ワーキングマザースタイルアロマテラピー for ワーキングマザー




2006年07月25日

アロマテラピー for ワーキングマザー

Posted by 雅薫子

皆さん、はじめまして!!。英国IFA認定アロマセラピストとして、アロマテラピーを仕事としながら、3姉妹のママ格闘中の雅 薫子です。

私は現在、講師業を主として、お仕事をさせて頂いていますが、仕事を通じて、精油というものの効果に、感動させられる事がとても多いのです。そして、その効果のお陰で、ワーキングマザーとして、子供の健康管理や自分、主人の健康管理にどれだけ助けられているかわかりません。

働き始めた当初に、仕事に復帰することを迷っていた友人に、「子供を抱えて働いていると何が1番不安?」と聞かれた事がありました。当時の私にとっては、「とにかく子供が病気にかかったき!!」というのが、1番の答えでした。仕事を始めたからには、3人の子持ちだからと甘えるわけにはいきません。子供の病気で仕事を休まざるを得ない状況は、ワーキングマザーには堪えますよね・・・。そんな、プレッシャーもあってか、自分が仕事を休まなくてもいいように、色んなケアを駆使していくようになったんです。

その結果、随分役立つ活用法に出会うことができました。そんな自分のワーキングマザー生活からのアロマテラピーをお伝えすることで、より楽しいワーキングマザーライフのお役立ちとなれば・・・とそんな思いを込めて、これからお伝えしていきたいと思っています。

仕事で、ママたちへのアロマテラピー講座をさせて頂く際は、アロマテラピーで使用される「精油」がいったいどんな物質なのか?という事を、必ず認識して頂いてアロマテラピーをスタートさせて頂くことを意識してお話をしています。ママたちに限らず、それは学んで頂く方は全て把握しなければならないことなのですが、子供や家族のケアに使用する目的で学ぶ方が殆どなので、安全に家庭で役立たせて頂くには、1番捉えてもらいたいポイントだと思っているんです。

今、アロマテラピーについてのたくさんの情報が色んなところで目にすることができます。例えば「陣痛を促す助けをしてくれるアロマ」とか、「虫刺され&虫除けにアロマ」みたいな精油の効果を謳った情報をご存知の方も多いと思います。こういった情報を目にすれば、「精油が健康管理に役立つものであろう」と、知らない人でも感じることのができると思います。

では、そもそも「アロマテラピーって何?」と聞かれたら、大体の方は「香りを嗅いでリラックスする方法」と答えて頂くケースが殆どです。もちろん、大きく捉えればその通りなのですが、「アロマ=香り」「テラピー=療法」で、自然療法の一環である植物療法の1つである芳香療法が、「アロマテラピー」となります。

「アロマテラピー」という言葉が出来たのは、1920年代の後半に化粧品会社の御曹司である、ルネ・モーリスガットフォセ博士というフランス人が、自分の会社で研究中に、手に酷いやけどを負ってしまい、たまたま化粧品材料として研究中だったラベンダーの精油に、とっさに手を浸けてしまったことで、やけどの回復が良いことに気づき、それから研究を進めて、精油の薬理効果について新聞で発表したのがきっかけで「アロマテラピー」という言葉が生まれたんです。フランス人が発表したことから、「アロマテラピー」という表現がなされている理由です。「アロマテラピー」という言葉が生まれたのは、20世紀に入ってからですが、芳香植物を使用しての療法は、歴史が古く、原始人の時代からに遡ります。

よって、ラベンダーの精油はやけどにとっても役立つんです。細胞成長促進作用という作用を持っているのですが、この作用は、皮膚の表皮に「胚芽層」という新しい皮膚が生まれ変わる層があるのですが、その部分に働きかける成分を含んでいるので、「皮がペロンっと剥けてしまった怪我」や「主婦湿疹で手の皮が向けてしまっているところ」などに使用すると、大変助けになる精油なんですね。

アロマテラピーについて書き始めるとキリが無いのですが(笑)、こんな効果を持ち合わせている精油を使ったアロマテラピーは、「ワーキングマザーを、雅に薫らす!!」と、そんな思いで熱く語って行きたいと思います!。どうぞ、よろしくお願い致します。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

雅薫子さん、こんにちは。なるほど、、って思いながら、読ませて頂きました。

「ワーキングマザーを、雅に薫らす!!」っていうモットーがとっても素敵です!

ドイツでも、アロマテラピーがあります。実は、私も香りの小瓶6個入り精油セットを買いました。いろんな香りを精油に混ぜて、肌に塗って楽しんでくださいっていうものです。あとは、香りと精油をバスタブにたらして入浴するのもオススメみたいなことが、取説に書かれてありました。。。

面倒くさがりの私は、一、二度使った程度で、終わってしまいました(とほほ、、すいません)。香りの小瓶たちと精油は開封されているのですが、どのくらい持つものなのでしょうか?暑いときは、冷蔵庫に保存しないといけないのですか(変な質問をしていたらすいません)?

