ワーキングマザースタイルイ・ビョンホン 写真集&DVD『パリイ』発売記者会見に行って来ました。




2007年07月14日

イ・ビョンホン 写真集&DVD『パリイ』発売記者会見に行って来ました。

Posted by 湯河原こむぎ

IMG_1557.jpg
らむねさんから「イ・ビョンホンの写真集&DVD発売の記者会見に行くように。」という夢のような指令を受けて、来日記者会見に行って来ました!

7月12日は、イ・ビョンホンの37歳の誕生日。この日に彼の3冊目となる、(DVDつき)写真集「パリイ」が発売されました。→公式ページ

DSCF7570.jpg
当日は、武道館で『HAPPY BIRTHDAY TO LBH』というイベントが昼・夜二回催されました。記者会見の受付は五時から、会見は五時半からだったのですが、とりあえず早めに・・・と思って九段下の駅に降りると「なんじゃ、こりゃ!?」というおびただしい数の女性の大群。平均年齢は明らかにわたしより上。・・・ファン・イベントが夜、開催されるのは知っていましたが(友達が行くと言っていた。)、昼間も行われていたとは知りませんでした。この流れに逆流して、武道館にたどり着くのは至難の業でした。

やっとの思いでたどり着くと、グッズを買うところに長蛇の列。その横にロープが張られた入り口があったので、記者会見のお知らせのプリントアウトを入り口の方に見せました。すると「あ、これは、あのグッズ売り場の真ん中のところだと思います。」と言われたので「あ、そうですか」と歩きかけ、(もしかして、写真集を買いに来た、ただのおばさんと思われたかも~?・・・「ただのおばさん」の部分は正解だが・・・)と思って、その紙の「報道関係各位」のところを見せて「あの~、記者会見の写真を撮りに来たんですけど・・・。」と言うと「大変失礼いたしました。こちらです。」とロープをはずして入れてくれました。

記者会見はとても狭い会議室で行われました。幅が狭くて後に長~い場所でした。4時10分から並んだ甲斐あって、前から3番目の真ん中でした!2番目に座ろうと思えば座れたんですが、いかにもプロっぽい方たちが座っていたので恐くて。



会見が始まり、まずは、MCの方からの質問。

1・今回、国際的写真家・鋤田正義氏を起用し、すべての撮影をパリで行うという企画提案があり、賛同された理由を教えてください。

イ・ビョンホン「まず、パリという場所は鋤田さんが決めてくださいました。ご説明を聞いた所、普段、鋤田さんが考えていらっしゃるパリと、そして、普段考えていらっしゃる私の姿とを兼ね合わせて『パリにいるイ・ビョンホンを撮ってみたい』とおっしゃいました。その話を聞いた時に、自分自身もパリに身をおいたら自分はどんな風になるのだろうかと、とても気になりました。そして、彼の作品世界や哲学的なお考えを持っている方ですのでそういったところにも惹かれまして、パリの中の自分自身、そして鋤田さんの頭の中に描いている私の姿がどういうものになるのかという事で期待して、この仕事を始めました。

2・撮影は、3月に行われたという事で、パリはかなり寒かったようですが、苦労された点を教えていただけますか。

イ・ビョンホン「写真の撮影と言うのは、映画の撮影に比べますと、そこまで大変という事はないんですね。今回「撮影の作業そのもの」と言うよりも、取り巻く状況において、少し苦労した点がありました。
足を怪我して間もなかったので、本当でしたら足を保護する器具をつけている時期だったんですが、そういったものもつけられませんでした。
パリに行ってみたら、予想していなかった非常に激しい風も吹いていました。かなり体感温度が低かったのではないかと思います。
パリに着いたのが夕方だったんですが、翌日五時に撮影をスタートしていましたので、本当にキツい日程となりました。初日から疲れが出てしまって、少し顔がむくんでしまったりしました。非常にタイトな中で撮影を始める事となりました。

3・本日、写真集の発売を迎えたわけですが、感想と「お気に入りのカット」を教えてくだい。

イ・ビョンホン「今回、鋤田さんが作られる写真の構図ですとか、写真家としての芸術性に非常に感嘆しました。そしてそれと同時にパリと言う場所が与えてくれる妙な情緒がありまして、それがとてもステキな雰囲気を作り出してくれたという風に思います。ただ、先ほども言ったように、被写体にちょっと問題がありました。その点は大目に見ていただければと思います。

気に入っているカットは、私がカメラを持っている写真があるんですね。私は、もちろん被写体なんですけれども、まるで自分が鋤田さんになったような感じで鋤田さんを撮ってみたり、風景を撮ってみたりしたんですが、その写真がとても印象がよかったです。


マスコミからの質問。

1・お誕生日、おめでとうございます。私も今日誕生日です。(場内から笑い・・・MC「お年も同じですか?」「いえ、そんなにいっていません。」場内大爆笑・・・イ・ビョンホンの表情もゆるみ、キラー・スマイルが!)

