ワーキングマザースタイルタミフル・我が家の場合




2007年03月23日

タミフル・我が家の場合

Posted by 湯河原こむぎ

f30blog01338.jpg
先週の12日、月曜日、娘(小5・11歳)がインフルエンザB型になりました。かかりつけの小児科でタミフルを処方されましたが、その際、先生からも薬局からも丁寧な説明がありました。

「テレビなどで報道されているように、ごくまれにマンションから飛び降りるなどの異常行動が起きる事があります。飲ませたら、その後のお子さんの行動に注意してください。どうしても不安な場合は飲ませなくてもかまわないと思います。多少、つらい期間が長くなりますが。」・・・と。

飲ませる前に、自分でもネットでいろいろと調べてみて「初回飲ませる時は特に注意」と書かれているサイトがいくつかありましたので、娘から目を離さないようにし、飲ませることにしました。月・火・水の三日間は、可能な限りべったり一緒にいました。同じ部屋にいて、娘は寝て、私はパソコンの仕事という時もありましたし、一緒に何かして遊んだり・・・という時もありました。月曜日の夜は(タミフルを飲んでいましたが)、38.5度まで熱が上がり、節々が痛くて明け方何時間も眠れずかわいそうでした。もちろん、私も一緒に起きていて、氷を持って来たり、水分を摂らせたり・・・と、けっこう大変でした。部屋にはユーカリのアロマを炊きました。

タミフルのおかげか、熱は、火曜日には37度台、水曜日には36度台に下がり、水曜日はほとんど通常と変わらぬ元気な娘に戻りました。木・金は、娘を同居のじじばばにお願いし、私は仕事に出かけました。

さて、土曜日、私は朝起きると左の肩が痛くて上がらない。ほかにも節々が痛む・・・。熱を測ると36.8度くらいで平熱なのですが、なんだか体がぞわぞわ。これから熱が上がりそうな予感がしたので、一応医者に。検査をすると、なんとインフルエンザA型。がーん(@_@)、娘とは違う型・・・どこでうつったんだ!思いがけなく、自分もタミフルを飲む事に。写真は、私がもらったタミフル。娘のは粉末でした。

私がタミフルをもらう時も、薬局の方から丁寧な説明を受け、写真のような注意書きもいただきました。私はもちろん飲む事にしました。

4年前、娘が小学校一年の時、インフルエンザになり、私もうつってしまいました。娘は金曜日午後発症、タミフルをもらい服用(当時、副作用の事などまったく知らず、なんの迷いもなく飲ませました。)娘は、薬のせいか日曜朝にはすっきり。私は土曜日午前中になんとなく熱っぽく、医者に行ったのですが、熱が37度台だったため「インフルエンザではない」と診断され、風邪薬だけもらいました。ところが土曜日の夜からぐんぐん熱が上がり、日曜日には39度!大人になってからこんな高熱は初めて、しかも人生初のインフルエンザ(と診断されてはいませんが)、とにかく体中が痛くて痛くて、トイレ以外には起き上がれませんでした。離れた部屋にいる夫にケータイで「水・・・」「氷・・・」「ポカリ・・・」「ごはん・・・」と必要事項を連絡し、まったく動けませんでした。月曜日には37.9度まで下がり、火曜日に平熱になりました。つらい三日間でした・・・。

・・・そんな過去の経験もあり、「あの痛みはもう絶対にイヤだ!」と、自分は迷わずタミフルを飲みました。土曜日の夜こそ37.7度まで熱があがり、多少苦しかったのですが、日曜日午後には気分もすっきりし、日曜日の夕飯は自分でいつもどおりちゃっちゃと作れるくらいに回復しました。タミフルってすごい!と思った日曜日の私でした。

20日、夕方のニュースで「10代へのタミフル処方、原則中止」と見た時、我が家では「インフルエンザ、先週でよかったね~!11歳だからタミフル、もらえなかったよ。」と思わず3人でつぶやいてしまいました。

