ワーキングマザースタイルワーキングマザーに20の質問 Vol.10 雅薫子編




2007年04月20日

ワーキングマザーに20の質問 Vol.10 雅薫子編

Posted by 本田裕美

こんにちは、本田裕美です。
スタッフがいいとも形式で他のスタッフの素顔を直撃してお伝えするスタッフインタビューも10回目!。今回は私本田裕美が、お教室経営者の猪突猛進型・雅薫子さんにアロマの魅力・職場の開拓方法など、雅薫子の魅力をインタビューしました。


kaoruko.jpg

好きなことを仕事にした薫子さん。たくさんのメッセージを頂きました。
では、そのインタビューです。

まずは共通質問(計15問)です。

(1)いまのお仕事を選んだ理由は?

私は、銀行員時代に激務で体調をかなり崩しました。体育会系で強い方なので、精神的にはなんとか大丈夫だったのですが、無理から結局肩こりや、生理不順などの慢性的な体調不良状態に・・・。
これが、ほんとに自分にとって辛かったし、独身寮にいたせいか、いつでもどこでも銀行にいるような気分で逃げ場がなくて、結局踏ん張れる仕事も踏ん張れないようにだんだんなって行きました。そのときには、アロマテラピーには出会えませんでしたが、ストレスからくる体調不良の怖さをこのとき体感したように思います。ほんと、きつい事では有名な職場ではありましたが、同期が今でもバリバリと勤務している中、自分にとっては1つ挫折の経験でした。なので、今度仕事に就くときはこんな自分の体験を活かせて、結婚→育児を経験したことも活かせる仕事で、且つ「好き」を仕事にしよう!!と決心して、自分探しを始めて、出会ったのが「アロマセラピスト」でした。最初は、ただ香りが好きだった事と「自然療法」というものに長女が軽いアトピーで生まれたので興味を持ち始めていて、「ヴィックスヴェポラップ」という薬が「アロマテラピー」を元に作られた薬品であるという説明を、先ず最初に勉強を始めた通信講座のスクールの方から伺って、「何かある!」って思ったのが、きっかけでした。そんな事を始めたのが、長女が2歳ぐらいの時で、その後次女を出産したのですが、長女を逆子だった事で「帝王切開」で出産した時に、ちょっととんでもない手術体験をしてしまって、絶対に「帝王切開」での出産を避けたかった私は、次女の時に普通分娩にトライしたんです。それが・・、ちょっと話すと長くなるので省略しますが、(詳細は自分のサイトに綴っています)結局24時間半の戦いもむなしく・・。次女が胎便をお腹の中でしてしまい、「緊急帝王切開」に・・。その時、もう「泣いて、喚いて、怖くて、不安で」出産後も涙が止まりませんでした。次女を出産した病院では、「帝王切開」をすると術後の血栓予防に、足のマッサージを数時間ごとに看護師さんが部屋へ来てくれて、行ってくれるのです。術後、管で繋がれて動けない私にタッチしてくれたその手のぬくもりにどれだけ癒されたかわかりません。そのときに、「あ~、私は子育てが一段落したら、絶対こういう仕事をしよう!!」って思いました。なので、満足できるまで子育てと勉強を両立させて今のスタイルでの仕事まで進むことができたんだと思っています。


(2)バッグの中に必ず入っている、自分ならではのアイテムは?

IMG_0238.JPGうわ~。バックの中は、ほんと恥ずかしいくらいごちゃごちゃなのですが、やっぱり精油とスプレーセットとハンドクリームが必ず入っているのが私らしいアイテムかな?と思います。それと・・デジカメですね(笑)。


(3)いま住んでいる家を選んだ最大の理由は?

今は、転勤で関西で暮らしていますので社宅住まいですが、東京での家は北海道から東京へ転勤で戻ってきてから2週間で探して→1ヶ月で契約→2ヶ月で入居しました。友人には「信じられない!」と呆れられましたが(笑)、北海道で暮らしていた時に、「家」という「空間」が子育てにおいて、とても「大切な空間」であることを感じていました。なので、北海道から東京へ運良くまた戻れたら絶対にすぐ「家を買うんだ!!」と心に決めて暮らしていました(笑)。銀行員時代、私はいわゆる「外回り」で住宅ローンなどを取り扱っていたので、家々を廻りながら「結婚したら、こんな条件の家が理想だなあ~」とか色々頭で空想しながら働いていたんです。「小さくてもいいので、1戸建てか低層マンション。できれば、第1種低層地域。そして、駅から徒歩圏内」というのが当時からの私の理想。その条件に上手に当てはまった物件に出会えたので、即決断しました。そして、これはご縁だと思ったのですが、私が昔勤務してきた職場がその物件業者と提携していたもので、それもすぐに即決できた決め手の1つとなりました。結構、審査条件の厳しい職場でしたので、そういう意味では安心材料になったと思います。


(4)得意な家事、ニガテな家事は?