37歳という年をどんな年にしたいと思っていますか?

イ・ビョンホン「自分自身は、そんなに肌で年齢を感じているわけではないのですが、とにかく家に帰ると母から『結婚しろ』と言われ続けた一年でした。個人的には、あさってから中国に行きまして、新作映画の撮影を9ヶ月間中国に留まって撮る事になりますので、きっと今年一年仕事をした結果が来年の初めにはお見せできるのではないかと思います。たぶん、一生懸命仕事をする一年になると思います。

「じゃ、来年は結婚ですか?」
MC「申し訳ありませんが、プライベートな事は・・・」
場内爆笑・・・・・翌日のテレビや、ネットの記事でも、この質問ばかりが取り上げられていました。一番上の写真は、この質問(私も誕生日、でも年はそんなにいっていません発言)で、引き出された笑顔です。

2・「イ・ビョンホンさんが撮影中にアイデアを出された事はあるんでしょうか?もしあるのでしたらどんなアイデアを出されたのでしょうか?また「パリイ」というタイトルが、どんな風についたか教えてください。」

イ・ビョンホン「タイトルは、私が考えたタイトルではなくて、制作してくださった方がつけてくださったんですが、『パリ』と『イ・ビョンホン』の『イ』をくっつけてつけたタイトルだと伺っております。」

「今回の写真の撮影で、私の方から、あえてアイデアを出すまでの事はなかったんですね。といいますのは鋤田先生の写真の撮り方と言うのは、私もちょっと最初、当惑した部分が多くて、あとで真意を知ったんですけれども、最初は写真をどういうふうに撮っているのかわからなかったんですね。この場には写真を撮られている方が多くいらっしゃるので理解していただけるかと思うんですが、普通被写体がいたら「こういうふうに動いてください」とか、いい写真が撮れたら『ああ、いいね』とか『ここは、ちょっとこんなふうにしてみようか』なんていうふうに言ってくださるのが普通かと思っていたんですが、鋤田先生の場合は、最初いいとも悪いとも言わないですし、何の表情も見せず、そして要求も何もしないんですね。たとえば私が何かをとって食べると、もくもくと後について来て、その姿を撮りますし、どこかに移動すると、またついて来て撮るんですね。タバコを吸っているところだとか、犬と遊んでいるところだとか、そういうものをその場で撮っていらっしゃったんです。だから最初はもしかして自分に対して何か怒っているのかなあ?と思いました。あとでお話を聞いてみたところ、『いや、自分は作られた表情を撮りたいわけではなくて、あなたのたとえば涙でもいいし、怒りでもいいし、楽しい姿、おかしくて笑っている姿でもいいし、ありのままのあなたの姿を撮りたい』と言ってくださいました。そのお話を聴いた時に『ああ、本当にこの先生は写真家としての大家なんだなあ』と実感しました。」



IMG_1584.jpg

MC「本日、写真集の発売日であるとともにイ・ビョンホンさんの記念すべき37歳のお誕生日です。そこで発行元の角川マガジンズの代表より誕生日プレゼントを贈呈いたします。」

「今回、イ・ビョンホンさんの誕生された1970年製のフランス・ボルドー産ヴィンテージ・ワインを合わせてご用意いたしました。おめでとうございます。」

・・・その場で、ワインの木箱をすぐに開けるイ・ビョンホン

イ・ビョンホン「本当にありがとうございます。ワインはもともと大好きでワインをプレゼントしていただくと本当に気分がいいです。お花はいつもありがたくいただくんですが、残念な事に飛行機にのせられないというのが唯一残念ですね。」

MC「『パリイ』をご購入された方、そして、これからご購入される方に一言お願いいたします。」

イ・ビョンホン「楽しんで見ていただければ・・・と思います。」



その後、撮影タイムとなりました。
IMG_1615.jpg

まずは、ワインありバージョン、という事で、先ほどのワインが手渡されました。普通、ワインを持って記念撮影・・・と言うと、やはりこういうポーズ・笑顔を想像しますよね。
IMG_1609.jpg

ところが、彼は、まずワインを受け取ったら、一瞬、こういうポーズをとったんです。顔もぐっと引き締まって男っぽい表情。かっこよすぎる~っっ!

