ワーキングマザースタイル薫子流アロマテラピーファミリーケア(ノロウィルス編)




2006年12月13日

薫子流アロマテラピーファミリーケア(ノロウィルス編)

Posted by 雅薫子

「ノロウィルス」・・・。今年は特に、流行っていますね!!。

らむねさんの、「実録!ノロウィルス体験談」に続いて、私の「ノロウィルスエピソード」も沿え、実践中の薫子流アロマテラピーケアをご紹介致します。

「ノロウィルス」「ロタウィルス」といった、「嘔吐下痢」の症状を伴った風邪って、私の一番苦手とする病気の1つです。毎年・・と、言って良いほどこのウィルスに悩まされていた薫子家でしたが、私の職場の同僚で薬剤師のアロマセラピストの先生から教わった、「シソ科、柑橘系の精油は、消化器系の症状に適してますよ!」という一言から、薫子家の「ノロ対策」の模索が始まりました。

私は、この嘔吐下痢対策に結構魂?!注いでます(笑)。何故かと言えば、この「ノロウィルス」の感染に纏わり、私の妹と姪っ子まで巻き込んだエピソードがあるのですね。私以外、「6人(内訳 旦那、妹、3姉妹、姪っ子)全員が、仕事から戻ったら、吐いていた・・・」という、一瞬事件?!とも思わせるような事があったんです(泣)。仕事から帰ったのに、お風呂場は嘔吐物を拭いたタオルがただ置いてあって、凄い悪臭が立ちこめていて、「誰が洗濯するの?!」みたいな状態・・(怖)。もう、「もう一回仕事に行こうか!」と思うくらいの、思い出しただけでも怖ろしい我が家に、「あ~、最悪だ~っっ!」と、叫びながら2時間ぐらいかけて、後始末をしたのを思い出します(大泣)。

しかし!!。そのときに私だけダイエットのために、「生姜湯×ペパーミント×レモン」のお茶を飲んでいたんですね。「食前に飲んでから、食事をする・・」というデトックス方法をたまたま実践していたんです。いつもなら、1日で私もすぐ感染してしまうので、覚悟をしていたのですが、何故か次の日もご飯が美味しいっ。「あれっ」って感じで過ごしていたら、病院から戻った妹の話でびっくり(驚)。実は、そのドリンクのお陰で、超、偶然に、私だけ「セーフ」だったらしいのですっ。それ以来、精油ケアに加え、愛飲しております。そんな最悪事態の体験を二度と踏みたくないっと思った私は、後々、色んな事を調べました(笑)。さすがに、嘔吐物の始末は、出来ればずっと関わりたくないですものねっ。そんなことから実践している、ファミリーケアグッズがこれです。

■柚子茶と生姜■
柚子1

↑これを材料に、「柚子茶&生姜」を自分で作って、空き瓶とかにストックしておきます。フレッシュなほうが生姜の効果も高いので、こまめに作るほうが効果的です。なるべく薄く生姜を皮ごとスライスして、柚子茶と合わせるだけです。
●ここでポイント!
生姜の抗ウィルス効果の成分は、皮の近くに含まれているので、皮ごとスライスします。すりおろして生姜湯を作るときは、都度すりおろして作らないと効果が薄れます。

柚子2

↑それで、我が家で作っているのがこんな感じです。子供3人、私に旦那ですからこれがすぐ無くなります(笑)。
何故、「柚子茶&生姜」かというと、その大事件のときに、妹は妊娠していました。なので、薬が飲めない状態・・。そんな中の嘔吐下痢ですから、大変だったんです。そこで、漢方を処方してくれる病院を選んで行ったときに、そこのドクターに進められた予防法が「生姜湯」でした。「黒糖と混ぜて飲む・・」など色んな方法を教えてもらったそうですが、それを妹が聞いて帰ってきた事で、「私だけがセーフ」だった1つの理由かも!!ということに我が家の中ではなった訳です。正直、「ダイエットの解毒効果を狙っていたので、生姜が当たりだった!!」ということにびっくりだったのですが、よくよく考えるとインドの伝承医学で「アーユルヴェーダ」の基本養生法に「生姜を食する」方法があります。体質別で、生姜をおすし屋さんの「がり」みたいな感じで食したり、蜂蜜漬けにしたものを食したりするのですが、「食前にそれを食して白湯を飲んで老廃物や悪いものを浄化する・・」といった意味で、行うものです。今まで、私にとって「ダイエット」のイメージの生姜だったのですが、そんな事も考えると「凄い食べ物だ!!」って、それから信者のように、生姜を色んな形であきないようにアレンジして愛飲しているわけです(笑)。

