ワーキングマザースタイル素敵なパリの日常~シテ島のもうひとつの顔




2006年11月26日

素敵なパリの日常~シテ島のもうひとつの顔

Posted by 津田実穂

 パリの中心地、セーヌ川の中州にあるシテ島は、パリ発祥の地です。
ここは、ノートルダム大聖堂があることで世界中に有名な島で、パリに観光に来る人の多くが訪れる場所です。
061124_100228.JPG
 さて、パリに住むほとんどの人にとってもシテ島はメジャーな場所です。滞在中、必ず何度かはシテ島を訪れなければなりません。大聖堂を見るためではありません。その理由は、

 警視庁(プリフェクチュール・ド・ポリス)がシテ島にあるからです。警察業務や運転免許関連の仕事のほか、滞在許可関連の事務をここでやっています。
061124_095923.JPG
 パリで暮らす=パリでの滞在許可を得る、ためにここは在仏の外国人にとっては避けられない場所なのです。
 もちろん会社から派遣されてるのですから、合法的には滞在できるはずなのですが、お役所と会社は全く別。やたらめんどくさい申請を自分達でしなければなりません。
 なぜ今回ここに来ているのかというと、年末年始に一時帰国しようと思っていたら「子どもの滞在許可証がないですね。フランスに再入国できませんよ。」と担当者に言われたため、慌てて申請に来たのです。
 だって、滞在許可証申請に行ったときは「子どもの分なんて要りませんよ。大人だけでOK!」って言われたのに。。。。
 どうやらその前後に法律が変わって外国人の滞在許可の要件が厳しくなったらしく、子どもも滞在許可証が必要になったそう。

 なんでこんな嫌そうな書き方をするかというと、パリの役所って
・とにかく待たされる。まず建物に入るのに金属探知機の検査等やるので30分くらい並ばされる。その後、担当部署でも平均1時間くらい待たされる。
・書類がかなり複雑。法律もころころ変わるので、人に聞いて書類を持っていっても必要書類が変わっていることがしばしば。しかも日本と違って、必要書類が係の人によって違う。リストをちゃんと調べて書類を持って行っても、書いてないけど必要な書類というのがしばしばあって、それが係の人によって変わったりするのです。ありえない!仕事の合間に時間をかけて行っても、「は~い、○○の書類がないから出直してきてください。」と門前払いをくらうことはしばしば。
 何度も出直すうちに、シテ島がだんだん嫌いになってきます。。。
 
 これを繰り返すうちに、年末に帰国するのは日程的に無理になってきてしまいました。がっくり。
 
 フランスでは、極右政党が着実に支持を伸ばしています。外国人・移民の滞在許可は、徐々に厳しくなりつつあります。
 日本はこういう流れにならないで欲しいと思います。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

はじめまして。知人からパリの幼稚園事情についての情報提供を求められ、ネットで検索しているうちに初めてWMSを訪問しました。私自身も今年渡仏、こちらでもどたばたWM生活を送っているため、美穂さんの記事をそれぞれ興味深く拝見しました。こちらの夏の学校事情や、少子化問題、フランス人についての考察、それぞれ「うんうん」とうなずけることが多かったです。
シテ島の記事を拝見して、年末に家族で一時帰国を予定している私は「通行許可証がない・・」とただいま蒼くなっております。警視庁に今更いく時間がないので困りました。。。
とりとめがなくなりましたが、また素敵なフランス情報を拝見するのを楽しみにしております。

Posted by: Ami at 2006年11月29日 04:45

コメント大変遅くなってごめんなさい。ノートルダムの前にはすっかりクリスマスツリーが。。。。
子どもの滞在許可証は、いらないからと持っていない人も多いです。実際に子どもが入国できなかった、という話も聞いたことはありません。(パスポートだけ見せれば観光客も滞在者もわかりませんものね。)
私の場合、ダンナの会社経由でチケットを申し込むのですが、会社の人事にストップさせられました。帰ってこれなかったら困るから、と。
実際に子どもが止められる可能性は低いと思いますが、滞在者は観光客と違っていろいろうるさいみたいですので、「滞在許可証は出来る限り見せない。」のが良いようです。
一時帰国、うらやましいです。ぜひゆっくりお過ごしくださいね!
またよろしくお願いします♪

Posted by: みほっち at 2006年12月06日 17:29

みほっちさん、コメント有難うございます。
参考になりました。日本では保育園時代の仲間と遊ぶ予定が沢山で多分疲れきって帰ってくることでしょう。。うちはみな今度卒園(息子は一足早くこちらで小学校に入学しましたが)なので、卒園旅行かねて温泉に行く予定です。ワインを何本もっていけばいいか只今考えあぐねている次第です。一緒に頑張ってきたWM仲間っていいですよね。
パリにきて一番残念なのはそういうおつきあいができる人がなかなかいないことかしら。
というわけでこちらこそまたよろしくお願いします!

Posted by: Ami at 2006年12月08日 18:25

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子育ての方針
パリもワーキングマザーも、「たゆたえども沈まず」
フランス式氷の作り方
夏休みにオススメの映画!『世界の果ての通学路』
ジブリ映画「風立ちぬ」 in France
ケニアサファリに行って来ました。  
宿題狂想曲 Part2
子どもの夢遊病
働く私の三種の神器、アートメイク、まつ毛エクステ、ジェルネイル
パリ発の映画、『新しい靴を買わなくちゃ』
読んでみました。「タイガー・マザー」
8月4日(土)、パリ発のチャリティーイベントが丸の内で開催!
子どもと大統領選挙
すべての子どもは芸術家である
無差別殺人から子どもを守る

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2620

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space