ワーキングマザースタイルBIOLADEN(ビオラーデン) オーガニック商品を売る店




2006年07月30日

BIOLADEN(ビオラーデン) オーガニック商品を売る店

Posted by fellow

グリュナー・マルクト

家の近くに「GRUENER MARKT」グリュナー・マルクトと読んで、緑の市場という意味になる)という、オーガニック商品を売っているお店があります。

日本では、ロハス的な生活が浸透し始めているようですが、ドイツでも、ロハス的な生活、つまり、健康的に暮らすことが注目を浴びています。

ロハスとは、LOHAS=LIFESTYLES OF HEALTH AND SUSTAINABILIITYの頭文字をとった略語で、健康を重視し、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル「ロハス(ローハス)」を意味します。

例えば、遺伝子組み換えが行われていない食品や、無農薬で栽培された野菜や、その野菜で作られたジュースや加工製品への関心が高いのです。他にも、化粧品、チーズ、ワイン、お菓子等、本当にびっくりするくらい、様々なオーガニック商品が存在します。

お花

日本食材コーナーもあり、豆腐、醤油、海苔、味噌、煎餅等が売られています。この煎餅が結構おいしかったりします(笑。

日本食材コーナー

ミュンヘンには現在、このようなオーガニック商品を扱っているお店がたくさんあります。「GRUENER MARKT」系列のお店は4軒あり、どこも人気があります。

少々割高ではありますが、「体にいい」というキャッチフレーズで、顧客に安心感を与えるのかもしれません。

私は単においしいという理由で買うのですが、、。やっぱり、少々高くても、同じお金を出すのであれば、「おいしいもの」を食べたいですよね。みなさんはどう思いますか?






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

質問です。日本のLOHASの浸透ぶりについて教えてください。

Posted by: みどり at 2006年08月01日 14:20

日本でも以前よりもLOHASの店は増えてきましたけど専門テ店やデパートにもあります。ビッグサイドではナチュラルエキスポという催事もありますし世界中の品物もあります。わたしも毎年いきますけど輸入してないものを買えたり|見るだけでも楽しいです。ドイツではもっとあると聞きました。

Posted by: はな at 2006年09月20日 08:06

はなさん、コメントありがとうございます。はい、ドイツでは、本当にオーガニック商品を売るお店が増えてきて、繁盛していますよ。普通のスーパーマーケットや百貨店のオーガニック商品コーナーも定着してきましたし、日本食品への関心が高まっているのも、健康に気をつけるようになってきた証拠でしょうね。

ただ、、、ミュンヘンでは、回転寿司レストランがいたるところに出来てきたのはいいのですが、日本人でない人が経営、または寿司を握ったりしているので、入る気がしません。回っているネタを見た時点で、「このお店パス!」って思ってしまうからです。

Posted by: みどり at 2006年09月20日 13:06

日本でも塩化ナトリウムから塩が輸入自由化になりいろんな塩が売られるようになり味覚も以前と違うようです。塩の値段もまちまちでどれを選んでよいか迷ってる人が多いようです。わたしは太平洋の赤道直下のクリスマス島で3ケ月間太陽で乾かした天火干しの塩を使つてますけど塩の使い方で野菜、肉、魚の味がかわるし本当に大事なんです。有機野菜も作り方が違うし味も違うのでトマトとじやがいも、たまねぎ、豆腐は専門店で買います。味噌、梅干、らっきょの甘酢漬けは自分で作ります。もちろん無農薬にこだわって材料も厳選します。以前私の家の近くにドイツ式でハム、ウィンナー、ベーコンを自家製で作つてる店がありました。ご主人の体力が続かないのでとやめられました。第2次世界大戦で日本に来日していたドイツ人捕虜に作り方を習つたやり方と言われてました。本当の昔のドイツのやり方なので東京に住んでるドイツ人もドイツのよりおいしいと遠くから買いに見えたりしてました。。ベーコンがスモークがきいていてるので炒めてザワークラフを作つたりオニオンスープとよく作りました。ザワークラフトはドイツ式のハム屋さんで教えていただきました。その店に弟子に来たり習つて店を持つ人もいましたけど1人ではとてもやれないとやめてしまい後継者がいなくなりないのが残念です。

Posted by: はな at 2006年09月21日 08:26

はなさん、またまたコメントをありがとうございます。

「塩の使い方で野菜、肉、魚の味が変わるし、本当に大事なんです」という、とても参考になるご意見をくださり感激しております。

私も最近、自分のライフスタイルを見直してから、献立を考えて調理をするようになりました。といっても、毎日仕事と育児で忙しいので、どうしても簡単料理になってしまい、凝った料理はできないんですけど、、。

