ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】番外編 オダギリジョーが好き




2007年05月10日

【シネマ・こむぎスタイル】番外編 オダギリジョーが好き

Posted by 湯河原こむぎ

ゆれる
最近、オダギリジョーが好きです。スクリーンで初めてオダギリジョーを観たのは「ゆれる」を観た時。映画の始まりの、ただ単に登場したその姿に、並々ならぬ色気を感じ取ってしまいました。オダギリジョーは東京に住むカメラマンで、母の一周忌に実家に帰るから・・・みたいな単なる打ち合わせシーンでしたが。「うわー、この人すごい~」と思いました。それまでもドラマやCMで何度となく観ていましたが、スクリーンでは「特別」な感じがしました。

「ゆれる」は、2006年の国内のいろいろな映画賞で「フラガール」と並んで、たくさんの賞を受賞した作品です。「おもしろい」とか「楽しめる」という言葉とはほど遠い重くて深い映画です。

東京で成功している弟のオダギリジョー、故郷に残り実家のガソリンスタンドを継いでいる兄の香川照之。ある日、兄弟と、兄がひそかに好意を抱いている女性(3人は同郷で小さい頃から知っている)と3人でつり橋に出かける。兄と彼女がつり橋にいる時に、彼女が川に転落し死んでしまう。事故だったのか、兄が突き落としたのか・・・。ジャンルとしては「法廷もの」です。オダギリジョーと香川照之の二人が本当に上手で、観ている私も心が揺れました。

この映画の中のあるシーンで、オダギリジョーの「舌出せ」という台詞があるのですが、その台詞にしびれました。・・・と自分のブログで書いた事があります。今でも時々「オダギリジョー 舌出せ」のキーワードで検索してくださる方がいるので、たぶん、あのシーンにしびれた人が私以外にもいるんだと思います。



時効警察 DVD-BOX  仮面ライダークウガ 特別篇
「ゆれる」を観るまで、私の中のオダギリジョーって「時効警察」やCMの「どうすんのよっ、俺?」とかのコミカルなイメージ、また仮面ライダークウガだった人、そして、なんだかいつもむさっくるしい髪型をした人・・・のイメージでした。スタイルもよくて顔もステキなのに、けっこうコミカルな事も本人が好きそうですよね?「時効警察」は、夫が大好きで、毎週HDDに録って見ています。「時効が成立した事件を霧山修一朗(オダギリジョー)が趣味で捜査している」というドラマで、毎週、すっごくおもしろい。このドラマではさすがに色っぽくはないのですが。最近新シリーズがまた始まってうれしい限り。


イン・ザ・プール  イン・ザ・プール
「イン・ザ・プール」は、奥田 英朗著の同名小説を映画化したもの。最初、小説を読んで、伊良部総合病院の地下にある神経科の精神科医・伊良部のはちゃめちゃさ加減に大爆笑!はまりにはまって、シリーズ3作全部読んじゃいました。(二作目「空中ブランコ」三作目「町長選挙」)
小説「イン・ザ・プール」は5つのお話から成っています。
一つ目のお話は「イン・ザ・プール」・・・なんとなく体調が悪くて、水泳を始めたら泳がずにはいられなくなってしまった人の話。
二つ目のお話は「勃ちっぱなし」・・・勃ちっぱなしで元にもどらなくなった人の話。
三つ目のお話は「コンパニオン」・・・いつもいつも自分はストーカーに狙われているって思っている女の話。
四つ目のお話は「フレンズ」・・・ケータイ依存症?の高校生の話。ケータイがないと、手が痙攣してしまうほど。
五つ目のお話は「いてもたっても」・・・電気を消したか?と一度思うといてもたってもいられなくなる人の話。

本を読んでから知ったのですが、このお話が映画化されている。伊良部医師は松尾スズキ(オダギリジョー主演・東京タワーの脚本を書いた人)、なんと「勃ちっぱなし」がオダギリジョー。これは観るしかないじやないですか!(ちなみに、一つ目のプール依存症の患者は田辺誠一、五つ目の「いてもたっても」の患者は市川実和子)この映画のオダギリジョーは、サラリーマンの役なのでスーツを着て、髪が短くて(私は髪の短い人が好み)とてもステキでした。そして、大笑いできる楽しい映画でした。



メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
この「メゾン・ド・ヒミコ」は、以前、唐土さんが紹介されていた映画。ストーリーは、ゲイ専門の老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」、オーナーのヒミコ(もちろんゲイ)は、ガンに侵され死にかけている。ヒミコの美しい恋人オダギリジョー、ヒミコの娘柴崎コウ。この三人と、老人ホームの住人達の物語。女装しておネエ言葉のおじいちゃん達がいっぱい出て来て、キモチワルイ。だけどだけど観終わった後には、なんだか心があたたまるような気持ち。ゲイの人って二種類いるの知ってました?「女になりたい」人と「男のままで男の人を愛する」人。この映画を観て、初めてそんな事を認識しました。オダギリジョーは後者。この映画の彼はとにかく美しい。白いスーツがとても似合う。細いけど、肩からお尻にかけての後姿が完璧に美しい。ゲイの父親を軽蔑している柴崎コウが、女装のおじいちゃん達と仲よくなっていく過程が重要。私はこの映画好きですが、観始めは気味悪かったです。柴崎コウみたいに、映画の進行と一緒に心の氷が解けて行かなければ、最後まで気持ち悪く、ぞっとするでしょう。


オダギリジョー好き歴、まだ数ヶ月の私が、彼の映画やドラマを何本か観て来て感じたこと。「彼のスタンスってジョニー・デップに似てるかも」。必ずしもビッグ・タイトルになる!という映画ばかりに出ているわけではない。どんな時でも自分のスタイルを崩さない。自分のやりたい役なら、マイナーなもの、変わったものでもやる。なんだか変な髪形をする時がある。うーん、似てると思わない?
「なんとか映画祭」みたいにヒジョーに公的なVIPなシーンでも、変な髪形してたり、へんなファッションだったり。でも「ムサかっこいい(むさっくるしいけどかっこいい)」。これからも、少しずつオダギリジョーの作品を観た行きたいと思っている私です。今、公開中の「東京タワー」の彼もとってもステキなので、ぜひ劇場に足を運んでくださいね。







●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

こむぎさん、今頃になってのコメント、お目に止まるかしら?と、心配しつつ、文字打っています。私もオダジョー、大好きで、初めて観た「アカルイミライ」では、浅野さん狙いで観たのに、オダギリ君の魅力にすっかりはまってしまいました。その後の彼の活動は一貫性が(いい意味で)なく、いつも毎回!驚かされっぱなしです。CM然り、時効警察然り。かと、思うと私も「やられた」メゾン・ド・ヒミコ。この映画で今更ながら「美形だったのね・・・」と認識。今まで、あんまりオダギリジョー=美しいとは思っていなかったようです、自分の中で。東京タワーも観に行きましたよ(*^^)v。ストーリーや台詞よりもオダギリの衣装の着こなしにデレデレしてしまった、歪んだ(?)見方をしてしまいましたが(^_-)-☆。蟲師のような役も彼ならでは。この映画は上映ギリギリで映画館に入ったので、前列しか空いていなく、でも、座席が少し後ろにそるタイプの席でしたので、大友監督の映像美の中に身をゆだねる事ができて、かえってラッキーでした。
長々書いてしまいましたが、また楽しいシネマ・スタイルお待ちしています~ヽ(^。^)ノ

Posted by: migi at 2007年05月21日 18:28

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2942

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 仮面ライダークウガ 特別篇
ブログ名: 1-kakaku.com
日付: 2007.05.27
内容: 「仮面ライダー」という不滅の名を残すシリーズのなかで、子ども向け番組という殻を破り、リアリティを持ったヒーローものを追求して作られたのが、2000年に放...
タイトル: オダギリジョーが若き日の井上陽水を熱演、業界初の異色コラボ
ブログ名: ニュースサイト
日付: 2008.07.09
内容: 人気俳優のオダギリジョーが、井上陽水のニューアルバム『弾き語りパッション』の収録曲「傘がない」の...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space