IMG_0239.jpg
得意な家事は、やっぱり「料理」だと思います(笑)。あと、洗濯かな・・。香りが好きなので、柔軟剤とか洗剤とかが大好き☆実は、昨日も大量買いをしてしまったところでした(笑)。


娘がアレルギー性湿疹が酷かった時は、自分で「お酢と精油」を使って柔軟剤を作ったり、目的によっては洗濯に精油を加えて行ったりと自分なりに楽しんでいます。
苦手な家事は・・・、衣替えの作業と主人の身の回りの世話かな(大笑)。


(5)自分&家族の健康維持のために気をつけていることは? 

これは、私の仕事に直結しているので、かなり気をつけています!。先ず、食事と睡眠。これは、徹底してます。これを徹底できなくなると、家族人数が多いせいか一揆に全員で「ガタガタ」と崩れ落ちます(笑)。何故、こだわるかと言うと「免疫力維持」に直結している生活スタイルの基本だからなのです。3人の子供を育てながら色んな事をやって実験(?!)してきましたが、基本の生活スタイルが1番大切だということを子供の体調から、体感したからだと思います。アロマテラピーは「自然療法」なので、精油だけのケアをするのではなく、「食生活」「精神的な健康」など・・1人1人が置かれた環境全てを含めてケアしていく事が大切な療法なので、「生活スタイル」というのは、ほんとにポイントなんですね・・。でも、1番難しい事かもしれません。ですから、薫子家なりにペースを作って生活する方法をいつも大切にしています。
それから、「おかしいな・・」と思った時の「精油ケア」が、我が家の特徴だと思います。子供たちも自分で喉が痛かったり、咳が出たりすると「スースーしたい」とか、「マッサージして!」など、私にきちんと報告してきます。それによって、季節の流行などを考えながら、精油を体へ摂り入れています。主人にも同様。会社へ季節ごとに何かと精油を持って行っています。花粉症ですから、この時期はアップした「ペパーミント」。車で、吸っては仕事をしているみたいです(笑)。


(6)過去一年間で一番笑った、家族との思い出は?

我が家は、「B型家族」なので・・どちらかというと、騒がしい家族です(汗)。3姉妹、喧嘩もかなり凄いですが、仲がいい時はほんとに良く笑っています。

1番・・というと、つい先日県内の自然公園に行った時に、びっくりするぐらい「大きな滑り台」があって、小さい子供は加速が付き過ぎて体が浮いてしまうくらいの滑り台。これに、我が家の3姉妹が挑戦した時に、3女が案の定凄いスピードで滑り出したんです。私は怖くて「どうしようっ」ってちょっと焦っちゃったのですが、本人は超楽しそう。しかし、着地の時に体が「ポンッ」と1回浮いて、砂場に大開脚状態で突っ込んでしまったのです。なんと、当日彼女はお気に入りのスカートで滑ってしまい、大開脚でうつ伏せの状態で砂場に突っ込んだので、「スカートがめくれて、かわいいパンツがあらわになりました」。一瞬止まってしまいましたが・・、(汗)その後、家族で大笑い。本人も納得していたせいか、泣く事もなく一緒に大笑いでした。私が絵が描けたら漫画にしたいような構図でした(笑)。


(7)過去一年間で一番大変だった、家族との思い出は?

やっぱり、関西への引越しです。
これは、ほんとに大変でした。家の事もありましたし、学校と幼稚園と3姉妹其々の生活にお別れ・・。そして、私も仕事に区切りを1回つけなくてはならず、ほんとに辛かったです。住み慣れた、愛着のある我が家を残してでしたから、子供たちもみんな何か忘れ物をしばらくしてきたような思いで、こちらでの生活をスタートさせた事を思い出します。また、遊びなれた友達とのお別れ。これを見守るのも、ほんと辛かったです。引越しも、異動が出てから主人はポンッと飛んでしまうので、後始末や新生活の準備など全部私の肩に乗っかってしまうのでもう2度とこんな引越しにならないように、次は事前に色々準備をしておかなければ・・と色々考えてしまいました。あまりにも大変で、2ヶ月くらい副鼻腔炎が治らなくて・・・。また、次女が幼稚園の年長の2学期からの転園でしたから、東京で物心ついた時から一緒だったお友達や幼稚園と必死な思い出お別れして、新生活に飛び込んだこともあり、これまた新生活に馴染んでいくのに、紆余曲折がありました。周りの空気を読む子だったので、外では涙1つ出さず楽しくやっていると思っていたのですが・・・子供ながらに色々だったようで、その紆余曲折振りを見守る事が大変でした。今は嘘のように関西弁も上手になってきていますが、子供って色んなことを思うんだなあって、私も母親として成長させてもらった出来事ではありました。でも、度々申し訳ありませんが・・・ほ~んと大変でした(笑)。


(8)うちの子、かわいい~!とか、うちの子、天才!? と思った最近の出来事は?