でも、朝6時に起きて、すぐにエプロンをつけて、娘と自分のお弁当を作り、夕食の下ごしらえを始めると、頭の中がすっきりしてきます。「一日の始まり」っていう気がするのです。

お味噌と梅干しとらっきょも、ご自身で作られているとのこと。おみそれいたします。手作りっておいしいですよね。

ドイツ人の捕虜の方が、ドイツ式のハム、ウィンナー、ベーコンの作り方を、日本人の方に教えていたなんて、初耳です。

ザウアークラウトと正確には言うのですけど、手作りのキャベツの酢漬けは、本当においしいですよね。お店の後継者がいなくなったとのこと、とても残念ですね。

Posted by: みどり at 2006年09月21日 14:25

みどりさんへ
第2次世界大戦のとき来ていたドイツ人捕虜の店がデパート地下にあるローマィアとダールマィアのハムの店もそうですし銀座のドイツ料理ケテルもそうで、私の近所のハム屋さんはケテルにいた人でした。遠方からの注文や遠くから買いに見える方指揮者で有名な大町先生や芸能人もよく買いに来てました。

Posted by: はな at 2006年09月21日 18:44

はなさん、コメントをありがとうございます。

私のドイツ人の夫が、日本に行ったときに、ドイツのパンが食べたいっていうことでした。やっぱり、故郷の味って大切なんですね。

Posted by: みどり at 2006年09月22日 00:35

今日はお台場のビッグサイトにナチュラルエキスポという催事を見に行きました。世界各国からオーガ二ックが競うように出展してました。ドイツは木のおもちゃやぬいぐるみやハーブティーが直接きて代理店募集など看板を出してました。今日本では十穀米や玄米がブームで試食や見本を沢山頂いて重い荷物で帰りました。乳製品は日本よりヨーロッパのがおいしいですね。パンも20年前は東京でもドイツのパン売つてる店が沢山ありましたけど後継者がいないことでやめたところがおおいですよ。わたしの知り合いのドイツ人は来日40年で奥様は日本人ですけどオーブンはガゲナウを使いパンを焼いたりします。食べもしないで梅干やたくあんを作つたりいろいろ作られるのでわたしも驚きました。

Posted by: はな at 2006年09月22日 21:44

はなさん、コメントありがとうございます。

乳製品は確かにドイツの方がおいしいかもしれません。プレーンヨーグルトが本当においしいですし。

実は、大阪の枚方に、ドイツのパンが売られていると聞きつけて行ってみたのですが、正直ドイツのパンの味はあまりしませんでした。日本人好みの味付けになっているのかもしれません。

ドイツの日本レストランも、ドイツ人好みの味付けになっていたりして、本場の日本の味がするものは少ないからです。

郷に入れば、郷に従え、なのかもしれませんね。

Posted by: みどり at 2006年09月23日 00:31

地方ではドイツのパンは少ないかもしれません。パンがおいしいみせは業務用でもドイツ製のオーブンで焼いてるそうでそういう店は外人も多いし日本のパンと微妙にあじが違います。粉は外国産でないとパンの味がおいしくないので主にヨーロッパやアメリカ、カナダの輸入のを使つてるそうです。乳製品は同額を払うならフランスやドイツ、オランダがおいしいのが確かです。厳律シトー会(トラピスト修道院)は家畜や農産物は自給自足ですしパンを焼いたり乳製品をヨーロッパのやり方で作つてます。特別に行つた人に聞いたことありますけどとてもおいしいそうです。今日は代々木公園でナマステインドというインド大使館主催のフェステバルがあり知り合いのインド人もインド料理や紅茶を出店で販売するので行つてきます。

Posted by: はな at 2006年09月23日 08:28

地方ではドイツのパンは少ないかもしれません。パンがおいしいみせは業務用でもドイツ製のオーブンで焼いてるそうでそういう店は外人も多いし日本のパンと微妙にあじが違います。粉は外国産でないとパンの味がおいしくないので主にヨーロッパやアメリカ、カナダの輸入のを使つてるそうです。乳製品は同額を払うならフランスやドイツ、オランダがおいしいのが確かです。厳律シトー会(トラピスト修道院)は家畜や農産物は自給自足ですしパンを焼いたり乳製品をヨーロッパのやり方で作つてます。特別に行つた人に聞いたことありますけどとてもおいしいそうです。今日は代々木公園でナマステインドというインド大使館主催のフェステバルがあり知り合いのインド人もインド料理や紅茶を出店で販売するので行つてきます。

Posted by: はな at 2006年09月23日 08:29

はなさん、コメントありがとうございます。

そうだったんですか。おいしいパン屋さんのオーブンはドイツ製なんですね!知らなかったです。

ドイツのパン屋さんのイメージとしては、宮崎駿監督作品の「魔女の宅急便」に出てくるグーチョキパン店のような感じです(ご存知でしょうか?)

