ワーキングマザースタイル就活に必要な「人間力」を育てるには その1




2009年03月08日

就活に必要な「人間力」を育てるには その1

Posted by fellow

wmsの「姉御」と言われているわたくしですが、今上の娘が就活真っ盛りの3年生です。
12月ごろから就活をはじめていますが、進んでいるものはいくつかあってもまだ内定は出ていません。
先の見えない不況の中、親としてもとても気がかりなところです。
wmsの読者のみなさんはまだお子さんが園児、小学生、中学生くらいの方が多いのではないかと思います。でも少し先の未来にはやはりお子さんが就活することになると思うので、今回私が娘の就活を見て感じたこと、学んだことを何回かで発信してみたいと思います。まだ結果も出ていませんし、そもそも正解があるものではないし、業種によっても違うと思うのであくまでも「ウチの場合」の話として聞いてくださいね。

まず最初に思うのは「就活で求められるものはその場しのぎでは身につかない」ということです。

「就活」は「受験」よりある意味難しいのではないかと思っています。
勉強だけできればいいというものではなく、社会に必要とされる「人間力」が総合的に育っていないといけないからです。そのためには大学生になる前に子供のころからの家庭での教育の一環として取り組んでおいたほうがよいと思うことが多いのです。

ご存知のように今年は大不況で今の3年生はとても厳しい就活を余儀なくされています。
どのくらい厳しいかというと、たとえ有名大学を出ていても簡単には採用にはいたらない、何十社も落ちまくってひとつも内定が取れないということも珍しくはありません。エントリーシートの段階で数万人、このうち採用枠は10人なんていう会社がざらにあるわけです。そもそも今年は新卒を募集しないという会社も数多くあります。
この先また景気が回復することがあるかもしれませんが、基本は厳しい状態が続くと見て、たとえ氷河期であっても「採用される力」を身につける努力をするべきでしょう。
それは一言では言えませんが、いろいろな「経験値・体験値」を高めることであったり、自分の意見を言えることであったり、人の話を聞けることであったり、求められているものが何かを理解できる力であったりします。のちのち少し詳しく掘り下げていきます。

私は娘の就活に併走して応援しようと決めました。
私にとって子供の巣立ちは「本人が望む職業について経済的に自立すること」なので、社会人としてのスタートラインに立たせるところまでは親業の一環と思っています。
そして娘たちと就活について多くを語ることは、社会とのつながりを教える(また親自身が考える)ことにもなります。もちろん就活をするのは本人なので、まわりができることは限られていますが、人生の先輩としてアドバイスできることはいろいろあるのではないかと思います。青年期の子供とひとりの人間として向かい合って話をするとてもよい機会です。

でも私は娘が就活をはじめるにあたって、今の就活に対してアドバイスできることがなにもありませんでした。私が就活した23年前はちょうどバブル前夜で採用までに何の苦労もなかったし、また就活の方法も今とまったく違うからです。なんせインターネットのない時代ですから。。。
そんな状態なので併走どころか、最初は娘や知人に今はどうやって就活をするのか聞く状態でした。
今日はそのあたりを少し書きましょう。

まず驚いたのは今は就活のスタートから決まるまでがとても長いということです。
早ければ3ヶ月、長くて半年くらい結果がでるまでにかかります。

おおよそスタートから内定までは以下のような道のりがあります。
※順番の前後や会社によっては行われないものはあります。

○インターン(夏ごろからはじまりインターンを受けていると就活に多少有利になります)

○リクナビ等に登録(Webエントリー)
※リクナビ以外にも就活ナビは多数あります。

○会社説明会

○エントリーシート提出

○SPI(学科と適正診断のテスト)
※もっと後に来る場合もあります。

○グループ面接(ないところも、グループ面接が2回あるところがある)

○面接1次

○面接2次

○面接3次〜5次くらい(人によって違う)

○内々定

○内定

一社についてこのような道のりがあるものを数十社やるわけです。
スケジュール調整もとても大変です。

娘の一週間を見るとだいたいこんな感じです。

月曜日 A社エントリーシート提出
火曜日 B社グループ面接
水曜日 C社説明会 D社インターン
木曜日 F社SPI
金曜日 A社説明会 E社エントリーシート提出
土曜日 資料準備
日曜日 資料準備

エントリーシートひとつとっても志望動機などもひとつひとつ丁寧に書いたり、面接にいたってポートフォリオを作ったり、その会社のことをよくリサーチしたり、とにかく準備に時間がかかります。
準備をおざなりにするとおおよそ結果はあまりよくないので、どの行程をとっても手を抜くことができません。多くの時間もとられるので、その間バイトもできなくなり、その上交通費などの経費もかかるので、ジリ貧になっていきます。普段は学費以外はバイトでまかなってもらっていますが、この間は多少のサポートも必要かなと思っています。
就活用スーツは2つ、靴も2足いるというのは本当の話で、うちは一式しか買っていないのでちょっとクリーニングなどが大変でもあります。

