ワーキングマザースタイル素敵なパリの日常~パリの夏~




2006年07月31日

素敵なパリの日常~パリの夏~

Posted by 津田実穂

こんにちは、みほっちです。
私は無事、パリに着きました。
フランス語のできない私にとって語学のカベは厚くて苦労する事は多いですが、パリは人も街もとっても素敵!多くの画家が愛したこの美しい街を歩いていると、イヤな事があっても吹き飛んでしまいます。
そんなパリからの日常の暮らしをお届けします。

さて、パリの夏はどんな夏?

一言で言うと、暑いです。
ここ数年、熱波が押し寄せていて、毎日35度近い気温の日々が続いています。
しかも、パリのほとんどの家にはエアコンがありません。
我が家にも、暖炉はあってもエアコンはありません
だから、暑い事この上ないです。
なぜ家庭にエアコンがないかというと、もともとパリの夏は涼しくて過ごしやすかったため、エアコンが必要ありませんでした。
温暖化の影響かここ数年は毎年熱波が来ていて、エアコンがないため高齢者の方が亡くなる痛ましい事も多いです。それでもエアコンって見かけませんね。
ただ、空気が乾燥しているので、暑いわりには過ごしやすくはあります。

そして、パリの夏は夜が長い
違った、昼が長いです。
緯度が高いため、いつまでもいつまでも明るいです。
このエッフェル塔をバックに撮った写真。これは夜10時過ぎに撮った写真です。それでもこんなに明るいです。

こんなに明るくても、お店は7時になると早々に閉まってしまうし、挨拶は「こんばんは。」になるし、日本人の私としては感覚狂います。

ところで、上に書いたように、パリの夏はものすごく暑いです。
子どもが日中遊ぶにはあまりに暑く、実際公園に行ってみましたが、日光浴をしている大人が数人いただけでした。
パリの子どもは暑い中どうやって遊んでるの?
と不思議に思っていたら答えを見つけました。
いつまでも明るいのでいつまでも子どもが公園から帰りたがらないのでそのまま遊ばせていたら、7時、8時過ぎごろから子どもがわらわら増えてきました。そして、どうみても就学前の子ども達なのですが、明るいのでみんな10時過ぎまで遊んでその頃からぽつぽつ親子で帰っていきました。
確かに今は夏休み中。でも「子どもは早く寝かせなさい。」といろんなところで言われてきた日本人の私としてはかなりショッキングな光景でした。
郷に入れば郷に従え、ということで、翌日からはお昼ねをた~っぷりさせて夜の公園の仲間入りをしました。

さて、この暑い夏をパリの人々はどうやって過ごすのかと言うと、
みんなバカンスに出かけてしまいます。
日本でも、夏期休暇を取る人は多いかと思いますが、せいぜい1週間~10日程度ですよね。
パリの人は平均3週間~1ヶ月、長い人だと2ヶ月近くお休みを取り、バカンスを過ごします。
私は7月の下旬にパリについたのですが、あっちのお店でもこっちのお店でも「バカンスなので○月○日から○月○日までお休みです。」という張り紙だらけ。買い物にはちょっと不便しています。普通の商店だけでなく、飲食店もスーパーもみ~んな休んでしまいます。
本当にこんなに長く休むことに、勤勉な日本人の私(?)はびっくりしました。
ただ、観光地は、かきいれ時なのでたいてい営業しています。
夏のパリにいるのは観光客だけ。」というジョーク(?)があるそうですが、よくわかりました。
そんなわけで、夏のパリの住宅地は暑くてなんだかガランとしています。(一番上の写真)
人がいなくても絵になるのがさすがパリです。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

かつてフランスに滞在していた私には、今フランスにいるみほっちさんがとってもうらやましいです。
どうぞ生活を楽しんできてくださいね!
夜の公園というのは、私がいた頃はなかったなあ…最近夏がすごく暑いからできた習慣なんでしょうか?
フランスの子供たちは学校が始まるのが朝早いし、夜は大人の時間を確保するために早寝させられるなーというのが私の印象だったのです。

Posted by: ぴよよん at 2006年08月01日 09:06

みほっちさん、パリ無事にご到着&素敵なパリ生活開始、おめでとうございます!!!ぱちぱち!