其々に思うところはありますが(笑)、3人まとめて思うのは、「廃品遊び」がとても得意で、家にあるもので、あっと言う間に「おもちゃ」や「家」など色んなものを作って3人で相談して遊ぶんです。車で帰省したのが楽しかったのか、広告をつなげて車を作って、ハンドルや座席など毛布や色んなものを持ち出すのですが、それは本物の特徴を忠実に再現したりしていて、この想像力に「親ばか」感情が芽生えてしまいます(笑)。そんな、3人の遊びを眺めているのが私の幸せだったりで・・・。
このまま、仲良い3人で育って欲しいなあって願ってしまいます。


(9)お子さんが、親に似ているところ、似ていないところは?

3人とも、間違いなく「大きな女」になりそうなので、これは私に似てしまいました(汗)。←ごめんねっ。


☆長女☆

似ているところ:ぱっと見た雰囲気が私の小学生の時に似ています。興奮したり、大切なところで空回りして1回失敗を踏んでから学習してリベンジするタイプで、なんと1番にて欲しくなかった私の悪いところをそのまま受け継いでしまいました。(涙)
似ていないところ:思考回路が全く違います。失敗するところはそっくりですが、物事を考える筋道の立て方が全く違うので、1番私が喧嘩をしてしまうのが長女・・・(ごめんねっ)。多分、主人の思考回路だと思います。だから、突拍子ない思いつきでびっくりさせられる事も多々ありです(苦笑)。でも、コツコツと粘り強い性格の持ち主なので、そこも私に無い部分で彼女の長所だと私は思っています。そんな部分を、私も頼りにしちゃっているんですね。


☆次女☆

似ているところ:運動神経がすばしっこいところ。これ、私に似たと思っています(笑)。私は、大きい癖に結構小回りが利く「バスケット」プレイヤーでした。短距離走とかも大好きで、走るのが速くなることをかなり大きくなるまでこだわっていた、スポーツ少女だったんですね。今思えばお恥ずかしいのですが、でも次女は速くてすばしっこいので、これは私だ~(笑)と親ばかしています^^。
似ていないところ:ちょっと、モテる所でしょうか(笑)。3人いるので色々なんですが、次女は何故か男性に声をかけられることが多いように思います。不思議なんですが・・・、ちょっと羨ましい私だったりします(笑)。私は、ほんと大きくて男の子に「モテる」ってことに縁遠い人だったので、これは完全に似ていないところです。


☆三女☆

似ているところ:この子が多分3人で1番私に似ています。(笑)色んな人と話をする事が大好きで、初対面の人にも平気でついていってしまいます。どうも、私もそんな子供だったようでいつも母親に言われます。それから、脚の形とか髪の色とか笑うと歯茎が出てしまうような所まで・・・(汗)似ています。
似ていないところ:顔は主人顔なので、全体的な顔のパーツは、私に似ていないと思います。天然パーマでボディーパーマをかけたみたいな髪の毛は、私でも主人でもありえない髪質なので、どこで誰に貰ったんだろう?なんて、お互いの両親もそんな話をするくらいです。遺伝って不思議なものだなあって髪を結びながら毎日思います。


(10)今後一年間で、プライベートでやってみたいこと、行ってみたい場所は?

3女がバレエを始めたので、それに合わせて私も一緒に「バレエ」を習ってみたいですね。体を柔らかくしておきたいので、これは実現できたらいいなあと思っています。
それから、今年は3姉妹を連れて初海外旅行に挑戦したいです(笑)。そろそろ、3人とお買い物も楽しくなってきたので、海の綺麗なのんびりできるところで、一緒に遊んだりショッピングしたりして、異国の土を踏んでみる体験をさせたいですね。3女が小さくて、帰省以外の旅行は全く行けなかったので。


(11)最近の、仕事上でのmyテーマは?

自分のオリジナルのスタイルで生活&仕事を稼動させる事です。私が自分で仕事をしていく上で1番難しいのは「気持ちと時間と仕事と家族と収支のバランス」だったんです。給料を頂いて働いていた時は、託児代でびっくりするくらい払っていましたし、ではそれを節約する形で仕事をすれば時間が取れないので、収入も限られてしまい、自分の思う仕事の形態を実現することができなかったり・・、子供を後回しで家で仕事をしていると、何故か夫婦喧嘩が絶えなくなったり・・・そんな紆余曲折を繰り返して繰り返して・・・やっと今のスタイルが、「全部が旨くバランスがとれる状態」だったので、「これが家族も私も幸せな私のワーキングマザースタイルなんだ」って思えたら、気持ちが軽くなって。そう思って、肩の力を抜いて仕事を組み立てたら、関西でも仕事ができる環境に出会えて、やっとスタートまで辿り付いた状態にまでもってこれたので、これを大切に今度はきちんと稼動させて行く事がまさに私の今のミッションだと思っています。


(12)日本が沈没するとしたら、最後の晩餐に何を食べたい?

稚内で食べたウニスパゲッティーと、襟裳岬の塩ラーメンです♪


(13)好きなことわざや、座右の銘は?

こういったものは、特にないのです・・・。


(14)ロールモデルにしている人は?

