ワーキングマザースタイル【シネマ・こむぎスタイル】番外編 2008年・一番だった映画は?




2008年12月25日

【シネマ・こむぎスタイル】番外編 2008年・一番だった映画は?

Posted by 湯河原こむぎ

今年も残すところあとわずか。毎年、年末恒例(自分の中での総まとめ)の「今年一番だった映画は」を今年もまとめてみました。

先日「日本アカデミー賞」が発表されました。
日本アカデミー賞の結果はこちら
今年は、日本映画が本当におもしろかったです。去年・おととしと、私が観た映画の「邦画・洋画」の割合はちょうど半々でした。でも今年は、37本中、邦画21:洋画16でした。

もともと私は「ハリウッド超大作」みたいなものよりも、わりと身近な題材のものが好きなので邦画傾向な人間なのかもしれません。でも、やはり、日本映画の質が高かったと思います。年々、素晴らしい日本映画が増えていますよね。映画歴の浅い私ですが、ひしひしと感じます。

私、思うんですけどね、映画って、その年の後半に公開した方が得じゃないですか?前半に公開だと、年末頃には、なんとなく記憶が薄れちゃうと思いませんか?賞の事も考えると、絶対に秋以降公開がいいよねえ。私も今回の順位を選ぶ時、やはり後半公開のものの方が、より記憶に残ったもの。

さて、私が選んだ今年の三本は・・・?

第一位・「パコと魔法の絵本」

この映画にはびっくりしました。今までにない映画だと思いました。私は、この監督の映画を観たことがなかったので、その映像の鮮やかさは驚きでした。ポスターなどのビジュアルから想像するものと全く違っていました・・・というか、見た目は派手派手で、おちゃらけ映画かなって思う・・・そして、その通りの展開ではあるのですが、泣けて泣けてたまらない・・・という不思議な映画です。

この映画を観たあと、周りの人にすすめまくっているのですが「えー、あの派手なやつでしょー。んー、どうかな~」と、けっこうみんな観てくれません・・・(/_;)

レビューはこちら

第二位・「容疑者Xの献身」

堤真一さんの迫真の演技に度肝を抜かれたこの作品。二度観てしまいました。最初観た時には、堤さんの演技にばかり目が行き、福山さんがかすんでいました。でも、二回目に観た時には、友達である石神が犯人である事に早くから気づき、心を痛め苦悩する・・・という福山さんの演技も上手だなと思いました。

でもとにかく、この作品の堤さんはすごすぎます。提さん本人のビジュアルとはまったく違った醜男の役。淡々とした演技の中に感じる純粋さ・不気味さ・不器用さ。そしてラストで一気に爆発する感情・・・。この映画を観た時に、「のちに映画賞を受ける時に『助演男優賞』になっちゃったらもったいないなあ。(っていうか悔しい~!・・・私が・・・)」と思いました。先日の日本アカデミー賞で、堤さんは、この作品では「優秀助演男優賞」を受賞、そして「クライマーズ・ハイ」で「優秀主演男優賞」を受賞されました。今年は堤さんの年だった!と言ってもいいかもしれませんね。

レビューはこちら

第三位・「最高の人生の見つけ方」

余命六か月と宣告された二人のじじいが、死を迎えるまでに「やりたいこと」を一つずつかなえて行くというお話。「死」を宣告された二人の話なのに、じめじめしたところがなく、明るい気持ちになれる映画でした。まだ若く、「死」というものを身近に感じた事がない人にも観てほしい映画です。元気なうちにやりたい事をやっておこう!

