ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】第5回 カーズ




2006年07月06日

【シネマ・こむぎスタイル】第5回 カーズ

Posted by 湯河原こむぎ

ディズニー・ピクサー カーズ オリジナル・サウンドトラック カーズ
毎月1日は「映画の日」。家族3人で観たい映画はこの日に!7/1公開のディズニー・ピクサーの映画「カーズ」。行って来ました、3人で。

ストーリーは・・・
ライトニング・マックイーンは、新人ながら、有名なレース「ピストン・カップ」に出場する若き天才レーサー。彼はいつもピット・クルーと仲が悪く「レースは自分ひとりで戦っている」と思っている。今シーズン限りで引退を決めているキングと、いつもキングに邪魔され万年二位のチックと、マックィーンは、レースで三台同着だった。そして決勝レースは、一週間後にカリフォルニアで行われる。

マックィーンは、専属トレーラーのマックに乗り、カリフォルニアへ向かう。その途中、彼のスポンサーから電話が入り「決勝レースのチケットを、君の友達20人に送っておくよ。誰と誰に送ればいい?」と聞かれたが、マックィーンは、答えられない。そう、彼には友達がいないのだった。

休憩せずに、カリフォルニアへむかうが、疲れたマックが居眠りしている間に暴走族にイタズラされ、トレーラーの後のドアが開いてしまい、マックィーンはずり落ちてしまった。あわてて、マックに追いつこうとやみくもに走ったマックィーンは、ルート66沿いの田舎町に迷い込んでしまい、めちゃくちゃに走り回って道路をぐちゃぐちゃに壊してしまう・・・というお話。

その田舎町で、マックィーンはいろいろな車に出会う。おんぼろレッカー車のメーター、判事の長老ドック・ハドソン、タイヤ店のオーナー、ルイジ・・・。都会では有名なマックィーンの事をこの町では誰も知らない。ある日、サリーに連れて行かれた丘の上から雄大な峡谷の景色を目にする。このサリーはポルシェ911、声を戸田恵子さんがやっています。

二台が、丘の上に立って景色を見下ろしながら、サリーが話をするところがとてもいいんです。かつて、ここには、かつてルート66で一番人気のあったモーテルがあったの。でも時間を10分短縮するために高速道路が出来てからは、誰もここを通らなくなったの。以前、車は「楽しみに行くために」走ったんじゃなくて、「楽しみながら」走ったの。・・・戸田さんの声がいろっぽくて、そしてせつない。

そうですね、ストーリーは「ベタ」です。早く走る事に命をかけ、「なんでも自分ひとりで出来る」とまわりを跳ね返して来たマックィーンが、この町で、みんなのあたたかさに触れ、友情に目覚める・・・。

でも、この映画。すごくよかった!ディズニーの映画はいつもそうですが、大人も一緒に楽しめる。車好きなパパさんも大満足出来る作品です。カーレースのシーンは、低いアングルで、ものすごい迫力でしたし。夫は「V8エンジンがちゃんとV8の音がした。」とか「マックィーンが塗装しなおした時の色が初代コルベットの色だった。」・・・と、マニアックなところに感動。先日テレビでピクサーの特集をしていましたが、この映画では、画面に映らないものすごく下の中の方のボルトまでちゃーんと描かれているのだそうです。そういう丁寧な仕事がきっと伝わるのでしょう。

私はね、もう音楽と映像に完全にノックアウトされました。フィフティーズっぽくアメリカンな曲。よみがえったラジエータースプリングスの街のネオン管にくらくら!大好き!こういう世界。車のステッカーや看板のデザインが、ポップでやたらステキ!それから、いつもながら「小ネタ」が満載で、「ぷぷぷっ」と思うところがたくさんありました。私が一番好きだったのが、トレーラーのマックが、銀色のタンクローリーの後を走っている時、自分の顔を写して百面相をしていたシーン。私も銀色のタンクローリーの後ろを走ると、そこに映ったうちの車が「ハナデカペット」みたいにかわいくて、写真を撮ったりするので(もちろん、助手席でね!)、そのシーンは大ウケでした。

娘は「おとうさん、映画の中でサリーはポルシェって言ってたでしょう?マックィーンはなんなの?」
夫「コルベットだよ。」
娘「ルイジは?」
夫「フィアット500。Sおじちゃんのお兄さんは、あれの緑色のに乗ってるんだよ。」
娘「そうなんだー!」
・・・などと、お父さんとの話題もはずんでいました。

エンドロールもとっても凝っているので、席を立たずに最後まで見てくださいね!

家に帰って来てから発見しておもしろかったのは、マックィーンのファンの双子の姉妹がいるんです。車種はユーノス・ロードスター。これは、アメリカでは車名が「ミアータ」。甥っ子が持っていた「カーズ」の絵本を見たら、この姉妹の名前が「ミア」と「ティア」でした!こまかーい!
探せばもっともっといろんな「こだわり」や「小ネタ」が見つかるでしょう!

そうそう、おんぼろレッカー、メーターの声を山口智充さん、フェラーリが大好きなフィアットのルイジの声を、ちょいワルオヤジのジローラモがやっていて、そのこだわりにも拍手(^^)//゙゙゙パチパチでした。

「カーズ」公式サイトはこちら



ディズニー・ピクサーの他の作品
ファインディング・ニモ
「ファインディング・ニモ」。木梨憲武さんと室井滋さんの吹き替えが本当にピッタリで、おもしろかったです。海の中に差し込む光、キラキラする海水の細かいほこりや揺らぎの表現が見事でした。
モンスターズ・インク
「モンスターズ・インク」。これも「でぶや」石ちゃんと、爆笑問題のタナチューの吹き替えがぴったり。サリーのふわふわな水色の毛並みが本物みたいでした。クロゼットのドアからドアへ移動して、いろんな国に行けちゃうのがすごくおもしろかったです。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

いいですよね、カーズ。ちょっと前の記事なんですが、トラックバックさせていただきました。

サントラのCDはねらってます。最近は子どものリクエストで童謡ばっかり。カーズの音楽をつなぎに、ドライブのBGMも洋楽にシフトしていきたいなと。

Posted by: キミコ at 2006年07月06日 20:47

こむぎさん、いつもすっばらしい映画レビューをありがとうございます。とっても参考になります。

実は、、、私もディズニー映画のファンなんです。
というか、厳密にはピクサー映画の大ファンです(ピクサーは、ディズニーに買われたので、今はディスニーなのです)。

「ファインディング・ネモ」も、「モンスターズ・インク」も、DVDで持っています。「ミスター・インクレダブル」もとってもおもしろいですよ!

Posted by: みどり at 2006年07月07日 00:33

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲
【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王
【シネマ・こむぎスタイル】第69回 陽だまりの彼女
【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム
【シネマ・こむぎスタイル】第67回 アンコール!!
【シネマ・こむぎスタイル】第66回 きっと、うまくいく
【シネマ・こむぎスタイル】第65回 舟を編む
【シネマ・こむぎスタイル】第64回 借りぐらしのアリエッティ
【シネマ・こむぎスタイル】第63回 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2270

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: カーズ、みてきました
ブログ名: Notebook :: Hibi no Note
日付: 2006.07.06
内容: 「カーズ」、映画館で見た久しぶりの映画です。カズマがおなかにいるころのモンスター...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space