これも特にいませんが、アロマセラピストとして尊敬しているのは、私の恩師であるバーグ文子先生です。先生の、自分の目で見たアロマテラピーを信念を持って伝えられている姿に非常に影響を受けました。また、母として妻として家族に愛されながらこの仕事をしているのが先生の魅力で、そして超美人☆ほんとに素敵な方です。私達アロマセラピストというのは、各々の体験や生活から色んなセラピーが生まれるので、全く同じものを形にするのではなく、「自分スタイル」をきちんと持ってプロとして仕事をしていく強さがないと、仕事が成り立たない厳しい世界だったりします。先生から教わったことで、そんなプロとしてのスタイルや信念なども学べたことから、「薫子スタイル」を求めながら今に至ったと思います。先生と私は、置かれている環境が違うのでスタイル的には同じではありませんが、「薫子流アロマテラピー」と記してしまうのは、そんなところから「私流のアロマ」をお伝えしたい気持ちから書いてしまうように思います。ずっと尊敬している方です。


(15)ずばり、出生率が上がる(=子供を産みやすい社会になる)ために、何が必要だと思いますか?

私は子育て環境だと思います。「環境」というと、漠然としてしまうのですが、現代社会において家で子供を1人で見ているママとワーキングマザーの比率はだんだんと変わらなくなっているのではないかと思います。そして、この世の中・・子育てについて色んなご意見が飛び交っていますが、各家庭の子育てにおいて1番大切なのは、「母親が良い状態で子供と向きあえる事」なのではないかと思います。
私に関しては・・仕事を持ちたいことについて自分の母親も含めてそれはそれは色んな事を言われながら、今に至っています。1番きつかったのは、自分の楽しみのために「犠牲」にするんだね・・と言われてしまったこと。でも、家にいるから子供が健全であるとか、働いているから健全ではないとか私は関係ないとあるとき確信しました。きちんと母親が自分を知って、良い精神状態で生活している背中を見せる事、そして逃げないで子供と自信を持って向き合って暮らす事。これが、基本かもしれない!と3人目が産まれて、自分で苦労してみてそう思わせてくれた素敵なワーキングマザーに出会えたからです。自分に嘘をついて無理をしながら育児をしても、そんな私の背中を見て娘は育つだろうし、私も性格的に、無理を重ねながら子育てしていては、その無理を子供にぶつけてしまうので悪循環が生まれる・・こんな事がいいとは思えないと悩みました。また、だからといって仕事が楽しくても、子供の生活時間を全く無視する形で、仕事ばかりしていては、きちんとアンテナを張っていないと子供と向き合う時間が全く生まれない。これもまた、いいとは思えない・・。きちんとこの両方が旨くかみ合うように生活できれば、そんな環境を得られたら、少なからず私の収入も増える事で、子供が増やせる事も考えられるし、3人を育てて行く経済的不安も少なくなる。と言う事は、各々家庭によって必要なものに誤差はあれ、みんな何かしらの「不安」を抱いているから、出生率が上がらないのではないかな・・と、思うようになりました。経済的不安といっても、子育てにとって必要なのは、お祝い金などの一時的な援助ではなく、ランニングコストや医療費など子供の成長に伴って必要な経費がやっぱり重要ですし、ワーキングマザーにとって託児所などの併設の企業が増えたにしても、子育てと家庭と仕事・・結局、背負うものが増えているのは女性であるという、社会環境も拭えませんし、無理なく心配なく子育て生活をできる「環境」を作っていく努力を惜しまないでやっていく必要が絶対あると思います。細かい部分が多くなるかもしれませんが、きちんと細かい声を反映して政策を実行していけば、環境が整って出生率は必ずアップすると思います。あと、それに直結してるのは「いい病院」が増える事もポイントかと。子育て含めて関われるパートナー的な産婦人科や小児科が増えればそれも「不安」を取り除く素晴らしい子育ての「環境作り」だと思います。

あとちょっと単純すぎるかもしれませんが、有名人が子沢山で素敵に子育てしている人が増えたら、「子沢山ってかっこいい☆」みたいなイメージが広がって出生率がアップしちゃうような気はしますね(笑)。


---- ここからは、薫子さんへのパーソナル・クエスチョンです。 ----

(16)薫子さんの影響で私もアロマテラピーを始めました。自然の力を借りて、自分が持っている力で元気になっていく。予防という観点からももっと取り入れたいと思っています。これから「講師になりたい!」と思っている方のために薫子さんが歩んだアロマテラピストになるまでの道のりを教えてください

