ワーキングマザースタイル【大学院に入院!】 第3回 行ってみよう!と思ったら・・・




2007年09月10日

【大学院に入院!】 第3回 行ってみよう!と思ったら・・・

Posted by fellow

「大学院に入院!」第3回です。

◆行ってみよう! と思ったら・・・ 

まずは「入試要項」を取り寄せ、出願書類を確認してみましょう。だいたい、下記のようなものが必要になります(1~4は必須。5~6は学校や専攻によって異なります)

1)出身大学以外を受ける場合は、出身大学発行の成績証明書、卒業証明書
2)研究計画書
3)社会人入試で出願する場合は、履歴書や職務経歴書、志望書など
4)顔写真
5)語学能力を示す証明書(TOEFLのExaminee’s Score Recordなど)
6)学部の卒業論文

 TOEFLやTOEICは申し込んでから受験し、スコアを手に入れるまでに時間がかかりますし、ふだん英語から遠ざかっている人が突然受けて合格圏内のスコアを出すのは、難しいかも(最近、TOEFLにはスピーキング・セクションが加わって、日本人には厳しくなったといわれています。傾向と対策を十分にする必要アリです)。
 最後のほうでも書きますが、ぶじ合格&入学してからも、大学院生は英語からは逃げられない運命なのです。大学院進学という選択肢が少しでも頭をよぎるなら、早めに腹をくくって、毎日の通勤時間などスキマ時間を利用して、英語のカンをつけておくのが、絶対オススメです。


 参考:「大学院入試のための必須英単語1800」(ナツメ社)

◆「研究計画書」とは?

 文字通り、入学後の研究計画を紙にまとめたものです。・・・って言われても「?」ですよね。
 具体的には・・・

「研究したいテーマ」「研究指導を希望する教員氏名」「志望理由」「研究目的・意義」「研究方法」「仮説」「課程修了後の予定」「参考文献」などの要素を、適宜、盛り込んで書きます。

 書式は、学校によってさまざまで、決まったフォーマットに沿う場合もあれば、文字数以外の指定がない場合も。現在の仕事と関連がある分野で社会人入試を受験する場合は、職歴や社会人経験と研究計画の関連を明確にすることも必要です。

 社会人特別選抜で入試を受ける場合、入試科目減免などの優遇措置があるので、利用できる場合は利用したほうが、入学の際には有利でしょう。ただし、出願時と在学中、在職見込みであることが条件になったり、上司の承諾の有無や両立の可否を面接で確認されたり、入学手続き時に勤務先の上司に「在学中は学業を尊重」と一筆書いてもらわねばならなかったりします。つまり、研究者の卵ではなく、あくまでも“社会人の再教育”対象者である、と自らを位置づける証明をするわけです。
 
 また、入試の際に「社会人特別選抜」の枠はあるものの、時間割の関係で、休職や時短勤務をしないと仕事との両立は無理!な場合もありますので、ご用心。詳しくは、前回の記事をご参照ください。

 研究計画書について参考にしたのは、、『研究計画書の考え方』や、『これで書ける!大学院研究計画書攻略法』などの本です。筆記試験を通過した後の口述試験(口頭試問ともいう)の際にも、役立ちます。

◆試験はどんな感じ?

 各大学院のHPに、選考方法や過去の入試結果、過去問題、合否の状況などが掲載されていますので、まずはご参照ください。

 筆記試験は「専門分野に関する知識を問う問題」「専門論文」「外国語」「口述試験」などが定番。辞書持込は可だったり不可だったり。社会人入試だと、科目が少なくなることもあります。
 筆記試験対策は、専攻によって異なるので割愛します。資金&時間の余裕があれば、院入試の専門学校(後述)に通うのも手かと。

 口述試験は、研究計画書をもとに、複数の先生が質問をする形です。私は、出身学部とは違う専攻を受験したので、専門用語を駆使しながらの、遠回しで批判的なコメントにきちんとリプライできず、冷や汗をかきました。

たとえば「あなたは○○主義というものを、どういうものだと思っているのか?」と、いきなりジャブを浴びせられ、「う~ん、賛否両論あって、まだ決着がついてないよねぇ。限界もあるけど一理あるし。そもそも、この先生は、支持してるのか、してないのか?」。勘で答えると裏目に出る。坂口憲二状態で固まっているうちに「いろいろと問題があるといわれているので、安易に理論的枠組みとして使うのは要注意!」と締めくくられてしまい、なんだか敗北感。でもさぁ、それが言いたかったなら、最初に探りを入れず、2球目の球を先に投げてきてほしいわ~。社会人は、抽象的な質問に弱いのよ! ブツブツ。 
  ・・・ってな具合で、慣れるまでは、日々、異文化コミュニケーションでした。。。

 
◆予備校に通うべきか?