レビューはこちら



私がこの1年に映画館で観た映画と自己ちゅー評価点
★10個が満点。あくまでも「わたし的に」採点。
(レンタル・DVD・テレビなどで見たものは含まれていません。)
レビューを書いたものはリンクしてあります。★が少ない映画のレビューもよかったら読んでいただきたいです。
一月

アース公式ページ★★★★★★★7

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」<公式ページ>★★★★★★★7

陰日向に咲く」<公式ページ>★★★★★★★7

二月

テラビシアにかける橋」<公式ページ>★★★★★★★★★★10

チーム・バチスタの栄光」<公式ページ>★★★★★★★★8

いつか眠りにつく前に」<公式ページ>★★★★★★★7

三月

魔法にかけられて」<公式ページ>★★★★★★★★8

四月

ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(二回観た)<公式ページ>★★★★★★★★★★10

五月

最高の人生の見つけ方」<公式ページ>★★★★★★★★★★10

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」<情報ページ>★★★★★5

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」<公式ページ>★★★★★★★★8

アフタースクール」(二回観た)<公式ページ>★★★★★★6

六月

幸せになるための27のドレス」<公式ページ>★★★★★★★7

ザ・マジックアワー」<公式ページ>★★★★★★★★★9

西の魔女が死んだ」(二回観た)<公式ページ>★★★★★★★★8

クライマーズ・ハイ」<公式ページ>★★★★★★★7

七月

花より男子ファイナル」<公式ページ>★★★★★★★★8

八月

カンフー・パンダ」<公式ページ>★★★★★★★7

「ベガスの恋に勝つルール」<公式ページ>★★★★★★★★8

百万円と苦虫女」<公式ページ>★★★★★★★7

九月

落語娘」<公式ページ>★★2

幸せの1ページ」<公式ページ>★★★★★★★★8

パコと魔法の絵本」<公式ページ>★★★★★★★★★★10

おくりびと」<公式ページ>★★★★★★★★★9

十月

容疑者Xの献身」<公式ページ>★★★★★★★★★9

「イキガミ」<公式ページ>★★★★★★6

最後の初恋」<公式ページ>★★★★★★★7

P.S. アイラヴユー」<公式ページ>★★★★★★6

十一月

ハンサム★スーツ」<公式ページ>★★★★★★★★8

ハッピーフライト」<公式ページ>★★★★★★★★8

十二月

私は貝になりたい」<公式ページ>★★★★★★★7

WALL・E」<公式ページ>★★★★★★★★8

レッドクリフ」<公式ページ>★★★★★★★★8

容疑者Xの献身」<公式ページ>★★★★★★★★★★10



あのね、私の大好きな長瀬が、来年映画に出ます。2/7公開の「ヘブンズ・ドア」。2月公開だから、来年の年末には記憶が薄れちゃうかもなあ。

「ヘブンズ・ドア」公式ページはこちら。・・・「鷹の爪団」による映画紹介のコラボMovieがとてもおもしろいのでぜひ見てみてくださいね。

来年もいっぱい映画を観て、よかったものはここでおすすめしたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いいたします。






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

こむぎさんの映画レビュー、いつもとっても楽しみにしています!この★を参考に、DVD観させて頂きます~。
ちなみに、ここ数年全く映画に行かなかった私ですが、今年は息子とかなり行きました。
昨年ハワイで完全にスパイダーマンにはまり、今年はIRONMN(アイアンマン)、ハルク、ダークナイトとアメコミ尽くしです。
アメリカついでに先日ウォーリーも。完全に子ども向けばかりですね。

ちなみに一番面白かったのはIRONMAN!!
最初は春にハワイで映画で観たのですが、その後日本でも2回も!もう一回行きたかったのに、さすがに5歳の息子に「観すぎだよ!!」と怒られました。。英語がさっぱり分からなくても楽しめちゃう様な、ザ・アメリカ映画です(笑)。

こむぎさんの真似して私もアメコミ映画レビュー、書こうかな♪(すっごいレベル低いんですけど)

Posted by: 小梅 at 2008年12月26日 01:30

2位の容疑者Xの献身は映画では見ていません。でもここまでオススメだとやはり見たくなりました。
私も時々何か見ようかなというときに、参考にさせてもらっています。ありがとうございますー。

Posted by: ゆり at 2008年12月28日 13:29

小梅さん
ありがとうございます。ぜひぜひ、小梅さんもレビュー記事を書いてください!私の観る映画って、ジャンルがかなり片寄っているのです。アクション物とかあまり観ないので「スパイダーマン」(主役もヒロインも好きじゃないんです)や「アイアンマン」もとってもおもしろいと評判の映画なので、ぜひぜひお願いします。

私のは「こむぎスタイル」で偏り気味なので、ぜひぜひWMSの映画レビューの幅を広げてくださーい!