最初の質問で、ちょっと書いてしまっていますが、興味を持ったときは北海道にいたので、通信教育でしか勉強できる術がありませんでした。でも全く的を得た使い方はできないし、スクールの人のコメントも私にとっては相槌にしか思えなくて、この方法は私には合わなかったなあと思った時に、尊敬する「バーグ先生」の事を知りました。本(アロマセラピストになろう)を読んで、通信をとりあえず終了させて、これまた運良く東京に戻ったら、「絶対バーグ先生の学校・ロンドンスクールオブアロマテラピージャパン(通称 LSA)に行って英国IFA認定アロマセラピストになる!」と決めました。それから、色々スケジュールを自分で立てましたが予想外の3女の妊娠(笑)。よって、1歳になって母乳が終わったらLSAにて1年半のコースで子育てをしながらゆっくり学んで、3歳になるまでに資格取得をして仕事にする事を目指して、1つずつこなしました。3歳になるまではなるべく子供と一緒に居たかったので、働くまでの時間と育児を両方楽しめるスタイルでスクールに通っていました。
ですが、やっぱり色々あって卒業試験の前に「インフルエンザ」に次女、3女が感染してそのまま試験に行ったり、簡単ではなかったかもしれません。ほんとはサロンで働くセラピストにとてもあこがれましたが、物理的に無理だったんですね。お客様がいらして頂ける時間帯は、私が働ける時間帯ではなかったので、同じスクールの友達はサロンデビューしたりで、「3人も子供がいるのは無理があるのかなあ~」っていつも思っていました。でも、次女の出産の時の思いを思うと諦めきれず・・また、講義を受けていても女性の体と植物の精油は関係することもたくさんですし、なにより、子供の病気について色んなことが理解できるようになって、学校に通ってセラピストに近づく事が楽しくて仕方なくなりました。そんなこんなで過ごしながら、だんだん精油や人間の体のことに詳しくなってきたことで、精油ケアを色々思いつくようになって家族にケアをしていたら、色んな発見に出会って、「ママだからできる事が、アロマにはたくさんある!!」って、1つ信念が生まれたんです(笑)。私が、子育ても、仕事に行く事もこの精油ケアでこんなに不安が軽くなって生活が楽しくなったのだから、このケアを安全に各々の家庭で活用していただく事で、もしかしたら子育てが楽しくなってこの少子化社会に役立つ事にも繋がったらなんて素敵なんだろう!って単純に思ってしまって。3姉妹のママになったので、娘たちが大きくなったときに「ママはこういう思いで、仕事をしながら私達を育てたんだなあ」っていうのが大人になっても理解してもらえたら仕事も育児もすることを決意した私の人生は、無駄にはならないかもしれないし・・・なんて色んな事を思ったりして・・。なので、先ず自分が信念をもって伝えられるアロマテラピーの講師の仕事を始めようと思ったのです。

「薫子流アロマテラピーファミリーケア」の実験(?)は、こんな中から生まれたケアです。(笑)


(17)関東から関西へ引越しをされ、途方にくれることもなく新地でお教室を開き、ますます磨きをかけている猪突猛進型・雅薫子さん。将来お教室を持ちたいと思っている私にとって憧れの人です。ぜひ、どの様に職場開拓されたのか・教室を開く心構えを教えてください

そんな風に言っていただけて大変嬉しいです。でも、お恥ずかしいですが、ほんと綱渡りみたいな状況でたどり着いた感じで、自分的にはボロボロだったりなんです(汗)。恐縮ですっ。
これも、仕事上でのテーマの質問で少し触れましたが、私に子供が3人いる事はお勤めをする上ではやっぱり大変な事でした。そのときに色んなものとの「バランス」を考えて、どのスタイルが私にとって家族にとってハッピーなのかを考えさせてもらったのだと思います。仕事をいくら頑張りたくても、家族に負担が行かないようにどこかで帳尻は合わせなくてはならないし・・、そんなこんなでどこかで無理があると、「職場に迷惑が掛かる」という事も事実でした。そんな私を暖かく見守りながら職場は受け入れてくれましたが、転勤を迎えたときに、「私は自分のやりたい事をしながら生きるには、自分で責任を負って、自分でやっていくことがバランスが旨くいって、みんながハッピーになる私のスタイルかもしれない・・」とそんな風に直感で感じました。それまで、自分でやっていく自信がまだ生まれなかったのですが、苦労も人一倍したし、職場で経験をさせてもらったことを糧に、後は自分の人生経験をプラスして勇気を持って新しい土地にいったら、もう歩みだすしかない・・と決意したんです。主人に、「もう何年こんなスタイルで、やっていくの?いつまで経っても走れないな~」って言われた時に、「火がついて(笑)」。自分が「いい!!」って素直に感じた事や大切だと思った事を、勇気を出してお伝えできるアロマの教室を、新しい場所だからこそ、胸を借りてやってみよう!って思って、自分が思い描いていた場所を探し始めて、スシーラティー紅茶教室のオーナーの吉田直子さんに出会いました。


IMG_0088.JPG   IMG_0091.JPG


家からも近いし、空間が気に入った事もあり、またそちらの先生が「紅茶」を通じて文化も伝えたいとおっしゃっていた意味が彼女のレッスンで感じる事ができて、ここは私にとっていい場所になる!なって欲しい!と思い、自宅と同じく即決断でした(笑)。


(18)3人のお子さんのを育てながらも自分の夢を実現させた薫子さん。毎日のスケジュールはどうなっていますか?時間の使い方を教えてください

仕事がある時とない時で、差が激しい私のスケジュールですが~(汗)。3人娘の行事が目白押しなので、結構バラバラなんです。そんな中、週に何日と予め仕事の日を決定して、スケジュールを組みます。
教室に出向く時のスケジュールをお伝えします。


