ワーキングマザースタイルハスキーボイス




2008年02月03日

ハスキーボイス

Posted by 田村小梅

10月中旬に暖かなハワイから帰って来て、帰国後間もなく寒さにやられて風邪を引いた息子@4歳。風邪をひいたのは11月位だったのに、それからず~っと声がおかしい。よく言えば色っぽいハスキー声。悪く言えば、すごいしゃがれ声。どっちにしても幼児の声じゃあありません。最近さらに悪化して、会う人会う人に「どうしたの?」「風邪?」と聞かれるのでさすがに気になって、耳鼻科に通うことに。近所の耳鼻科では、「声を出しすぎて喉を傷めたのかもしれないから、毎日ネブライザーをしに来て下さい」と。

え、毎日!?思わずものすごい嫌な声で聞き返してしまいました。ネブライザーとは、子供の頃耳鼻科に行った事がある人はご存知だと思いますが、ホースから空気が出てきて、鼻や喉にその空気をあてるもの。初めて知ったのですが、その空気にステロイドが入っていてそれが炎症や鼻炎の治療になるそうで。でも、たった1、2分のネブライザーのために、毎日通えと!?

けれども、息子のしゃがれ声がこのまま治らない、どころか悪化したら大変。

って事で、週に3,4日は通い始めて、早や1ヶ半月以上。しかし一向に改善の兆し無し。数回に一回は診察を受けるのですが、その時に「全然治りません!!薬か何か無いんですか!?」とかなり強いお母さん風に訴えると、やっと飲み薬とトローチを出してくれました。でも、さらに悪化する始末。

近所の耳鼻科でも、「全然治らなかったらポリープを疑わなくちゃいけない。子供でも出来る可能性があるから。でも、そのためには大きな病院でファイバースコープの検査が必要で、あれはものすごく苦しい検査だからあまりやらない方が・・・」と言われ、大学病院に勤めるダンナも「あれは子供には苦しすぎて暴れるから、全身麻酔をかける事もあるから、絶対そこまでやる必要は無い」と。でも、ここまで治らなかったら一体どうしたら良いのか・・・。

先日ついに、先生に相談するつもりで大学病院の耳鼻科へ行きました。

すると、「元々元気なお子さんなんでしょうね~。ちょっと見てみましょう」と、軽く口を開けて喉の奥を見た後、「はい、じゃあちょっと我慢してね」と、有無を言わさずファイバースコープ!

いきなり3人の看護婦さん+ダンナに両手両足を押さえられ、鼻からファイバースコープ(細いロープみたいなので、先にカメラがついている)を入れられる息子。そりゃもう大騒ぎでした。でも、大人4人にかかっては身動きとれず・・・。

数秒見た後に先生が、「喉頭結節ですね」と。

え!?
やはり、ただの声枯れじゃなく、何か がある!?
ケッセツって、ものすごく怖い響きだけど一体??

ダンナに「何それっ!?」と聞くと、笑いをこらえながら「応援団とかに出来るやつ」と。

は?応援団??

要は、
ポリープがあるから声がかれた、

ではなく、

声が大きすぎて結節(小さなブツブツ)が出来た
そして、それがあるからますます声がかれる、

って事でした。

普通は応援団選挙など「短期間に大声を出しすぎた人」や、歌手なんかが職業病で出来るそう。う~む、声がでかすぎる、おしゃべりすぎると思ってた息子ですが、科学的にもおしゃべり&大声が証明されたとは!!しかも、ネブライザーや薬は気休め程度で、「治療法は声帯を使わない事のみ」だそう。

それは・・・結節が出来るほどおしゃべりな4歳児には絶対無理ってもん(涙)。このまま悪化したり、治らなかったらどうしよう!!そう先生に訴えると、「大丈夫、声変わりの頃には自然に治りますよ」と。声変わりって一体いつだっ!?

幼稚園の先生にも「大声出したら注意してください」とは言いましたが・・・無理だろうな。
このまま超ハスキーボイスでしょうか(涙)。。

この声帯結節、幼児(特に男の子)に結構見られるそうです。
もし日頃大声気味の子供の声がハスキーになってきたら、ちょっと注意してみてくださいね。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

小梅さん、うちの下の娘@年長、まさにそれです。
スパルタ幼稚園なので、いわゆる学芸会の練習がすごいすごい!年少の頃、歌と劇のセリフの練習を頑張りすぎて、それ以来、声が変わりました。そのうち治るだろうと思っていたけど、治りませんねぇ・・。
ハスキーといえばハスキー、だみ声といえばだみ声(涙)。
たまに電話で話すと、その声の低さにびっくらこきます。
男の子は声変わりがありますもんね(かなり先だけど・・)。
4歳にして声変わりしてしまった我が娘です。

Posted by: ふうこ at 2008年02月04日 09:30

ふうこさん
衝撃的なコメント、ありがとうございます・・・。
「うちも昔そうだったけど、いつの間にか治ってたわよ」ではなく、現在進行形なんですね・・・。

もう、親が慣れるしか無いのでしょうか(涙)

Posted by: 小梅 at 2008年02月07日 20:50

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子どもの夢遊病
今いる場所のしあわせ
子どもが重い病気にかかった時・その10・「この経験から得たもの」
子どもが重い病気にかかった時・その9・「入院生活・退院後の生活で役立ったもの」
子どもが重い病気にかかった時・その8・「夫婦の事と自分の事」
子どもが重い病気にかかった時・その7・「学校と受験と進学」
漢方の力
子どもが重い病気にかかった時・その6・「医療費と保険」
子どもが重い病気にかかった時・その5・「娘の気持ちと母親の役目」
子どもが重い病気にかかった時・その4・「医療の細分化に驚く」
子どもが重い病気にかかった時・その3・「入院と付添と仕事」
子どもが重い病気にかかった時・その2・「病名がわかるまで」
子どもが重い病気にかかった時・その1・「始まり」
伝染性単核症って知っていました?
「苺状血管腫」をご存知ですか? − 経過報告

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3236

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space