●使い方
こうやって、生姜をつけておけば生姜の抗ウィルス成分の酸化を防げて、手間が掛からず家族に食してもらったり、飲んでもらったりできます。大人は、この漬けてある生姜を、食べます。ポイントは、先ほどの「アーユルヴェーダ」と同じで、空腹、食前に摂る事だと思います。薫子家でこれを摂取するタイミングをお知らせすると、

(1)朝、起きてすぐ。
(2)外出から戻ってきて、うがい手洗いの後、すぐ。
(3)夕食前。
(4)就寝前。

この、4つのタイミングを意識して、面倒ではないときに飲んでいます。子供たちに外さないのは、(2)番です!!。子供は、お茶にして飲ませるのは面倒なので、これをスプーンですくってぱくっと食べさせています。生姜の辛味は、押さえられているのでストレスなく我が家では習慣化しています。面倒でない・・といっても、大体3回くらい意識して食べさせています。

そして、シソ科植物の殺菌力ナンバー1のペパーミントティーに、これを入れて同じタイミングで飲んでいるのが私。旦那は、子供たちと同じく面倒なので、食べてます(笑)。実は、苦手だったペパーミントティーなんですが、「デトックスダイエット」をする為に、飲みやすいものを探しました。また、さすがに忙しい日々なので、お茶を入れるのに面倒だと続かないので、私はティーバックを利用してます。これが1番「飲みやすかった!!」です。また、駅ビルとか駅に近いところに多い、「カルディ」とかの輸入食材店で手軽に求められるので買って飲んでいます。仕事の帰りとかでも買いやすいですし。また、これに「柚子茶&生姜」を入れると、レモンティーみたいな感じになって、ペパーミントティーが飲みやすくなるので、苦手な人には是非試して頂くと、飲めるようになると思います。確か、ドイツ産だったと思います。
ペパーミントティー

そして、薬剤師の同僚からの「シソ科、柑橘系が消化器に・・」という一言から考えると、それならば柑橘系の精油は果皮に含まれますから「それを含んだ果皮を食すれば尚、効果が上がる」と考えたんですね!。よって、最初に思いついたのは「レモンの蜂蜜漬け」。ただ、このレモンの蜂蜜漬けの私の手作りは試行錯誤をしましたが、子供たちが苦味が嫌いで食べてくれなかったんです。でも、レモンではないけど、「柚子茶だったら!」と思い立って試したら、これが子供たち大好き!。なので、「柚子茶&生姜」なんです。
●ここでポイント!
たくさんいろんな柚子茶が売られていますが、なるべく「グラニュー糖」がたくさん含まれている「硬めのジャム状」のものではなく、蜂蜜やオリゴ糖などの含有が多い、「とろんとしたシロップに近い感じのもの」を選んだほうがいいと思います。そして、柑橘系の精油は果皮に含まれていますから、なるべく果皮をおいしく安全に食べられる柚子茶を選ぶとよりよいのでは・・という点です。