  6時         起床・身支度を整えながら、洗濯、お風呂掃除、朝食準備

  7時         子供達起床・お弁当作り・主人を送り出す

  7時45分      小学生組み登校

  8時         幼稚園児 朝食・登園準備・洗濯干し、掃除など家事タイム
 
  9時         幼稚園へ登園(送り)

  9時半~45分   出勤

  10時前教室到着 講義準備

  10時半       教室スタート☆


IMG_0070.JPG


  13時半~14時   片付け打ち合わせなど仕事終了 

  14時~14時半   幼稚園お迎え

  15時~16時    小学生組み帰宅

  16時~19時    お稽古や遊びに付き合ったり、夕飯の支度など家事タイム

  19時        夕食

  20時~21時    入浴、宿題見直しタイムなど

  21時~21時半   就寝(子供達)

  21時半~主人の帰宅まで   ブログや仕事の雑務タイム

  24時半ぐらい   就寝

と、仕事のあるときのスケジュールはこんな感じです。お教室に行っている時間帯を仕事タイムと考えていて、教室に出向かない日はその時間に準備や雑務の作業をして仕事をしています。この時間の使い方が、「3人の子育て&仕事」のバランスを取るには、私にとっては限界なんです・・・。もっといい時間の使い方がないかなあっていつも悩んでいます。多分、私の時間の使い方のコツはながらで家事はやってしまう事です。歯磨きしながら、洗面台など全部掃除したり、いつも何かをしながらやっています。時々、これを娘がどう思うのかなあとか色々考えますが。時々、電池が切れたようにプチッと何もしないで放置したりしもしちゃって、抜く時は抜いています(笑)。


(19)薫子さんのこれからの夢をお聞かせください

夢は、アロマテラピーを通じて、少子高齢化社会や地球温暖化対策に貢献する事です☆

それが、これから大きくなって子育てをしていく私の娘たちへの贈り物でもあるような気がするからです。「薫子流のアロマテラピー」は、私がやっている通りにアロマを実践することが目的ではなくて、それを行う上での理由とか環境などを、各家庭に当てはめて、精油ケアだけでなく、美味しい料理を作ってみたり、時にはスローライフを送ってみたり・・と、其々に合った生活を楽しむ方法を見つけて、その中で、せっかくの精油の効果を生かすことで、自分で予防することや健康で生活することに繋がることになってもらえる事が、最大の目的なんです。私の家族に適した精油が、他の家庭に適しているかは、ケアを実践してみると違う精油の方がよかったりする場合もあるからなんですね。では、どういった場合だと自分の家庭に適しているのか・・?とか、安全に使うためには・・という点ではどうしてもレッスンを重ねていただく事で感じて頂かないと難しいのも事実です。でも、それを知っていただく事で、精油のある生活が、その人にとって、仕事のストレスで悩まなくなったり、介護生活にもストレスがなくなったり・・育児も不安がなくなったり・・とマイナス要因から離れる事のきっかけとなるならば、それは、いい社会生活を送る素晴らしいヒントとなるのではないかと思っています。また、なってくれたらこんなに嬉しい事はないと思っています。また、現在地球温暖化で植物や食べ物など・・様々な影響が自然環境で起こっていることからも、精油の効果の素晴らしさを感じていただけることで、どんなに自然が育んでいる力が素晴らしいかということも、感じて頂けて、1つこれからの生活のヒントになったら、これもまた嬉しいことだと思っています。
私は、どちらかといえばきつい出産を経験してしまったので、出産や子育て・・そして、生活など、ライフスタイルへのこだわりが強いかもしれません。ママが自分で自分が心地よい環境を作り出すことがとても大切だといつも思っています。ですから、自分の「不安」を減らして生活を楽しくしてくれた精油の効果を、体感して頂いて、出産、育児の「不安」も減らす1つのカテゴリーとなって、ハッピーな出産と育児を体験した事で、子供をたくさん育てたくなるような方が増えたらこれもまた嬉しいな~って(笑)。空想ばかりですね。でも、この空想を実現するために、「薫子流」のレッスンを考えて、生徒さんをお迎えしたいと思っています。

そして、私のように育児をしながら働きたい人はたくさんいると思いますので、アロマテラピーで仕事をしたい人の為に自分の経験を活かして、きちんと仕事ができる環境を自分で作っていけるようなアロマセラピストのスクールも実現したいと思っています。


では、最後の質問です。

(20)次の人を指名してください!