まずは今の就活はこんな状況になるということを知っておきましょう。
そしてここでネックなのが、3年次でおおよそ卒業が見込める単位を習得できているということです。
娘の同級生たちでも単位がとれていないので、就活どころではない学生がたくさんいます。
学校を休めないので就活も思うようにできないのです。卒業できないのは論外としても、十分に就活できる余裕を持てるように、単位を4年次に多く残さないようにすることが必須です
そのあたりは大学に入ったときからちゃんと言っておかないといけないですね。うちも下の娘が今年入学するので口をすっぱく言おうと思っています。

それでは初回ちょっと長くなりましたが、次回は就活の各工程についてもうちょっと詳しく書いてみたいと思います。

就活に必要な「人間力」を育てるには その1今どきの就活

就活に必要な「人間力」を育てるには その2言葉のコミュニケーションの必要性

就活に必要な「人間力」を育てるには その3就活ワークフロー

就活に必要な「人間力」を育てるには その4就活インタビュー

就活に必要な「人間力」を育てるには その5まとめ






●この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

blank_space


コメント

今の時代は大学3年生から就職活動するんですね。
学業はどうなっているんだとうと思います。
大手を狙うからこのような活動になるんでしょうか?

うちの長女は先日、商業高校を卒業しました。
幸いなことに就職先も決まり、今月末に入社式があり社会人になります。
たとえ商業高校でも、来年卒業だったらどうなってたんだろうという社会情勢ではありますね。

Posted by: ちゅうりっぷ at 2009年03月08日 19:33

ちゅうりっぷ さん

お嬢さん無事就職されてなによりです。やはり商業学校は今でも強いのですね。
就活時期は業種によって違うようで、秋ごろから始まり、これkらはじまるところもあるようです。でもメインはこの春休み期間の2-3月です。学校側も就活があることはわかっているので、ある程度は公欠になりますが、それでもうまく調整しなくてはならないので、単位がない学生は厳しい状態におかれます。
会社の規模によって採用までの工程は違うと思いますが、やはりある程度の規模のところはかなり長い道のりにはなります。

Posted by: ゆり at 2009年03月09日 20:47

こんにちは。
就活のことは職場の先輩ママたちより詳しく聞いています。おおよそゆりさんがおっしゃっているとおりでした。「大学受験より勉強してたわー」と皆さん口を揃えておっしゃいます。今の子は大変ですね。就活ではDSを買うんだそうです。漢検を勉強するとのこと。もうひとつ、これは常識らしいのですが、金融機関への面接は3つボタンのスーツでなければNG。それ以外は2つボタンでも可、だそうです。

それにしても3年の夏休み(インターンシップ)から始まるとは・・・
大学での勉強もやっと半分で折り返しの大切なところなのに。
これでいいのかしら?と疑問です。
就職協定復活希望します。笑。

お嬢さんの一生懸命に活動している姿が浮かびます。体に気をつけて頑張ってください(ありきたりな言葉しか浮かばず、ボキャ貧おゆるしください)


Posted by: でぼら at 2009年03月17日 13:46

追伸です。
実はうちの長男は4月から大学2年生なので
就活もあと少しなのです。
今回の連載はぜひ参考にさせていただきたいと思っています。次回も楽しみにしております!

Posted by: でぼら at 2009年03月17日 13:49

でぼらさん

応援ありがとうございます。就活でDSですか。
今後そういう就活用の商品やサービスがでてきそうですね。
大学生がみんな就活塾に行くなんて日が来たりして。。
3年次に決まると、4年の夏休みなどは内定者バイトなどがあるところも多いようです。就職協定でこれから〜というところもあるようなので、きっと5月末くらいまではバタバタすると思います。

Posted by: ゆり at 2009年03月17日 23:20

blank_space
コメントする




※メールアドレスは非表示になりますが、システム上、入力をお願いいたします。dummy@wmstyle.jp をお使いください。





名前、アドレスを登録しますか?

●他人のプライバシーを侵害する恐れのある書き込み、営業妨害の恐れのある書き込み、その他、このサイトにふさわしくないと運営者が判断する書き込みは、事前の了解なく削除することがあります。





blank_space

●関連記事
子育ての方針
朝日新聞の未来メディアプロジェクトのシンポジウムで考えたこれから必要な素養
大学の入学式に着る服
来し方行く末
子供の教育 in 上海(2)〜インター校編〜
地方ならではの「選べない」をどう克服?―隣の青い芝生が眩しい―
宿題狂想曲 Part2
楽しく準備♪小学校受験「小学校受験する?しない?」
いじめについて、今のうちに考えておくこと
こどもと一緒に字を習う
子どもと大統領選挙
宿題狂想曲
すばらしい! 日本の教育
まだ間に合う?自由研究におすすめ「赤穂の塩づくり体験」
子供の教育 in 上海(1)〜日本人学校編〜

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wmstyle.jp/cgi/mt-tb.cgi/3580

●スパム防止のシステム上、トラックバックはすぐには反映されません。ご了承ください。


blank_space








amnbadge-160a.png

カテゴリー別インデックス
blank_space