ワーキングマザースタイルシツコイ!油汚れを重曹で落とそう!




2006年10月26日

シツコイ!油汚れを重曹で落とそう!

Posted by 本田いく

日中は半袖で過ごせそうな陽気の日もまだまだありますが、ハッと気づくと来週はもう11月!!今年もあと2ヶ月しかありません。この時期になると気になり始めるのが、お歳暮と年賀状と大掃除。そう、大掃除なのです。

でもさあ、寒いし空気は重いし、厚着してるから動きは鈍いし、洗ったものは乾かないし、こんな時期に大掃除なんて、効率悪いと思いませんか?いや、綺麗にして新しい年を迎えよう、という心意気はわかるんですよ。でもさあ、それって言ってしまえば精神論じゃん?気は心じゃん?すす払いとしていつもよりちょっと念入りに掃除をすればいいわけで、何も年に一度の換気扇の分解掃除や風呂桶のエプロンの裏の掃除を、わざわざソコに持ってくる必要はないんじゃないの?と、効率重視のイマドキ主婦なワタクシは思うわけですよ。

と、いうわけで、先週のよく晴れた日、換気扇フィルターの掃除を石鹸と重曹でしてみました。

実は、換気扇のフィルターを洗うのは2年ぶり(!)。忙しさにかまけて、見ない振りをしていました。あと、前回やっぱり2年ぶりくらいに重曹と石鹸で油汚れを落とそうとしたときにやればやるほどドロドロのヘドロみたいになっちゃって、すごく大変だったので、何となく腰が引けていたのです。

が、さすがに2年も放っておくと、これ以上放置するわけにいきません。プロに頼む・・・ということも心を過ぎりましたが、負けっぱなし(何に?)は性格的に許せないので、前回、何故失敗したのかを考えながら、ちょっとやり方を変えつつ、再び重曹と石鹸でのフィルター清掃に挑戦してみました。

前回のやり方は、まず泡立てた温度高めの石鹸水にしばらくフィルターをつけておき、油汚れがふやけたところで重曹をかけながらこすり落とす、というものでした。王道ですよね?本とか見ると、そういうやり方が書いてますよね?

が、実はこれが敗因だったんですよ。軽い油汚れなら、石鹸の泡でふやかして・・・もありでしょうが、かなり頑固な油汚れだと、ひたすら乳化してしまってダメ。ドロドロのヘドロ状になった石鹸と油の混じったものが手と言わずスポンジと言わず付着するし、こすればこするほど汚れを広げているような気がする・・・。

重曹ぶっかけ今回はまず、乾いた状態に重曹を振りかけて4時間くらい放置してみました。上手くいけば、重曹が油を吸ってくれる、ハズ。で、4時間後の写真です。最初のフィルターの状態を取り忘れてしまった!という感じなのですが、まあ、2年分の油汚れ、というところで察してください(笑)。そもそも、写真で公開するようなものじゃないだろう、という感もあり。

見た感じでは、油を吸っているかどうかはわからないのですが、とにかくこいつを乾いたまま、棕櫚のたわしでガシガシこすります。ナイロンたわしでも良いんじゃないのか?とも思いますが、私が使ったのは棕櫚のたわしだったので。棕櫚って気のせいか、油モノを洗ってもたわし自体は油っぽくならないような気がするんです。気のせい?よかったら試してみてくださいね。

とにかく、ここで大切なのは、乾いたたわしを使うこと、です。ここで濡らしてしまうと、油が乳化してえらい目にあいます。

油混じりの重曹わかるでしょうか?茶色いところが油を吸った重曹です。重曹ごと油汚れをこすり落としつつ、こぼれたまだ白い重曹をすくって上からまぶし、またこする。足りなくなったら新しい重曹を補給して、上からかける。泥団子に白砂をかけて磨くような感じです。これがなんだか楽しいんですよ。砂遊びしているみたいで(笑

かけてはこすり、かけてはこすっていると、だんだん油汚れも落ちてきます。表面が大体油っぽくなくなって、ところどころにシツコイのがこびりついてる・・・くらいになったら、熱め濃い目の石鹸水をまたまたたわしにつけてこすります。すると・・・ホント、ビックリするくらい綺麗になりました。しかも、ここまでの所要時間、放置していた4時間はともかく、こすっていたのは30分くらい(1枚あたり)。前回は午前中一杯戦っていたんですよ!で、イヤになって結構適当に終わらせたのに・・・。この差は何・・・。

洗いあがり写真が下手ですみません。でも、本当にピカピカスッキリ!だったんですよ!!
重曹と石鹸で、そんなに綺麗になるもんかあ?と、実はあまり期待していなかったのですが、予想以上の汚れ落ちぶりに大感動しました。地球にも優しいしね♪
コツは、乾式→湿式でのお掃除です。水仕事がいやになるほど寒くなる前に、次は換気扇の分解掃除にチャレンジしようと思っています。11月中にこれを済ましてしまえば、年末の大掃除は軽い拭き掃除で済むハズ!!みなさんもよかったらやってみてくださいね。油がボロボロ落ちる様子は爽快ですよ~。

