ワーキングマザースタイル小物を使ってお弁当作りを楽しく




2007年05月24日

小物を使ってお弁当作りを楽しく

Posted by 武田りこ

2007_5_23_1.jpg
娘が幼稚園に入ってお弁当作りが始まり、子供たちが二人とも小学生だった4年間のつかの間の小休止ののち、本格的に毎日お弁当を作り出して4年目になります。
冷凍食品などは使わない、などそれなりに手作りにこだわって作っていますが、慣れてくるとお弁当作りにかかる時間も要領よくなって、短くなってきます。

寝ぼけた頭で作るので、前の晩に何を作るかメモに書いておき、できるだけの下ごしらえはしておいて、朝は何も考えずに、手だけを動かすようにしています。

でもせっかくお弁当を作るのだから、少しでもカラフルにきれいに作りたいので、私は100均やロフトなどに行くと必ず、お弁当小物を買い集めています。

おかず入れのカップもいろんな種類がありますし、かわいいピックにさせばただの枝豆もおしゃれに変身。
上の写真に写っているぷーさんのバランは、つながっていて好きなところで切って使えるので便利でかわいいですよ。
お弁当をあけたときにやっぱりカラフルなほうが、おいしそうですしね。
最近の問題は息子があんまりかわいい小物を使うと嫌がることですが。


小物とはちょっと違いますが、娘には、いつもフルーツを別の容器に入れて持たせていますが、この容器に一緒にミニカップゼリーを凍らせたものを入れています。
お昼ごろまでフルーツもひんやりしてとってもおいしいそうですよ。
(これは学年、学校によって持って言ってはいけない場合もあるので要注意です。←同じ学校に行っていたのに下の息子の学年ではゼリーは禁止です。)

さて、ここで裏技をひとつご紹介。
昔、テレビでやっていたのでご存知の方も多いかと思いますが、いつもリサイクルに持っていく牛乳パック。切り開いて乾かしておいていませんか。
これを手で開きます。つまり表の牛乳の絵などが書いてある部分と、内側の白い部分を分けるのです。

2007_5_23_3.jpg

↑このように裂いていく。

こうすると裂いた内側の部分はちょっと毛羽立っている状態です。
揚げ物などをここにとれば、しっかり油が切れます
裏はもちろん防水加工してある牛乳パックなので、油が下までしみることはありません。
炒め物や、ちょっと水分が気になる食品も、いったんここにおけば、油が切れるし、余分な水分も取ってくれます。
卵焼きを切り分けるくらいならこの上で十分ですし、最後は捨てられるので、お弁当作りの後の洗い物がほとんどなくて済みますよ。

永遠に続くかと思われるお弁当作りも、きっと後から思えばいっときの事、そう自分に言い聞かせて、もうしばらくがんばりましょう。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

牛乳パックは、ナイスアイディアですね。さっそく、うちでも使います!
鶏のから揚げなど、どうしても表面がパリッではなくて、しんなりしてしまうので、これで美味しく仕上がりそう!そのまま、ポイできるのも嬉しいですね。

Posted by: しゅうこ at 2007年05月30日 09:06

りこさん、こんにちわ。初めてメールします。
セントルイスをキーワードで漂流しているうちに、こちらへたどり着きました。りこさんの過去の記事全部拝見させていただいて涙が出ました!
今2歳になる息子は軽いアトピーのようで、膝の後ろの掻き壊しが数ヶ月続いて夜もよくおきています。冬までは、ただの乾燥肌だったのに。。最近、マクロビオティックとかアトピー関係の本なども読み始めたところです。時々友達とお弁当持参で遊ぶときも、どんなものを入れたら体によいのか、是非アドバイスいただきたいことが沢山あります!
実はお弁当ネタだけではなくて、セントルイスのそばにチェスターフィールドというところがあるそうですが、主人がひょっとしてそこに転職するかもと言い出しており、りこさんにアドバイス頂けたら凄く元気になりそう。。今は愛知県にいるのですが、アメリカか、神戸(これも凄く偶然の一致ですよね!)か、、選択肢がいくつかあるようなのでできるだけ情報を集めなければと気ばかり焦る状態です。前述の息子のほかに、今ちょうど妊娠5ヶ月なんです。

お仕事に子育てに本当に充実した毎日を送っていられる美しい姿をネット上で拝見してすっかりファンになりました!目の前の事に夢中になって最近全然自分に構っていなかったので、私も少しでも自分を磨いていかなくちゃ!と勇気を貰いました。有難うございました。

Posted by: セラヴィ at 2007年06月04日 12:29

しゅうこさん、この牛乳パック作戦ほんと便利ですよ。
晩御飯のときに揚げ物を作るときにも大活躍しています。
ぜひためしてみてください。

セラヴィさんはじめまして。
コメントありがとうございます。
もうすぐ二人目のお子様が誕生されるんですね。
おめでとうございます。
一番大変だけど、後から振り返るときっと一番充実して幸せな時間だと思うので、ゆったり構えて楽しんでくださいね。
子供のアトピーは本当にかわいそうで、母親が参ってしまうことが多いと思います。
私は、食べるものはできるだけ(あくまで、できるだけ)安全なものを、簡単でもいいから手作りで、そして肌に触れるものは綿100%を心がけて、あとはもう少し成長して抵抗力がつけばきっと自然によくなっていくと信じてやってきました。
今でも、ひじの内側などは湿疹がありますが、後は大丈夫で、本人も何とか湿疹と折り合いをつけられるようになっています。

チェスターフィールドは、セントルイスのベッドタウンで、友人が住んでいます。
セントルイス周辺は気候がちょっと厳しい(夏は暑くて、冬は寒い)以外は、本当に住みやすい大好きな町です。
神戸も住みやすい街だと思いますよ。
ちなみに私は母が岐阜(といってもほとんど名古屋に近い)出身なので、愛知県はとってもなじみが深いです(本当は、もともとは中日ファン。)

Posted by: りこ at 2007年06月05日 09:41

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ホームベーカリーデビューしました。
大相撲観戦
茶道を再開しました
安心で便利オルビス化粧品
神戸プロポーズの日
神戸っ子が観た『阪急電車』
娘に婦人体温計を買いました
震災の記憶
「時短メイクbeauty」の出版記念セミナーに行ってきました
ワーキングマザー1年生のドラマ”女検察官アナベス チェイス”
家で缶ビールを生ビールみたいに
母の日にデジタルフォトフレーム
子宮頸がんの予防ワクチンを娘と受けてきました。
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.2
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.1

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/2958

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 弁当について
ブログ名: 幼稚園弁当、子供弁当
日付: 2007.05.24
内容: お弁当について様々な情報を公開しています。少しでも役に立てたらうれしいです。
タイトル: 【お弁当 幸せ】
ブログ名: 怒涛の絵日記!【日記じゃりんこ千枝】
日付: 2007.05.28
内容: 最近かかさず お弁当をつくるのです。 只今 休憩中 これを書きながら もっくらも...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space