ワーキングマザースタイルワーキングマザーのお受験 体験者アンケート その6




2007年01月22日

ワーキングマザーのお受験 体験者アンケート その6

Posted by 村山らむね

大きな反響をいただいております、ワーキングマザーのお受験 体験者アンケート第6弾です。

引き続き質問に答えていただける方を募集しております。ぜひぜひメールくださいませ。現在、たくさんの方からアンケートをご回答いただいており、感謝に堪えません。ありがとうございます。

●プロフィール編


・受験した学校数
3校

・幼稚園・小学校・中学校?
小学校

・本命
都内私立

・4月から通う学校
都内私立

・お母さんの働き方
フルタイム

・ご自分の受験経験
小学校まで公立、あとは私立(中学校受験経験)

●意識編

・受験を意識しだしたのはいつごろ
年中の9月ごろ

・自分の受験体験と子供の受験への考え方、どうシンクロしていますか?
シンクロしています。自分が私立中学、高校、大学と一貫教育の環境で育ったことで、子供にも私立で、一貫教育を受けさせたいと考えていました。受験させる時期は、自分が中学受験を経験したので中学と思っていたのですが中学受験の現状をみて、小学校受験させてもいいのかもしれない、、と思いました。

・旦那さんとはどう話し合いましたか?
小学校受験については、主人はもともと反対でした。ですが、娘の性格、教育環境のあり方などを考えて、失敗しても、小学校受験の経験は娘にいい影響を与える、、と判断し、がんばってみよう、ということになりました。

・旦那さんのサポート体制はいかがでしたか?
全面バックアップ体制でした。
塾のお迎え、父親教室への参加、学校行事への参加、願書素案作成など。勉強をみるのは私。運動部分は旦那担当。

●準備編

・受験準備の様子を具体的に教えてください。【塾・教材】
 中堅の幼児教室に年中の11月から通わせました。
 基本クラス(学習中心)、行動観察クラス
 3月から絵画クラス、志望校別クラスも受講。
 上記以外に、別の模擬テスト、季節講習会も行かせました。
 6月から、受験体操クラス受講させました。
 教材は、幼児教室の復習教材と、補助教材が中心でした。
 そのほか、具体物(積み木、パズル、記憶カードなど)を使いました。
 我が家の場合、諸事情があって、夏から家庭教師のベビーシッターの方に週2回来てもらいました。

・受験準備の様子を具体的に教えてください。【生活面】
●朝と夜に、1時間程度お勉強。(週4-5日)
  ペーパー、具体物をつかっての問題、などを盛り込みました。ペーパーばかりはやらせませんでした。
●生活の中で、巧緻性の訓練
  お手伝い、エプロンりぼん、風呂敷、雑巾を絞るなど、、
●季節を感じる体験や、行事体験も。

・働いていることでの苦労と、どうそれを乗り越えたかを教えてください。
家でペーパーをみる時間を確保するのが大変でした。
あと、教室の送迎。ここは、割り切ってベビーシッターの方にお願いいたしました。
子供の教室での様子は、教室に電話して確認したり、自分が迎えにいけたときに、直接お話をきいたり、手紙やメールを書いたりして教室の先生とのコミュニケーションをとりました。実家の母にも集中的に来てもらって、季節講習会の送迎などを助けてもらいました。

●直前・当日編

・どのように調整しましたか?仕事との調整などはいかがでしたか?
受験する話は、会社のなかでオープンにしていましたので、まわりの雰囲気も「がんばって!」という感じで本当に助かりました。なので、試験当日については、半年ぐらい前から、上司や部下には11月上旬は連続して休む!と宣言してました。 試験当日より、日程がギリギリにならないと決まらない面接の方が調整大変でした。

・当日に心がけたことは?
普通にすること。
親の緊張は、子供に伝わります。
子供が緊張していたので、前日にお休みして動物園に行きました。リラックスできて、とてもプラスでした。

・面接のときに働いていることについてどう説明しましたか
きちんと説明しました。学校行事には積極的に参加できる。父母会などにも関わりたい旨をいいました。保育園で父母会役員をしていることは好反応でした。

●感想

・乗り切っての反省点
小学校受験は、さまざまなウワサが流れます。正確な情報がなかなかつかめず、ママ友情報に右往左往することも。いろいろな人の話を聞きすぎたかなぁ、、と反省。でも、渦中にいると聞かないと私は不安だったので、しょうがなかったかなぁと思います。

・ここが成功もしくは失敗のポイント
親が精神不安定にならない。
子供を追いつめない。私は一時期子供をかなり追い詰めてしまいました。。。

・これから受験をするワーキングマザーにアドバイスを
ワーキングマザーでも受験できます。ただし、覚悟をもってのぞんでください。家族一致団結は必要です。親の迷いは子供に伝わります。小学校受験は親の受験でもあります。そこが中学受験とは大きく違います。かなりの時間が取られますが、子供の教育について、子育てについて、真正面から考えられるいい機会と考えてみてください。

====================

最後の「子供の教育について、子育てについて、真正面から考えられるいい機会と考えてみてください」という言葉が、心にズシンと来ます。お子さんの受験をプロジェクトとしてみたときに、たいへん優れたプロジェクトマネージメントがなされているような気がして、きっとこの方は仕事もできるのだろうなと、感心して読ませていただきました。ありがとうございました。(らむね)






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

東京のある私立の小学校での受験は、粘土で食べ物を作り それを食べるテストです。
有名小学校に 本を買い自分で教えて合格した人もいます。
字が読める 書けるは、あまり関係ないし塗りえや折り紙が重視されるようです。

Posted by: はな at 2007年01月22日 18:26

とても詳しくてすばらしいレポートですね!
フルタイムで働きながらの準備はものすごく大変だったかと思います。会社にも受験をオープンにし、学校にもWMであることをきちんと話すなど、すごく正々堂々と合格を掴み取られたのですね。
失敗しても、小学校受験の経験は娘にいい影響を与える、子供の教育について、子育てについて、真正面から考えられるいい機会、という言葉は、とても素敵です。

Posted by: みほっち at 2007年01月24日 04:06

小学校受験は本当に周りの大人がどう接してきたのかが問われますよね。家族団結して結果を出されたことは、これからの人生にプラスになると思います。おめでとうございます!。

Posted by: ひろみ at 2007年01月25日 00:15

合格おめでとうございます!

最初は反対だったというご主人様としっかり役割分担もされ、保育園での役員や毎日一時間の勉強、それに様々なお教室通い。まさに家族が一団となって掴み取った合格ですね。

お受験、というとおもしろおかしく取り上げられる事が多いですが、
>子供の教育について、子育てについて、真正面から考えられるいい機会と考えてみてください。
まさに、そういう側面を持っているんだなと実感しました。

Posted by: 小梅 at 2007年01月25日 11:47

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子育ての方針
朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムで考えたこれから必要な素養
大学の入学式に着る服
来し方行く末
子供の教育 in 上海(2)〜インター校編〜
地方ならではの「選べない」をどう克服?―隣の青い芝生が眩しい―
宿題狂想曲 Part2
楽しく準備♪小学校受験「小学校受験する?しない?」
いじめについて、今のうちに考えておくこと
こどもと一緒に字を習う
子どもと大統領選挙
宿題狂想曲
すばらしい! 日本の教育
まだ間に合う?自由研究におすすめ「赤穂の塩づくり体験」
子供の教育 in 上海(1)〜日本人学校編〜

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2732

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space