あ、でも、ウチはこすりすぎたのか、塗装が少しはがれました。あまり力を入れすぎるのも良くないようです。ご注意ください。スクレイパーなんか使うと良いかもしれませんね。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

重曹は、換気扇だけではなくお風呂のかび 床の汚れと色んなところに使えるし お風呂のかびは少し 置いといて水で流せば良いし手も荒れないし安心ですよ。
重曹も 食品用と掃除用とあり成分は殆んど変わらないし掃除用が価格は安いですけど 汚れの落ちは食品用が 洗浄力はあるようです。
添加してるものの違いでしょうか 2種類使った感想です。

Posted by: はな at 2006年10月27日 08:43

はじめまして。
10月もあとわずか。そろそろ年末モード(早い?)に突入か・・・というときに貴重な情報ありがとうございます。
石鹸は偉大ですね。
お酢はどうでしょうか。
今年は試してみます。

Posted by: みっさ at 2006年10月27日 14:57

コメントありがとうございます

>はなさん
重曹は、粒の荒さによっても使い勝手が違うようです。食品用のほうが細かいですよね。油を吸わせるには、粒が細かいほうがいいかもしれません。

>みっささん
石鹸と重曹はアルカリ性、お酢やクエン酸は酸性になるので、酸性の汚れ(油など)を落とすにはアルカリ性の石鹸や重曹、アルカリ性の汚れ(アンモニアなど)を落とすには酸性のお酢やクエン酸が良いそうです。

私はトイレの拭き掃除や水周りの赤カビ・ぬめり取りにクエン酸水を使ってます。お酢は匂いがきついのであまり使わないのですが、布巾の煮沸消毒の際に少し入れると漂白効果&消毒効果が期待できてベリグッです♪

この辺の掃除で私がバイブル代わりに使っているのが

佐光紀子「ナチュラル クリーニング」ブロンズ新社刊 です。

わかりやすくてオススメです。

Posted by: 本田いく at 2006年10月28日 07:20

本田いくさんへ
掃除用の重曹でも きめが細かいのもあり専門店や業務用でもあります。
汚れ落ちは食品用がよいみたいです。
重曹は、湿気には、弱いし洗浄力も落ちるので使う分だけ出して使い 密封容器に閉まっておいたほうがよいです。
酢も バーゲンで安く売ってる酢は、掃除に使うと気分が悪くなるくらい ツーンと鼻にきますけど
酒から醸造して作る酢はそうでもありません。
安い酢は、醸造酢でなく化学薬品の酢なので高い酢は、それなりに違うんです。
完全無添加の 洗剤 石けん 台所洗剤をお探しなら長野にメーカーがある スピカコーポレーションをお進めします。
無添加の割には、汚れも良く落ちるし手も荒れません。


Posted by: はな at 2006年10月28日 08:39

我が家の換気扇も、3年放置したまま!です。いくさんの入魂のレポート、本当に参考になりました。佐光さんの本、私も持っていますが、このエントリーを読んでいなければ、絶対に、いくさんと同じ失敗をやらかしたに違いありません・・・。

写真を見ると、うちの換気扇フィルターと同じタイプのようで、益々勇気(やる気)が出ました。いつやるか、が問題なのですが。でも、今年はやります!と、後に引けないよう、ここで宣言しておきます。

Posted by: カトウ at 2006年10月29日 08:37

いくさーん!
なんと上のコメントをしてから2年が経過。
(結局この年はできず、次の年は妊娠中で換気扇の掃除どころではなくなってしまいました・・・)
つまり5年放置した換気扇を、この前、ようやく!このエントリー通りに掃除してみました。何しろ5年分の汚れなので、油汚れを重曹で掻き出して石けんで洗う作業は午後中かかってしまいましたが、きれいになりましたよ~。
時間がかかったのは、汚れがたまっていたせいもありますが、シュロのたわしでなくて歯ブラシを使ったからというもあるかもしれません。油汚れが重曹とくっついてポロポロとれていく様は、確かに楽しかったです。

というわけで、5年分の汚れも重曹でなんとかなりました! のご報告でした~。

Posted by: カトウヒロコ at 2008年11月29日 12:00

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
生活防水つきのApple Watchは家事をしながら電話できるワーママの味方
ダイソンのコードレス掃除機DC74は、ヨルカジもギリギリOK!?
ダイソンの加湿器は、除菌された水分を部屋に振りまく
子供が生まれて一番気になる家電は、掃除機
紙の山、なくすぞ作戦!
ホームベーカリーデビューしました。
お弁当〜わたしのゆるルール〜
中学生に「お弁当自作」を促す作戦、教えます
子ども達が靴下を自分で洗ってくれる幸せ。フロッシュのミニ洗濯板
洗濯機と乾燥機
ルンバのサブ掃除機としてベストなのはマキタ4070
主婦のための手帳術
9月開講!共働きの子育て講座がおすすめです
子どもに食べさせたい野菜宅配

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2551

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space