ワーキングマザースタイルプライスコレクション「若冲と江戸絵画」展 に行ってきました




2006年07月17日

プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展 に行ってきました

Posted by 村山らむね

東京国立博物館で行われているプライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展に家族で行ってきました。壮観でした。まだ夢心地で、図録を堪能しています。

若冲と江戸絵画


現在77歳のプライスさん。父の代からの富豪で、大学卒業を記念して父からもらったお金でスポーツカーを買おうと立ち寄ったニューヨーク。そこで、どこの国の誰が描いたとも知らずに、心を奪われて購入したのが、伊藤若冲の「葡萄図」。それが約600点の、世界有数の江戸絵画コレクションの発端だったそうです。

その後、日本人の女性と結婚(節子夫人)。カリフォルニアのプライス氏の拠点「心遠館」は、日本人の日本美術研究家も聖地として訪れるほどだそうです。

伊藤若冲は江戸時代、京都の商家の御曹司だったのが、趣味の絵画に入れ込み、家業もそっちのけ。しまいには40歳ほどで弟に家督を譲り、画業に専念。家に、何十羽もの鶏を飼い、はいつくばって生態を研究。生涯独身。写実的であるが、微妙にデフォルメされた独特の画風や、若冲以外は使わないようなオリジナルの画法が、魅力。近年かなり人気を集めています。

伊藤若冲の作品は、今回展示される101点のうち17点。他にも、同じく最近人気の曾我蕭白や、長沢芦雪などの、魅力的な作品が、どどんと並びます。

そして、素晴らしいのは、第4室の展示。これから見に行く人の興をそぎたくないので、説明は省略するが、たくさんの作品をみて、足も疲れ少々お腹いっぱいになってきた最終室。ゆっくりゆっくり見てください。

この展示を許してくれた絵の持ち主、つまりはプライス夫妻に心からの敬意を払います。たいへん勇気のいることだと思います。心から感謝します。

すでに見た人も、これから見る人も、プライス夫妻の勇気と、最高の状態で堪能させてくれようとしている美への姿勢に心うたれるでしょう。

ちょっと思ったのが、普段の美術展よりも子供が少なかったこと。ぜひ夏休みに、お子様連れでどうぞ。子供にこそ、日本美術を!!!

プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展
東京国立美術館 平成館にて8月27日まで。
図録がまたすばらしいので、少々高い(2500円)ですがぜひ!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

ご無沙汰しております。昨年、パーティーでご一緒させていただきました最年長の加藤です。若冲大好きで、よく京都にも見に行ったりします。ロンドンにいる娘も若冲が大好きなので、夏休み帰国したら是非一緒に行こうと思っています!!

Posted by: 加藤 恭枝 at 2006年07月17日 21:34

こんばんは。
TBありがとうございました。

若冲、芦雪も勿論良かったのですが
ご指摘の通り第4室の展示が最高でした。
涙でそうになりました。

Posted by: Tak at 2006年07月19日 21:29

こんにちは。今日家族で「若冲と江戸絵画展」に行ってきました。
本当は私ひとりで行くつもりだったのですが、らむねさんの「子供にこそ、日本美術を」という言葉に後押しされて、家族全員で行くことになりました。
本当に家族で行って大正解。
すばらしい作品の数々に普段飽きっぽい息子たちも最後まで集中して見入っていました。
ただ、今日は本当にすごい人!特に花鳥木図屏風の前なんか5重くらいの人垣で、子どもに見せるためにはずいぶん待たなければなりませんでした(夏休み土曜日の午後に行ったのが失敗ですね)。そのかわり最前列でじっくりじっくり見ることができました。もう最高。
最後に息子達に「おもしろかった。また来たい。今度は常設展示も見てみたい。」と言ってもらえました。彼らは生まれて初めて見た美術展が「若冲と江戸絵画展」なのですが、それって幸せなことですね。
帰りに秋葉原にもちょっと寄りました。そんなわけで、本日のテーマは「外国人も憧れる、日本の文化今昔」でした。

Posted by: むりな at 2006年07月29日 23:05

ごめんなさい。訂正です。
花鳥木図屏風ではなく、鳥獣花木図屏風でした。

Posted by: むりな at 2006年07月29日 23:34

コメントありがとうございます。

本当にすばらしい、展示ですよね。思い出しても涙ぐんでしまうくらいのすばらしさでした。

最近、このように海外のひとに見出される日本美術の展覧会が多いですね。ボストン美術館の浮世絵ビゲローコレクションも、10月に東京に来るので、本当に楽しみ!

Posted by: らむね at 2006年07月30日 01:56

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
スパリゾートハワイアンズは、首都圏から毎日無料バス運行(要予約)その1美味しい&フラ堪能編
ケアとワークを両立できる社会へ、ケア・フォー・ケアリングパーソンという視点
ダイソンのお掃除ロボット体験しました
生活防水つきのApple Watchは家事をしながら電話できるワーママの味方
ダイソンの空気清浄機は、PM2.5よりずっと小さい粒のPM0.1も99.95%除去
ダイソンのモニター募集のお知らせ
あけまして、おめでとうございます!
ダイソンのコードレス掃除機DC74は、ヨルカジもギリギリOK!?
ダイソンの加湿器の存在感がなさすぎて驚く
ダイソンの加湿器は、除菌された水分を部屋に振りまく
ワーキングマザースタイル10周年パーティー「自分をほめよう!」
高校生•大学生のためのイママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ開催レポート
イママデからミライをつくる 「自分発見・未来発見」ワークショップ
朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムで考えたこれから必要な素養
子供が生まれて一番気になる家電は、掃除機

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2312

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展
ブログ名: 弐代目・青い日記帳
日付: 2006.07.19
内容: 東京国立博物館で開催中の プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展に行って来ました。 (若冲の感想はこちらに書いてあります。全画像付きです!) ...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space