ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】第10回 フラガール




2006年09月28日

【シネマ・こむぎスタイル】第10回 フラガール

Posted by 湯河原こむぎ

フラガール メモリアルBOX
いやあ、この映画、ほんとよかったです。いっぱい笑いました。いっぱい泣きました。そしていっぱい感動しました。ぜひぜひご家族で観てください。いろんな感動を味わえます。今度の日曜日、10月1日は映画の日。家族みんなで観に行きませんか?(・・・ってこの間「UDON」の時も書いたけど、先にこちらを観てほしい♪) 私の中で、今年のベスト3に絶対に入る映画。

このところ、いろんな番組で、この映画「フラガール」の話題が取り上げられています。私はそういう特集、メイキング映像、そして、映画館の予告編を見ただけで泣けて来ます。夫もCMなどを見るたび「これ観たいんだ~!」としつこく言うので公開初日に親子3人で観て来ました。

ストーリー
昭和40年。世の中には、石炭から石油へと「エネルギー革命」が押し寄せ、いろいろな炭鉱では人員削減が実施されたり、閉山になるところも増えていた。福島県いわき市は炭鉱の町で、男も女も大人はみんな炭鉱で働いていた。ここにも容赦なく革命の波は押し寄せ、大幅な人員削減が行われる。この危機を救うため、炭鉱の会社が「常磐ハワイアンセンター」を構想。炭鉱で働いていた人たちを従業員として迎え、フラダンスを踊るハワイアン・ダンサーも、炭鉱で働く女性、炭鉱の町の娘達で結成しようと考える。
炭鉱で働く人達は猛反対!「北国にハワイが出来るわけがねえっ!」「とんでもねえ!」と。

「求む、ハワイアンダンサー」のビラを見て、説明会に参加した女達は、そこで見せられた説明ビデオを見て「まるではだかでねえか」「へそ丸見えだ~」「あんなこど、できねえ」とどんどん帰ってしまう。残ったのは、18歳だが高校へは行かず幼い弟妹のめんどうを見ている早苗(徳永えり)と、炭鉱の事故で父を亡くし、炭鉱で働く母と兄(豊川悦司)と3人で暮らす女子高生・紀美子(蒼井優)だけだった。説明に来た吉本(岸部一徳)は「残ったのは2人だけかあ・・・」とタメイキ。「わだしもいます~」と言ったのは、吉本の部下(?)子持ちの初子(池津祥子)だった。その後、父に連れられて恥ずかしそうに来た小百合(しずちゃん)も加わり、レッスンは4人でスタートする。

彼女達にダンスを教えるのは、SKD出身で、本場ハワイでフラダンスをならった経験もある、バリバリのプロダンサー・平山まどか先生(松雪泰子)。彼女は「ワケあり」の様子。すすけた炭鉱の町ではひときわ目立つ存在。そのため「ハワイアンセンター反対派」の人たちからは「おめえなんか、さっさと東京さ、帰れ~!」なんてよく言われたりもする。そんな彼女が炭鉱娘達にきびしくダンスを教え始める・・・。

みどころ
現在、常磐ハワイアンセンターは、(平成2年に)スパリゾート・ハワイアンズと名称変更して大人気の施設。我が家もおととしの夏休みはここに行きました。遊ぶところがいっぱいで、多くの人でにぎわっていました。すべてが順風満帆に見えるそのリゾート施設の一番の始まりにはこんな苦労があったのね~と、歴史と努力を感じられる映画です。この映画は「常磐ハワイアンセンターの誕生を支えた人々の奇跡の実話」を映画化したものだそうです。夫は、映画を見ながら「この話、本当だよ。プロジェクトXで見た!」と言っていました。

最初は「UDON」と同じように面白おかしくてちょっと感動!というタイプの映画かと思っていました。でも、違います。実話であるだけに重みがあります。そして、素人がダンサーに育って行く話と思いきや、それはもちろんですが、その他にもまだまだ盛りだくさんの感動があります。

