第一の女
「できる子」の親がしている70の習慣
休暇の意義 - 自分のライフスタイルを見直す時間
食べることは生きること

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2254

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space