同じく、いのしし年で、同じ学年で、同時デビューをした、本田いくさんです!
彼女の、仕事へのプロ意識の素晴らしさがアップの記事から伺える点にいつも惚れ惚れして読んでいます。そして時折感じさせてくれる細やかな優しいママの部分・・。まだ、1回しかお会いした事がないのですが、フリーで素晴らしい活躍をしている彼女から学びたい事がいっぱいです。そんな彼女に「フリー」でやっていく心構えなど・・

ぐっと接近して色んな事を聞いてみたいと思います。いくさ~ん!宜しくお願いしますね☆

薫子さん、ありがとうございました。
パーソナル・クエスチョンに入る前から精油がいっぱいできて、猪突猛進精神を感じました。

『最近の仕事上でのmyテーマは?』では、仕事をしたいと思ったママなら一度は考えたり経験することではないでしょうか?頑張りたいけど、頑張りきれないもどかしさ・・・。でも諦めずに『きちんと母親が自分を知って、良い精神状態で生活している背中を見せる事』が重要!と前進する薫子さん。「自分が幸せでないのに、誰を幸せにできるの?一度きりの人生なんだもの。神様じゃないんだもの。ちょっとわがままでも、後姿が恥ずかしくなければいいじゃない。子供は親の背中を見て育つ!」と思っている私は「うん、うん」とうなずいてしまいました。

ありがとうございました!。

◆次回は、雅薫子さんが、本田いくさんに質問します。お楽しみに!
◆この質問を使ったブログのトラックバックも、歓迎です。







●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

薫子さんのインタビュー記事いっきに読ませていただきました。
北海道、東京、関西と物理的な環境の変化も、薫子さんらしく解決していった姿が、すごーい、すごーい、と感動いたしました。
アロマテラピーとの出会いも運命の出会いだったんだなぁ、、と思います。
会うべきタイミングで、自分に必要な人と出会ってきたんですね。人を引き寄せる力を薫子さんはもっているんですね。
私は、出産してしばらくの間、助産婦さんにアロマテラピーを使ったマッサージをずっとしてもらっていて、その時間が新米ママの私の精神的な支えになっていました。
薫子さんの精油へのアツイ想いをどんどん広げてほしいなぁ、、と思いました。
最後に、得意な家事が「料理」と「洗濯」。ほんとステキ。私にはありえません。。。。(笑)

Posted by: ゆめ at 2007年04月21日 21:19

裕美 さん、お疲れ様です。興味深く読ませていただきました。
薫子さんといえば、やはり精油ですよね。
出産の話など、アロマへの道にはたくさんの想いがつまっているのですね。実感しました。

オフなどでお会いした時にも、いろいろなお話を聞かせていただきましたが、自分にの道を一歩づつ歩む薫子さんの姿は魅力的です。
これからも夢に向かって一歩づつ歩き続けてくださいね!
そして、いつか関東でもセミナーを開催してください。楽しみにいています。

Posted by: しゅうこ at 2007年04月22日 00:50

薫子さん、ご無沙汰しております。

昨年はオフ会でお会いできてとても嬉しかったです。そして、その後も、メールでお付き合いくださり大変感謝しております。

3人のお嬢様たちもみなさんお元気でしょうか。

薫子さんの思いがいっぱい詰まったアロマ教室が、ながーく続いていけますよう、心からお祈りしています。

みなさまで海外旅行をご計画なさっているとのこと。ぜひミュンヘンにもお立ちよりください。お会いできるのを楽しみにしています。

Posted by: みどり at 2007年04月22日 14:42

裕美さん素敵なインタビューじっくり読ませていただきました。
薫子さんの精油に対する熱い思いが満載ですね。
三人のお嬢さんがいて、新しい土地での教室開設は薫子さんのパワーがあってこそですよね。
きっとお嬢さん方も生き生きと仕事しているママの姿を見て育っているんだろうな、想像します。
アロマの教室お邪魔しに行きますね~。

Posted by: りこ at 2007年04月23日 10:24

たくさんのコメント本当に有り難うございます!

>裕美さん、素敵な記事にして下さってほんとに有り難うございます。不慣れでご迷惑もお掛けしたと思います。裕美さんにインタビューしていただいて楽しかったです♪そして、勉強になりました。ほんとに有り難うございました!。

さて、次は私の番!いくさんへのインタビュー頑張ります。

>ゆめさん!
コメントとっても嬉しかったです。有り難うございます。こうやって自分で記事を読んでみると、「猪突猛進型」というのは納得してしまうくらい、ずっと突っ走ったんだなあと思ってしまいました(笑)。
助産婦さんから・・。そうだったんですね。それを1番実現したいんです。私も、今だに手術後の足のマッサージのタッチは忘れられないんです。
ほんとに暖かいコメント有り難うございました。

>しゅうこさん!
お会いできる機会が少なくなってしまって、ほんとに残念ですが、はじめからしゅうこさんには色々助けていただいて、アロマの話も随分隣でしてしまいました(汗)。アロマの話をすると、止まらなくなってしまうのです・・。コメントからしゅうこさんの優しい笑顔が浮かびました!有り難うございます。

>みどりさん!
ご無沙汰しています。コメント有り難うございます!
ミュンヘンはいかがですか?1回しか行ったことはありませんが、忘れられない街で、絶対また行くつもりです!その際は、案内をお願いしちゃいます(笑)。
ご家族、皆様お元気ですか?こちらに、戻っていらっしゃる時は、ご連絡くださいね!ご活躍お祈りしています!