死に至る副作用もあり、簡単には解決しない問題だと思います。わが子が、そして自分にもその可能性があるわけで、服用には慎重にならざるを得ません。副作用について何も知らされず事故に遭われた方々は、本当にお気の毒でなりませんが、現在これだけ報道され、タミフルの副作用について知らない人はいないくらいの今となっては、きちんとした説明を受けた後、親の責任で「飲ませる」「飲ませない」また「飲む」「飲まない」を決めてもいいのでは?と、私は思いました。

今朝のテレビ(「とくダネ!」)で、タミフルを飲んだ場合と飲まない場合、完治するのにかかる時間の違いは約24時間だと言っていました。その1日を短いと感じる人もいるでしょう。「そのくらいの違いなら、ごくわずかな確率とは言え、危険なものは体に入れずに治したい」と思うかもしれません。また「1日早く治るなら、タミフルを飲ませて、つらい時間を少しでも減らしてあげたい。」と思う人もいるでしょう。どちらも子どもを思う親の気持ちですよね。どちらが間違っていてどちらが正しいという事ではないと思います。

みなさんはいかがですか?今年、インフルエンザになった方々、タミフル飲まれましたか?






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

私も去年の冬に3日間うなされました。
自業自得なんですが、普段病気にならないせいか、油断してたんでしょうね。インフルエンザに罹ってるであろう宅配のおっちゃんが来た日から、喉が痛くてのど飴でごまかしてました。その次の日の夜中から、高熱で意識朦朧で起きあがると吐き気を催してフラフラになってました。当時1歳半の娘は隣に寝てましたが移らずに済み、速攻で隣の実家に避難させましたよ。結局、私もタミフルを飲みましたが、効能は発揮されず(でも熱は下がりましたが)三日三晩しんどい思いをしました。
今、世間でインフルエンザが流行ってるので「もうあんな思いはゴメンだ!」と思い、あらゆる予防をしてます。 子供なら尚更ですね。
さきほど新聞で目にした「子供のインフルエンザの症状」は、幻覚や発狂などの症状が出る場合がある!と。ですので私の見解は一概に薬が悪い訳ではないと思ってますが、皆さんいががでしょうか?親の判断に子供の命が掛かってる事に今日の投稿にも改めて考えさせられました。

Posted by: らーゆ at 2007年03月23日 12:26

難しいですよね。自己責任で判断するには、ちょっと重過ぎると思うんですよ。

薬の場合は、情報がたとえすべて開示されても、なかなか素人が判断するのは難しい。だからこそ、監督省庁はあらゆる情報を集め、分析し、それを開示してほしいですね。命がかかっているので、それも俊敏に。

らーゆさんがおっしゃるように、インフルエンザ自体が持っている特徴も、今回の件を複雑にしていると思います。

Posted by: らむね at 2007年03月23日 18:56

先週は上の子が、今週は下の子がインフルエンザB型で寝込んでいた我が家です(涙)2人ともタミフルは1~2日だけ飲ませました。
上の子は9才なので、お医者さんもきちんと説明してくれて、少しでも早く治したかったので、監視しつつ服用させることにしました。

しかしこの「監視体制」、これがなかなか大変でした・・
病院でタミフルをもらってきてから、上の子に飲ませるまでの間にしたことは、

・しばらく出かけなくて済むように食料を買い込んだ
・下の子の園バスのお迎えを知り合いに頼んで送り届けてもらう手はずを整えた

こんなことをバタバタとしてからでないと飲ませられない薬って、やはりどうなんでしょうと思わざるをえません。
ちなみに、次の日は、送り迎えが出来ないので下の子の園を休ませました。夫はあてにできないし、母1人で幼児をかかえて上の子を監視するにはそうするしかなかったです。

実際に事故にあわれた方も、監視していたけど、ちょっとトイレに行っていた隙に・・というのもありましたね。ましてや、10代のお子さんだったら、小さい子とは違い、自分で外に出たりフェンスを乗り越えたりということは、親がトイレに行っている1~2分の間に簡単にできてしまうわけです。
事故が起こる確率は低いとはいえ、責任は親の監視にかかっている、それも命にかかわる事故につながるというのはいかがなものかと思うし、やはり慎重にならざるをえないな、と、この2週間でとっても感じました。
タミフルを飲んでいなくても同じような症状が出ることがあるというのが、確かにこの問題の複雑さだと思うのですが、高熱でうなされるような重い症状の場合は同様の監視態勢が必要、ということは知っておかないといけないですね。