会場でも流されたプロモーション映像の中で(付属DVDの中にも入っています)、カメラマンの鋤田氏がイ・ビョンホンの魅力を語っていました。

「彼の魅力は一言では言えないんですけれども、まあ、プロって言いますかねえ、撮られる方と撮る方、そういうところの勘がよくて、こちらが『ほしいなあ』と思うと、彼は表情から何からとてもすばらしい。素晴らしい表情の一瞬を捉える事がたびたびあって、彼のファンがとても多いという事がよくわかりました。」

・・・・鋤田氏の言う『ほしいなあ』と思う表情というのが、まさにこのポーズにこの表情なのだ~!と思わず納得、大きくうなずくこむぎでありました。

IMG_1645.jpg

そして、会見は終了。
私に手を振って(←妄想・・・)彼は、去って行きました・・・。
目線、キターーーーーーーー(・∀・)w-------------クラクラッ(◎-◎)


こむぎ感想。

この写真集のコピーは

パリ
-林檎
-誤解
-イ・ビョンホン
-本当のこと


しりとりのような言葉遊びになっているの。これの意味するところは?って質問したかったなあ。誰か、この意味わかる人、教えてくださーい。

「顔がむくんでたのはどの写真かなあ?」などと探しながら写真集を見るのも楽しい。私は、マルシェ(市場)の写真が好きです。
また、DVDは、日を追って「撮影日記」風になっているので、写真集と合わせてみると、その時の様子がよくわかります。イ・ビョンホンが日本語でしゃべっているのがおもしろい。お茶目な一面ものぞかせているところもあれば、プロとして譲れない事がある、というようなプライドも感じられ見ごたえがある内容です。



「パリイ」購入はこちらから。
「パリイ a monochromeman in a monochromecity」 
撮影:鋤田正義 
価格:¥9,300(税込)
体裁:A4変型判・本文160P・DVDブック(本編60分DVD1枚)付 
    *初版特典(B2ポスター)
発行:角川マガジンズ 
発売:角川SSコミュニケーションズ


7月9日~15日まで 東京メトロ有楽町線有楽町駅のJR有楽町駅側改札・中央改札・日比谷側改札のエスカレーターおよび階段の両サイドで、パリの美しい風景とイ・ビョンホンの新たな魅力を、30カットの写真で満喫出来ます。

また、大阪地下御堂筋線、谷町線、千日前戦、四ツ橋線の沿線、名古屋名鉄線の沿線でも展開。これは一駅ずつ、すべて異なる写真が展示され、全部まわるとギャラリーを巡った気分を味わえる仕掛けとなっています。(大阪・名古屋は7月10日~16日)








●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

当日、夜の部に行きました。何とアリーナ2列目!
こんな近くで会えることはもう二度とないと思えるくらい近かったよ。

と思ったら。。。
うひゃ~ ゜・(>_<)・゜ うらやましぃ限り。
詳細で臨場感溢れる記者会見の様子、ありがとう!
ほんとに自分だけに向けた♪って思いたいすてきな笑顔。
映像より現実の彼は格別にいい男だったのでは?

イベントではファンがHappyBirthdayToYou~を韓国語で歌う趣向だったのですが、MCが「今日はビョンホンさんにファンの皆さまからすてきなプレゼントがあります」って言った瞬間、「いや、今日は2部制なので何をやるかわかってます」みたいなコメントでMCを凍りつかせた彼…。そんなお茶目でストレートなところ、大好き。

ワイン持った引き締まった顔もいいね。
ますます惚れた夜でした。

Posted by: ゆみにゃん at 2007年07月15日 02:15

こむぎさん!お疲れ様でした!
ベストショットの写真に、思わず惚れてしまいました。
ほんと、かっこよすぎ~ですね、イ・ビョンホン。

ワインを持ったポーズもグッときちゃったし、ラストの写真は「私を見ている」と思うほどの目力でした。くらっ

イ・ビョンホンの魅力たっぷりのレポ、ありがとうございました!

Posted by: しゅうこ at 2007年07月15日 09:51

台風に負けず、有楽町駅まで行くべきか??

写真、目線がばっちりキテて、スゴイです! しかも、あの独特のスマイルで・・・。

写真集、DVD付きとはいえ、けっこういいお値段なのですね~。初版特典があるうちに買うのがお得かしら。 

余談ですが、「パリイ」というタイトルで、パリー木下さんをひさびさに思い出してしまいました。。。

Posted by: るか at 2007年07月15日 10:15

ぎゃぁぁぁぁ!!ぎゃぁぁぁぁ!!ぎゃぁぁぁぁ!!

