ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】第32回 ぼくたちと駐在さんの700日戦争




2008年04月27日

【シネマ・こむぎスタイル】第32回 ぼくたちと駐在さんの700日戦争

Posted by 湯河原こむぎ

ぼくたちと駐在さんの700日戦争~BEST HITS 1979
ワーキングマザーの皆様、3月4月って忙しいですよね~!会社的には3月決算だったりするといろいろな締めがあるし、3月までの目標数字がある場合には追い込みで大変。マザー的には、PTA・子ども会の引継ぎ、役員決め、総会。それから子どもの卒業・入学や進級・進学。もうへとへとです私・・・。みなさまもストレスたまっていませんか?

思いっきり笑って、ストレス発散出来る映画があります!ぜひぜひご家族でゴールデン・ウィークに観てください!

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」は、もともとブログスタイルのネット小説らしい。そして、長いタイトルは「ぼくちゅう」と略されている。
そのブログに行ってみると、最初のページにこんな事が書かれています。

ぼくちゅう『悪戯の定義』
 1.相手に怪我を負わせてはならない
 2.しかけられた相手も笑えなくてはならない
 3.相手が弱者であってはならない
 4.償いができなないものは悪戯ではない


そう、この映画は、1979年、栃木県の田舎町に起こった高校生と駐在さんの「いたずら合戦」の様子を描いたものです。

★ストーリー★
1979年。栃木県の田舎町。高校生の西条君は、田んぼの中の急な坂道を原付で下っていたところ、ネズミ捕りに引っかかり「スピード違反」で取り締まられてしまった。そして停学に。西条君はくやしくてたまらない。西条君は友達に、なんとか駐在さんに仕返しをしたい。ギャフンと言わせたい(←死語)!と相談する。

そして彼らが考えた事は?

いつもネズミ捕りをしている場所に車がさしかかると、その車と併走し、スピードの測定器の前を駆け抜ける!という作戦。そうすれば、車も捕まらないし、自転車も捕まらない。・・・え゛っ、それって・・・だから?・・・意味ねえ~っっ

・・・みたいな、ほーんとしょうもないイタズラが全編にわたって登場。でも、大爆笑!かわいすぎるよ、この子達。すごい汗だくで一生懸命なんだもん。

★みどころ★
☆1979年という設定。なんと、私もその頃高校生だった。だから、ものすごくいろんな事がなつかしかった!
☆たとえば、交番に貼ってあるポスターが「大場久美子」と「ずうとるび」。
☆喫茶店のポスターは「能勢慶子」←これわかる人、かなりマニアック。
☆駅前のコンビニに貼ってあるポスターが、最初は「太川陽介」で、次に「石野真子」。
☆星を見に行く時にかかっているBGMが桑江知子の「私のハートはストップモーション」。
☆当時の「赤いきつね」や「焼きそばバゴーン」のCMがインサートされている。
☆笑福亭鶴光の「オールナイトニッポン」がラジカセから流れている。
☆iPodじやなくて、ウォークマンが憧れだった時代。

ほーんとなつかしいんです。

それから出演者もなかなか楽しい。

★まず市原隼人君は、有名ですよね!
★シリアスなものからコミカルなものまで、なんでもこなす佐々木蔵之介さん。すごくいいよね!
★「ごくせん」の「くま」役の脇知弘君。「池袋ウエストゲートパーク」にも出てました!
★金八先生に出てた冨浦智嗣君。「花より男子」のつくしの弟役の子。
★「時効警察」とか長瀬の「真夜中の弥次さん喜多さん」の麻生久美子さん。
★西条君役の子が「どこかで観たけど、誰だっけ?」ってとっても悩んじゃったら「夜のピクニック」に出てた石田卓也君だった!

「夜のピクニック」の時には思わなかったんだけど、この映画の石田卓也君がデビューしたての竹内力にそっくりですごくかわいい♪まだVシネの帝王じゃなかった頃の竹内力。私の心にかなりヒット!



今の時代だったら「くっそー、あの駐在、むかつく!殺してやる!」・・・で、刺す・・・みたいな展開じゃないですか。でもでも違うんだなあ~。彼らは。なんかほのぼのしてる。汗かいて、いたずらして。バカバカしいけどさわやか~!そして、そのいたずらを真っ向から受け止める駐在さん。ほんと、いいよなあ。で、先生がいたずらっこ達をビンタで叱る。今、ないでしょ、そんな光景。

そしてラストのいたずらは、「ある人」のために彼らが一生懸命になって、大きな作戦に挑む。これけっこう感動します。ファンキーモンキーベイビーズの曲をバックに、夕暮れの田んぼ道を自転車で疾走するシーンでは涙がこぼれました。

実は私、4/24木曜日に一人で観に行って、今日(4/26土曜日)、夫と娘と一緒に二度目を観に行っちゃいました。どうしても二人にも観せたかったんです。この感動をぜひ味わってほしくて。二人ともとっても喜んでいました。しかも、夫は、私が教えてないのに「あのポスター、能勢慶子じゃね?」ってちゃんとチェックしてた!すばらしい!さすが、我が夫!

皆様もぜひぜひ観てください!「青春」って言葉をちょっと懐かしく思い出せますよ!



夜のピクニック(スマイルBEST)
西条君役の石田卓也君が出ています。これも「青春」でした。

彼のオートバイ、彼女の島
「ぼくちゅう」を観て、デビュー当時のかわいい竹内力が見たくなりました。家にレーザーディスクがあるので引っ張り出して見てみた!1986年の映画であるので映像も演出も演技も古い!でも、映画に出て来るカワサキの650RS-W3というオートバイと竹内力がすごく似合ってる!なつかしかったです。・・・って「ぼくちゅう」とは何も関連ありませんね。

ハンドク!!! 5巻セット
「ハンドク!!!」は、私の大好きな長瀬が出ていた2001年のドラマ。「ハンドク」とは「半人前のドクター」で、大きな病院の研修医である4人の成長を描いたお話。このドラマに出て来る高野役の佐々木蔵之介さんがすごくいい味!佐々木さんって「医龍」でのまじめな役ももちろん合っているけど、こういったコミカルなものも、ものすごく上手!「ぼくちゅう」での駐在さん役もすごくよかった!愛にあふれていました!

間宮兄弟(通常版)
佐々木蔵之介さんとドランクドラゴン塚地のダブル主演映画。かなり楽しい!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲
【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王
【シネマ・こむぎスタイル】第69回 陽だまりの彼女
【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム
【シネマ・こむぎスタイル】第67回 アンコール!!
【シネマ・こむぎスタイル】第66回 きっと、うまくいく
【シネマ・こむぎスタイル】第65回 舟を編む
【シネマ・こむぎスタイル】第64回 借りぐらしのアリエッティ
【シネマ・こむぎスタイル】第63回 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3323

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: ぼくたちと駐在さんの700日戦争
ブログ名: 日っ歩?美味しいもの、映画、子育て...の日々?
日付: 2008.04.27
内容: 人気のブログ小説 を映画化した作品です。(半)実話ということですが、どこからどこまでが実話で、どこからフィクションなのかは不明です。 1979年...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space