 社会人経験者で、大学院受験予備校に通って合格した人もいます。

 私は、論文対策は特に要らないかなと思ったし、そもそも通う時間もなかったので、上述の本を読んだだけで、自己流で臨みました。しかし、今にして思えば「研究のお作法」が全くわかっておらず。残念ながら、第1志望は不合格。自業自得ですが、なぜベストを尽くさなかったのか? と、へこみました。

 ちなみに、学部の入試難易度、就職ランキング等と大学院の研究レベルは、必ずしも比例しないものでして、私の場合、第2志望の学校に行くことになりましたが、自分の専攻領域にのみ関していえば、現在の学校のほうが、規模が大きく教員数も多く、カバーする領域も多岐にわたっています。しかも、担当教授は業績も人柄も尊敬できる方で、アドバイスも、痺れるぐらい的確で。たまたま、結果オーライとなりました。

 今は、微妙に専門領域が異なる複数の先生方に、それぞれの角度から指導してもらえるのが、非常にプラスになっているのですが、第1志望先の当該領域は、規模が小さくて、先生も数人しかいないので、たぶん、基本的には、指導教授と1対1。しかも、聞くところによると、かなり気難しい方との噂(確かに、面接時に「なんか、今、鼻で笑われたよね?」と、一抹の不安を覚えた)。仮に合格していたら、今頃、息が詰まる日々を送っていたかもしれません・・・。事前の「研究室訪問」が可能なら、訪問しつつ、先生との相性もチェックすると、安心でしょう。

◆英語は必須

 大学院レベルなら、どんな専攻でも英語は必須

 英語だけは、スキマ時間にコツコツやっておいたほうがよかった、と猛反省しています。大学受験時は英語が得点源だったのに、今は、面接時に「英語は苦手ですか?」といわれるほどの錆び付き具合でしたので(辞書持込不可の第一志望校⇒不合格)。

 しかし、入学後、論文を書くにあたって、日本語の文献しかあたらないのは、コンビニの材料だけで本格フレンチの修行をするっていうぐらい、無茶な話なんだと気づきました。

 できれば、まだ誰も言ってないことに言及したい。せっかくなら、少しでもトップレベルに近づきたい。そう思ったときにカギになる文献が、まだ邦訳されていないことが多いんですね。さらにいえば、成果をアウトプットする際、英文で書くことで、それを世界中に向けて発信することもできる。

 そんなわけで、今さら英語の勉強とは正直億劫だけど、追い込まれないとダメなタイプなので、10月末のTOEICを申し込んでみました。一緒に受ける方、募集中! 

 TOEFL,TOEICのスコア提出でなく、英語の筆記試験対策が必要なら、こんな参考書があります。専門領域の英語の知識は、入学してからも役に立つので、チェックしておいて損はありません。

  






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

大学院に入院にあたっての気持ちの葛藤と整理、それが終わったら異文化コミュニケーション・・・。読み終えて「お疲れさまぁ」とつぶやいてしまいました。でも、結果オーライでよかったですね!これからの活躍に期待です!
そして英語!!!そうですよね、英語。私のレベルの話で申し訳ないんだけど、短大時代の実験レポート作成でさえ、英語の文献が付きまとってきた覚えが・・・。英語が嫌だから理系に進んだのに結局「英語かよ」と思ったことを思い出しました(その時代に、この突っ込みはしなかったけど)。今だって、ちょっと良い商品とか探したら英語圏内のモノだったりしますモン。英語、子供と一緒にがんばろ~っと。

Posted by: hiromi at 2007年09月11日 12:25

お子さんと一緒に楽しみながら、っていうのは、いいですね。

じつは、TOEFL対策の通学講座に通ってみたんですが、留学を目指すレベルの現役学生(この間まで受験生)の間で、明らかに落ちこぼれてしまって「いい年こいて何やってんだ、私・・・」と、かえってイヤになってしまいました。

で、半年ぐらい放置していたのですが、先日、気を取り直して、アルクの通信講座(TOEIC対策)を始めたところ、これが、ゲーム感覚でけっこう楽しめるので、ハマってます。やっぱり楽しくないと、なかなか続かないですよね~。

ところで、Hiromiさんは短大出身のことですが、大学側が「大卒レベル」と認定すれば、最近は、大学院入学もOKみたいなので、ぜひ院ママになりましょう(笑)。この間、秋吉久美子さんも、高校卒業資格で早稲田の大学院に合格されましたよね(確かアメリカに留学してたと思うので、そういう経歴が認められたのではと思います)。

Posted by: るか at 2007年09月15日 16:15

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ホワイトリカー&柚子の種で化粧水
自転車の乗り方教室☆体験ルポ
【大学院に入院!】第10回 入試対策
【大学院に入院!】第9回 社会人が大学院で学ぶことの意義(その2)
【大学院に入院!】第8回 社会人が大学院で学ぶことの意義(その1)
読み聞かせボランティア
【大学院に入院!】第7回 学会大会でドキドキ
【大学院に入院!】第6回 構想発表会
梅仕事:初めての梅シロップ作りで悪戦苦闘
小学生でも作れる! フルーチェのババロア風デザート
ワーキング父母のPTA参加率を高めるには? 【その1】
大学院に入院!【第5回】保護者会か、ゼミか?
【大学院に入院!】第4回 「科目等履修生」制度で大学院の授業を。
コンパクトな圧力鍋「スーパー活力なべ」
いのちをいただくクリスマス

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3026

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: toeic勉強法
ブログ名: toeic 勉強法 30歳からできるtoeic980点
日付: 2007.10.15
内容: 実は94%の日本人が遠回りのtoeic勉強法をしているのをあなたはご存知でしょうか?toeic勉強法はたった1つのポイントに集中するだけで驚くほど英語読解...
タイトル: 小論文の書き方を学ぶ-?スキルマーク
ブログ名: 小論文の書き方
日付: 2007.10.20
内容: 小論文を受験科目に課されているみなさん、どのように対策されていますか? 学校の先生は、誤字脱字しかみてくれない、予備校では、講師の先生になかなか質問できな...
タイトル: TOEFL 申し込み方法など
ブログ名: TOEFL iBT ガイド
日付: 2008.09.02
内容: TOEFL iBT 受験ガイド 対策、申し込み方法、会場情報など
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space