ワーキングマザースタイルワーキングマザーのお受験 体験者アンケート その5




2007年01月15日

ワーキングマザーのお受験 体験者アンケート その5

Posted by 村山らむね

大きな反響をいただいております、ワーキングマザーのお受験 体験者アンケート第5弾です。

引き続き質問に答えていただける方を募集しております。ぜひぜひメールくださいませ。現在、たくさんの方からアンケートをご回答いただいており、感謝に堪えません。ありがとうございます。

●プロフィール編

・お子さんが受験した年    
2005年秋

・受験した学校数       
1校

・幼稚園・小学校・中学校?  
小学校

・本命
都内国立(国立大附属)

・4月から通う学校。本命かどうかも。 
 都内国立。1校のみだったので本命。現在1年生。

・お母さんの働き方      
フルタイム。残業も結構あり。

・ご自分の受験経験      
高校まで公立。大学のみ私立。

●意識編

・受験を意識しだしたのはいつごろ
 受験の2ヶ月ほど前でした。保育園で同じクラスのお子さんが受験すること、1学年上にも合格したお子さんがいることを知り、お二人ともお母さんがフルタイムで働いている方なので、国立小学校なら共働きでも通わせられるのか?と、急遽調べ始めました。そして、学校については息子に合っていそうなこと、校風や環境にも賛同できることなどを確認しました。また、住んでいる地域の学童保育所が、地域の公立小学校以外の児童も受け入れていることも確認しました。

 受験を決める上で一番大きかったのは、過去問題集を見て、合否にかかわらず就学前につけておいたほうがよい力が準備によって培われると感じたことです(「お話の記憶」「見て作業する」などの集中力、人の話を聞く態度や話す態度、蝶結びなどの生活面ほか)。親は決して「記念受験」という気持ちではなく、短期間ながら本気で取り組みましたが、子供には「受験のための準備」というより「小学校入学のための準備」という意識で取り組ませました。

・自分の受験体験と子供の受験への考え方、どうシンクロしていますか?
 私も夫も高校まで公立学校でした。子供も0歳から6年間、地域の認可保育園にお世話になってきましたので、急遽受験を決めるまでは、卒園後も地域の公立小学校へ行かせるつもりでいました。小学校から宗教色や特定の理想像をもつ学校へ行かせる気持ちはなく、私立は考えませんでしたが、国立には以前から好感をもっていました。

・旦那さんとはどう話し合いましたか?
 上記にも書きましたが、合否にかかわらず「入学前につけておいたほうがよい力」をつけるメリットを重視して準備に取り組むこと、国立小学校は抽選もあるので期待は禁物であること、受かった場合の家庭の体制などを話し合いました。
・旦那さんのサポート体制はいかがでしたか?
 私が残業で遅いときなどは、過去問題集に取り組ませてくれるなど、よく協力してくれました。

●準備編

・受験準備の様子を具体的に教えてください。【塾・教材】
 準備は直前2ヶ月のみ。
 平日は市販の過去問題集を中心に、夕食後家庭学習(30分程度)。
 週末に幼児教室の事前講習に通いました(全部で6回程度)。

・受験準備の様子を具体的に教えてください。【生活面】
 子供は、絵をかいたり細かい作業をするのは比較的苦手な反面、体を動かすことが好きで、人見知りせずなんにでも前向きに取り組もうとする姿勢がありました。よい面を生かすように心がけました。
 秋に行われた、地域の公立小学校の入学前健診のとき、子供だけの簡単な面接があり、応答の最後に「完璧です」と先生に言っていただけたと胸をはって会場から出てきました。自信を持って考査に臨むきっかけになったと感謝しています。
 落ち着かないとモジモジしてしまうところがありましたが、自信がもてたおかげで当日はクセが出なかったようです。

・働いていることでの苦労と、どうそれを乗り越えたかを教えてください。
 準備期間は2ヶ月程度でしたが、仕事がたまたま繁忙期でなく、残業が少なかったのが助かりました。一人っ子だからできたことですが、子供とその時期に向き合って過ごせたのがよかったと思います。長期間にわたっては、あのような濃密な時間はつくれなかったと思います。

●直前・当日編

・どのように調整しましたか?仕事との調整などはいかがでしたか?
 前日までは、保育園に普段どおりに登園しました。 当日二日間は、考査のある午前中は私が半休をとり、午後は夫に休んで家でみてもらいました。発表の日は合格候補発表→抽選→合格者保護者会とあり、結局私が全休しましたが、夜は空くのがわかっていたので会議を入れました。