そして、■精油ケアセット■
精油ケアセット

↑この精油の瓶の後ろは、スーパーなどで売られている「太白ごま油」。家庭でのアロマケアには、欠かせないアイテムです。ベビーマッサージなどもこれで行いますし、酸化しづらいので家庭では使いやすいです。また、ビタミンE含有の点から、「喘息」のある子供には役に立ちます。気管支の運動を司る栄養素が、「ビタミンE」なので、この「太白ごま油」は「喘息」のケアにもとても役立ちます。「大豆油」も使われますが、これはほんとに高価。なので、気軽に家庭でケアする場合には、手に入れるのも難しいという点から、「太白ごま油」は色んなパターンで家庭で使いやすいケアアイテムです。

そして、精油は、「ペパーミント」「レモン」「タイムリナロール」。
精油でトリートメントするのは、感染してしまった時に使います。何故なら、以前もアップしましたが、「ペパーミント」や「レモン」は通常は子供には使用しないとされている精油でもあるからです。刺激や肝臓の代謝の理由などからなのですが、例えば高熱を出して「座薬」や「頓服薬」を処方されるのと同じ意味で、私は非常事態には、こういった精油を子供に使用する範囲の濃度を守った上で!!使用します。そして、使用しても1日から2日でやめます。年齢などによっても、アレンジしますが、「夜中状態が悪くなって朝まで病院に行けない時」などは、ほんとに助かっています。

●レシピ
太白ごま油     大さじ1(15cc)
タイムリナロール  2滴(場合によってはレモン 1滴)
ペパーミント     1滴
*これで、1%濃度のブレンドオイルの完成です。(子供は、0.5~1%濃度を守ります)
精油1滴・・・0.05ccです。

これを、こまめに様子をみて体に刷り込んで使用します。あせもとかにならない場所を選ぶといいですが、体の先端が毛細血管がめぐっている関係から、人間の先端部分というのは吸収がいいんですね。
例えば「ゲルマニウム温浴」は、手先足先の入浴ですよね!。これ、この理論を利用して、先端部分を温浴させるだけで、ゲルマニウムを吸収して、毒を排出しているわけです。よって、私は子供たちには、「足裏」から刷り込んでます。ぐったり寝ていても、吐いていてもこれだったら体に摂りいれる事ができますので、薬を飲ませるより苦痛じゃないんです。

ちょっと、聞きなれないかも知れませんがタイムリナロールという精油。タイムという植物は、強い殺菌力に加え、強壮作用に優れた精油なんです。この精油、育った環境で成分が異なる性質なもので、成分の含有によって、働きが異なってくる性質のものなのですが、「リナロール」という成分の含有が多いものは、子供にも使用できるタイプなので、早く元気になってもらいたい時、また、大人も元気になりたい時には、これをブレンドして使います。

また、これは「勘」なのですが、吐き気が強いときなどは、私は「レモン」は使いません。精油に関しては、ブレンドして使用しても「レモン」はこの場合は余計な感じがします。「ペパーミント」のみで、十分だと判断しています。食欲があるのならば、レモンを食べるのはいいと思いますよ。

■まとめ■
ちょっと、随分「ノロウィルス」が流行しているので、熱く語ってしまいましたが(笑)、悲惨な体験をしただけに、我が家なりの過ごし方を、全部お話したというところです。
細かい点は、どうしても記事上では、伝えづらいのがもどかしいところなのですが、そこはいつもながら身近な訓練を積んだアロマセラピストに聞いてみると精油の使い方や、注意点はよりご理解頂けると思います。毎度、毎度なのですが、私のケア方法は「独自のもの」でどこか本に書いてあったことをそのまま行っているものではなく、色んなところから拾ったネタを、アレンジしていますので、その点ご理解頂き、納得された上で行ってくださいね。くれぐれも、疑問に思う点をそのままに、行わないで下さい。
今回のケアなど、ケアを行う上での注意点など、自分のサイトでも詳細説明しています。自分のサイトでは、試行錯誤の状態での紹介のものもありますが(笑)、本日紹介させて頂いたケアは、試行錯誤後のものです。安全に使用して頂きたい観点から、いつもこのような事を書いてしまうのですが、毎回書くのも・・と考えてしまったので、ご興味のある方は、ご確認頂ければと思います。説明などで、重なってる点もあるかと思いますが、安全の為ご了承下さい!!。

