ワーキングマザースタイル彫刻の森美術館に行きました。




2008年07月27日

彫刻の森美術館に行きました。

Posted by 湯河原こむぎ

s8000fd0091.jpg
箱根の「彫刻の森美術館」に行って来ました。

「彫刻の森美術館」は、皆様もよくご存知の世界の観光地、箱根のニノ平というところにあります。

f30blog02920.jpg

小田急線の箱根湯本駅から、スイッチバック(急勾配を登るために、線路をジグザグ状に作る。ある地点まで登ったら、今まで最後部だった方に運転手がうつり、そちらを先頭にして登る。それを何度か繰り返して高い山に登る)で有名な箱根登山鉄道に乗り換えます。

一番前に乗ると、上の写真のような景色が楽しめます(手前の黒いものは運転手さんの頭)。鉄分たっぷり(鉄道大好き)のお子さんはきっと大喜びですよ!また「あじさい電車」としても有名で、線路の両脇にあじさいがたくさん咲いています。

「彫刻の森」駅で下車、そこから歩いて2分くらいです。

今回は、娘の部活「美術部」で「彫刻のメンテナンス体験」をするために行きました。なぜ、親の私も行ったのかと言うと、「彫刻の森美術館」は、毎週、土曜日が「ファミリー優待日」となっており、「保護者1名様につき中学生・小学生5名様まで無料」です。これは、子沢山ファミリーにはうれしいサービスですよね!

顧問の先生から「土曜日は、保護者1名につき子ども5名無料になるので、ご都合つかれる方はぜひ。」とプリントをもらい、今回は親が4名参加しました。

注・行ってからわかった事ですが、大人一人行けば、5人(誰でも)が無料になると言うわけではなく、家族でないといけなかったようです。特に保険証を見せる等の確認はありませんでしたが。(●●中学校として行ったからかもしれません。)

s8000fd0098.jpg
「彫刻の森美術館」は、英語表記が「the Hakone Open-Air Museum 」であることからもわかるように、野外の広々とした場所に点々と作品が設置されています。今回、子ども達は、この広々とした場所でヘンリー・ムーアのブロンズの彫刻作品のメンテナンスを行いました。(公式ページ学校行事でご利用の方へ」というページに「彫刻メンテナンス体験」について記載があります。)

まずは乾拭きで汚れを落とし、美術館特製のワックス(みつろう)を刷毛で塗った後、もう一度乾拭きして仕上げます。だいたい一時間の体験ですが、終わったあとには、ブロンズがピッカピカになり、目に見える成果に子ども達は大満足の様子でした!
彫刻の森美術館はオープンエア展示のものが多く、中に入って遊べるものも多いので、通常「美術館」と聞くと「子どもは静かにしなくてはいけない。うちの子にはまだ無理かも・・・」と思いますが、小さい子も公園のように楽しく遊ばせる事が出来ます。
s8000fd0134.jpg
たとえば、これは「しゃぼん玉のお城」。ジャングルジムのように中に入って遊べます。
s8000fd0115.jpg
これは「星の庭」。ラベンダーやクリスマスローズなどがきれいに植えられている星型の花壇。そして迷路になっています。簡単な迷路だし、親は高い場所(私が写真を撮っている位置)から見下ろせるので、小さい子でも「こっちよ~!」と上から声をかけて導いてあげる事もできるので、不安も少ないと思います。
s8000fd0118.jpg
これは・・・何と言う名前か忘れましたが・・・とてもきれいな虹のトンネル。中をくぐるだけでも子ども達は楽しいですよね!この左側に「子どものための造形広場」という場所があり、そこでもいっぱい遊べます。
s8000fd0135.jpg
これは、目玉焼き型の作品(ベンチ?)。黄身の部分にバネが入っているようで弾みます。外国人観光客も、大人も、楽しそうにぴょんぴょんしていました。

ここで、まったく知らないOL風のおねえちゃん達に「跳ねてる所を写真に撮ってください!」と頼まれましたヾ(*゜▽゜*)ノ大人でも楽しいですよね~!

園内マップ



s8000fd0107.jpg

青々とした芝生の広場に「幸せをよぶシンフォニー彫刻」という塔があります。
s8000fd0108.jpg

外から見るとぜんぜんわからなかったのですが、中に入ったら、全面がステンドグラスになっていました。
s8000fd0109.jpg

ものすごくきれいでした!螺旋階段をぐるぐる登って行くと、塔のてっぺんに出る事が出来、美術館全体はもちろん、箱根の山々を見渡す事が出来ます。ここにはぜひ登っていただきたい!


室内展示もたくさんあります。
s8000fd0113.jpg

「ピカソ館」には300点以上の作品が展示されています。約30分の説明を聞きながら周る事も出来ます。陶芸作品も多く所蔵されています。


s8000fd0106.jpg

疲れたら・・・

なんと「足湯」があります。私達は「秋冬ならいいけど、今日は絶対入りたくないよね~!」などと言っていましたが、呼び込みのおじさんが「足が軽くなって元気が出ますよ~!ぜひ、入って行ってくださーい!」と言っていたので「汗かいちゃいそう~」とか言いながら入りました。お湯は42度。本当に足が軽くなって元気が出ましたよ!もちろん無料で入れます。タオルは100円で売っていますが、持参するといいですね!私はCROCSだったので、拭かずにそのまま履いちゃいました。



とても暑い日でしたが、たぶん、私の住んでいる下界が33度くらいあったとしても、標高が高い、ここは31度くらいではないかと思います。木陰に入ると、日向の暑さが嘘のように涼しく「箱根に別荘を持てる人になりたい・・・」と思いました。

暑い日には水分補給が大切です。自販機が少なくてとても困りました。しゃぼん玉のお城のところと、出口のShopには飲み物がありました。帰りの電車の中で2リットルのペットボトルを抱えている人を見ましたが、それってNice Ideaかもっ!
飲み物は家から持って行くか、駅には自販機がありましたので、事前に多めに買って持って入る事をおすすめします。帽子・日傘も忘れずに!






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第77回 「恋妻家宮本」 
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3405

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 箱根彫刻の森美術館に行って来ました
ブログ名: ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
日付: 2008.07.29
内容: 気持ちよく晴れた11月4日に箱根彫刻の森美術館に行って来ました。独身時代に行った時とはまた違う、楽しさを味わってきました。 幸せを呼ぶシンフォニー彫刻...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space