ワーキングマザースタイル「うつ」のおかーさんの休養法~実践編~




2007年09月18日

「うつ」のおかーさんの休養法~実践編~

Posted by 本田いく

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~~ン♪

今回のトラックバックテーマ、「うつとどうつきあってる?」。先日、「ワーキングマザーに20の質問 本田いく編」の「過去一年間で一番大変だった、家族との思い出は?」で「自分が鬱病になったこと」と答えた本田いくです。

「うつ」を一日も早く治すためには、とにかく「休養すること」が大切です。

が、が、が。みなさんも一緒に叫んでしまいましょう。

「おかーさん業っていうのは、コンビニよりも営業時間が長いんじゃーーーーーーーーー!!!!!どうやって休めって言うんじゃーーーーーー!!!!!」

と、いうわけで、「うつ」のおかーさんの休養法~実践編~をお送りします(^-^)v

●まずは、こもれる場所を確保する
とにかく、家の中のどこかに、自分独りになれるスペースを確保しましょう。「ダメだ!!」と、思ったら、そこに立て籠もる。とりあえず立ち上がれるようになるまで、そこで倒れていられるスペースを確保しましょう。1時間倒れれば15分くらい動ける、あるいは15分倒れれば1時間、など、個人差はありますが、とりあえず一度倒れるとエネルギーを充電できるのが、この病気の特徴。
とにかく「籠もって倒れていられる場所」を確保しましょう。

●子どものご飯の確保の仕方
風呂や洗濯は、この際多少目をつぶりましょう。でも、やらなきゃどうしようもないのが、子どものご飯。え?オットのご飯?大人なんだから、自分のことは自分でどうにかしてもらいましょう(笑

で、子どものご飯の確保の仕方。

ワーキングマザーにはすでに常識かもしれませんが、改めて言いましょう。無洗米バンザイ!!
とりあえず、少しでも動けるときに、ご飯だけ炊いときましょう。

後は、倒れていても用意できる献立をご紹介。

基本は、ご飯+納豆や海苔の佃煮、味付け海苔、なめ茸、しそわかめ、など「これさえあれば子どもが白いご飯を食べる」もの。

子どもは学校や保育園で栄養たっぷりの給食を食べてきます! 家では、白いご飯を食べさせておけばOK!!!くらいに開き直りましょう。

とはいえ、やっぱり「料理を作って上げられない自分」を責めてさらにストレスを感じる場合もあります。そういう時は、“倒れていても作れる料理”を考えましょう!

おかずで常備しておくといいものは、「トマト・きゅうり・豆腐」。
要するに、切るだけで食べられるもの。私は、この3つを乱切りにしてサラダボウルにぶち込み、ごま油と味ぽん、すりゴマ、あればキザミ海苔をかけて混ぜ、とりわけ用のスプーンをつけてダンっとテーブルに出しています。

メインディッシュは焼き物か蒸し物。このとき、クッキングシートを活用しましょう。
焼き物をする際は、フライパンにシートを敷いてから焼くと、フライパンを洗うのが非常に楽チンです。

蒸し物をする際は、深めのフライパン(もしくは中華鍋)にお湯を張り、深めの耐熱容器にクッキングシートで包んだ食材を入れて、蓋をして蒸す。蒸し器など要りません。取り出したら、ゴマダレか味ぽんをぶっかければOK!味付けも要りません!!

材料を切って、とにかく皿か鍋に放り込んだら、あとは10分そこら、倒れていても出来上がります!

子ども達が食べている間、できれば自分も一緒に食べるのが理想ですが、無理なら近くで倒れていましょう(笑

●それでもダメなら最後の手段「“内科に”療養入院」
「うつ病」だからって、「精神科に入院」しなくても良いんです。「うつ病」の症状の一つに、気力・食力の減退による体重・体力低下があります。この症状が認められた場合、「内科」で療養のための入院ができます。三食昼寝に栄養点滴付き。
まあ、そこまで酷くならないに越したことはないのですが、「家に居るとどうしても休めない」という場合は、主治医に「内科に療養入院ができないか」を相談する価値はあると思います。

その間子どもの面倒は?可能なら、ご両親、あるいは義父母にお願いしましょう。遠方でそれは無理な場合、連休や冬休み、春休み、夏休みなどの長期休暇の間、子どもを実家やキャンプに送り込めば、3日、あるいは4日くらい、まとまった療養期間が取れるのではないでしょうか。

と、私なりの「うつとの付き合い方」をご紹介しましたが、最初に紹介した二つは、「うつ」予防にもなるのではないかと思います。

働いていてもいなくても、おかーさんは大変です。日頃から「疲れが溜まったらちょっと休むコツ」を身に付けておきませんか?