そうそう「デトックスダイエット」の場合は、「ペパーミントティーにすりおろし生姜×レモン汁」ですよ!。
「柚子茶」じゃ、甘いですからね~(笑)。一時期、流行ったりもしましたが、私の場合は生理前の吹き出物が随分改善されました!。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

ゆず茶に生姜の薄切りをつけるんですね。
ゆず茶を買わなくては。ペパーミントディーは
私はそのまま飲めるのでこれから夜のPCタイムの
お茶はペパーミントだわ。そうそうミントの精油も買いました。

Posted by: どなママ at 2006年12月14日 00:55

いつもアロマ情報、楽しみにしています。
お写真で見ると、かなり生姜はたくさん入れるようですが、生姜と柚子茶の割合はどれくらいでしょうか?1日くらい漬けて置けばいいのでしょうか?
お忙しいのに申し訳ありませんが、またお時間あるときに教えていただけると嬉しいです♪
柚子茶、早速買ってあるのですがビンが開けられず・・・出張中の夫が帰ってきたら開けて貰おうと思ってます(^^;

Posted by: 楓 at 2006年12月15日 10:02

薫子さん、こんにちは。母は強しのエピソードですね。家族全員が病気でも、お母さんは病気になれず、、、みたいな。。

薫子さんのアロマ情報、本当に盛りだくさんな内容で情報源として質が高いと思います。頑張ってくださいね。ドイツの空から応援しています!

Posted by: みどり at 2006年12月15日 13:24

なるほど!本当に周囲の方々がパタパタと、風邪やらノロウイルスで倒れていっているので、助かります!
早速、そろえなくっちゃ!いつもは薫子さんのブログの方でお世話になっているのですが、こちらにもお邪魔してみました。みどりさんもおっしゃっていらっしゃいますが、薫子さんの情報は、すぐに役立つ情報なので、心底助かっています!いつもありがとうございます。

Posted by: アールママ at 2006年12月18日 12:48

>どなママさん!
コメント、両方に頂きましたのにお返事遅くなりましてすみませんっ。
気づいて頂いていると思いますが、アロマの活用法は文字にするには少々細かくなってしまいますが、理由をご理解頂けるとほんとに各家庭のアロマテラピーケアが確立していくと思います。お役に立つ参考にしていただけたら、ほんと本望です。

>楓さん!
コメント有り難うございますね!。アロマ情報楽しみにして頂けてほんと嬉しいです。自分のサイトでは、試行錯誤で書いたりしていますが、こちらでは試して解りやすく説明できるケアからご紹介していくつもりでいます。重なる部分もあると思いますが、両方を確かめながら、ケアして頂くと細かい点も解りやすくなるかも・・です。説明が長いもので申し訳ありませんっ。
そうそう、割合ですが・・すみません。「適当」というと怒られそうですが(笑)、柚子茶2:生姜1くらいの割合を意識しています。時々、柚子茶がイチゴジャムとかみたいに堅めのものがありますよね。そんな時は、蜂蜜を足したりして、少しとろんとした状態にしてから生姜を漬けたりもします。浸していると生姜の水分が移ってゆるくなるのですが、ちょっと、柚子茶少ない時とか主婦の知恵でやったりしてます(笑)。生姜の抗ウィルス効果のある成分は皮の近くに含まれていて、独特の「ピリ辛い味」がその味になるそうなんですね。なので、あまり生姜が多すぎて辛い味ばかりが、際立てば子供が食べないのですが、少なくても・・というところで、凄く薄切りにして、先ほどの割合で浸します。私は生姜食べるので、ぱくぱく美味しく食べたいので、頑張って、薄切りにしています。柚子の果皮を食べる点も意識しています^^。何かありましたら、またコメントくださいね^^。

