ワーキングマザースタイル自分の身は自分で守る!




2008年06月20日

自分の身は自分で守る!

Posted by 桜本梨恵子

私達の子供の頃に比べると、日本も色々と人命に関わる犯罪が増えてきていますよね。
アメリカは日本に比べると、犯罪も多いのが現状ですが、ついつい日本人の国民性なのか、住んでいるエリアのお陰なのか、『平和ボケ』をしている私でした。

でも、先日、『子供の安全』に関する講習会が市の警察主催であったので、再確認も含め参加したのです。当初の目的としては、子供のチャイルドシートの装着義務に関する細かなルールや、お留守番、幼児虐待に関する大まかなことを再確認したくて参加したのですが・・・。
あっ、念のため申し上げますが、我が子を幼児虐待はしていませんよーーー!
でも、小学生の異性の子供と一緒にお風呂に入ることも 立派な『幼児虐待』になる恐れがあるので、そのあたりのことをちゃんと聞きたくて参加したのです。

実際に行ってみると、そのような話(事前のチラシに書いていた内容)はなく、もっと、『命に関わる安全』についての説明でした。
でも、とてもためになりましたので、皆さんにもお伝えしたくて・・・。
日本も不幸なことに、色々な事件が増えてきているので・・・。
この講習を受け、自分がアメリカと言う国に住んでいること、犯罪の被害者になる可能性が自分にもあることなど改めて思い知らされました。
現に、隣町にすんでいる、日本人の友人宅には白昼堂々と窃盗団が入り被害にあっているので。

とにかく、『自分の身は自分で守る』 事です。

★ 郵便屋さん(宅急便屋さん)が小包を持ってきました。あなたはどうしますか?
【間違い】 確認してドアを開ける
【防御策1】 ドアを開けるとき、嘘でも良いので、TELをしているふりをする
        『あー、ジョン、今、郵便屋さんが着たわ。
                   ちょっとこのまままっててね。』
        といいながらサインをする。
【防御策2】 夫、もしくは男性が家にいる振りをする。
        『ハニー、郵便やさんが着たわ。私が出るわね。』
        など、相手に聞こえるように言いながらドアをあける
【解説】 郵便屋さんの制服などは簡単に入手できます。日本でも宅配業者を装って、
      女性の家に侵入した犯罪などが過去にありましたよね。
      なので、とにかく相手に、女性だけ(弱者だけ)と言うことを悟られないように
      しなければいけません。そのため、夫がいるフリなどをすることが有効との事。
      また、TELをかけながらだと、何かあればすぐに、電話で話している相手の人に
      通報されてつかまる可能性が高くなるので、手を出しにくくなるとのこと。

★ キーホルダーにいくつ鍵をつけていますか?
  家の鍵はすぐに取り出せ、すぐに開けられますか?
  
【解説】 アメリカでは車の鍵や家の鍵など色々な鍵を
     ジャラジャラと一緒に持っている人が多いのですが、
     後ろから人に付けねらわれている時など、そういう状態だと、
     すぐに鍵を開けて家の中や車の中に逃げ込むのが難しくなりますよね。
     なので、家の鍵や車の鍵はすぐに取り出せ、
     すぐに分かるように工夫をしましょう。

★ 女性のかばんの中には何が入っていますか?
必要なもの全てが入っていますか?

【解説】 女性は必要なものを全て1つのかばんに入れて持ち歩く人が多いですが、
     そうすると、万が一、そのかばんが盗まれた場合、全てをなくします。
     お金や物が全てなくなるだけでなく、住所も何もかも犯罪者に知られることに
     なります。 それはかなり危険なので、必ず、分散して持つように心がけましょう。
     また、必要でないものはあまり持ち歩かないこと。

★ お財布はいくつ持ち歩きますか?
【解説】 お財布は2つに分けて持つほうが得策です。と、言うのは『財布をよこせ』と、
     言われた場合、免許書やクレジットカードが入っているお財布を出すとリスクを
     増すことになります。 そこで、少しだけ(数千円・数十ドル)入れたお財布を
     用意しておき、そちらを差し出すようにしましょう。
     犯罪者はお財布を奪ったら、たいてい走って立ち去ります。(逃げます)
     なくしたお金はまた稼げますが、命は1つ限りです。
     なので、こういう場面に遭遇したら、絶対に抵抗せず、
     お財布を差し出したほう得策です。
     もしくは、少しだけお金を入れたお財布を相手の足元に投げ渡し、
     走って逃げることです。