インド人のお料理や紅茶、とってもおいしそうですね。出店の販売のお手伝い、頑張ってくださいね。

Posted by: みどり at 2006年09月23日 12:59

「魔女の宅急便」のパン屋さんは私が25年前仕事していた修道院の台所みたいですね。修道院も25年前は外人のシスターが多くパンを焼くためのオーブンはドイツ製でした。日本のオーブンみたいに火力は下段だけでなく天板の上と左右と下段に火力があるオーブンでとても日本のではないとおもわせるようなものでそのオーブンで肉や魚がおいしいしオーブンを日本仕様にするためパーツはガス屋さんが作つてました。シスターたちも郷に入ったら郷に従えで日本食も食べてましたけど時々はパンを食べたかったのだと思います。インド祭ですけど毎年いきますけど段々人が多くなりました。インド舞踊が楽しみです。私の知り合いのインド人はヒンズー教の寺を建てたいと頑張るインド人で西葛西のインド人協会の会長で在日25年です。大学生の長男が幼稚園のときの知り合いでわたしは紅茶がすきなので会長の会社から紅茶を買つてます。

Posted by: はな at 2006年09月23日 21:55

はなさん、コメントありがとうございます。

オーブンによって、お料理が違ってきますよね。ドイツの各家庭では、オーブンが大活躍です。肉料理やケーキ等、ドイツの家庭で、当たり前のように作られています。

わたしたちの場合、夫が「おばあちゃんの味」を再現できるくらい、お料理が上手です。祖母じこみの腕前だからだと思います。

そのため、日本料理は私が作って、ドイツ料理は夫が作ります。娘は将来、日本の家庭料理を私から習い、本格的なドイツ料理は、夫から学ぶことになるでしょう。

はなさんは、いろんな国の方とお友達なのですね。すばらしいと思います。

Posted by: みどり at 2006年09月24日 01:40

私の知り合いの多いのは偶然でクリスマス島の塩でも沢山の友達が出来ました。死ぬような病気したのでいろいろ考えてたら原因は塩なので塩を探してたらクリスマス島の塩に行き着いたという人が多く私も味噌を手作りしていて以前は塩化ナトリウムしかないので仕方なくそれで作ってたら手は痛くなるし赤くなるのでこんなものが体の中に入ると大変だと思い塩探しが始まったのです。塩で友達になった人たちとよく話ししてると自然食愛好者だし食べ物には気をつけてます。tクリスマス島の塩の袋のデザインはドイツ在住のハーフの方でお父さんは来日40年の方です。

Posted by: はな at 2006年09月24日 09:29

はなさん、コメントありがとうございます。

クリスマス島って、素敵な名前ですね。クリスマス島の塩って、すごい大切な塩なんですね。びっくりしました。

ドイツ人は本当に自然と共に生きています。ハーブが生活の中に密着しているからです。そんなドイツ人の生き方が私は好きです。

Posted by: みどり at 2006年09月24日 13:14

3年前はクリスマス島の塩はスーパー デパートいろんなところで売ってましたけど太平洋が雨が多く収穫が少しになりました。今はほとんどみかけません。本当に良い塩ですよ。パンを焼くときに使ってもとても良いふくらみ具合だし、ケーキを焼くときに一つまみ入れるだけでベーキングパウダーを入れるより膨らむしきめの細かいプロが焼くような焼き上がりです。私の知人がクリスマス島の塩を気に入り外国に住んでる子供にお土産にと持ち帰ろうとしたら空港の検査でアウトになり悔しい思いをしたそうです。

Posted by: はな at 2006年09月24日 20:08

はなさん、コメントありがとうございます。

ドイツ人の夫に、クリスマス島の塩の話をしたら、聞いたことがないと言ってました。もしも、ドイツのスーパーまたはデパートに売ってましたら、買ってみたいと思います。

情報をありがとうございました。

Posted by: みどり at 2006年09月25日 01:35

残念ですけどクリスマス島の塩はキリバス共和国から日本だけに輸入されてる塩で他の国にはありません。輸入してる人のご自宅によく遊びに行くんですけど15年前宇宙開発事業団の仕事でクリスマス島に行き島内の観光でタクシーで廻ってるときに海岸のほうに白いキラキラしてたものがあり走って見に行ったら塩なのでとてもきれいで驚きその足でキリバスの政府に頼みにいき日本以外の国に輸出していたけど日本はもっと高く買うということで日本に輸入することになりその頃日本では塩の輸入が自由化されておらず実験用でと許可をもらったそうです。輸入してる方も太平洋諸国と1950年代から付き合いがあるし自分の会社の支店もキリバスにあるので輸入出来たんだと思います。

Posted by: はな at 2006年09月25日 08:24

はなさん、コメントありがとうございます。

日本だけに輸入されている塩なのですか、、。残念です。でも、輸入のいきさつの話、大変興味深いですね。そういった先駆者の方がいるから、日本への輸入が実現したんですね!