炭鉱で働く人たちの苦悩、炭鉱会社の苦悩、ハワイアンダンサーを目指す女達の苦労と成長、まどか先生の苦悩と成長、紀美子と母親(富司純子)との関係と成長、炭鉱の仕事からハワイアンセンターの仕事に変わった人たちの苦労、・・・・・・ストーリーは単純ですが、深い深いお話です。

「フラの振りには一つ一つ意味があるの。これは『私』、これは『あなた』、『月』、『風』、『波』、・・・・『愛しています』・・・」というまどか先生の教え。この教えが生かされるシーン、必見です。

こむぎの「ここポイントです!」
◎松雪さんのファッションがレトロでステキ!私の母は洋裁が得意。私が小さい頃に母がよく見ていた「装苑」という雑誌(今でもありますよね?)のモデルさんみたいな都会のファッション!当時のいわき市のカラーチャートにはないような鮮やかな色の服がとても似合って、絵に描いたような美人です。でも性格は男前!それがまた潔くてカッコイイ!

◎旬の女優・蒼井優ちゃん。セーラー服にずーずー弁がもうかわいすぎる!舞台で踊る姿は白い大きな花が咲いたように華やかでした。オーラが違います!

◎南海キャンディーズのしずちゃん。私、あんまり好きではないんですが、この映画では、かなーりしずちゃんに泣かされました。・・・・と、らむねさんに言ったら、らむねさんはしずちゃんが大好きという事で「ん?じゃあ、ある意味、しずちゃん好きにはたまらない映画?」と。そうそう、まさしくその通り。

◎豊川悦司。大好きです。たぶん「弁護士のくず」と同時期に撮っていたのか?髪型が同じでした・・・?それにしても蒼井優ちゃんのお兄さん役とは・・・年が離れすぎでは?

◎松雪さんが町に到着するシーン。車に酔って吐くシーンがあります。本当に口から(何かを)出していたので「韓国ドラマみたい!」と思いました。韓国ドラマって吐くシーンでは、本当に(何かを)口から出すのです!(あのかわいいチョン・ジヒョンは映画「猟奇的な彼女」で、電車の中で吐くシーンで大量のお粥みたいなものをぼえ゛ーーーーっ゛゛゛゛とぶちまけていました・・・汚い話ですみません)エンドクレジットを見たら、監督が李鳳宇(り・ぼんう)という方でした。

◎この映画、アカデミー賞外国語映画賞部門に日本代表として出品されることが決定したという事です。『たそがれ清兵衛』以来の快挙になるといいな。少なくとも私は「たそがれ清兵衛」より、「フラガール」の方が、23倍くらい好きです。

◎パンフレットが絵本のような装丁のハードカバーです。中も写真集のようにキレイです。映画館でぜひ手にとってご覧になってくださいね!(無理やり夫に買わせました・・・だって映画代は私が払ったんだもん!)

◎ダンスシーンは圧巻!松雪さんはもちろん、蒼井優ちゃんもしずちゃんも、本職に出来そうなほどだと思いました。ダンスのシーンでは思わず拍手しちゃいましたよ。泣きながら拍手する怪しい女・・・。

おまけ・・・私は中一の時に家族で「常磐ハワイアンセンター」に行きました。フラのショーは迫力でほんとびっくりしました(まさか、あれがプロのダンサーじゃなくて炭鉱娘だとは夢にも思いませんでした。子どもだった私は、もちろんハワイから来た人たちだと思ってた!)!

旅行中に妹2人は熱を出しましたが、平気でプールで泳いでいました。帰って来たらほっぺたが腫れて来て、なんとおたふく風邪でした!我が家のアルバムには、ムームーっぽいネグリジェを着てレイを首にかけ、両手をフラダンスみたいになみなみの形にして(影響されやすい・・)、こぶとりじいさんみたいなほっぺたをした妹二人のおばかな写真が貼ってあります・・・。この時、わたしだけおたふく風邪がうつりませんでした。(ちなみに風疹も私だけうつりませんでした。)そして、また母に「あんたは橋の下から拾って来たからね。その前にやったんじゃない?」と言われました・・・(・_・、)。私くらいの年代の人って、よくそういうつまらない冗談を親から言われましたよね・・・?