Posted by: みどり at 2006年07月25日 13:18

薫子さん、待望の記事でうれしいです!

そうなんですよね。アロマって本当にいろいろな使い方ができるんですよね。

これから楽しみにしています。

Posted by: らむね at 2006年07月25日 23:31

>らむねさま
自分のアップを見て、感動してます^^。落ち着いてからは、バンバン書いていきたいと思っています。”ワーキングマザーを雅に薫らす!!”精油の魅力と活用法を、私なりの切り口で伝えられたら!と思っています。よろしくお願い致します!

>みどりさん
私は、ドイツのアロマテラピーに触れたくてミュンヘンへ行ったのです。ドイツの精油は、品質も良くファーマシーでの販売スタイルに納得と感動・・ではないですが、日本との違いに興味を覚えましたし、ドイツでの自然療法をもっと知りたいと思っていたんです。精油は、柑橘系は6ヶ月、例外もありますが、他は1年が目安です。冷蔵庫には入れないで下さいね☆植物のものですから、光と温度に反応をしますので、室温にての冷暗所に保存という形がベストです。それらの点に関しては、次回アップします!細やかな気遣いとても感謝してます☆

Posted by: 薫子 at 2006年07月25日 23:55

薫子さん、そうだったんですか!ドイツのアロマテラピーに興味がおありだったんですね。

自然を愛するドイツ人は、自然療法を生活に取り入れているので感心しています。例えば、カモミールティー。お茶として飲んだり、疲れ目のときは、暖めたティーバックを目頭の上に置いたり、怪我をしたときも、ぬるめのカモミールティーで消毒したり、のどが痛いときは、カモミールティーでうがいしたりと、ハーブが本当に生活に密着しています。

開封した精油は冷蔵庫に保存しなくてもよいのですね。情報をありがとうございます。

薫子さんの今後のエントリを楽しみにしています。

Posted by: みどり at 2006年07月26日 14:04

雅さんのエントリー、ずっと楽しみにしていました! 私も、ラベンダーとティートリーは愛用しています。でも、精油って種類がたくさんあって、他に何を買おうかな、という時、迷ってしまって、結局レパートリー(?)が増えていないのが現状です。また色々教えてくださいね。

Posted by: カトウ at 2006年07月27日 21:45

薫子さん、私もエントリーを楽しみにしていました!私は香りに癒されていますが、薫子さんのエントリーを参考にしながら、家族の健康管理にも使っていきたいって思ってます。
これからも楽しみにしています!

Posted by: しゅうこ at 2006年07月28日 23:10

夢中になって読みました!雅薫子さんのブログも早速お邪魔してきました。私の皮膚は夏に合っていない様で「あせも」「紫外線アレルギー」と涙が出てきます。ラベンダーで軽くなるかなぁ?
アロマは全くの未開発地帯。これからのエントリーが楽しみですっ。

Posted by: hiromi at 2006年07月29日 18:12

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
オールアバウト じぶん学校「おはようアロマクラス」のご案内
原発国民投票のための署名をしてきました。
災害時に役立つ4つのアロマオイル
息子へ。Dear son,
花粉症の予防に役立つハーブティー♪
冬至の柚子湯に☆美白効果のオートミール
【癒されアロマグッズ】超音波LEDライトディフューザー
【お役立ちアロマグッズ】そろそろ病気予防対策☆ラベンダーハンドジェル
【私の癒しアロマグッズ】ロクシタンのアイスハンドクリーム
母の日のギフトにおススメ☆THANNのアロマポプリ
受験生に役立つアロマブレンド
【ママ起業セミナーin大阪】(受講料無料!)で講師をします
新型インフルエンザに纏わるアロマの歴史エピソード☆
手作りジンジャーエールで楽しく新型インフルエンザ対策♪
アロマで新型インフルエンザ予防策(手洗い石鹸編)

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2335

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 夏対策!!(虫刺され&スキンケア編)
ブログ名: 3姉妹ママ・アロマテラピーケア日記
日付: 2006.07.25
内容: だんだんと、夏が近づいてきています。 ですが、まだまだじめじめしているので、気温の高いじめじめによるばい菌がたくさんのこの時期。 こんな時期は...
タイトル: アロマテラピー(芳香療法)
ブログ名: 心も身体もフィットネス
日付: 2006.10.03
内容: TBさせていただきます。以前から香を焚くのが好きで、リラックスしたい時など音楽と香はかかさず、白檀や伽羅の香りを楽しんでいました。
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space