今回の我が家は、2人ともB型で、熱よりはお腹にきたので、タミフルを飲むほどではなかったな・・と、今は思います。けど、渦中では、一日でも早く回復して欲しくて。そんな親の気持ちもからんでくるので、難しい問題ですね・・

Posted by: ふうこ at 2007年03月24日 01:20

息子がインフルエンザにかかりました。ちょうど、タミフルによる問題行動が報道され始めた時期だったので、お医者さんが別の特効薬なるものを処方してくださいました。
でも…… 薬を飲み始めて、息子がぐったりしてしまいました。かなり強いのだと思います。
今、考えるとこの薬による副作用だったのかもしれません。「おかしい」と思って、薬をやめさせ、大量に水分を摂らせて体外に排出させるようにしましいた。3回飲んでいたのですが、起き上がれないほどグッタリしてしまいました。その後、私もインフルエンザにかかったのですが、怖くて薬は飲みませんでした。
暖冬だったせいか、今年はインフルエンザの流行の時期が遅かったようです。我が家もここにきて、インフルエンザや熱を繰り返す風邪が蔓延していますが、でも、息子の受験後でよかったです…

Posted by: しゅうこ at 2007年03月24日 20:10

らーゆさん
一歳半のお子さんにうつらなくてよかったですね。我が家も、発症前日、妹の子ども(1歳4ヶ月)と遊んでいたので、うつらないかとビクビクしていました。幸いうつらずに済みました。

私もテレビ番組で「朦朧とする」「異常行動」が、インフルエンザによるものか、タミフルによるものか、今のところ断定はできない・・というものを見ました。早く解明してほしいですね。

らむねさん
またこのところ、厚生労働省の見解が変わって「実際のところはどうなのよーっ!」と言う気持ちです。「夏までには解明・・」と言っていますが、本当に解明されるのでしょうか・・・。根拠のない約束のように思えます・・・。

ふうこさん
そうですよね~、食材の買い物とか必要ですよね。我が家は幸か不幸か、じじばば同居なので、多少は安心ですが。

ふうこさんがおっしゃるように
>こんなことをバタバタとしてからでないと飲ませられない薬って、やはりどうなんでしょうと思わざるをえません。

・・・ホントですよね。普通は「お薬飲んだから、ぐっすり寝ると良くなるよ~。」と言い聞かせて、よくなるのを待つのがお薬なのに、いろんな準備を万端整えて、飲ませた後、ドキドキしながら監視・・・って・・・。安心して飲ませられる薬がほしい、または、タミフルは安心して飲めますよという太鼓判がほしいですね。

しゅうこさん
薬を飲ませたらぐったり・・・なんて!しかも「タミフルの安全性が確認されていないから」といただいた薬でそんな事になったら・・・。どうしたらいいんでしょう・・・(;O;)息子さん、無事でなにより、しゅうこさんもお疲れ様でした。毎年、流行するインフルエンザ、予防接種にもいろいろありますし・・・どうしたらいいんでしょう?

結局のところ、うがい手洗いでしょうか・・・??

Posted by: こむぎ at 2007年03月26日 14:33

こむぎさん、コメント&トラックバックありがとうございました。
我が家にもついにインフルエンザがやってきました。そしてタミフルを服用。かかりつけの先生の見解は「(異常行動は)タミフルの影響なのか、インフルエンザ自体の影響なのかまだよくわかっていない」とのことでした。
そして、6歳の娘にも異常行動がでましたよ。夜中に急に起きあがってピアノを弾く真似をしたり歌い出したり・・・。10代の男の子が急に起きあがってベランダに向かっていったら、母親ではとめられないかも知れません。そう考えると10代の服用原則禁止も仕方ないのか・・・。難しいですね。