フラガール
フラガール・サントラ
音楽がとってもいいんです。フラの曲もとっても。激しいテンポの踊りと、いわゆる「フラダンス」のスローテンポの曲と。どちらもとても心にしみる。それもそのはず、音楽はジェイク・シマブクロさん。
あなたもフラガール  DVDで学ぶはじめてのフラレッスン
あなたもフラガール DVDで学ぶはじめてのフラレッスン
「フラダンスってとっても下半身に効きそう!」・・・って映画を観てて思った。お腹・ウエスト・太もも・足首。影響されやすい私は、さっそく今日、カルチャー教室のチラシをもらいに行って来ました!そしたら曜日と時間が、自分の都合と合うレッスンがありませんでした・・・と、思っていたら検索でこんなの見つけちゃいました~!いいかも!?






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

連載10回ですね! 毎回楽しみに読んでいます。
フラガールは“見たい”と思った映画の1つです。私もしずちゃん好きなので・・・♪
小さい頃、「常磐ハワイアンセンター」はそのネーミングだけで魅惑的な場所だと思っていました(笑) こむぎさんと同じ感覚です。
先日、テレビにモデルとなった女性が出ていて、映画の撮影に涙ぐんでいました。本当にいろいろな思いがあったのでしょうね。いろんな角度から楽しめる映画のようなので、じっくり感動したいと思います。
こむぎさん、次回も楽しみにしています!

Posted by: しゅうこ at 2006年09月28日 09:28

はじめまして(^^)。
フラガール面白かったですね(^^)。フラダンスがあんなに多彩なテクニックがあること初めて知りました(^^)。

アカデミー賞外国映画部門に出展とのこと、どこまで評価されるのかわかりませんががんばってほしいですね(^^)。

TBさせていただきました

Posted by: ニャンゴロ at 2006年09月28日 22:15

こむぎさん、毎回すてきなレビューをありがとうございます。

私も豊川悦司さんが大好きなのです。テレビドラマ「愛してると言ってくれ」ではまりました!!
彼はどのくらいかっこよかったですか?

今度里帰りしたときに、レンタルDVDで見たいと思います。

Posted by: みどり at 2006年09月29日 00:28

こむぎさん!いやっ!ほんとうに、「しずちゃん映画」でした。すごくいいところで使われていて。

しずちゃん冥利につきました。

とはいえ、松雪さん、男前すぎる!そして美しすぎる!!!

これは絶対DVD買います。何から何まで好きな映画でした。ありがとうございます。映画の日を活用して、家族で泣きました。

Posted by: らむね at 2006年10月02日 03:49

連続コメント、ごめんなさい。

>『たそがれ清兵衛』以来の快挙になるといいな。少なくとも私は「たそがれ清兵衛」より、「フラガール」の方が、23倍くらい好きです。

ああ、でも、アカデミー最優秀外国語賞は「たそがれ清兵衛」にとってほしかったなー。でも「みなさん、さようなら」は、すっごい映画だったので、見ると、どうして「たそがれ」が取れなかったかわかったけど。

「フラガール」も優秀外国語まで残るといいですね。最優秀は最近の傾向を見るとちょっと難しいかな。死、貧困、ユダヤ関連などが、もらいやすいんだけど。

Posted by: らむね at 2006年10月02日 03:55

おくればせながら私も娘(高校)と旦那とで見てきました。ハワイアンズには私も3回くらい行っているのですが、話には聞いていたもののこうやって映画で見るとすごく良かったですね。
旦那の実家が福島なので方言がわりと忠実で親しみがわかいました。