>りこさん!
年末、色々相談させていただいて、かほるさんとりこさんの助言で、いのしし年に猛進する事に決めたのです(笑)。色んな部分で、いい出会いとスタートになったと思っています。ほんとにこれからなので、色々アドバイスお願いします^^。来ていただけるのでしたら、ほんとに嬉しくて大歓迎です。
また、そろそろ中間報告会と称して、「関西オフ」お願いします!。

Posted by: 薫子 at 2007年04月23日 22:55

引っ越しにもめげず、新しい土地でしっかりと羽ばたいていらっしゃる姿、とっても素敵です♪
>きちんと母親が自分を知って、良い精神状態で生活している背中を見せる事、そして逃げないで子供と自信を持って向き合って暮らす事。
すごくココロに染みました。子どもに対して、今の自分に自信を持って向き合って行きたいと思いました。
ありがとうございます&裕美さんも素敵な文章お疲れ様です!

Posted by: みほっち at 2007年04月24日 14:46

とっても熱い想いが伝わってくるインタビューでした!
いつも思うのですが、「だれかに心から喜んでもらえる仕事」って、本当に素晴らしいと思います。
薫子さんも、紆余曲折ありつつ、これだ!というお仕事に巡り会えて頑張ってるお姿、とってもまぶしいです!
娘さんたち、いいなぁ、いつも薫子さんにアロマケア(実験!?笑)してもらえて・・。

Posted by: ふうこ at 2007年04月25日 15:05

出遅れました~。

裕美さん、薫子さんのいろんな素顔を引き出してくださり、嬉しいです。一気に読んでしまいました。

薫子さんの精油に対するひたむきさに打たれて(?)、私も最近、アロマオイルを生活に取り入れ始めています。これまでは「香りだけじゃ癒されないわ」と敬遠していたのですが、香りだけじゃなくて、精油がもつ自然の力が大事なんですよね。

薫子さんの「ファミリーケア」という考え方にも共感!

素敵な教室で「ファミリーケア信者」をうーんと増やしてくださいね。

今度、教室に遊びにいかせてください!

Posted by: かほる at 2007年04月25日 20:09

薫子さん
子どもを三人育てながら、お仕事をするって事は、とーっても大変な事だと思います。でも、絶対に大きなプラスになってると思います。しかもいつも美しくしてる薫子さん、素晴らしいです!

それと・・・洗剤の写真の左側の三つのどピンクのものは何~?すごーく気になります。教えて~!
ダウニー好き、香りもの好きな私、興味津々ですっ!

Posted by: こむぎ at 2007年04月25日 23:02

本田さん、薫子さんへのたくさんのインタビューありがとうございます。
薫子さんの猪突猛進ぶりがたっぷり感じられました。

薫子さん、すごく大変だったでしょうが、関西に来てくださったことが嬉しいです。
またお教室に参加したいと思ってます。
メール送ったのですが、届いてますか?

Posted by: ちゅうりっぷ at 2007年04月26日 08:59

薫子さん、お疲れ様でした。忙しかったけれども、楽しかったですね。今、何事においても「お休み中」の私にとって大変刺激になりました。ありがとうございました!

Posted by: 裕美 at 2007年04月28日 08:15

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
娘、小2。母、会社勤めを始めました。
引越コンシェルジュ
【子供と英語!我が家の英語Time】第8回 英文のマニュアルを読む!
アーモンドが品薄になるかもっ!「世界一の美女になるダイエット」
『Javari』は楽しいな♪
『ヤングアメリカンズ ジャパンツアー 2009』 受付開始です
『NUMERO』 - 小1の算数の復習はこれで完璧!
Ki-Re-i で キレイ
子供本を選べない人に『100さつ読書日記』
今だ!洋書を買おうっ
【子供と英語!我が家の英語Time】第7回 英検4級を受けました。
2009年の手帳を買いました
合格発表 詐欺・・・?
「ヤングアメリカンズ 2008」に参加しました!
植物に触る時は長そでで!

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2894

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: アロマテラピー☆ファミリーケア講座(Stage1=基礎コース)
ブログ名: 薫子流♪アロマテラピーケア日記 
日付: 2007.05.23
内容:  アロマテラピー☆ファミリーケア講座(Stage1=基礎コース)全6回  *詳細レッスン内容は別途お問い合わせ下さい。  ...
タイトル: 紅茶のススメ☆
ブログ名: 薫子流♪アロマテラピーケア日記 
日付: 2007.05.23
内容: 私が「アロマ教室」をする為にお借りしている「スシーラティー紅茶教室の入門クラス」 へお邪魔してきました。 こちらの「紅茶教室のオーナー☆...
タイトル: アロマテラピー☆ファミリーケア講座 初回講座について
ブログ名: 薫子流♪アロマテラピーケア日記 
日付: 2007.05.23
内容: 5月11日(お陰様で締め切りとなりました) 15日(火曜日) アロマテラピーファミリーケア Stage1(基礎コース=全6回) ? Less...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space