ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】第39回 容疑者Xの献身




2008年10月17日

【シネマ・こむぎスタイル】第39回 容疑者Xの献身

Posted by 湯河原こむぎ

「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラック
この映画の原作は2006年1月に直木賞を受賞しました。その時にらむねさんが書かれた記事を読んで「私も読んでみよう!」と思いました。推理小説でドキドキする事はあっても涙を流す・・・って言うのはあまりないと思うんですが、とても切ないお話でした。

このお話をフジテレビが映画化する・・・と知った時、それってどうなのー?とちょっと不安でした。

容疑者Xの献身
私は民放の中ではフジテレビが一番好きです。「娯楽性」がある番組が多いですよね。見ていると楽しい。
「製作・ 亀山千広 企画・ 大多亮 脚本 ・ 福田靖」と聞いたらヒット間違いなしって感じするじゃないですか。

亀山千広さんは、私が大好きな「眠れる森」や「踊る大捜査線」シリーズ、「ロング・バケーション」「SP」「有頂天ホテル」「UDON」「それでも僕はやってない」などを手がけた方。

大多亮さんは、いわゆるトレンディードラマと呼ばれるドラマを幾つもヒットさせた方。この方が「東京湾景」というドラマを作った時に語っていた事は、今でも、ものすごく記憶に残っています。(韓国ドラマを思いっきり茶化しておきながら、寸分違わぬものを作っている。ヒットのためにはどんな流れも逃さない・・・という姿勢)

それから福田靖さんは、キムタクの「HERO」「CHANGE」、トヨエツの「犯人に告ぐ」、テレビの「ガリレオ」などの脚本を書かれた方。この方、先日のan-anの「好きな男」特集の時に、キムタクに次いで2位に選ばれた福山雅治さんについて、ものすごく熱く語る記事を書かれていました。福山雅治に惚れた・・・みたいな。(ちなみに2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の脚本もこの方が書かれます。)



なぜ、こんな事を書くかというと、わたし的に、ものすごく「フジテレビ」的なヒットメーカーの人が揃っているのに、「フジテレビ」臭がまったくない!と感じたからです。

たとえばテレビ版の「ガリレオ」は、派手な実験シーン、あのかっこいい曲、福山雅治さんが数式をがーっと書きまくるシーンなど、目をひく演出がたくさんありましたよね。それに加えて、毎週豪華なゲスト出演者が登場。唐沢寿明、深田恭子、堀北真希等。特に香取慎吾ちゃんの時は、全裸シャワーシーンがあり、視聴率のためかよ・・と、ちょっとさめてしまうところもありました。

とても深くて素晴らしいこの「容疑者Xの献身」というお話を「エンタメ」ちっくな演出で台無しにしてほしくない・・・と思っていたので、ちょっとドキドキしていました。

それと・・・もうひとつ、とても心配だった事。

石神役、私は、ドランクドラゴンの塚地にやってほしいと思っていました。それは石神が「太っていて目が細くて暗い高校の数学教師」だったから。それなのに、その役が堤真一さんだと聞いた時「それはありえない潤オ!」と思いました。だって、私、堤さん、大好き!あんなにステキな人なのに。どう考えても石神じゃないだろ潤オっ!って。

ところがところがっ、映画はかなり原作に沿って作られていたし、堤さんの石神は、ものすごく石神でした。

試写会の舞台挨拶で堤さんは以下のように述べています。

原作を読まれた方は「お前ちゃうやろ!」って気持ちがあると思うんですけど、「ちゃうやろ!」と思う人は、もうしょうがないんで、僕なりにやってみましたんで楽しんでやってください。


私も「ちゃうやろ!」と思いました。でも、それは間違いでした。堤さんの演技はすばらしく、あれだけかっこいい人なのに、かっこ悪い男の役を完璧に演じていました。福山さん(180cm)と堤さん(178cm)の身長差は、たった2cmしかないのにスクリーンでは10cmくらい差があるように見えました。スタイリッシュな湯川(福山)とダサダサの石神(堤)の対比は見事でした。

映画を観終わって考えました。

ドランクドラゴンの塚地は確かに演技は上手ですが、石神の気持ちの深い深いところまでは表現しきれなかっただろうな・・・と思いました。この映画の主役は堤さんです。それと「苦労した美人」の役がとってもはまっていた松雪さん。この2人は本当によかったです。

いつものレビューと違って「あらすじ」も書いていませんが、これは、いろんな事を知らずにストーリーに没頭していただきたい映画です。「献身」の意味を知った時に涙がこぼれ落ちるでしょう。私の友達は「あのシーンの堤さんの演技がすごすぎて鳥肌が立ちました。」と言っていました。

「みどころ」は、(@_@)/ズバリッ!「堤真一」です。

テレビの「ガリレオ」ファンの方にとっては物足りないかもしれません。実験シーンはない、数式を書かない、あの曲は流れない(・・・最後にとってつけたようにちょっとだけ流れます。あれはいらないかもね。)。福山さんの活躍は・・・ない。・・・でもかっこいい。このお話、テレビの2時間スペシャルではなくて、「映画にしてくれてありがとう!」と感謝したい気持ちです。

ステキな映画です。ぜひぜひご覧になってくださいませ。ちなみに、娘はテレビの「ガリレオ」が大好きです。この映画は「献身」等、ちょっとわかりにくいかも。大人の心の深くてやわらかい部分を理解するのが、13歳にはむずかしいかも・・・と思ったので、娘が塾に行っている間に夫と二人で観に行きました。

いやあ、最近、邦画いいですよねえ潤オ。







●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント
blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
電子書籍を読んでみよう
ポケモンGOはデジタルオリエンテーリング!
振込め詐欺に遭わない秘密の合言葉
残された老夫婦の今後
撮りためた写真をフォトブックにしよう
「ヘブンスそのはら」で満天の星を見る
ヨーグルトも味噌も簡単手作り
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
Any.doで忘れもの知らず
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3472

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: 容疑者Xの献身
ブログ名: ★mugimugiのアンテナ★
日付: 2008.10.18
内容: 先週、さくらが塾に行っている間に、梅吉と「容疑者Xの献身」を観て来ました。 いや
タイトル: 「容疑者Xの献身」TVとは、別物!
ブログ名: シネマ親父の“日々是妄言”
日付: 2008.10.22
内容:  原作読んでません。TVドラマも、チョこっとかじったくらいです。東野圭吾原作「ガリレオ」シリーズの映画化。「容疑者Xの献身」(東宝)。事前に観た人から『泣...
タイトル: 「容疑者?の献身」
ブログ名: 大吉!
日付: 2008.10.26
内容: <金曜日> 時間があるから・・と、水曜日に観た3本目の映画です。 テレビで御馴染み「ガリレオ」の劇場版。 帝都大学の准教授、別名<ガリレオ>。容姿...
タイトル: 容疑者Xの献身 (福山雅治さん&堤真一さん)
ブログ名: yanajunのイラスト・まんが道
日付: 2008.10.27
内容: ◆福山雅治さん(のつもり)◆堤真一さん(のつもり)テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』に、福山雅治さんは湯川学 役で、堤真一さんは石神哲哉 ...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space