>みどりさん!
いつも、有り難うございます!。頂くコメントにいつも励まされております^^。ほんと、この事件?!のときは、神様にいじめられているのでは・・(笑)と言いたくなるくらい、凄い状況でした~。3人がまた其々症状が何故か違っていて、ほんとなんで旦那もっ(怒)ですよね。ほんと、ひたすら片付けたんです。今、ニュースで塩素系の洗剤でノロの嘔吐物を拭き掃除するように・・と出ていますが、はいはいの赤ちゃんがいる家庭などは、これもまた不安ですよね。我が家は、ペパーミントでふき取りをしますし、嘔吐物に先ず何かをかぶせてペパーミント入りのスプレーでドアノブなど色々なところを吹きかけて消毒したり、洗濯機に精油をいれて、捨てられないものを洗濯したりしています。
ドイツは、ノロウィルスなんて流行しますか?なんか、不思議なほどここ数年冬季の嘔吐下痢の風邪が流行りすぎてる気がします。

>アールママさん!
ケア日記に続き、こちらにもコメント下さって嬉しいです^^。いつも、実践いただいたことをコメントくださることで私もヒントを頂いているので、こちらでも色々コメント頂けたら嬉しいです。ほんとに、有り難うございます^^。

Posted by: 薫子 at 2006年12月18日 19:04

>楓さん(2)
楓さん!ごめんなさい。答え忘れていました。

「どのくらい漬ければ?」でしたね。

1日漬ければ、生姜がしんなりしていい感じになっているので、柚子茶に成分が流れている目安になると思います。
漬け忘れをしたときは、私は直前に生姜をすりおろして柚子茶に混ぜて子供にスプーンでぱくっと食べさせたりもします。なぜかというと、それをお茶にして飲ませると生姜のすりおろしたものを、見つけて「飲まないっ」と三女が言い出すんですね(汗)。しかし、こうすれば見えずに騙されて食べてくれます(笑)。それから、加えて私は生姜の辛い味がするほうが好きなんですね!。ですから、金銭的にリッチなときは生姜をいっぱい瓶にいれてそれを柚子茶でひたひたにするくらいで、瓶に漬けておいたりもします。お財布次第・・っていうのが主婦感覚?!ですね(笑)。

Posted by: 薫子 at 2006年12月18日 19:14

ひみつ日記さんからきました 私のブログで ひみつ日記さんの紹介のノロウィルスの記事のリンクの了承をとらせていただいたところ こちらの薫子さんの記事も 詳しいのでリンクをさせていただきたいのですが いかがでございましょう 失礼なお願いでしたら お許しくださいね

Posted by: amitie2001sg at 2006年12月19日 08:41

薫子さま、配合等のご丁寧なレス、ありがとうございました。
早速作って食べてます。子どもには「ほーら、プーさんのハチミツたっぷり体が強くなるお薬だよ~」と気を惹くコメントしながらパクっと口に入れてます。うちの子は生姜を1枚だけ食べるのが自分なりのベストバランスだそう。
私は以前、ワクチン開発のラボで仕事してたのですが、そこでの上司でお茶の時間に生姜湯をかかさない人がいました。彼はいつも元気で走り回っていましたが、生姜パワーだったのかもしれません。

Posted by: 楓 at 2006年12月19日 10:17

>楓さん(3)
良かった!。嬉しいです。

お子さん、生姜食べてくれるんですね^^。それは、安心ですね。我が家は長女が生姜を食べてくれます。長女は、なんでも食べてくれるので、1番強いです。梅雨時期にも、「嘔吐下痢」が流行りますから、その時期も生姜助かりました。

ワクチン開発の職場の上司の方だとすれば、生姜のパワーをご存知なのかもしれませんね。
私としては、これ凄く嬉しいかもです。お話して、成分などご存知の情報をお聞きしたいくらいです(笑)。コメント有り難うございました。

Posted by: 薫子 at 2006年12月19日 16:23

初めまして!!最近周囲ノロウイルスが流行し始め、対策法をインターネットで色々探しているうちに薫子さんのページにたどり着きました!!
こんなに対策法が充実しているページは初めてで、非常に参考になりました☆
私自身も2年前にノロウイルスに感染してしまい非常につらかった覚えがあります↓
本当に役立つ情報ありがとうございます!!
私も明日から実践してみようと思います♪