・当日に心がけたことは?
 朝一番だったので、寒さ対策。あとはリラックスですね。

・面接のときに働いていることについてどう説明しましたか
 面接はありませんでした。

●感想

・乗り切っての反省点
 とにかく慌しい準備で、子供に全く無理がかからなかったといえば嘘になると思います。よく頑張ってくれたと思います。

・ここが成功もしくは失敗のポイント
 まず、合否にかかわらず準備が子供のためになると親が割り切り、初めての幼児教室や問題集を、親子で楽しんだことだと思います。子供の力については、6年間の保育園生活が大きかったと思います。友達とかかわる力、大人と話す力、定番の昔話との出会い、季節ごとの体験、体を動かす喜びなど、総合的な力がついていたこと、多くの保育士さんが子供にかかわってくださり、一家庭の価値観では補えないさまざまな経験ができたことが大きかったです。感謝しています。
 数回の幼児教室はあくまでも技術習得と場馴れの位置づけでしたが、有効だったと思います。家庭では以前から、休日にピザや餃子を一緒に作ったり、掃除の手伝いでトイレ掃除をさせたりしていました。考査のとき「お家のお料理では何が好きですか」の質問に、「お母さんと一緒につくるピザや餃子です。」と答え、「餃子~!!」と先生が笑っていたよと考査が終わってから言っていました。模範解答ではなかったかもしれませんが、それはそれなり。普段の生活が大切だと感じました。

・これから受験をするワーキングマザーにアドバイスを
 働く母親にとって、子供と一緒にいられる限られた時間を、長期にわたって受験準備一色にしてしまうのは、親にとってもお子さんにとっても辛いと思います。それより、日々の生活を大切に楽しく過ごすことを心がけることが、結果としてよい方向へつながると思いました。
 国立の小学校は、中学校へ全員が内部進学できるわけではありませんし、内部進学率も流動的になってきているようです。私立中学や中高一貫校の受験を考えるなら、公立小学校+通塾でじっくり準備されるのもよいかと思います。

====================

大変貴重な体験談をありがとうございました。保育園生活が小学校受験の力になる。たいへん勇気を与えてくれる一文です。もちろんご家族の努力もあるでしょうが、保育士さんへの感謝のお気持ちがあるからこその合格だったのではないでしょうか。ありがとうございました。(らむね)






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

少子化になり 有名塾や有名私立は、以前より簡単になったとは言いますけど 難関校は以前よりむずかしくなってます。
当たり前の常識をもった お母様なら本屋で買った小学受験の本で教えて合格したと言う人もいるくらいです。
お受験の教室に通い合格はしたけど 中学 高校に進級するとき不合格となり他へ行ったとか 一貫校よりもレベルが高いところに行く人もざらで 私立の一貫校は、小学校入学のときに誓約書を書かされたりする学校もあり どうしても外部の学校となると 小学6年の2学期になり公立に転校して 受験したという人もいます。
私の子供が行ってる 一貫校は大学は、高校で中より少し上なら 希望で大学は、はいれますけど上位の子供は、東大や有名私立や国立を受験するように 指導があり上位の子供は、外部の大学にいくそうです。

Posted by: はな at 2007年01月16日 08:22

貴重な体験談、聞かせていただきました。
わが息子も4月から小学校なのですが、受験を検討もしたことがなく、今日になってしまったのを少し後悔しました。

おっしゃるとおり、受験に備える過程が子供に与える成長が貴重なのだと思います。それを踏まえて受験にのぞんで合格へとつながる、すばらしいですね~。

Posted by: 柚子 at 2007年01月16日 08:38

お受験することにした理由や姿勢で、
「合否にかかわらず就学前につけておいたほうがよい力が準備によって培われると感じた」
「「入学前につけておいたほうがよい力」をつけるメリットを重視して準備に取り組む」
とおっしゃられていますが、全く同感です!