蒼井優ちゃんのダンスも上手かったですね。
娘はバトン部で厳しい練習をしてきたので、そういった思いも重なり号泣してました。

Posted by: ゆり at 2006年10月15日 02:17

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2466

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: フラガール
ブログ名: 欧風
日付: 2006.09.28
内容: さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、...
タイトル: 『フラガール』
ブログ名: 京の昼寝~♪
日付: 2006.09.28
内容: 人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・...
タイトル: フラガールを見たら、猛然とコナコーヒーが飲みたくなった
ブログ名: らむね的ショピングのツボ
日付: 2006.10.02
内容: 見ましたか?「フラガール」もう、最高!しずちゃん、最高!!!松雪さん、男前!!!ああ、止まらない ...
タイトル: フラガール
ブログ名: うら@らむ 村山らむねの裏ブログ
日付: 2006.10.02
内容: よかったす! すっごく。 イギリス映画の「リトルダンサー」「ブラス!」も、炭鉱映
タイトル: イルマーレ ?シカゴを舞台にしたハートウォーミングなドラマに感動
ブログ名: シカゴ発 映画の精神医学
日付: 2006.10.02
内容: いや?あ感動しました。泣けました。シカゴという街の使い方も実に上手い。キアヌとサンドラの恋の行方もハラハラです。  
タイトル: フラガール
ブログ名: 空想俳人日記
日付: 2006.10.03
内容: フラダンス ダンスが済んでも 踊ろうよ   もちろん、常磐ハワイアンセンターの成立物語は凄い重要だと思います。これまでの、日本が推し進めてきた産...
タイトル: フラガール
ブログ名: 気ニナルコトバ
日付: 2006.10.04
内容: フラガール(ふらがーる)はシネカノン制作・配給の、2006年9月23日全国公開した日本映画です。
タイトル: 「フラガール」人生の決断のとき、どうせなら笑って
ブログ名: soramove
日付: 2006.10.05
内容: 「フラガール」★★★★オススメ 松雪泰子、蒼井優 主演 李相日 監督、2006年 炭鉱の町に持ち上がった ハワイアンセンターの建設 ...
タイトル: フラガール
ブログ名: Beauty
日付: 2006.10.12
内容: これは書いておかなければ。先日、映画「フラガール」を観ました。深夜番組「虎ノ門」で辛口の井筒監督が満点3ツ星をつけた映画だったので観たくなったので観にいっ...
タイトル: 映画「フラガール」
ブログ名: 茸茶の想い ∞ ?祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?
日付: 2006.10.22
内容: 泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ ...
タイトル: 映画フラガール3冠王 蒼井優感激
ブログ名: ネット丸トク情報
日付: 2007.02.11
内容: 映画専門誌「キネマ旬報」が選ぶ第80回(2006年度)キネマ旬報ベスト・テンの表彰式が2月10日、東京・有楽町朝日ホールで行われました。もう80回なんです...
タイトル: 映画dvdフラガールは福島県の炭鉱町再生の実話:常磐ハワイアンセンター:松雪泰子
ブログ名: 映画 dvd 最新情報
日付: 2007.05.10
内容: 映画 dvd 「フラガールスタンダード・エディション」(出演: 松雪泰子, 豊川悦司 監督: 李相日)は、炭鉱町の福島県いわき市をフラダンスで再生させた実...
タイトル: 松雪泰子かっこよかった!です。
ブログ名: スパリゾートハワイアンズ
日付: 2007.08.01
内容: スパリゾートハワイアンズの映画、WOWWOWでみました。主役の蒼井優は、ちょっと、迫力不足だったけど、まっ、可憐な乙女だったかなか。スパリゾートハワイアン...
タイトル: フラガール メモリアルBOX
ブログ名: 有名人
日付: 2007.10.20
内容: フラガール メモリアルBOX 松雪泰子 定価: ¥ 7,140 販売価格: ¥ ...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space