Posted by: かほる at 2007年03月27日 06:36

ウチにもインフルエンザ、やってきました。
下娘とオットと私がほぼ同時罹患。

オットと下娘には、タミフルを服用させましたが、私は飲みませんでした。

というのは、何かあったときに、一人は止める人を確保しておかないと(笑

結局、何もありませんでしたが、タミフルの効果について。

下娘はタミフルのおかげか、次の日には熱も下がってほぼ元気になりました。オットと私は、ほぼ同時に発症。そして、タミフル服用のオットと、飲まない私、ほぼ同時に、というか、私の方がやや早く治りました。

特効薬といわれるタミフルですが、ウチのように飲んだ人と飲んでない人で、あまり変わらなかった例もあるということで。

ウチは娘なので、何かあっても体当たりで止められる、という自信があるので飲ませられますが、十代の男の子だったら「何かあったときに止める自信が無い」ということで、タミフルは断るかも、と思いました。

Posted by: 本田いく at 2007年03月29日 06:48

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第77回 「恋妻家宮本」 
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2841

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: タミフル 対応が遅い厚生労働省
ブログ名: ウワサの情報
日付: 2007.03.23
内容: 厚生労働省がやっと重い腰を上げ、輸入販売元の中外製薬に『10代の患者には原則として使用を差し控えること』と警告を出しました。ここまで、被害が出ないと対策が...
タイトル: [タミフル]保護者も不安…医療機関で混乱も
ブログ名: 最新ニュースRSS速報
日付: 2007.03.23
内容: 原則として10代への処方は控えることが決まったインフルエンザ治療薬「タミフル」。21日休日診療となった医療機関では、保護者からの要望で処方するなど混乱もあった。
タイトル: [チビ] とうとうなっちまった・・・
ブログ名: ママさん編集者のぶらぶら日記
日付: 2007.03.23
内容: 昨日、お昼寝あけの時間電話がかかってきた。寝汗をびっしょりかいて、8度5分の熱が出ている。おなかも痛がるので、早急に迎えにきてほしい、と。 小さな子の場...
タイトル: インフルエンザ14歳男子、タミフル服用せず飛び降り
ブログ名: スーパーサイヤ人
日付: 2007.03.23
内容: 西日本で先週末、インフルエンザにかかった男子(14)が、自宅2階から飛び降り、足を骨折していたことがわかった。タミフルは服用していなかった。 主治医...
タイトル: 官と民の癒着ばかり
ブログ名: 気になる情報・最新ニュース発信中!
日付: 2007.03.24
内容: 寄付受けた教授は除外、タミフル研究班員を入れ替えへ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000...
タイトル: アメリカによる日本奴隷化計画 タミフル編
ブログ名: 右派社民党公式ブログ
日付: 2007.03.25
内容: アメリカによる日本奴隷化計画 タミフル編【タミフルって何?】 Q 狂って死ぬ薬です【どんな所で使われているの?】 Q 小泉元首相は鳥インフルエンザの...
タイトル: タミフルに代わるものはリレンザ?
ブログ名: お金はないけど知恵なら少し
日付: 2007.03.25
内容: 朝のニュースによると、医師や患者の間でも、タミフルに対する疑問がふえている。「飲みますか?」「やめときます」などという、会話がかわされている。でも、こ...
タイトル: インフルエンザそしてタミフル
ブログ名: 双子日記
日付: 2007.03.26
内容: とうとう我が家にもやってきてしまいました。インフルエンザB型・・・。 木曜日の夕
タイトル: なぜタミフル投与を受けた7割が日本…?
ブログ名: こども@救急
日付: 2007.04.13
内容: タミフルによる異常行動が取り上げられている。厚生労働省が10代への使用を原則禁止としたインフルエンザ治療薬「タミフル」。これまで世界中でタミフルの投与を受...
タイトル: タミフル耐性インフルエンザウイルスとは?
ブログ名: タミフル
日付: 2008.12.13
内容: インフルエンザウイルスが感染した細胞の中で増殖し、他の細胞へ感染を拡げるとされて...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space