ワーキングマザースタイル薫子流♪花粉症ケアに役立つアロマテラピー(食事編)




2007年03月02日

薫子流♪花粉症ケアに役立つアロマテラピー(食事編)

Posted by 雅薫子

さてさて、「花粉症の季節」到来!!ですね。

皆さんも、アロマテラピーに使われる「精油」が花粉症ケアに役立つアイテムだと言う事は色んな雑誌などでたくさん目にされた方も多いと思います。実際、「ユーカリ」や「ペパーミント」などをハンカチやマスクに落として季節を乗り切った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

我が家は、「主人と次女」の組み合わせが「アレルギー」には色んなトラブルを抱えています(汗)。私は花粉症ではないのですが、「風邪の引き始め」「睡眠時間が足りなかった次の日」・・など、体調が崩れると、ハウスダストのアレルギーを持っているせいで、アレルギー反応が出ます。体調のバロメーターみたいになっているので、別の意味では「便利?!」だったりするのですが、一旦反応が出始めると、家中どこに居ても、スーパーに行っても「ほこり」のあるところ全部に反応してしまい「人前には出られない凄いおばさん状態(汗)」になってしまいます。

そんな背景から実践の、「薫子流花粉アレルギー対策」ご紹介いたします。

元々・・・、「アレルギー」というのは、「免疫異常」からくる症状なので精油で「アレルギーを退治する」事は難しいと思います。(良く聞かれるのですが・・・)
昨年、自分のサイトで、アレルギーや花粉症についての根本的な部分について触れているので、見ていただけるとより解りやすいと思いますが、免疫というのは自分が持って生まれた元来の免疫力と生活習慣や食生活でコントロールされる免疫力と大きく分けると2つの力が関わっています。よって、元来持っているアレルギーに対しての力は個人差がありそこを変えていくのは難しいと思いますが、生活習慣や食事でコントロールできる免疫力は、努力することで私は個人差はあっても改善していけるものだと感じています。

私がその点に気づいたのは、セラピストになる為のスクール時代「解剖生理学」の講義がたくさん受けられたお陰で「免疫力」というものが何なのか?ということを知る事ができたからだと思います。当時私は、「免疫力」って「精神力」みたいな個人が持ってる単純に「力」だと思っていたのです。

「免疫力っていうのは、細胞だ」ってことを知って、私はびっくりしたんですよ。目に見えない力だと思い込んでいたのですが、「細胞だ!」と単純に説明された時には、「目からウロコ」でした。しかもその免疫細胞は「小腸」でバランスを取っているそうですから、また「びっくり!」。だとすると、「食生活」が免疫力のバランスを整える「鍵」になっている事は、イメージが湧きますよね。

他に、免疫力に関係している体の部位には、「胸腺」という部位もあるのですが、私達が生活習慣などでコントロールできる環境の免疫力には、免疫細胞が育つ「腸内環境」がとても鍵を握っているようです。その説明を聞いてから私も「なるほど!」と思って、食事には気をつけるようになりました。

●薫子家の花粉アレルギーの食材アイテム●
   ・納豆
   ・乳酸菌食品(ヤクルト400など)
   ・きのこ類(特に乾燥しいたけを良く食べます)
   ・キムチ
   ・ぬか漬け
   ・味噌
   ・ご飯

いわゆる「菌」に関係している食べ物・・「乳酸菌」「発酵食品」そして「きのこ類」は、この「菌」達の力で腸内の免疫細胞をバランスよく増やしてくれる食材というわけです。なので、常日頃からこれらをたくさん食べて「腸内」をいい環境に保つ努力はとても重要に思います。

ただ、これらの「食材」を食べなくちゃっとプレッシャーになると絶対にきつくなりますよね(笑)。

ですから、例えば、花粉の季節が近づく、年明けからは、お味噌汁の出汁をとるときに、「昆布と乾燥しいたけ」で取ったり、「肉じゃが」を作る時に「乾燥しいたけ」をいれて「もどし汁」も全部使って料理をしたり(←戻し汁がとても大切です^^)、「納豆、キムチ」の組み合わせで「焼きうどん」「チャーハン」メニューに登場させたり、「豚キムチ鍋」をする時は「お味噌」を加えてアレンジしたり・・・など、「ついで!」でこれらを軸にしてメニューを組み立てて食べるようにするとそんなに「苦痛」ではなくなります。

「ご飯」と書いたのは、腸内で「オリゴ糖」を作り出して「腸内」に善玉菌を増やしてくれる食べ物は「ご飯」のみらしいのです。ですから、なるべく「ご飯」を主食にするように心がける点もアドバイスを受けました。