普段のあわただしい生活の中で、受験を意識していなければ流してしまう小さな大事なことって、いっぱいあると思うんです。ちょっと親が意識して接することで、伸ばしてあげられる子供の力って大きいですよね。中学受験の準備でも、とてもそれを感じています(汗)

Posted by: ふうこ at 2007年01月16日 09:00

アンケート読ませていただきました!
短期間の準備本当に大変だったと思います。

私も、保育園生活は子供にとって有意義なものだと思います。
娘がはじめてのお友だちばかりの中でも、物怖じせず、仲良く遊べるのは保育園生活で培ったものだと思います。
ある学校の校長先生が、「保育園に通っていることと、幼稚園に通っていることの差はありません。それを気にしているのはお母さん、あなた自身ですよ。」とお話してくださり、私はとても嬉しかったです。

Posted by: ゆめ at 2007年01月16日 10:26

2ヶ月の準備期間で、国立小合格とは!!2ヶ月間のご両親とお子さんの頑張りはもちろん、いかに、それまでの家庭での過ごし方や、保育園での経験が素晴らしいものであったか、という事でしょうね。

そして、ご両親がどっぷりと受験につからず、楽しめた事も大きなポイントなのでしょうね。

我が家も今年、幼稚園でプチ受験をしましたが、春から何箇所か幼児教室へ見学に行ったものの、どれもピンとこずに結局どこにも行かずに受験。受かったのはただただ、愛情いっぱいで優しく、そして厳しく、生後半年から育てて下さった保育園の先生方のお陰、と思い、夫婦そろって合格の報告と御礼に行きました。

保育園に通わせるママ達に対するエールの様な素晴らしいアンケートをありがとうございました!!

Posted by: 小梅 at 2007年01月16日 15:13

私は合否や中学高校選びとは関係なく、親子でチャレンジして、親子で喜べる「受験」というのは、必ず将来、その子の糧になっていると思います。

フルタイムで働いてるのにすごいです。きっといい思い出になるでしょう。

Posted by: 京太 at 2007年01月16日 15:29

合格おめでとうございます。
短期集中での合格、素晴らしいです。
お母様も信念をもって受験準備に向かわれたこと、お子さんも6年間でとてもたくましく育ってこられたことが感じられました。
受験のための生活ではなく、これまでの生活の結果が受験合格につながったんだなぁと感激しています。子育ては一朝一夕には本当にいかないものなんですね。
受験に対する見方が一つ変わりました。素晴らしい体験談、ありがとうございました。

Posted by: かほる at 2007年01月16日 15:43

まさしく今の我が家を元気付ける記事でした。ありがとうございます。

Posted by: のんこ at 2007年01月16日 16:55

短い期間でよくご準備されたと思います。
残業ありフルタイム勤務では、本当に厳しいものがありますが、ご主人がよくバックアップしてくださったのですね。
わたしの場合、主人が受験に反対だったため一切協力が得られず、転職を考えていたこともあり、仕事をやめて臨みました。

これからお受験をお考えの方は、まず夫婦が一致団結して、家族ぐるみで合格を勝ち取られるように・・・願っています。

Posted by: AKIKO at 2007年01月16日 20:01

国立小学校の存在を最近知った者です。2ヶ月で合格のキップを手にしたとは、すばらしい家族の絆の賜物と今までお子様を暖かく見守って、育ててきた結果だと思います。本当におめでとうございます!アンケートを「ふむふむ」言いながら読みました。とてもためになる情報、ありがとうざいます。

Posted by: ひろみ at 2007年01月17日 13:48

らむねさんの経験談、とても興味深かったです!
2005年のお話のようなので、教えていただけたら幸いです!
まさに「運試し!」という感じの倍率での抽選、国立小学校の受験を、どうやって「本命1本」と、決めることができたのか・・・?そこのところが知りたいです。ふつうだったら、3校とも(どれかに当たれば・・・という感覚で?)、とにかく受けてみる・・・・のかなと思うのですが。その辺の潔さが何に裏付けられているのか、興味津々です!

Posted by: ひよこ at 2008年11月25日 16:02

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
楽しく準備♪小学校受験「小学校受験する?しない?」
がんばれ、受験生
ワーキングマザーのお受験 体験者アンケート その15
【募集】受験体験記募集します!
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第17回 中学受験終了!
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第16回 本番直前
vol.117:トラックバックテーマは「公立へのこだわり、国立・私立へのこだわり」
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第15回 「お試し受験」の巻♪
がんばれ!受験生とその母
入学準備におすすめのバッグ
受験生に役立つアロマブレンド
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第14回 暗記・暗記・暗記!の巻♪
恩師との再会
【プラス志向で行こう!中学受験奮闘記】第13回 志望校を絞るの巻♪
受験生の娘につきあって、ファイナンシャルプランナーの試験を受けてみた

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2722

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space