ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】第11回 ユア・マイ・サンシャイン




2006年10月05日

【シネマ・こむぎスタイル】第11回 ユア・マイ・サンシャイン

Posted by 湯河原こむぎ

DSCF3124.jpgユア・マイ・サンシャイン
この秋11/3から公開される韓国映画「ユア・マイ・サンシャイン」のマスコミ向け試写会にご招待いただき、らむねさんと一緒に観に行って来ました!

この映画は、韓国内で実際に起こった事件を元にして作られた映画で、あの「私の頭の中の消しゴム」を抜き、恋愛映画史上NO1の記録を作ったそうです。

★ストーリー
ソクチュン(ファン・ジョンミン)は、農村で母親と二人暮らしの36歳独身。農村には、なかなか嫁が来ないのである。ある日、田んぼの中の道をスクーターで走るかわいい女性を目撃し一目ぼれ。彼女は喫茶店で働くウナ(チョン・ドヨン)だった。韓国の喫茶店は、日本の喫茶店とは違う。お店は、日本のそれと変わらないのだが、近くのホテルから電話で飲み物の注文があると、店の女の子がそれを届けに行き、「要望」があれば(というか、「要望」があるので電話注文をするので)お客の「相手」をするという商売。

ソクチュンは、彼女の店に通い詰め、店の看板を洗ったり、毎日絞りたての牛乳を届けたり、直球のアプローチを続ける。ウナは過去の男性経験から男というものに不信感があり、なかなか心を開けない。しかし、ある日、客に乱暴され入院した時、病院にかけつけ、ずっとそばについて見守ってくれたソクチュンに心を開くようになり結婚する。

ウナはよく働き、家事一切を引き受け、ソクチュンの母親を「どうぞ村の旅行に行ってください」と送り出す。家に残った二人は幸せで濃密な時を過ごす。しかし、幸せは長くは続かない。彼女の前に前の夫が現れる。この男は暴力をふるい、肉体関係を迫る。ソクチュンにも「こいつは俺の女だから手を引け」と脅す。しかし、ソクチュンは「ウナなしの人生はありえない」と考え、大切にしていた牛を売ったお金を手切れ金として前夫に渡す。

これで二人の間は一件落着に見えた。しかし、過去に受けた血液検査の結果、ウナがHIVキャリアである事がわかった。ウナに検査の結果を伝えに来た保健所の職員が(ウナは留守)「あなた、夫ならすぐに検査した方がいい」と告げる。幸い、ソクチュンは感染していなかったものの、彼はウナにHIVの事をどうしても告げることができず、毎晩酒を飲んで帰る日々。ウナは、自分の過去(前夫のこと)が、純粋な彼を傷つけてしまったのだ・・・と誤解し、「だますつもりはなかった。心から愛している。お金は必ず返すわ。」と手紙を残し、彼の元を去った。

彼女を探し続けて1年以上経ったある日、ソクチュンは彼女の居場所を知る事になる。ウナがHIVキャリアである事を知らず、体を売っていたとして警察に逮捕されたからである・・・。

★見どころ★
韓国で実際に起きた事件の裁判に、パク・チョンピョ監督が興味を持って取材した事から出来上がった映画。この事件の背景には、悲惨な男性経験のせいで愛を信じる事が出来なくなった女性と、そんな彼女を一途に愛し、新しい彼女の人生を再スタートさせた牧場暮らしの青年の深い深い愛情の物語があった。

パンフの表紙はとても美しくしあわせそうな二人の写真です。
この映画を観はじめると、初めて韓国ドラマを見た時の事を思い出しました。そう、20年潤オ30年くらい前の日本のドラマみたい!と思った気持ち。それは「古くさい」というのとはまた違う、「直球」な感じ・・・と言いますか。飾ったところが一つもなく、牧場、牛、豚、田んぼ、田舎・・・どれをとっても素朴な風景。

ソクチュン役のファン・ジョンミンは、牧場の実直な青年(と言っても36歳)を演じるため、体重を15キロ増やしたという事です。これがまた「ちょー純朴」!(私はどうしても渡辺徹に見えてしかたなかった潤オ!となりで観ているらむねさんにそれを伝えたい衝動を抑えるのに苦労しました!観終わったあと伝えると「私もそう思った潤オっっっ!」と同意してくれたので、うれしかったです。)また、彼女を失った辛さを表現するため、その後、体重を12キロ減らしたという事でした。