ミュンヘンも日が長くなってきているので、夕方になっても明るいのですが、夜の10時はさすがに暗いです(以前、パリ出身のフランス人の同僚がいて、ミュンヘンはナイトライフをエンジョイしてないよって、ぼやいていたのですが、やっと理由がわゥったような気がします)。

それに、ドイツ人の子供たちは夕方6時くらいまでしか遊びません。ドイツ人の親たちは、しつけを厳しくするので、6時に晩御飯、7時に就寝って感じなのです。

そのため、遅い時間に公園で遊んでいる子供たちはみんな外国人です(笑。

みほっちさんからのパリだより、楽しみにしています。

Posted by: みどり at 2006年08月01日 14:18

到着しましたね!おめでとうございます。準備、お疲れ様でした~!いろいろ経験して、楽しんでくださいね!レポート楽しみにしていますっ。

Posted by: hiromi at 2006年08月02日 00:30

ぴよよんさん
コメントありがとうございます。フランスに住んでらっしゃったのですね。まだ着いたばかりで右も左もわからないので、聞きたいことがいっぱい!
夜の公園は最近の習慣なのですね。今は夏休み中なのと、小さい子どもが遊ぶには日中は暑すぎるからかもしれません。普段は早寝早起きなんですね。

みどりさん
コメントありがとうございます。ドイツはしつけに厳しいのですね。いいことですよね。我が家ももうちょっと早寝早起きに切り替えようと思います。でも、近いのに明るさってずいぶん違うのですね。私も北欧ならともかく、パリがこんなにも夜まで明るいのはとっても不思議です。

hiromi さん
コメントありがとうございます。まだまだ家から半径1KM以内か役所にしか行けていませんが(観光地の近くが多いですが)落ち着いたら(いつになるやら)楽しんでいきたいです。まずは言葉のカベからですが。。。

Posted by: みほっち at 2006年08月02日 14:42

遅いcommentすみません。今年、日本の夏はものすごく蒸し暑いです。尋常じゃないと思います。パリは湿気が少ないんですね。うらやましい。10時になっても明るいでしょ?温度は多少下がるんですか?明るいと暑いままみたいな気が・・・。

それと・・・以前、エルメスの小銭入れが壊れて修理に出した時(たまたま夏に出した)「職人がバカンスのため仕上がりは2ヵ月後です。」と言われました。本当なんですね、みんながながーい休暇を取るというのは。「みほっちレポート」でナットクです。

Posted by: こむぎ at 2006年08月17日 23:02

日本の夏、暑いのですね。ホント、あの湿気は大変ですよね。気温ですが、明るいうちは多少暑いままですね。ちょっと暗くなってくると夕涼み、という感じ。
そう、本当にながーい休みをとるんですよ。この人たち。子どもが7月誕生日だったので、近所のおもちゃやさんに行ったら、7,8月はお休み。
7,8月産まれの子どもの親という顧客を完全に無視してます!
せっかくなので星のあるレストランに、と思ってもやっぱりお休み。星つきレストランも、2週間程度は必ず休みます。それでも商売成り立つのがホント不思議です。

Posted by: みほっち at 2006年08月18日 00:14

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子育ての方針
パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」
フランス式氷の作り方
夏休みにオススメの映画!『世界の果ての通学路』
ジブリ映画「風立ちぬ」 in France
ケニアサファリに行って来ました。  
宿題狂想曲 Part2
子どもの夢遊病
働く私の三種の神器、アートメイク、まつ毛エクステ、ジェルネイル
パリ発の映画、『新しい靴を買わなくちゃ』
読んでみました。「タイガー・マザー」
8月4日(土)、パリ発のチャリティーイベントが丸の内で開催!
子どもと大統領選挙
すべての子どもは芸術家である
無差別殺人から子どもを守る

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2360

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space