ワーキングマザースタイル卒乳と断乳、私の場合




2006年12月07日

卒乳と断乳、私の場合

Posted by fellow

こだわりがあった訳ではないのだけれど、長女次女共に母乳育児でした。

「でした」と過去形で書いてはいるけれど、次女に母乳をあげなくなったのは本当につい最近。あげなくなってから10日程経過したかな?3歳3ヶ月を前に、ようやく「卒乳」となりました!自分で決めた事とは言え、ここまで長かった・・・。

長女の場合は1歳になった時点での「断乳」。「卒乳」と「断乳」の違いは以前こちらのエントリーでも書いたのだけれど、簡単に説明すると

●子供の意思で母乳とお別れするのが「卒乳」
●母の意志で母乳を止めるのが「断乳」

・・・と言う事、です。

長女と次女の年齢差は6年。その間母乳育児の考え方にも変化があり、長女の時には1才前後での断乳が主流で私も当然のように従いました。当時は1歳を過ぎると子供にも知恵がついて止めにくくなるとか、虫歯の原因になるとか、デメリットばかりが強調されていたように記憶してます。そして次女が産まれ、6年振りの母乳育児がスタート。育児雑誌などでは「卒乳」という見慣れない言葉をちらほら見かけるようになりました。母乳は子供の精神安定剤、欲しがるだけあげてOK!・・・などと、母乳育児のメリットがクローズアップされていて、単純な私は「そうだよね、無理に止める必要はないよね!」と、あっさり卒乳派に転向(笑)。母乳を続けていれば寝かしつけは楽だし、何より長女の断乳の際の辛さを味わいたくない!という思いが強かったのでした。(急に母乳を止めた事で胸はガチガチに張るし、長女は数日間泣き続けるしで、断乳は辛い思い出となってます・・・)

2歳前後にはお昼寝と夜の就寝前の2度しか母乳を欲しがらなくなり、私の胸も母乳を作りすぎてガチガチになる、というような事がなくなった、けれど、母乳で寝かしつけ=母乳を飲まないと寝ない=私がいないとダメ。稀に私が夜出かけたとしても、私が帰宅するまで起きているような状態、でした。それでも、止めるきっかけのないまま3歳のお誕生日を向かえ、来春の幼稚園入園も決まり、さてどうしたものかと。たまたま長女が所属している子供会の役員関係の所用で数日続けて夜間出かける機会があり、その数日は私の帰宅を待たずに母乳なしで寝てくれたので、これをきっかけにしよう!と、次女がおっぱいを欲しがる度に「もうママのおっぱい出なくなっちゃったの」(実際ほとんど出てなかった/単なるおしゃぶり状態、苦笑)「○○が寝ぼけて噛むからすっごい痛いんだよー」(実際泣くほど痛い!)・・・と、それとなく言い聞かせ、母乳を与えずに寝かしつける事に成功。今現在は就寝前に「まだおっぱい痛い?」などと確認はするものの、ぐずって欲しがるような事はせず、添い寝する私に背を向け(笑)勝手に寝るようになりました!

次女の場合は本人の意思だけで離れた訳ではないので、本来の意味での「卒乳」とは言えないのかも知れないけれど、次女なりに色々と考え葛藤した結果「飲まない」という決断をしてくれたのだし、「断乳」に近い「卒乳」だと思ってます。卒乳と断乳、どちらも経験した私だけれど、どちらが良いと言い切る事はできません。ママの都合もあるし、子供の都合もあるし・・・本当にケースバイケースの問題、ですよね。個人的な感想としては、子供の意思や成長が感じられる「卒乳」の方が、両者共に納得の行く形で母乳育児を終えられたように思いました。身体も無理に母乳を止める訳ではなかったので楽でしたし。

母乳育児には必ずついてまわるおっぱいとのお別れ、母乳育児を続けているママ達がベストな形でお別れできますように!私は卒乳の記念に、これまで身に付け続けていた授乳用ブラを処分して、可愛らしいブラを自分自身へのクリスマスプレゼントしようと思ってます。(サイズにかなりの変化があるのが寂しいのだけれど・・・苦笑)。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

卒乳、おめでとうございます。
私は上の子は、下の子の妊娠にともなっての断乳で、両者辛い思いをしました。
でも、このエントリーを読んでほんわかした気分になれました。
下の子はどうなるかなぁ。
そういえば、私の場合連続なので、授乳用でないブラってはるか記憶の彼方です。

Posted by: みほっち at 2006年12月09日 01:06

マオさん、こんにちは。卒乳、おめでとうございます。私も一人娘を2歳10ヶ月まで母乳を与えながら育て、卒乳を願っていたのに、結果的には断乳になってしまいました。

1歳のときに仕事に復帰して、そのあと、約2年間仕事と母乳育児を続けたことになります。乳腺炎にも何回もなりましたが、どうしても止めれなかったおっぱい。娘との肌と肌とのふれあいが楽しくていとおしくて至福のときを味わっていました。

断乳のときは、両胸の乳輪にバンドエイドでバッテンの記号になるように貼り、娘と二人きりの部屋でそのおっぱいを見せて、「ママのおっぴーね、病気になったの。だから、おっぴーね、もうなくなっちゃったの。おっぴーにバイバイしようね。みあちゃんできるかなあ」と聞いたところ、「うん。おっぴーバイバイ」と笑顔でバイバイしたのです。

あっけなく断乳ができたのでびっくりしたのを今でも覚えています。きっと卒乳のタイミングに来ていたのだと思います。

Posted by: みどり at 2006年12月09日 14:08

みほっちさん、みどりさん、コメントありがとうございました&お返事遅くなってゴメンナサイ!(風邪でぐったりしてました/幸いな事にノロウィルスではないです、多分)

>みほっちさん
断乳はやっぱり辛いですよね・・・とは言え、子供がある程度の年齢になってしまうとこのままあげ続けて良いのかな、なんて迷いも出てきたりして、どちらにしても悩ましいものです。取り敢えず今は入園前にバイバイできて良かった!と、安堵してます。

>みどりさん
お祝いのお言葉ありがとうございました!お嬢ちゃんとの断乳エピソード、卒乳のタイミングを見計らっているママ達には心強いお話ですね。笑顔でバイバイ、親子の信頼関係が感じられる素敵なお話です。

Posted by: マオ at 2006年12月14日 15:59

こんばんは。現在、断乳で悩みネットで検索していたのですが、賛否両論の意見に泣いたり悩んだりしていた所、このサイトにたどり着きました。このGWに断乳しようと決めていたのですがオクダマオ さんの話を読みやめました。1歳6ヶ月の息子もやめる気ないし、私もやめる気ないのに、保育園の先生や周りの声に押される形だったので・・・おっぱい時間の母子の至福の時間はやっぱりもう少し味わいたい。私が夜、飲みに行けない事意外に問題はひとつもなし!どうもありがとうございました!

Posted by: イックン at 2007年04月29日 01:35

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
「苺状血管腫」をご存知ですか? − 経過報告
小6女児の携帯トラブル
何もしない夏休み
入園準備にボンメルシィ!リトル
切実な今年の抱負
久々にハマった育児エッセイ漫画「ママはテンパリスト」
AIGLE(エーグル)の2WAYマザーボストン
しいたけ茶に感動!
我が家の簡単オムライス
出産祝いを選ぶなら
「苺状血管腫」をご存知ですか?
子供が喜ぶ朝ご飯で気分転換
デザート感覚!LUSH(ラッシュ)の生パック
お手軽過ぎてびっくり!きのこ栽培
入園入学準備の準備

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2642

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space