Posted by: kuru at 2006年12月21日 00:11

> amitie2001sgさま
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
ご訪問、コメント嬉しいです。有り難うございます。
精油の魅力は、アロマに関わっている人は皆、感心してしまいますよね。私は、自分の生活背景から、トリートメントに加え、こうした実践方法を見つけることがいつしか日課のようになっていました(笑)。我が家で実践ですがお役に立てていただけるのでしたら、ご紹介頂いて下さって構いません。お伺い頂き有り難うございますね。

>kuruさま
コメント有り難うございます。
参考に・・と言ってくださって有り難うございます。
ほんとに、苦労していたんです。子供たち3人が順番に掛かっていくとこの手の風邪はほんとに洗濯や自分の予防など大変ですよね。そんな中の妹家族を巻き込んでのことでしたから、ダイエットドリンクをそのときに挑戦してみていた偶然も、私が苦労していたから神様がご褒美をくれたのかしら?なんて思っちゃったくらい、びっくりしたんです。自分のサイトでも触れていますが、こういったケアに加え免疫を減らさない生活っていうのも、基本的なようで非常に大切だと痛感しています。
また、詳しく触れたいと思っていますが、もちろん、嘔吐物の片付けや洗濯にもこれらの精油を使って、テレビなどで紹介されているような処理をすることで、効果を発揮してくれます。何かありましたら、またコメント頂ければと思います!。

Posted by: 薫子 at 2006年12月21日 14:20

> amitie2001sgさま
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
ご訪問、コメント嬉しいです。有り難うございます。
精油の魅力は、アロマに関わっている人は皆、感心してしまいますよね。私は、自分の生活背景から、トリートメントに加え、こうした実践方法を見つけることがいつしか日課のようになっていました(笑)。我が家で実践ですがお役に立てていただけるのでしたら、ご紹介頂いて下さって構いません。お伺い頂き有り難うございますね。

>kuruさま
コメント有り難うございます。
参考に・・と言ってくださって有り難うございます。
ほんとに、苦労していたんです。子供たち3人が順番に掛かっていくとこの手の風邪はほんとに洗濯や自分の予防など大変ですよね。そんな中の妹家族を巻き込んでのことでしたから、ダイエットドリンクをそのときに挑戦してみていた偶然も、私が苦労していたから神様がご褒美をくれたのかしら?なんて思っちゃったくらい、びっくりしたんです。自分のサイトでも触れていますが、こういったケアに加え免疫を減らさない生活っていうのも、基本的なようで非常に大切だと痛感しています。
また、詳しく触れたいと思っていますが、もちろん、嘔吐物の片付けや洗濯にもこれらの精油を使って、テレビなどで紹介されているような処理をすることで、効果を発揮してくれます。何かありましたら、またコメント頂ければと思います!。

Posted by: 薫子 at 2006年12月21日 14:21

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
オールアバウト じぶん学校「おはようアロマクラス」のご案内
原発国民投票のための署名をしてきました。
災害時に役立つ4つのアロマオイル
息子へ。Dear son,
花粉症の予防に役立つハーブティー♪
冬至の柚子湯に☆美白効果のオートミール
【癒されアロマグッズ】超音波LEDライトディフューザー
【お役立ちアロマグッズ】そろそろ病気予防対策☆ラベンダーハンドジェル
【私の癒しアロマグッズ】ロクシタンのアイスハンドクリーム
母の日のギフトにおススメ☆THANNのアロマポプリ
受験生に役立つアロマブレンド
【ママ起業セミナーin大阪】(受講料無料!)で講師をします
新型インフルエンザに纏わるアロマの歴史エピソード☆
手作りジンジャーエールで楽しく新型インフルエンザ対策♪
アロマで新型インフルエンザ予防策(手洗い石鹸編)

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2653

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space