「乳酸菌」の食材に関しては、乳酸菌の株が「免疫力」に関係しているものであるのかチェックして、適量を食後30分以内に摂ること!これとても大切だそうです。

ですが、この「花粉症」の時は、甘いもの、刺激物(コーヒーなど)、乳製品、澱粉などは控えた方がいい食品なんですね。甘いものは血液をドロドロにしますし、刺激物でアレルギー反応が触発される事も考えられます。また、乳製品、澱粉などは「粘液」を増やしてしまう食材なので、鼻水などで苦しい症状を悪化させてしまう可能性もあります。ですから、自分の体調と症状のタイプをしっかり把握して、料理をアレンジしながら、少しずつ食事を改善してみるのって私はとても大切だと思います。

ちなみに今日の我が家の食事で「豚肉キムチのチヂミ風のお好み焼き(しょうゆ味)にお味噌汁(大根などの根菜類を入れると尚良いそうです)」の組み合わせで子供たちに食べさせましたが、「お好み」に色んなものを入れて食べさせると、ワーキングマザーの忙しい日の夕食にはとても便利かも!です。

次回は●薫子家の花粉症ケアアイテム●を紹介します^^。


  






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

薫子さん、先日はお世話になりました。
アロマ教室でとても印象に残ったお話は、免疫細胞と小腸のことです。
なるほど~とすごく納得しました。
我が家では去年から私と次女が喘息、長男に花粉症が出たので免疫について敏感になっています。

干ししいたけの戻し汁はなぜ大切なのですか?
私は味噌汁によく入れますけど、そのやり方は干ししいたけを手でパキパキと小さく折ってそのままなべの水の中に入れて火にかけているんです。
戻していないんですよねー、大丈夫でしょうか?

Posted by: ちゅうりっぷ at 2007年03月03日 08:52

>ちゅうりっぷさん
コメントありがとうございます。レッスンは楽しんでいただけたようで嬉しいです。
ところで戻し汁ですが、こちらにはしいたけのエキスがたっぷり含まれるので昔から「薬」のような存在だったそうです。味噌汁に入れるのはだしが取れてエキスも摂取できるのでいいと思いますが、しいたけの酵素などが熱で壊れるものもあるそうなので、お水の段階から昆布だしをとるように入れるとよりいいのかもしれません。水かぬるま湯などで戻すのが良いそうです。
ちなみに、水溶性の成分で血圧降下作用のある成分がとくに含まれるそうですが、血圧降下の作用から免疫の活性化が促されることも抗アレルギーに役立っているという事が書かれていました。

Posted by: 薫子 at 2007年03月05日 22:39

薫子さん、詳しく教えてくださりありがとうございます。
そうですか、戻すのがいいんですね。
うーん、面倒くさがり屋なので・・・
なるべく水で戻してから使おうと思います。

Posted by: ちゅうりっぷ at 2007年03月06日 08:40

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ダイソンの加湿器の存在感がなさすぎて驚く
体重をスマホで管理
びっくり!光フェイシャル
乾燥オフィスにスチームクリーム♪
安心で便利オルビス化粧品
働く私の強い味方=カラートリートメント
漢方の力
truebalanceとフィットネスウォーカーで10年後のお尻を作る
ニューバランスのtruebalanceでとうとうユニクロのサイズダウン2つ目
ニューバランスのtruebalanceを履いて、ユニクロのサイズが1つダウン
よもぎに昆布…北海道発・天然素材のシンプル入浴剤
話題のアップルペクチン、米アマゾンから買ってみました
冬至の柚子湯に☆美白効果のオートミール
スッキリ美顔ローラーの威力?:アンチエイジングな悪あがき その2 
鼻うがい、試してみました

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2796

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 花粉症とは??苦しい花粉症 対策はこれだ!!
ブログ名: 花粉症とは??苦しい花粉症 対策はこれだ!!
日付: 2007.03.03
内容: 花粉症対策のRSSを集めています。トラックバックさせていただきました。
タイトル: 果物を食べてアレルギー!?フルーツアレルギー
ブログ名: アトピーっ子情報館
日付: 2007.03.13
内容: アトピーっ子情報館のSaikoママです。最近は果物や野菜に過敏に反応する人が増えているそうです。それらの食物を口にして15分以内に、直接触れたくちびるや舌...
タイトル: 花粉症(花粉アレルギー)とは
ブログ名: 病気や症状の豆知識
日付: 2007.11.26
内容: 花粉が飛散する季節に一致して、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状(→アレルギー...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space