★ 人通りの少ないとおりで、後ろの車がぶつかってきたらどうしますか?
【間違い】 免許の試験に出てきたマニュアルどおり、その場に車を止め、
      相手の免許書や住所を確認する。
【防御策】 車からは出ず、ハザードをつけ、ゆっくりとしたスピードで人通りや
      車どおりの多い道まで進み、そこで警察に連絡する。
【解説】 わざと軽い事故を装ってぶつかり、運転手が出てきたところで、
     襲ったり、カージャックをする可能性があります。
     なので、必ず、大通りまで出ること。
     もし、本当の事故であった場合でも、ハザードを出し、
     ゆっくり走ることで相手も意味することを理解し、ついてくるはずとの事。

★ エレベーターで他の人と2人っきりになり、なんだか不安?
あなたならどうしますか?

【間違い】 相手にも失礼なので、自分の行きたい階まで我慢して乗る。
【防御策】 必ず相手の顔が見える位置に立ち(背中を見せない)、
      遠慮なく次の階でおりる。
【解説】 エレベーターやトイレなど、密室で、少しでも不安に感じたら
     乗らない、行かないこと。
     なるべく、独りで乗ること、行くことはさけるべき。

★ あなたはいつも同じドアから出かけますか? いつも同じ時間に出かけますか?
【解説】 窃盗団などは事前にあなたの行動を視察している確立が高いです。
     だからこそ、なるべく毎日同じ時間に出かけるのはさける。
     あえて、少し早く帰ってきたり、出かけて2,3分して再度家に戻ってきたりする。
     また、表の玄関から出たり、裏口から出たり工夫する。

★ 郵便箱にかぎはかかりますか?
【解説】 あなたの郵便物にはあなたのクレジットカードのデータから、
     TEL番号、色々な情報が隠されています。
     最近増えたIDシフトを防ぐ為にも、郵便箱には必ず施錠しましょう。

★ 旅行など長期の留守中、郵便物はどうしますか?
【解説】 郵便物が溜まっていると留守だと言うことがすぐにばれてしまいます。
     旅行など、長期的に留守にする場合は必ず、郵便局に届出を出し、
     郵便を局留めにし、新聞などもとめましょう。
     また、電気のタイマーをセットし、毎晩、家の電気がつくようにしておきましょう。

★ 車中、外から見えるところに高級品や現金、
金目のものを置いていませんか?

【解説】 数ドル(数百円)なので大丈夫だと思い、車中の外から見えるところに
     お金を置いている人は結構います。
     でも、犯罪者は数ドルであっても盗む時には盗みます。
     数ドルは盗まれてもたいした痛手ではないかもしれませんが、
     盗む為に、車の窓を壊されてしまいます。
     その修理代に何千ドル、何十万円も支払いをしなければならなくなってしまいます。
     それをさける為にも、車中には何も置かないようにしましょう。

日本でも同じように注意できることがあると思いますので、是非参考にしてみてくださいね。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

桜本さん、こんにちは。キーホルダーも小包もバックも財布もあてはまります・・・。記事、大変役に立ちました。ありがとうございます。

Posted by: hiromi at 2008年06月20日 13:56

鳥肌が立ちました。まだまだなんだか安全な国と言う油断があるのが、一番危険ですよね。ほんと、何度も読んで忘れないようにしたいです。

Posted by: らむね at 2008年06月22日 02:26

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
NYで流行りのPOP UP DINNER
驚き!アメリカの最新教育事情
驚き!アメリカの最新教育事情
美味しいNY
MILK 牛乳
NYスタイルのベジレシピ
アメリカのホリデー:Thanksgiving
英語は度胸!
持たないという選択 【Zipcar】
アメリカの小学生 【4年生の宿題】
Central Park でバイオリン
ギフトレシート
インタビュー アーティスト藤田理麻さん
休み中の宿題
Block Party

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3369

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 子どもを育てやすい社会を実現するには?
ブログ名: kids tantore blog
日付: 2008.06.22
内容: 先日、仕事で、子どもの性教育&安全教育の第一人者、北沢杏子さんのインタビューを...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space