また、私のように、倒れて動けなくなるまで悪化してから病院に駆け込むより、「最近、ちょっとダメっぽいけど、内科に行っても健康診断でも異常値は出ないんだよねー」という段階で、心療内科やメンタルクリニックの門を叩く方が、当たり前ですが、治りも早いです。

健康情報関連のホームページで、うつチェックシートなどがよく紹介されていますが、そういうものも利用しつつ、「鍋を焦がす回数が増えた」「素面なのに乗り過ごすことが増えた」「ダブルブッキングが増えた」など、普段の自分ならありえなかったミスが続いたら、要注意、だと思います。

以前のエントリーでも書きましたが、おかーさんが倒れると、家中が大変なことになります。
「仕事と育児で忙しくって、病院なんて行ってられない!」という気持ちはわかりますが、自分と家族のために、「ちょっと変?」と思ったら、早めに受診してくださいね。

というか、そうならないためにも、普段から、適当に手抜き・息抜きをしましょう!(って、発病してる私が言うのも変ですが・・・(苦笑)

とにもかくにも、おかーさんは健康第一!!
皆さま、ぜひぜひご自愛ください!!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

じつは妹が産後うつから本格的なうつ病になってしまって、家事全般が辛そうです。

本人が、病気のことには触れてほしくないみたいで、何か手助けしてあげたい気持ちはありつつも、接し方が難しいんですよね・・・。

でも、いざというときのために、入院の話は覚えておこうと思います。ありがとうございました。

私自身は、普段は料理好きですが、あまり体が強くはないこともあり、月に何度か、包丁とまな板を使う気力や体力、精神的余裕が沸いてこない時があります(とくに、後で洗うのが面倒)。

なので、そういう事態に備え、「洗うだけ」「冷蔵庫から出すだけ」の子供向けメニューを、常備するようにしています。

プチトマト、
魚肉ソーセージ、
種なしぶどう、バナナ、
個装されたチーズ、ヨーグルト、などですかね。

頑張りたくない時、頑張れない時って、ありますよ。。。

ワーキングマザーは、家庭の責任と仕事の責任をダブルで背負っているのが現状なので、うまーく休んで、燃え尽きないようにしないと・・・と思います。

Posted by: 匿名スタッフ at 2007年09月20日 11:41

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第77回 「恋妻家宮本」 
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
残された老夫婦の今後
「ザ!鉄腕!DASH!!」と「TOKIO系男子」
【こどもとニッポン体験!】お茶を体感する休日♪
リラクゼーションコンサート
頑固な疲れに、貧血を疑ってみて
通勤時間は読書で元気に!
ボイストレーニングを始めました
四十過ぎて服に迷う
rie的赤ちゃん夜泣き克服術「クジラー」
ワーキングマザーの入院〜いつ、どこで入院する?手術する?2〜
手帳がめっちゃ大好きなんです
漢方の力
ワーキングマザーの入院〜いつ、どこで入院する?手術する?1〜

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3112

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 「うつ」の家族との接し方
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2007.09.23
内容: 前回は、「うつのおかーさんの休養法」を書きましたが、今回は、「接してもらう側」として、「うつの家族との接し方」について書きたいと思います。 これについては...
タイトル: トランジション、うつ状態を測定する「心の健康診断シリーズ:MD PROGRAM」を開発
ブログ名: 精神障害者と家族
日付: 2008.01.10
内容: トランジション、うつ状態を測定する「心の健康診断シリーズ:MD PROGRAM」を開発 日経プレスリリース 臨床心理を用いた心理コンテンツを独自開発・...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space