ステキすぎる。近すぎる。写真がアップ過ぎるぅ。クラクラしてきました。こむぎさん!臨場感あふれる記事、ありがとうございます。もう、コレしか言えない。

Posted by: hiromi at 2007年07月15日 11:30

生でビョンちゃんを見たのねー。いいな、いいな、うらやましぃ~。

Posted by: ドジ子 at 2007年07月15日 17:50

こむぎさん はじめまして yu-maと申します。 ビョンホンさんのブログ 初めて半年のまだ新参者ですが いろいろ ビョンホンさん関連の記事検索していて こちらに飛んできました! とても興味深い記事でしたので うちのブログに載せさせていただきました。 
事後報告ですみません。 
お写真もとっても素敵ですね!!
これからも よろしくお願いいたします

Posted by: yu-ma at 2007年07月17日 18:31

こむぎさん、初めまして。
私も夜の部に参加しました~!夢のような時間でした♪
こむぎさんのお仕事羨ましいです・・・あんなに近くでビョンホンさんをご覧になれて、質問もできて、視線まで~(#^^#)私までくらくらしました!
こちらの記事はビョンホンさん関連のサイトで紹介されていたので飛んできました!
素敵なレポ有難うございました!!

Posted by: yumeko at 2007年07月19日 19:59

ゆみにゃんさん
アリーナ2列目とはっ!すごい~!
誰かのブログで「プレゼントがあります。」と言ったら「断ってもいいですか?」と言って通訳の根本さんが困った・・・という話を読みました。

でも、一年に一度のお誕生日を日本でイベントするなんてすごいですよね!
ワインの顔は、本当にステキでした。思わず今日、「オールイン」の17話を見直しちゃいました。

しゅうこさん
EOS KISS デジタル、優秀です!夫が「ポートレートモードにしておくからそのまま(モードダイヤルを)動かすな。押し続けると連写になるよ。」と教えてくれた。隣のおじさんが、めっちゃ連写してたので「私だって連写してやる~!」と思ったら押し続けても連写にならなかったの~。連写したかったです。

るかさん
パリー木下!!そうそう!私「パリイ」というタイトルを聞いた時「なんか昔、パリイなんとかって言う派手な人がいたけどなんだったっけな~・・・。」って思い出せなくて、悶々としていたの。教えてくれてありがとう!ぜんぜん見かけませんね最近。どうしているのかなあ・・・、パリー木下。

hiromiさんがイ・ビョンホンファンだとは知りませんでした。知っていたら、この間お会いした時、もっと語り合えたのになあ~。今度会う時は語り合いましょうね♪

ドジ子さん
うしし。生ビョン、ステキでした。映画のために痩せているようでした。頬もこけていますよね。

yu-maさん
はじめまして。記者会見に行ったのが始めてて、どういうふうに記事を書いたらいいのかもよくわからなくて。そのままを記録してしまいました~。リンクありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: こむぎ at 2007年07月19日 23:54

初めまして。
sakkoと申します。
ビョンホンさんの記事を検索していて、こちらにお邪魔しました。
SNSの方で、紹介させていただきたいと思います♪
よろしくお願いします。

Posted by: sakko at 2007年07月23日 12:57

yumekoさん
いまごろのコメントでごめんなさい。夜の部に参加されたんですね!今日、夜の部に参加された友達に会いました。オーロラビジョンに映った彼よりも実物の彼が何十倍もステキ~っっっ!とうっとりしていました!

あ、私の仕事は、地味な仕事です。今回は特別ミッションでした!

sakkoさま
今頃すみません・・・_(_^_)_
私の記事を見つけてくださってありがとうございます!9月になったら「HERO」楽しみですね!

Posted by: こむぎ at 2007年08月18日 23:52

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3043

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: イビョンホン浸る日々/エブリディイ・ビョンホン
ブログ名: http://www.kokorogawakuwaku.com/t9/page_1.html
日付: 2007.07.15
内容: イビョンホン浸る日々/エブリディイ・ビョンホンの情報です。
タイトル: イ・ビョンホン ファンミーティングの情報です
ブログ名: 韓国芸能 ニュース
日付: 2007.07.27
内容: 韓国芸能ニュースをお届けしております。まだまだ続く韓国情報・・・イ・ビョンホンの
タイトル: イ・ビョンホン
ブログ名: 韓国のドラマ 俳優 映画 大好き!
日付: 2007.08.08
内容: 韓流スターで、現在の四天王と言ったらどの4人になるのでしょうか?韓流スターで、現...
タイトル: イ・ビョンホン
ブログ名: 一語で検索
日付: 2007.08.13
内容: イ・ビョンホンでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space