私も人に影響を与えられる人間になりたいと、常々思っています。

Posted by: みどり at 2006年09月25日 14:34

輸入されてる方が50年前から塩は大事だと言われてたそうで塩探しはその頃からだそうで宇宙から1番近い島がクリスマス島のキリバス共和国の名誉総領事を公職にお持ちです。先見の目が鋭い方でやることが早すぎるので回りが大変だとよく言われます。私は実験用で輸入された塩を買った人からおいしい塩ですよと聞いただけで見せていただくととてもきれいな塩なのでどこで買えるか聞き私も手作りが大好きなのでいろいろ作ると何でもおいしいこと梅干、味噌と作ってたらあるテレビ局から主婦の立場で紹介してくださいといわれ有名なタレントと一緒い出演しました。それからマスコミへの広報は私がやってましたけどキリバスが雨続きで収穫がなくなり販売できないのでやめました。私は塩は常に30キロは家に備蓄してますので収穫がなくなり販売がなくなった時も困ることはありませんでした。塩も一応賞味期限はありますけどわたしは無視してます。

Posted by: はな at 2006年09月25日 20:40

輸入されてる方が50年前から塩は大事だと言われてたそうで塩探しはその頃からだそうで宇宙から1番近い島がクリスマス島のキリバス共和国の名誉総領事を公職にお持ちです。先見の目が鋭い方でやることが早すぎるので回りが大変だとよく言われます。私は実験用で輸入された塩を買った人からおいしい塩ですよと聞いただけで見せていただくととてもきれいな塩なのでどこで買えるか聞き私も手作りが大好きなのでいろいろ作ると何でもおいしいこと梅干、味噌と作ってたらあるテレビ局から主婦の立場で紹介してくださいといわれ有名なタレントと一緒い出演しました。それからマスコミへの広報は私がやってましたけどキリバスが雨続きで収穫がなくなり販売できないのでやめました。私は塩は常に30キロは家に備蓄してますので収穫がなくなり販売がなくなった時も困ることはありませんでした。塩も一応賞味期限はありますけどわたしは無視してます。

Posted by: はな at 2006年09月25日 20:41

はなさん、塩って本当に大切なんですね。常に30キロを備蓄されているってお聞きしてびっくりしました。

Posted by: みどり at 2006年09月25日 22:23

手作りの料理をしてると使ってる塩にこだわる人が多いですよ。今日は帰りにスーパーでアルペンハイム フリーハーブというドイツのチーズを買って帰りました。デパート系のスーパーでは世界中の物があり自然食の店の品物もあり自然食の店に行く必要も前ほどにありません。

Posted by: はな at 2006年09月26日 20:37

はなさん、ドイツのチーズはおいしいですよ。世界中の品物が、一つの場所で揃うって、買い物しやすいですね。

Posted by: みどり at 2006年09月27日 04:02

朝 朝食に昨日買ったドイツのチーズを食べました。おいしかったです。日本でも手作りを限定販売でデパートでの販売がありますけど値段の割にはおいしくないし最近デパートや駅ビルでヨーロッパのチーズを中心に売る店が出来ました。そこでよく切り売りしてるのでよく買いますけど日本のよりおいしいです。

Posted by: はな at 2006年09月27日 08:33

はなさん、おいしかったそうでよかったです。

Posted by: みどり at 2006年09月28日 00:29

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ドイツの少子化の行方
ドイツのお菓子事情 - いろんな色や形の砂糖菓子
みどり流 外国企業でマネジャーになるための法則
本当の自分 - 母語とはなんぞや
ドイツの数独ブーム
女は欲張りな方がいい
上司に初めて嘘をつく
ドイツの生活はダンケから始まる
イザールの川くだり
しがみつかない生き方をしよう
部下の言葉 - 上司というよりは同僚という感じ
仕事第一の女
「できる子」の親がしている70の習慣
休暇の意義 - 自分のライフスタイルを見直す時間
食べることは生きること

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2352

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: ロハス志向で健康になる。
ブログ名: ロハスの意味を知る!
日付: 2006.12.05
内容: ロハス族を続けていると健康状態が改善されます。食生活が改善され、生活環境が改善されるからです。人として一番大切な健康的な生活を送れます。ロハス志向を始めよ...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space