ウナ役のチョン・ドヨンは、この役のオファーを受けてからOKするまでに6ヶ月もの間、考えたという事です。それほどこの役は難しい役どころです。彼女が最終的に決断したのは、ソクチュンのモデルとなった男性の二枚の写真。一枚は健康そうな男性の写真、二枚目はウナを失って一気にやつれ白髪頭になってしまった同一人物の写真。これほどまでに彼を変えてしまう「愛」とはどんなものか知りたい・・・と。

この二人の演技が「本当の愛とは?」と、私達に語りかけます。

私がとてもめずらしいと思ったのは、一面の梅の花に囲まれた二人のシーン。桜のシーンって映画にもドラマにも、はたまた歌にもよく出て来ますが、梅林のシーンって初めて観たような気がします。梅はさくらより地味です。木も、桜よりごつごつしていますが、梅の花は、白くて清純でとてもいい香りがします。そして、さくらのように雨に遭うとすぐに散ってしまうことなく、雪にも耐えて、長いあいだ可憐な花を咲かせます。それがまるでウナという人を表しているように思えました。

「ユア・マイ・サンシャイン」公式ページ



甘い人生 特別日本版
ソクチュン役のファン・ジョンミンは、イ・ビョンホン主演の「甘い人生」にも出ています。この「ユア・マイ・サンシャイン」の彼を観て「?甘い人生のどこに出ていたっけ?」と、ぜんぜんわからなかった私です。調べみたらペク社長役でびっくり!人ってこんなに変わるのね。俳優ってすごい!
スキャンダル
ウナ役のチョン・ドヨンは、ヨン様主演の「スキャンダル」に、ヨン様がゲーム感覚で誘惑する、貞淑な未亡人役で出演。この時の彼女、とても美しいです(写真右)。彼女の着ていたチマ・チョゴリが、役柄の彼女にとても似合っていて、渋くて上品な色でした(抹茶色+えんじのような感じ)。この映画、Hなヨン様に出会えますが、お話的には私はイマイチでした潤オ。でも、衣装やインテリア、お化粧のお道具が、うっとりするほど美しかったです。
我が心のオルガン
我が心のオルガン

イ・ビョンホン&チョン・ドヨン出演の作品。田舎の小学校の先生に憧れる、遅れて進級した17歳の小学生、チョン・ドヨンが子どもっぽくてすごくかわいい♪ほのぼの系です。







●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

いろいろな意味で、すごく考えさせられる映画でしたね。

クライマックスシーンでは、やっぱり号泣しました。

それからの二人、きっと幸せだったでしょうね。そう、信じます。

Posted by: らむね at 2006年10月05日 23:22

梅林だらけの田舎で育ったので、
梅が似合うふたりには親近感がUP↑。
ストーリー自体は知っていましたが、
こむぎさんの「梅」が決め手で、
ぜひ見たい気になりました。

Posted by: 日野光里 at 2006年10月06日 13:10

らむねさん
そうですね~。「一途」っていう、最近忘れていた気持ちを思い出しました。

日野さん、お久しぶりです!
私も家から10分くらい車で走ると梅林がたくさんあります。「梅祭り」期間中は、車の窓を開けて走ると梅の香りが漂って来ます。長いものはChristmas頃から花をつけ、2月いっぱい咲いているお花もあります。そこまで長くなくても梅祭りの一ヶ月間は、お花を楽しめますよね!梅のシーン、ぜひ、ご覧になってくださいね。その後、ウナがつらい時に、梅があるはずのない場所で、梅の花びらがはらはらと舞い落ちてくる幻想を見るシーンもとてもよかったです♪

Posted by: こむぎ at 2006年10月07日 09:29

こんにちは
今年もよろしくお願いします。
>ソクチュン役のファン・ジョンミン
渡辺徹!そういえば似てますね。
私も,彼が「甘い人生」では
まったく違うタイプの(正反対ですね)キャラを演じていたので
仰天したクチです。
韓国の俳優さんってみなさん凄いです。

Posted by: なな at 2010年01月16日 17:36

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲
【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王
【シネマ・こむぎスタイル】第69回 陽だまりの彼女
【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム
【シネマ・こむぎスタイル】第67回 アンコール!!
【シネマ・こむぎスタイル】第66回 きっと、うまくいく
【シネマ・こむぎスタイル】第65回 舟を編む
【シネマ・こむぎスタイル】第64回 借りぐらしのアリエッティ
【シネマ・こむぎスタイル】第63回 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2481

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space