ワーキングマザースタイル新兵器を使ってお肉がほろほろ、ビーフシチュー




2007年12月28日

新兵器を使ってお肉がほろほろ、ビーフシチュー

Posted by 武田りこ

christmascake.jpg

皆さんのクリスマスは如何でしたか?
夫にばかりディナーを作らせていると思われてはいけないので、我が家のクリスマス定番料理を紹介します。
とはいっても食べるのに必死でうまく写真が撮れなかったので、写真はこれも我が家のクリスマスの定番フーケのケーキです。

さてクリスマスのディナーは赤ワインたっぷりビーフシチュー
我が家ではクリスマスはチキンじゃなくてビーフなんです。

おしゃれなイメージとは裏腹に神戸にはたくさん活気のある市場が残っていて、そのうちの1つの大安亭市場でお肉は仕入れてくるので後はことこと煮込むだけ。
更に今年私は強力な武器を二つもゲットしてたので、これを駆使すれば超簡単にほろほろのお肉と野菜のうまみたっぷりのシチューができあがり。
その強力な武器とは

そんなの当たり前に使ってるよ、という方も多いのでしょうが、
○圧力鍋


WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 4.5L
いや、どうして今まで圧力鍋を使わなかったんだろう、と自分の愚かさを呪っています。
ビーフシチューは煮込めばいいのだけど、味だし用の野菜も一緒煮込むので焦げやすかったんです。
もうこれさえあれば、あっという間にほろほろのお肉に大変身です。
ほかにも、豚の角煮、肉じゃがなどなど使い道は多数。
このWMFの圧力鍋は形もシンプルでそんなに重くないので気軽に使えます。


○ブラウンマルチクイック

散々バーミックスか、貝印か悩んだ末に以前の本田裕美さんのエントリーに触発されて、買いました。
もう、常に台所においていて大活躍しています。
マッシュポテトや、ポタージュスープはもちろん、コーヒータイムには、これであわ立てたミルクをたっぷり入れてカプチーノ、これは娘の大のお気に入りです。

さて、この二つの武器を使ったビーフシチューの作り方です。

材料(4人分)
牛肉(すねやもも肉をカレー用の2~3倍くらいの大きさにカットしてもらうと使いやすいです) 700~800グラム
○たまねぎ
○にんにく
○葱やセロリ
○にんじん   

赤ワイン300cc
●完熟トマト、トマトの水煮缶、トマトピューレ、食塩無添加トマト(またはトマトベースの野菜ジュース)全部あわせて400~500ccくらい

△ジャガイモ
△たまねぎ
△にんじんなど、

作り方
1 お肉に塩コショウして小麦粉(強力粉があれば強力粉)をまぶして、フライパンでバターでシッカリ全面に焼き色をつけて圧力鍋に投入。

2 ○の野菜はすべて適当に薄切りにして、1のフライパンでソテーして圧力鍋に投入。
3 圧力鍋に赤ワインを入れて沸騰させ、灰汁もここでとっておく。
  ローリエやスパイスもこのあたりで加えてください。
4 ●を加えたら圧力をかけて20分。
ここまで前日にやっておいてそのままほっておくとベストです。(圧力鍋の圧力が下がるまで待つのがいやなもので。)

5 おなべの中のお肉だけをいったん取り出して(ローリエも取り出しておきましょう)、残りの中身をブラウンマルチクイックでスープ状にしてしまう。

6 お鍋にお肉を戻して、△のお野菜(お好みでほかの野菜でも)を大きめにきって軽くソテーして全部なべに放り込んだらもう一回5分ほど圧力をかけます。

7 味見してみてお子様好みにするなら少しケチャップを、隠し味にウスターソース、塩コショウで味を調えて出来上がり。

ほんと簡単で、でもみんな喜んでくれるメニューなので、重宝しています。

祝日だったクリスマスイブですが、夫は仕事なので、昼間は息子が部活のメンバー、お腹をすかせた中学生男子8名を連れてきて、我が家でクリスマスパーティーを開催すると言い出しました。
彼らにお昼やおやつを出してやって、てんてこ舞いでしたが(何を出しても一瞬で彼らの胃袋に消えていきました)、夜のディナーは前日からビーフシチューを仕込んでいたので、意外と余裕で乗り切れましたよ。

料理は材料と、道具がよければ、うんと楽ですね。

お正月は我が家では全然用意せず、実家に食べに行くことになっている(私が勝手に、そう決めている)ので、年末年始のご馳走は、これにて終了、の武田家でした。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

りこさん、圧力鍋いいなぁー。

ものすごく欲しいのですが、収納場所に困っていて、買えません。

でもレシピは活用させていただきます (^_^)

Posted by: らむね at 2008年01月06日 02:30

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
ホームベーカリーデビューしました。
大相撲観戦
茶道を再開しました
安心で便利オルビス化粧品
神戸プロポーズの日
神戸っ子が観た『阪急電車』
娘に婦人体温計を買いました
震災の記憶
「時短メイクbeauty」の出版記念セミナーに行ってきました
ワーキングマザー1年生のドラマ”女検察官アナベス チェイス”
家で缶ビールを生ビールみたいに
母の日にデジタルフォトフレーム
子宮頸がんの予防ワクチンを娘と受けてきました。
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.2
【海外大自然旅行】第10回 アルザスワイン街道とドイツ シュヴァルツバルト(黒い森)Vol.1

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3208

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space