ゆりさん
「容疑者X」は、ぜひ観てほしいです。提さん自身も「淡々と演じて、最後だけ感情を出せばいい」と、言っていました。→パンフより

たとえば、電話ボックスで電話を切ったあとの表情、お弁当屋さんで鏡に映った表情、アパートの階段で雨の日に凝視する表情・・・もう素晴らしいです。

「クライマーズ・ハイ」の堂々としたデスクの役、「三丁目の夕日」の熱しやすい人情味溢れる昭和のお父さん、着物姿が色っぽい「魍魎の箱」の堤さん、「舞妓Haaaaan!」の嫌味で強気な野球選手・・・作品ごとに全く違う人になる。すごすぎます。大好きです。

そして松雪さんがまたいい!彼女は来年「余命」という、妊娠と同時に乳がんである事がわかる女性の映画に出ます。私はもう前売り券を買って、この作品も楽しみにしています♪

Posted by: こむぎ at 2008年12月28日 21:49

こむぎさんの映画レビューいつも楽しみにしています。
なかなか映画館まで行く時間が取れないのでいつも遅れてのDVD鑑賞ですが、借りるときにはこむぎさんのレビューを参考にしています。
私は「最高の人生の見つけ方」がとってもよかったです。
実は先日娘が友達と観にいくつもりだったけど、タイミングが合わなかったから、ということで、「ジュラシックパーク」以来の映画館に行きました。
見たのは「容疑者X」。
私としては、これはDVD鑑賞の方がよかったかなぁ(堤さんはほんとすごいです、)、映画館で見るなら「パコと魔法の絵本」がよかったなぁという感想でした。
これからも楽しみにしています。

Posted by: りこ at 2008年12月30日 09:55

りこさん、ありがとうございます。
そか、確かに「容疑者X」はDVDとかテレビでもいいかも。

「パコ」は本当にあざやかな色合いがとってもきれいでした。パコが天使みたいにかわいかったよ♪

「最高の人生の見つけ方」、私も大好きです。もうレンタルで出ているから、もう一度見ようと思っています。

Posted by: こむぎ at 2009年01月02日 01:01

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
【シネマ・こむぎスタイル】第76回 「あん」 
【シネマ・こむぎスタイル】第75回 映画 ビリギャル
【シネマ・こむぎスタイル】第74回 博士と彼女のセオリー
新幹線に乗って「滝を見にいく」を観に行く
【シネマ・こむぎスタイル】第73回 滝を見にいく
【シネマ・こむぎスタイル】第72回 ベイマックス
【シネマ・こむぎスタイル】第71回 まほろ駅前狂想曲
【シネマ・こむぎスタイル】第70回 アナと雪の女王
【シネマ・こむぎスタイル】第69回 陽だまりの彼女
【シネマ・こむぎスタイル】第68回 江ノ島プリズム
【シネマ・こむぎスタイル】第67回 アンコール!!
【シネマ・こむぎスタイル】第66回 きっと、うまくいく
【シネマ・こむぎスタイル】第65回 舟を編む
【シネマ・こむぎスタイル】第64回 借りぐらしのアリエッティ
【シネマ・こむぎスタイル】第63回 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3490

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


タイトル: チーム・バチスタの栄光
ブログ名: なりみの日記
日付: 2008.12.26
内容: 伊藤淳史がリーダーのロックバンドがCDデビュー 週刊シネママガジン【ショウゲー...
blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space